2018年08月16日

懐かしの声

昨夜、高校時代の仲間から電話があった。
参加はできなかったが、
先週末に同窓会が行われており、
その報告をしてくれたのだ。

旧友とは面白い。
ほんの少しの言葉を交わすだけで元気かどうかが伝わってくる。
だから、互いの消息を確認しなくて済む。
その声は、心のいちばんの奥底にすっと届く。
限りない元気をこちらに与えてくれる。

折しも、夏の甲子園が真っ盛りだ。
その旧友は球友でもある。




racecourse_ave at 10:34|Permalink

2018年08月15日

また8月15日を迎えて

仕事の合間に時間を作り、
映画『日本のいちばん長い日』を見た。
玉音放送が流れる直前の、
皇居周辺の動きを描いた作品である。
我ながらタイムリーな選択であったと思う。

それにしても、
映画の中のやり取りを、
戦地にいる兵士が見たら何と評しただろうか。
「オレたちの苦労も知らずに」とでも言ったのではないか。

今年の敗戦記念日、
北海道は終日の雨だった。
次の敗戦記念日に向けて、
また新たな1年が始まる。



racecourse_ave at 19:33|Permalink

2018年08月13日

すっかり恒例行事に

お盆の週明けは、
最近恒例行事となりつつある「馬見ツアー」に出かける。
天気は今一歩だが、
楽しんで来よう。


racecourse_ave at 09:38|Permalink

2018年08月12日

何とか2勝

今週末は、
出資した有力馬のかなりの数が出走した。

その中の大将格であるディバインコードが8着、
ブラゾンドゥリスが7着と、
「抜群」の成績を残したわけではなかったが、
それでも、土曜日にウインイノベーターが、
今日はタイドオブハピネスが勝って、
何とか2勝してくれたのはありがたくてならない。

いやー、馬券的にも飲み会的にも、
かなりせわしない週末となった。
詳細はまた振り返る機会があるだろう。



racecourse_ave at 22:25|Permalink

2018年08月03日

今週の競馬

今週は以下の4頭が出走する。

■土曜日
ウインハートビート

■日曜日
ソルパシオン
デスティニーレイ
マイネルラック


これをずいぶん少なく感じてしまうのだから、
贅沢になったなあと自分を思う。
ともあれ、暑さを吹き飛ばしてくれる走りを期待する。


racecourse_ave at 10:09|Permalink

2018年08月02日

これは面白い

久しぶりに感心するテレビ番組を見つけた。
再放送を偶然にもBSで録画したのだが、
この出来栄えが素晴らしい。

「京都人の密かな愉しみ」

ドラマとドキュメンタリーを組み合わせた構成なのだが、
京都に息づく「何か」を実によく伝えてくる。
ひとつひとつのシーンがとても丁寧に撮られている。

見始めたのはシーズン2に相当する部分のようだ。
シリーズがDVDになっているので、
ぜひ全編を見るようにしよう。



racecourse_ave at 19:53|Permalink

2018年08月01日

7月の競馬成績

ここまで、以下のとおり。


■1月(24走) 2勝−1−0−21
■2月(29走) 2勝−1−0−26
■3月(31走) 4勝−1−0−26
■4月(39走) 1勝−2−3−33
■5月(34走) 2勝−5−4−23
■6月(30走) 3勝−1−4−22
■7月(36走) 4勝−2−5−25

計223走18勝


4勝できたのは何より。
ただ、あいかわらず3歳世代がパッとせず、
この先に不安を残す。
8月は第2週に出走馬が多く、
ここが勝負になりそうだ。
とにかく、1頭でも多くの勝ち上がりを。



racecourse_ave at 08:05|Permalink

2018年07月30日

うまいスイカ、うまいトマト

ここ数日の北海道は異様に蒸し暑い。
だからこそ、余計にありがたいのが故郷から届いた野菜と果物だ。

母親が作ってくれた作物は、
今年、とても出来がいい。
シャキシャキのスイカは甘みも抜群、
好物ゆえに嬉しくてならない。
ツルについたままのフルーツトマトは、
酸味、旨み、甘みのバランスが最高だ。

いやー、ありがたい。
母親の流した多くの汗に心から感謝する。



racecourse_ave at 13:01|Permalink

2018年07月29日

パッとせず

ここ最近、馬券も愛馬たちの成績もパッとしない。
7月はどうやら「ガマンの1カ月」であったようだ。

愛馬ではないが、
岡田繁幸さんの期待するナイママもアルママも2着に負けてしまい、
連れて馬券は散々だった(苦笑)。
この仇は8月11日、
ナイママが出走するコスモス賞(札幌)で晴らすことにする。


racecourse_ave at 11:47|Permalink

2018年07月24日

ナイママとアルママ

岡田繁幸さんの期待する2頭が共に今週出走する。

まず、道営に所属するナイママが今宵のターフチャレンジ競走を走る。
これが2走目である。
もちろん今日も圧勝して、
中央のコスモス賞に駒を進めるものと信じて疑わない。

そして真打ちのアルママは、
土曜日、札幌の新馬戦(芝1500m)に登場する。
こちらもおそらく、
持てる力を存分に披露するだろう。

久しぶりにわくわくが止まらない。




racecourse_ave at 14:30|Permalink