一昨日 昨日と暖かくて20度を超えたのに
今日は冷たい雨が降り
気温も一気に下がって10度程しかなかった
定休日なのでこんな日は温泉日和と
お客様御夫婦と日帰り温泉で一日のんびりと湯に浸かった
昼から堂々とビールで喉を潤し
御夫婦はお昼寝
私は読書ルームで 磐音を読み終えた


紀伊領内姥捨の里で
田沼意次の刺客雹田平一派を倒した磐音は
長い旅に終止符を打ち
おこんと空也を連れ
三年振りに江戸へと戻った
尚武館を追われた時に身を寄せた小梅村の今津屋の御寮に再び身を寄せる磐音親子

その敷地内に 今津屋の好意で「尚武館道場」が建てられていた
田沼意次の圧力で門弟は増えないが
懐かしい面々との再会を果たした

田沼意次の監視を振り切り
密かに
佐々木玲圓とその妻おえいの墓参りに出掛けた磐音
二人の月命日だった
磐音は二人に想いを語り
瞑目し合掌したまま悠久の時に身を委ねていた

「水に浮く亀を献ずる小石川」と川柳に詠まれる毎年の行事が行われた
御三家の水戸徳川家から
将軍家献上で
形の良い魚が将軍家治に披露される行事で
その年は例年よりやや遅れて行われた
将軍家治への披露も終わり 
家治がその場から姿を消した
そして田沼意次も引き上げようとした時
水戸治保が呼び止めた
そして尾張徳川家の当主宗睦
紀伊藩主治貞とで
佐野家から借り受けそれを
写し取ったとされる家系図の件で問い詰め
また女人禁制の高野山に意次の側室が乗り物で詣でようとした事を問い詰める
そして家治御側御用人取次であった速水左近が
甲府へ左遷させている事にも言及していた
いよいよ次号は意次退治となるのだろうか…

どてらの金兵衛さんの長屋では
おこんの母のお墓参りを終えた
磐音親子が立ち寄り 
久々の賑やかな時を迎えていた
その賑やかさが何とも懐かしく
この平穏な時が訪れた事が嬉しい


明日も雨降りで寒そうだ

IMG_0291