2022年01月20日

ヘトヘトで帰宅

昨日はお昼前に静内に着き、
そこから怒濤の4人取材。
今日は午前1人、午後1人、
その間に資料集めもあったので、
んまあ、疲れました。
ヘトヘトです(笑)。

先ほど帰宅して出走馬を調べてみれば、
今週は大挙の出走となった。

土曜日が3頭、日曜日が7頭。

そろそろ「初笑い」といきたいものだ。
どの馬も頑張れ。



racecourse_ave at 17:47|Permalink

2022年01月19日

さあ取材だ

これから日高に向かい、
1泊2日で多くの関係者に取材する。
スケジュールが猛烈にタイトであるだけに、
気の引き締まる思いがしている。

どんな原稿を書くのかは、
取材がひと段落した段階でお知らせするつもりだ。

まずは車のタイヤが埋まりませんように!

racecourse_ave at 08:34|Permalink

2022年01月18日

水島作品にはたくさんの思い出が

漫画家の水島新司さんが亡くなった。
わが少年時代、あの人の作品をいったい何冊買い、
何度読み返したことか。
本当に思い出深い。
個性際立つキャラクターの設定と、
野球への深い興味・洞察が他の作者の追随をゆるさなかった。
個別の作品の感想など、
書きたいことは山ほどあるが、
今は時間的にそれができない。

「ありがとうございました」

一読者として、深く頭を下げておく。


racecourse_ave at 12:31|Permalink

2022年01月17日

わずかな病院への往復にもタクシー

今年の冬はいったいどうなっているのだろう……。

本日午前11時、母が退院した。
悩んだあげくに前夜、
自宅へのタクシー配車を依頼したのである。
するとこれが大正解だった。
大量の雪が溶けて、辺りの道はどこもグチャグチャの状態だった。
つまり、自分の車で出発すると、
ぬかるみにはまって動けなくなる可能性が大であったのだ。

「1月にこんなの、本当にないですよね。
 どうなっちゃってるんでしょうか」

プロのタクシー運転手がそんなふうにぼやくのである。
いかに異常事態であるかをご理解いただけるはずだ。

母親が戻ってきたはいいものの、
女房はまだ函館に滞在中だし、
あれこれ面倒を見なければならない。
帰宅後にはさっそくケアマネジャーさんに来てもらって、
部屋やトイレへの手すりの設置を終えた。
明日は明日でデイケアサービスをどう活用するか、
相談することになっている。
仕事もマックスの忙しさだし、
いやー、頑張って乗り切らなければならないなァ。


racecourse_ave at 20:37|Permalink

2022年01月16日

帰宅してビックリ

周知のとおり函館は雪が少なく、
また滞在中は晴れ間も覗いていたので、
昨日、空港から自宅に戻ってビックリしたのである。
駐車場に30センチ以上の雪が積もっていて、
車を停められないではないか。

仕方なく、近所の郵便局の駐車場を勝手にお借りした。
車をそこに緊急避難させて、雪かきを大急ぎで開始したのだった。

どうしてこんなにもバタバタするのだろう……。

雪かきの途中には、ついついため息が出た(^^;)。

今日はもうあらゆる作業を放擲して、競馬を楽しむことにする。

昨日デビューしたマイネルシデンは少々期待外れだった。
今日は中山でジュレップグラスが初戦を迎える。
こちらはどうだろうか。
頑張っておくれと願う。


racecourse_ave at 09:43|Permalink

2022年01月15日

今週は6頭

函館で2日目の朝を迎えた。
これから空港に向かい、帰宅の途に就く。

気がつけば土曜日だ、また競馬が始まる。
今週は今日が4頭、明日が2頭。
中山4レースでマイネルシデンがデビューを迎える。

先ほど、「競馬エイト」を片手に朝食会場へ行ったところ、
係の若者が「おっ、愛知杯ですか」と声をかけてきた。
その時の笑顔が、勝手な解釈ながら、幸運を運んできたような気がする。
期待しないわけにはいかない。
頑張れ、シデン!

racecourse_ave at 09:35|Permalink

2022年01月14日

函館で絶対おすすめの店

リクルート時代の後輩がセンチュリーマリーナ(ホテル)に関係していて、
函館に泊まる時にはいつも世話になっている。
普段札幌勤務のその後輩が、昨日はたまたま函館に来ていたので、
到着後、2人で飲みに出たのである。
(函館ではなぜなのか通夜をあまり行わない。昨夜もそうだった。)

行き先は五稜郭の「二代目佐平次」だ。

ある程度、日本酒の事前勉強は必要だが、
ここは品揃えも料理も本当に素晴らしい。
酒が好きな人は絶対に行った方がいい。
昨日出てきた真ダチのムニエルのうまかったこと!
そのあたりのレストランではまるで歯が立たないほどだ
お任せで出してもらった酒もうなるほどにうまかった。

迎えた今日、義父の葬儀は滞りなく終了した。
お別れ会では、カラオケ好きの義父らしく、
愛する北島三郎の歌が背後に流れ続けていた。

オヤジさん、本当にお疲れ様でした。
どうか安らかに。




racecourse_ave at 19:31|Permalink

2022年01月13日

何とかセーフか

本日もあれやこれや、猛烈にバタバタするなか、
先ほど新千歳空港に到着した。
函館行きの予約便は「引き返す可能性あり」の条件運行ながら、
何とか離陸してくれそうだ。
ギリギリセーフといった体である。
まずは良かった。

racecourse_ave at 16:59|Permalink

2022年01月12日

ものすごい積雪

ある程度は覚悟していたのだけれども、
朝起きて窓を開け、
信じがたいほど大量の雪をかぶった車を見て愕然とした。
北海道に移り住んで数年、
ひと晩で降った量としては、おそらくは最多だろう。
しかも湿った雪だから、とても重く、
車一台を動けるようにするまでに汗まみれになる。
いやあ、参った。
実はまだこれから、女房の車を雪の中から救出しなければならない。
ついついげんなりしてしまう。

義父の死因は脳梗塞と判明した。
遺体は昨夜引き取って、14日の葬儀が決まった。
つまりは明日、函館へ向かうわけだが、
飛行機は無事に飛んでくれるのだろうか。
新千歳〜函館の2便は、今日は共に欠航になっている。
今週はまだまだ、いろんな波乱に遭遇しそうだなァ。



racecourse_ave at 13:25|Permalink

2022年01月11日

晴れぬモヤモヤ

わが義父は自宅で倒れているところを発見されたので、
警察による検死が必要なのだそうだ。
先週土曜日に亡くなり、
遺体はすぐさま警察が引き取ったが、
あいにくの3連休のため、検死の開始はようやくの今日からになる。
まずはCTを撮って、死因の特定にかかるらしいが、
このCTで死因が特定されない場合には、
続いての検死解剖が必要となる。

北海道で検死解剖が行えるのは札幌のみのようだ。
すなわち遺体は、明日以降、函館〜札幌を往復する可能性がある。
イヤハヤではないか。
そんなこんなで、見送りのスケジュールが決まらないために、
心中はどうにも落ち着かない。
北海道はこれから大雪になるとの予報もあって、
心のモヤモヤは濃くなるばかりである。


racecourse_ave at 11:49|Permalink