2007年09月08日

nhk鹿児島最新ニュース:石原さとみはなぜ同世代から後れをとっているのか

 必死のアピールは実を結ぶだろうか。
 石原さとみ(20)が今月15日公開の映画「包帯クラブ」のPRに奔走している。連日のようにテレビ、イベント、雑誌インタビューなどに登場し、笑顔を振りまいている。
 無理もない。石原にはこれといったヒット作が見当たらず、このままでは埋もれてしまう恐れがあるからだ。
 石原の映画出演はこれまで5本と少なく、主演級は「わたしのグランパ」だけ。連ドラも昨年1月の「ナースあおい」が平均視聴率14.2%、今春の「花嫁とパパ」は平均11.8%と伸び悩んだ。


 今年2月放送の特別ドラマ「翼の折れた天使たち第1夜『衝動』」(いずれもフジテレビ)も12.6%と振るわなかった。
「『U―21』といわれる若手女優の中で、石原は後れをとっています。彼女は古風な顔立ちで清楚なイメージがあり、演技の評価も高い。でも、長澤まさみ、沢尻エリカ、上野樹里といった同世代の女優たちに比べてインパクトが弱い...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)
■■


radatowm at 17:10│TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL