aamall

2011年06月02日

#69 開発版 UstrPLite3 Alpha5 Released!

>> 開発版 UstrPLite3 Alpha5 をダウンロード <<


記事最下部に、最新の修正版について追記をしました(@ 06/03 - 00:51)

  • メインウィンドウ関連
    • 終了時、以下の項目が保存されるようになった
      • 現在のモード(スキン)
      • モードそれぞれのウィンドウ位置
      • 最前面表示するかどうか(将来的に、スキン毎に保存するようにする予定)
    • ブラウザモードの GUI に、メニュー・閉じる・最小化ボタンを追加
    • 常にシステムトレイに格納され、最小化時はウィンドウを隠すようにした
    • メインウィンドウを閉じると、全てのプレイヤーが終了するようにした
    • アプリケーションの起動にコマンドラインパラメータが設定されていた場合、ウィンドウを隠して起動するようにした
    • お気に入りのインポート・エクスポート機能を追加(メニューから)
  • プレイヤー関連
    • プレイヤーを閉じた時、最前面表示とウィンドウ位置が保存されるようになった
    • Shift キーを押しながらホイールスクロールで、1 刻みに音量調節が出来るようになった
    • キーボード矢印↑↓キーで音量調節が出来るようになった
    • プレイヤーメニューからお気に入り登録が出来るようになった
    • フルスクリーン時、一定時間ポインタが動かなかった場合、マウスポインタを隠す様にした
    • 最小化時、勝手にウィンドウが表示されてしまう問題を修正
    • フルスクリーン時、右下の音量表示の位置が更新されない問題を修正
    • フルスクリーン時、勝手にウィンドウサイズが変更されてしまう問題を修正
    • justin.tv で、フルスクリーンから復帰した時にプレイヤーの表示がおかしくなる問題を修正
    • livetube で、フルスクリーン時、ビデオのアスペクト比が、オリジナルと異なってしまう問題を修正
    • 右クリックメニューのチェックマークが正しく反映されない事がある問題を修正
  • その他
    • 仮のアプリケーションアイコンを付けた

細かい修正・機能追加が主なアップデートです。

致命的なバグが残ったまま Alpha5 をリリースしてしまって、一時的にプレイヤーでの再生出来なくなってしまいました。
現在は修正版を自動更新に載せてます。正しく再生出来ない現象が発生した場合、UstrPLite3 を再起動してください。


隠し機能として、「importfav URL」(スペース忘れずに)を再生すると、指定した URL から お気に入りファイル(お気に入り⇒エクスポートした物)をダウンロードして、そのデータをインポートする事が出来ます。
将来的に、ブログパーツみたいな物から UstrPLite3 にお気に入りリストを送りつけるみたいな事が出来そうです。



06/03 - 00:51 追記:
UstrPLite3 Alpha5 を新規にインストールすると、ウィンドウが表示されず、またシステムトレイにもアイコンが表示されずにアプリケーションが起動してしまう不具合を確認しましたので、その修正版を公開しました。

以上の現象が発生した場合、タスクマネージャで UstrPLite.exe を強制終了したのちに、上記の DL リンクより、修正版 Alpha5 をダウンロード/インストールして下さい。

不具合のご報告、本当にありがとうございました!

ractis5m at 00:12|PermalinkComments(30)TrackBack(0)MyWorks | - UstrPLite

2011年05月29日

#68 宝探し、終わりっ♪

>> 開発版 UstrPLite3 Alpha4 をダウンロード <<

  • 10分毎にチャンネルのステータスを更新取得するようにした
  • お気に入りリストに、ライブ中マークがつくようになった
  • プレイヤーメニューに、最大化・最小化・フルスクリーン
  • プレイヤーの再接続(リフレッシュ)機能を追加
  • プレイヤーで、最前面表示をデフォルトにした
  • Justin.tv で、取得したライブビデオから正しいアスペクト比を計算するようにした
  • プレイヤーの音量を表示するようにした
  • [Ust, Jtv] 視聴者数を取得し表示するようにした
  • [Ust, Jtv] 埋め込みプレイヤーでの再生が制限されているチャンネルを視聴するために、公式プレイヤーで再生する機能を追加

 Justin.tv の「宝探しはじめ!」の CM が流れると、視聴中の配信が止まってしまいますが、プレイヤーの右クリックメニューから再接続をする事で、回避する事が出来ます。

再接続のタイミングはいつでも OK です。
CM 中に押すと、バックで音のみ再生されます。



チャットと、ウィンドウ設定保存機能また次回に。

ractis5m at 02:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)MyWorks | - UstrPLite

2011年05月24日

#67 開発版 UstrPLite3 Alpha3 Released!

>> 開発版 UstrPLite3 Alpha3 をダウンロード <<

Alpha3 を公開しました。

  • プレイヤーをホイールクリック(中クリック)で、最小化ミュート
  • お気に入りチャンネル右クリックから、お気に入りの解除をする事が出来るようになった
  • チャンネル情報の読み込み処理を改善し、Justin.tv のチャンネル読み込みが中断されないようになった
  • チャンネル入力欄に「changeSkin」と入力し再生する事で、Alpha1 の小型ランチャースキンに変更する事が可能
  • 自動アップデート機能の追加。起動時に最新の Alpha 版をチェックします (Beta/正式版への移行は手動になります)
  • 同じチャンネルの多重視聴を制限した
  • その他細かいバグの修正 

今回の変更点は以上になります。


Alpha-2 の、Justin.tv のチャンネルをお気に入りに複数登録すると、次回起動時に情報を正しく取得出来なくなるバグは修正したつもり。


それから、Alpha-1 の小型表示の方が良かったという声を聞いた気がしたので、それに戻す機能を追加しました。
オリジナルより少しだけとっつきやすさは上がっています。

次回起動時は元の表示に戻ってしまいますが、次回のアップデート(今週末?)で UstrPLite3 の設定を保存・読み込みする実装を追加します。


また、前バージョンより、配信のアスペクト比を自動的に取得し、プレイヤーのアスペクト比もそれに合わせる機能を追加しまして、その影響で Justin.tv のロゴが右上に表示されない場合があります。
これは、チャンネルをトリミングしている影響のためですので、ご心配なく。


あと、これも Justin.tv に関してですが、Player を短時間に何個も起動すると UstrPLite が Justin から一時的に BAN されるみたいなので、多重起動の制限をしました。
どうしても多重に起動したいという方は、
↑↑↓↓←→←→BA
と、プレイヤーをクリックした後に入力して下さい。

ractis5m at 23:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0)MyWorks | - UstrPLite

2011年05月23日

#66 開発版 UstrPLite3 Alpha2 Released!

>> 開発版 UstrPLite3 Alpha3 をダウンロード <<
>> 開発版 UstrPLite3 Alpha2 をダウンロード <<

自動アスペクト比維持機能、簡易お気に入りリストを追加しました。


ちょっとしたバグがまだ残っていて、Justin.tv のチャンネルを二つ以上お気に入りに登録すると、次回起動時、正しくお気に入りリストが復元されない場合があります。
Justin.tv のチャンネルのお気に入り登録は 1 つまでにしてください

次のバージョンまでこのバグの修正を行い、チャット機能の実装を中心に進める予定です。



github の方の更新はこれからでー
それでは。

ractis5m at 00:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)MyWorks | - UstrPLite

2011年05月21日

#65 [AS3] e.target.removeEventListener( e.type, arguments.callee ) は間違い

ActionScript3 で、EventDispatcher に登録したイベントリスナーを削除する時、

OBJECT.removeEventListener( EVENT_TYPE, _listenerFunction );

と、いちいち書くのが面倒だったから、汎用的なイベント削除コード

e.target.removeEventListener( e.type, arguments.callee );

この Snippet を FlashDevelop に登録して使っていたんだけど、実はこれ、イベントリスナーが正しく削除されない事がある。



Event クラスには、イベントが発生したオブジェクトを取得するプロパティが二つあって
  • target
  • currentTarget
イベントリスナーを登録した EventDispatcher と必ず一致するのは currentTarget の方なのね。


ActionScript3 のイベントシステムは、子オブジェクトから親オブジェクトへ(もしくは逆方向に)イベントが伝搬していくけど、target プロパティは、そのイベントが発生した最初のオブジェクトを指すプロパティらしい。

という事は、子を持つ EventDispatcher (何かを addChild したスプライトなど)にイベントリスナーを登録すると、リスナーに渡される Event クラスの target は、currentTarget と一致しない事が起こりうるわけ。 


removeEventListener は、リスナーが登録されていなくても正しく呼び出す事が出来るから、この仕様は一見気付きにくい落とし穴だね。 

これからは、以下のコードを使うようにしよう。

e.currentTarget.removeEventListener( e.type, arguments.callee );


ractis5m at 18:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Programming | - Flash