2009年12月20日

M-1グランプリ 2009 感想

なんか久しぶりに書いてみます。
一年ぶりってやつです・・・って年一回なんだからそりゃそうか。
まあ、個人的な都合でブログを更新してなかったっていう話でM1とは関係ないです。

取り直しまして、今年の優勝はパンクブーブー。
まあ納得出来る結果です。
他の二組のネタが酷すぎましたからね。
笑い飯はゴールデンにやるネタじゃないものを持ってきてしまった。
自分からM1優勝なんて要らないと言っているようなものです。
これを書いている今すでに忘れてしまったパンクのネタと違って、人々の記憶に残るネタではあったのですが・・・
人間やっていいこととダメなことがあるって事ですね。

そんなこんなで優勝はおいといて総括してみようかと。
決勝9組中、記憶に残ったのは笑い飯とハライチ、モンスターエンジンの三組。
それに去年優勝したNON STYLEを合わせた4組でしょうか。

NON STYLEは去年より遥かに内容のある漫才をしてくれました。
今年一年揉みに揉まれたんでしょうかね、面白かったです。

モンスターエンジンは滅茶苦茶面白いと思いました。
ただ、見る人を選ぶタイプのネタは全国区でやっちゃ駄目ですね。
土曜の昼間とかならまだしも、日曜の夜に家族で笑える類のネタではなかった。

ハライチは場慣れの問題か最初が良くなかったですね。
それが点数に反映されたのでしょう。
水色のムックは間違いなくツボるネタではありましたが。

そして最後に問題の笑い飯。
今年2009年のM1は笑い飯のためのM1だったと言っても過言ではないでしょう。
最高のネタと最低のネタを同時にやってしまえたのはスゴすぎです。
鳥人(とりじん)は奈良県立民俗博物館を超える良いネタだったし、今後も語り継がれるネタになるでしょう。
今回の12本のネタの中でも伸介が100点を付けたのが頷ける位に光っていたネタでした。
しかし最後の最後に持ってきたチンポジ。
これ、だめすぎます。面白いけど笑えません。明日話題に出せないようなレベルのネタです。
しかし明日どれ位多くの子供がチンポジを気にするか・・・
それを考えるとその影響力は凄いんだろうなぁと思ってしまいます。
きっとこれが胸が熱くなるってことなんでしょうね。

それではまた来年
M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]


radical_weapon at 22:08│Comments(0)TrackBack(0)雑記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索