使用していたトースターが壊れたことがきっかけで電気量販店に行ったら、今イチオシとして薦められたのが、バルミューダのトースターでした。

ただ、パンを焼くだけのトースターなら3000円程度で購入できますが、こちらの商品だと25000円と8倍ほどの価格でした。しかし、新しい家電に目がないこと、TVで絶賛されていたことを理由に購入しました。

このトースターの特筆すべきポイントは安い食パンがホテルの焼き立てパンのような美味しさに変身することです。これだけでも買った価値があったと思いました。冷凍したカチカチの、6枚切り100円の食パンが、最高にふっくらとしたパンになります。普通のトースターならばただ焼くだけなので、水分を飛ばしてしまいます。

そのため固くなるのですが、こちらは予めセットしておいた水が庫内に充満してパンを水分で覆うとのことです。蒸し焼きをイメージしてもらえれば分かりやすいでしょうか。また通常のトースターの場合、温度は一定ですが、3つの温度帯を制御してくれます。

それゆえにカリモチを可能にしてくれるのです。使い方も水をセットするだけなので簡単ですし、特別なお手入れも不要です。友人が泊まりに来た朝に、このトースターで焼いた食パンを出したのですが、おいしいと評判でした。高かったけれど、高い買い物ではなく、高いだけあったと納得できた家電でした。