2005年11月29日

舞-乙HiME 第08話 運命の軛

なんか作画に違和感あるなぁ。まぁ話が面白けりゃそれほど問題とするものでもないから良いけど。
結構大事そうな話が多かった気がした。

音なんて聞いていないとか言いながら、シズルにハルモニウムがオルガンだってことを簡単に吐き出すアリカに萌えとく。
シズルもそれとなしという割には結構ストレートに攻めていたような気もする。
そしてその後ろではトモエ様がみてる。ちょっと怖いッスよトモエさーん。洒落になってないよ。
ミーヤはトモエから微妙に距離とっているよね。

そして謎を解くためにフミ様の墓標に進入大作戦の皆さま。
何故ナオちゃんが鍵を持っているのかという謎が出てきますが、学園長があれだし多分結構簡単なんだろう。
すると図書室の様な所の奥には歴代オトメの墓標が、そして暗がりからでてくるマリア女史。
まさしくマリア様がみてる。図書館でのトモエ様がみてるはこれへの伏線か。
その後暇な年寄りの思い出話に付き合わされる5人は、翌日無意味な掃除をやらされていたり。
ナオはもちろんのごとくサボってます。
開け〜イワシ、ってアリカは内陸の人間なのにイワシを知っているんですなぁ。
これは何かのキーポイントか。んな訳は無いか、いくらなんでも。
でももしかしたら誰かの好物だったのかも知れないなあ、例えば母親とか。
しかし扉が開いたのはアリカの言葉に反応したのか、それともアリカ自体に反応したのかまでは今回のでは分からんです。
オトメの墓についてもなんだか怪しげな秘密が隠れているような気がするけど、これも考え過ぎか。

そういえば今回ナオの協力を得るに当たってナオの仕事を手伝う手筈なんだけど、この仕事ってなんなんだろう。
ニナがそのとき顔を赤らめていたのがちょっと気がかりです。
一応オトメだし、夜街で男を釣ることでは無いとは思うんだけど。
けどかつてはミコトにも出来たし、簡単な肉体労働だし・・・バージンの花園にようこそな人だし。

アリッサ、鳥かよ。ずっと肩の上に乗っていたら寝るに寝られんよね。
夜なのに起きているし、夜行性なのか?でも昼間の砂漠でも肩に乗っていたし、もしかしたら生身の、というか普通の鳥じゃあないかもね。
てかあからさまに怪しかったミユが実はいい人だったというのが少しショッキング。
でも何か隠している気がするので、まだまだ注意は必要っぽい。
本人達がどうしようもなかったマイスターGEMを簡単に外してしまったし。

てかばっちゃはお亡くなりになっていたのね、ミユが最後にアリカとあった半年後に。
ばっちゃが言っていた言葉は今はもう、遺言の様なものなのですね。言葉の重みが違いますよ。

アスワドの頭領は17歳の人。初登場の時、スープの具になってしまったマイごときと間違えてしまって申し訳ありませんでした。
舞-乙HiME 1舞-乙HiME 1

radical_weapon at 01:40│Comments(0)TrackBack(6)舞-HiME 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 舞乙HiME・第8話  [ たこの感想文 ]   2005年11月29日 02:14
「運命の軛」 城の地下で遺跡に触れ、マシロとアリカが契約した事を知ったナツキ。だ
2. 舞-乙HiME 第8話 「運命の軛」  [ GYAKUTEN日記 ]   2005年11月29日 17:11
舞-乙HiME 1 今回バトルとかなかったですけど、新キャラが続々と出てきました。 ナツキによると今回から「動き出すぞ。全てが。」 という展開らしいです。
3. 舞ー乙HiME@第08話、運命の軛  [ Phantom Moon ]   2005年11月29日 18:57
舞-乙HiME: 前回、鐘の音によりGEMを破壊されたアリカ。 一応蒼天のなんたらが収まってはいるのですが、それを公にする訳にはいかないらしく、舞闘の授業をサボってしまい、結果、罰掃
4. 舞‐乙HiME 第八話  [ オイラの妄想感想日記 ]   2005年11月30日 21:57
4 今週も、楽しみです。 アリカはマシロとの契約をみんなに隠し通せるか心配です。 でゎ、妄想感想いってみます。
5. 舞-乙Hime 第8話  [ オヤジもハマる☆現代アニメ ]   2005年12月01日 08:17
TVアニメ「舞-乙HiME」オリジナルサウンドトラック Vol.1サブタイトル「運命の軛(くびき)」   動き始めた”シュバルツ”と”アスワド”。  それぞれがパートナーとして組むのは...   以下詳細  ***********
6. (アニメ感想) 舞-乙HiME 第8話 「運命の軛」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2005年12月02日 03:28
アリカとマシロの契約により物語が大きく動き出し始めたこのアニメ。全てはこれからと言った感じですね。正直かなり楽しみです。さて、今回もプッチャン達にお願いしましょうかね?好評だったかは定かではありませんが・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索