2006年02月14日

舞-乙HiME 第18話 ホワイトアウト

アオイちゃんが、アオイちゃんが〜・・・崖から落ちた。
冷静に考えてあの落ち方だと普通に下に人がいて助かるタイプだと思う。
例え死んじゃっても復活するかも知れないしね。
まぁ後でいろいろ考えよう。

マシロちゃんはスラムの難民達に紛れてエアリーズへの苦難の道。
そのエアリーズの大統領さんところのでぼちんはもうネタだね。最初からネタだったけど。
あのサイズの石をぶつけられて、なおかつ石が割れるような衝撃を受けながらも血が流れない強靱な石頭。
物わかりの良さそうな風吹かせながらハルカの処刑を実行したユキノは素直に凄い。

ニナはダイヤモンド漆黒になってからこっち、空元気というか痛々しいというか。
悲劇のヒロインを演じようとしているけど、へたれポジションがどれほど足を引っ張ってくれる事やら。
まぁセルゲイが一番悪いから仕方ないけど。(何がだろう?)
うーん、マシロみたいな少しアレな女王をかばって自ら崖ダイヴを選んでしまったアオイさん。
マシロの表情を読みとっての行動でしょう。
真の王者は数多の犠牲の上になりたつものですから、これも王者の道。

そういえばアオイとチエとの間柄って結局何だったのだろうか。
受験の時に縁があったとの事でしたが、一緒にガルデローベの試験を受けた仲なのでしょうか。
マシロ様の乙女となるために頑張ったけれど駄目でした〜、な展開でしょうか。
それなら主の為に命を張る道理が通りますし。

ミユの正体はモノホンの深優なのかな。
Multipleではなく「まーしふる」と聞こえたような気がするので違っているかも知れないが。
前作HiMEの終わりがHiMEの終わり方が、一応全員にハッピーであったからねぇ。
マーシフル=Merciful=慈悲深いという意味のようですから、あの時代をアリッサと生涯を共にしたあとの話だと考えると悪くない話。
それにこのアリカたちのいるエアルが実は西暦20006年の時代だったらありかも。
そこんところはチャンピオンの設定と同期していればいいだけの話だ。
そしたらMIYUがアリカに拘る理由ってなんだろうかという話になってしまうわけで。

ナオとナツキは最後までネタで終わりそうな予感。
最後生存が確認されたアリカの動きがエンディングに繋がっていたのには笑った。
ミコトも飼い主たちでなくアリカについて行ってたりして何やってんだか。
EDはお別れ仕様だったけど、もしかしてアオイは本当に軽く死んでしまったのではないかと今更心配してみる。
最後のアップがグレスケなら信憑性が高かったんだけどもね。
TVアニメ『舞-乙HiME』新オープニング主題歌「Crystal Energy」 [Maxi]TVアニメ『舞-乙HiME』新オープニング主題歌「Crystal Energy」 [Maxi]

実はアオイちゃんこそが真のレナ・セイヤーズだったという超展開はいつ頃の予定でしょうか?
これだと崖から落ちても無傷の生還が可能だと思うのですが。
radical_weapon at 01:54│Comments(0)TrackBack(15)舞-HiME 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. (アニメ感想) 舞-乙HiME 第18話 「ホワイトアウト」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年02月14日 07:06
舞-乙HiME 2 いよいよ戦うことになったアリカとニナ、悲しい定めですね・・・。「二人ともボクのために戦わないでくれ!」ってセルゲイが叫んでくれたらワロス。考えたらこのおっさんが一番の原因ですよね?年端もいかない娘さんを女として意識するだけでも犯罪なのに(苦...
2. 舞-乙HiME #18「ホワイトアウト」感想  [ endlessspace-無限空間 ]   2006年02月14日 07:56
感想 段々面白くなってきたぁーー!!! 今回のお話はメッセージ性がとても強い感じを受けた。 何を訴えたいのか、脚本からひしひしと伝わってきた。 ミユがかなりかっこよかった。 いいキャラしちょる ナツキは前作であれほどヤマダの世話になっただろうが...
3. 舞-乙HiME 第18話   [ アニメに漫画それが私のシアワセ ]   2006年02月14日 08:03
         「ホワイトアウト」 アオイちゃーーーんヾ(TДT;)))  ナオに次いで好きだったキャラが旅立たれてしまった。。。 もう一話一殺ペースなんですか( T▽T)    ??exbI
4. 舞‐乙HiME18話感想  [ daijinnのオタ日記 ]   2006年02月14日 09:21
第18話『ホワイトアウト』 前回が前回だっただけに多少のサプライズ展開にも動じない・・・はず。 サブタイからすると、『ホワイト=マシロ』がアウト(いなくなる)ってこと?死ぬってコトはないだろうけど。 それでは感想
5. 舞-乙HiME ♯18 「ホワイトアウト」  [ エソラゴト ]   2006年02月14日 11:25
今回はだいぶ悲惨なお話のようで。 いろんなところで鬱だ鬱だと叫ばれているまいおとめ。 前作もまあ後半は暗くなっていって これはこれでおもしろかったのですが・・・
6. 第18話「ホワイトアウト」  [ リネの日々 ]   2006年02月14日 19:27
いよいよ、その本性を剥き出しにしてきました・・・ 前作に比べてスタートはやや遅かったですけど、その辺は「言わなくてもわかってるだろ?コレは舞-HiMEシリーズなんだぜ?」ってスタッフの声が聞こえてきそうですw 前回エルスが逝ったことによりブチキレタアリカとお父...
7. 舞-乙HiME 第18話 「ホワイトアウト」  [ 廃人のばらっど(ぁ ]   2006年02月14日 20:52
今日からテスト週間ッスよ。orz ちょっと更新が不定期になるかもです。 アオイが身投げしちゃいましたけど、結局生きてるんですよね?(ぁぁ 前期の最終回が強烈すぎてどうせ生きてんだろとしか思えませんでしたよ。 好きなキャラだったのでちょっと(´・ω・`)ショホ...
8. 舞-乙HiME 第18話 「ホワイトアウト」  [ 新米小僧の見習日記 ]   2006年02月14日 20:52
個人的に『舞-乙HiME』史上ベストの回でした。もしかしたら、前作と併せて考えてみても、そう言っていいかもしれません。それぐらいBパート突入後の展開は観せました。 静かな微笑を残して、崖から落ちることを選んだアオイ。そんなアオイの姿が、マシロにとって自身...
9. 舞-乙HiME第18話「ホワイトアウト」(2月9日放送分)  [ Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌) ]   2006年02月14日 22:18
今回は、見ていて辛い場面がたくさんありました。マシロ姫への不満をぶつける人々・・・・そこに本人がいるとも知らず・・・傷つくマシロ姫・・・。本当に見てられなかったです・・・・。マシロちゃんがかわいそうでなりませんでした。確かに、今まで行ってきたことは、国...
10. 舞-乙HiME 第18話 自らの罪に、唖然とするマシロ  [ ヨコハマ<オタク>買い出し紀行 ]   2006年02月14日 23:03
先週の大激動の後、各キャラがどうなったかを描写しているのが今回。 ナツキへたれてます。 ナオしぶとさを発揮。ナツキをやり込めています。 ニナセルゲイの前で無理に明るく振舞うことで、かろうじて心の平安を保っています。 マシロ心優しいミミですら、自分を憎んで...
11. 舞-乙HiME 第18話「ホワイトアウト」  [ 現代視覚文化研究会「げんしけん」 ]   2006年02月15日 00:20
 【マシロ】女王が、貧民層と接して気付く己の不甲斐なさ、【アオイ】の死が描かれる第18話のストーリーは「【ナギ】の働きによるアルタイの介入により、騒乱は収まるヴィントブルーム。しかし、治安維持を名目としたスラムの住民の追放がなされ、多数の難民がヴィント市...
12. 抜群のバランスですね。(舞-乙HiME#18)  [ 菊地美香応援ブログ~秋見月 蛍~ ]   2006年02月15日 01:37
舞-乙HiME#18「ホワイトアウト」を見る。 今回は、ですねぇ、前回の続き…当たり前だ(^^; えっと、あの展開の後ということで、ちょっと見るの怖かったんですよね。 わたし、タイムリーで見てて、萎える展開だったら、ビデオ録画してるんで、寝ちゃおうかなと思ってたん...
13. 抜群のバランスですね。(舞-乙HiME#18)  [ 菊地美香応援ブログ~秋見月 蛍~ ]   2006年02月15日 01:37
舞-乙HiME#18「ホワイトアウト」を見る。 今回は、ですねぇ、前回の続き…当たり前だ(^^; えっと、あの展開の後ということで、ちょっと見るの怖かったんですよね。 わたし、タイムリーで見てて、萎える展開だったら、ビデオ録画してるんで、寝ちゃおうかなと思ってたん...
14. 舞ー乙HiME@第18話、ホワイトアウト  [ Phantom Moon ]   2006年02月15日 04:00
舞-乙HiME: 病人のうめき声が響く荒野のキャンプ。 第18話は、戦争が始まったという印象を強烈に与えつつはじまります。 そして、そのキャンプ地に現れた二人の兵隊。 どうやらナむ.退
15. 舞乙HiME・第18話  [ たこの感想文 ]   2006年02月16日 01:14
「ホワイトアウト」 行方不明になったマシロ。アルタイに寝返った兵によって、大規模

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索