鉄道旅のすゝめ - 秋編
夏の暑さも落ち着いて、過ごしやすくなる9月。食欲の秋、読書の秋など○○の秋でおなじみの季節"秋"の始まりでもあります。家族みんなでおいしいものを食べるのも良し、家でごろごろ読書をして過ごすも良しと何をしても良い季節。ついつい家の中で過ごすことが多くなりますが、せっかくなので小旅行をしてみませんか?

行き先は決めずに
計画をしっかり立てて行く旅行も良いですが、せっかくなので行き先を決めない旅というのはいかがでしょうか?秋にはフリーきっぷも出ていますのできっぷの心配はありません。とりあえず来た列車に乗ってみる。沿線でおもしろそうなものを見つけたらとりあえず降りてみる。目的がない自由な旅はたまには楽しいものです。日頃の悩みはすべて忘れて旅を楽しみましょう。

ゆっくりと各駅停車で
特急や急行を使うのも良いですが、せっかくなのでゆっくりと各駅停車で。フリーきっぷだと各駅停車か快速しか乗れない場合が大半ですしね。各駅停車なら落ち着いて車内でお昼寝できますし、運が良ければ地元の方とお話しできたりします。もしかしたらおばあちゃんから冷凍蜜柑をもらえたり。

ちょっとは帰りのことも
ずーっと乗って遠くまで行ってしまいがちな行き先を決めない旅ですが、帰ってこられなくなると悲しいものです。いつも時刻表は片手に帰りの列車はあるかどうかは確認しておきましょう。行きの時間の同じくらいの時間がかかると思っておいた方が無難です。朝8時に家を出たなら、最悪でも昼の3時くらいには帰路についた方が良いかもしれません。知らない土地から帰るときは出来るだけ明るいうちに帰り着く。これは、行き先のない旅のお約束です。特に、ちょっと街から離れたところだと終電の時間がとんでもなく早い場合があるのでご注意を。

旅のお供にはカメラをどうぞ
せっかくなので旅の記録を。楽しい思い出も苦い思い出も全部写真を撮っておきましょう。行き先で見つけた店、出会ったおもしろいもの、すべて記録に残しておきましょう。後でアルバムにしておけばいつでも思い出を振り返ることが出来ます。ちょっとした自慢にも使えますしね。途中で買った弁当の包み紙、きっぷなども取っておいて、アルバムに入れるとなお良しです。

帰ってきたら
せっかく楽しい旅行をしても、翌日に疲れを残してしまってはせっかくの楽しい思い出が残念なことに。ゆっくりとお風呂に入って体を癒やしましょう。そして、ちょっと早めに寝てしまいましょう。

最後に
いかがでしたか?秋の鉄道旅のすゝめは。何も難しことを考えずにふらっと旅に出てみましょう。家族とでも友人とでも、そして一人でもきっと楽しい思い出になるはずです。この秋には是非旅へどうぞ。

(文責:大塚功貴)

2012年10月〜2013年5月ワイン電車運行計画
2012年
10月 12,19,26日
11月 2,9,16,23,30日
12月 7,14,21,28日
2013年
1月 11,18,25日
2月 1,18,15,22日
3月 1,8,15,22,29日
4月 5,12,19,26日
5月 3,10,17,24,31日