3/26(土) 昭和村-王博士山-昭和村

博士峠の冬季通行止めが解除になったという情報を聞きつけ、以前より興味のあった博士峠から博士山にチャレンジすることにした。
博士山と言えば、一般的には琵琶首から登るのが一般的だし、実際我が家も前回は琵琶首から登ったが行程が長い割に滑るところが少ない!一方、博士峠から登ると急斜面の連続で、しかもアップダウンが多いので峠と昭和村集落の中間地点から地形図を頼りに登ってみた。

今回はたけちゃんも合流し、装備は全員ウロコ板。
やっぱり、春はウロコがいいですね♪ (私は、今シーズンすべてウロコだけど、今回は中太のBC110で。)

IMGP2883

たけちゃんと合流する前に博士峠に様子を見に行く。
案の定、峠直上のピークは急斜面から雪が落ちていた・・・ここから入山しないで正解。
IMGP2810

さて、集合が若干遅くなったけど、なんとか出発。
青空が出ていて気分爽快。
IMGP2815

IMGP2816

地形図と実際の地形を見比べながらヨサゲなルートを選ぶ。
やはり、山スキーの醍醐味はルートファインディングでしょう
IMGP2819

P1030936

雪溶けを心配したが、尾根上にもちゃんと雪があった。
それにしても綺麗な森だ・・・はやり、会津の山は癒し度満点!!
IMGP2824

IMGP2831

気温が上がり始めているせいかシールに雪が着いて高下駄になってしまう。
今期初のシールWAX登場。
IMGP2830

IMGP2832

博士峠から博士山に向かう稜線に出た所で休憩。
会津駒~尾瀬燧ヶ岳や駒止湿原を遠望する。
IMGP2837

IMGP2834

ここからはアップダウンはあるが小規模なので、シールを剥がして軽快にウロコで歩く
いや~快適です。
IMGP2839

IMGP2842

博士山は、別名「神々の住む山」・・・その名の通り神々しい程の美しいブナの森が続いている。
(写真では上手く表現できませんでした。)
IMGP2840

IMGP2843

P1030940

王博士山の山頂に到着。
ここから見る博士山は、近くて遠い感じ・・・しかも、例年より雪が少なくて苦戦しそうな雰囲気なので、今日の山頂はここ「王博士山」に決定。
IMGP2849

P1030946

IMGP2851

山頂で昼食タイム。
P1030955

神々の住む森を滑る

IMGP2853

途中から西斜面へ。
ウロコのアドバンテージを最大に生かして良い斜面で楽しむ。
uvs160327-001

<レンズの不具合で写真ちょっと暗いです>
uvs160327-006

uvs160327-004

IMGP2888

無事下山・・・いやぁ~楽しかったなぁ~~
P1030956

まあ、動画でお楽しみください。
<途中、一部白けた画像がありますが、レンズの不具合によるものです>