2008年02月06日

true tears 第05話 おせっかいな男の子ってバカみたい

机にもたれ掛かる比呂美がエロすぎて困る。

住み込みの坊主が荷物持って比呂美の部屋に突入かと思ったら、比呂美視点でのやり直しか。
TOMOYOのメールは容赦ない文面ですなぁ。
眞一郎をおんぶ野郎呼ばわりだもんさ。実際そうなんだけど。
今回だって愛子を背にしていたものなぁ。お盛んなこって。

眞一郎がちょっと空回り気味。
真心の想像力という魔法の言葉に振り回されっぱなし。
というかこの主人公、実は結構人に流されている節がある。
でも乃絵に舐め舐めされちゃった。
比呂美に海岸でマフラー巻かれちゃった。
愛子に背中から抱きつかれちゃった。
・・・あれ?空回っている割には景気が良かったりしてるじゃんかよ。

これから比呂美の母親の顔だけが切り取られた写真を見て誰にどんなアクションを起こすのやら。
比呂美が暗黒面に落ちつつあるのが気がかりですよ。
そういえば94年なんてついこの間な感じなんだけどなぁ。
true tears オリジナルサウンドトラックtrue tears オリジナルサウンドトラック


true tears - livedoor Blog 共通テーマ
ところで実は純に対して大変な思い違いをしていたのかもしれない、次回予告を見てそう思い始めてきた。
比呂美に近づくために眞一郎に乃絵を近づけようとしている、一見するとそう思わせる行動のようである。
眞一郎目線で「その人の側にいる誰かに〜」に準じるとそうなってしまうが、完全に純目線で見ると話は変わってくる。
純は眞一郎と比呂美が近いなんて事を知る由も無いのだし、乃絵に近い人物となると実は眞一郎しか知らないという事でもある。
真の目的は純自身が眞一郎と接近するために仕組んだ間接的な仕掛けなのだ。
乃絵と眞一郎が良い関係になれば、もう眞一郎はもう弟のようなものだ。
尊敬の意味も込めて兄貴と呼ばれることは遠い将来の話でなく、性的な意味で兄貴と呼ばれる事も非現実的な話ではない。
ピアスが片耳だけなのも、女子の視線に無頓着なのも、全てが辻褄が合うというもの。
前回の乃絵にヘルメットを付ける動作に手間取っていたのは、何かしらの病気だろう。
こんな性癖を持っている彼だ、どんな病気に掛かっても不思議ということはない。
むしろ残り少ない人生を応援してやるのが正しい方向なのではないだろうか。
唯一の気がかりは乃絵のことであろうが、乃絵に眞一郎との関係を知られなければ後腐れなど存在しないのだから問題ないだろう。
残された二人は、二人の道を歩めばよいのだから。
radical_weapon at 22:09│Comments(0)TrackBack(5)True tears 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. true tears 第5話  [ パズライズ日記 ]   2008年02月07日 00:01
今回は、眞一郎が初めて比呂見の部屋に入るお話。 何やら余計なことを言ってしまったようで、サブタイはこれでしたか(笑)。 同じシーンの繰り返しは一瞬何事かと思いました。 乃絵は相変わらずですが、今回は弁当絡みで色々と。 友達ならおかずの交換ってどうなんで....
2. true tears 第6話「おせっかいな男の子ってバカみたい」  [ 恋華(れんか) ]   2008年02月07日 15:20
true tears 第6話「おせっかいな男の子ってバカみたい」
3. (アニメ感想) true tears 第5話 「おせっかいな男の子ってバカみたい」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年02月08日 00:56
true tears vol.1 乃絵の兄、純の唐突な申し出。その返答に窮した眞一郎は、御座なりのとんでもない交換条件を突きつけるが、予想外にあっさり受け入れられてしまう。あまりに無自覚な眞一郎の行為に苛立つ比呂美。友達になろうと比呂美に近づく乃絵、自分の想いを抑えき....
4. true tears 第05話 感想  [ 荒野の出来事 ]   2008年02月08日 01:40
 不憫だけど眞一郎はバカです!  さて展開もだんだん怪しくなってきている・・・w  true tears  第05話 『おせっかいな男の子ってバカ??.
5. 「true tears」 5話  [ さすらい旅日記 ]   2008年02月09日 22:06
第5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」。 今回のキーワードは「ウィンナー」と「マフラー」、「手編みセーター」でしょうか。 2話と同の..

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索