2006年04月25日

ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜 第03話 桃子、アルバイト始めますっ!

俗に薄給と言われるアニメーターでもフィギュアは一杯買えるんですね。

薄給なのはアニメーターだけでなく、声優さんも同じことで一杯お金をもらえるのは一部の人だけ。
特にその卵ということになるとさらに厳しいものになるわけで。
そんな桃子がバイトを探す話。

すぐに首になったバイトってのは経験したうちに入らないと思うんですけどね。
それと漢字を書くことってそれほど大事なことなんだろうかとも思う。
読めるだけで十分だと私は思う次第であります。

思えば行ったことがないのだけれど、メイド喫茶というのはここまでいかがわしい店なのかね。

radical_weapon at 22:08│Comments(0)TrackBack(2)ラブゲッCHU 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

4 一人暮らしはきついもの、声優とゆう仕事は儲からない(しかも研修生) だったらバイトするしかないじゃないか(#  ̄ー ̄)〇
漢字テキストを買うお金もない桃子はアルバイトをはじめます。 声優になるにはいろいろと大変ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索