武装錬金

2007年03月29日

パピヨンが都市伝説になって終了。
最初から最後までパピヨンが主役でしたよ。
誰も居ない月で一月殴り合っただけでヴィクターと和解というのはちょっと難があったような気がする。
斗貴子さんが裸になってしまうのにもね。
まあ、一月戦っていた割にカズキとヴィクターの服は無事。

毒島はかぁーいぃーなぁ。


radical_weapon at 10:32|この記事のURLComments(1)TrackBack(15)

2007年03月22日

カズキのいない・・・9月くらい?
夏休み明けくらいだしね。
事情を知らずに端から見たら痛い子みたいです斗貴子さん。

母さん食べちゃ駄目・・・倫理的に。


radical_weapon at 10:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(5)

2007年03月15日

何なんだ今回の鬼太郎は?
最初のまひろだけじゃなくて要所要所のカズキもそうだし。
何の意図があったんだろうか?
兄妹的に格好いいからか。

ヴィクターとカズキが連れ立って月へ。
空気のない月で喋れるとは錬金の戦士は凄いです。
ホムンクルス達も喋れるらしいっぽいからなんか錬金が関係あるんでしょうね。

radical_weapon at 11:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(17)

2007年03月08日

そういえば昔GIRL MEETS GIRLという・・・どうでもいいか。

ヴィクターは一人錬金戦団と戦っているというのに、カズキと斗貴子さんは夏休みを満喫。
二人にとって見れば限りなく最後に近い青春とはいえ、丸々一話を費やされると困る。
しかし最後の締めには問題ないのだから、話を入れるのならば縮めることも出来ないか。
「武装錬金」 トレーディングカード 【Ver:DARKNIGHT】BOX

radical_weapon at 11:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(18)

2007年03月01日

まっかぁなぁちかぁいぃ〜って聞いていたのに本編のふいんきが違っていたので別のアニメを見ているのかと思ったら、ヴィクターの昔話だった。
唐突に金髪ロリ娘を出されると

大戦士長の武装錬金バスターバロンに対抗してでっかくなったヴィクター。
正直な話でかくなる理由が見当たらない。
単純なエネルギーのぶつけ合いならば、人間サイズで問題無いと思うんですよ。
別に機構上の問題とかじゃあないんだからさぁ。
「武装錬金」オリジナル・サウンドトラック

radical_weapon at 10:58|この記事のURLComments(2)TrackBack(23)

2007年02月22日

大戦士長が出てきて火渡さんとも仲直り。

メインは潜水艦対ヴィクター。
三人の錬金戦士が合体して一つのマシンを作る訳ですが、やっぱり雑魚じゃヴィクターには勝てないか。
もうどっから見たら勝てる要素があったのか見当も付かない。
潜水艦に負けじと来週もスパロボ。
無敵の男爵様と最強のヴィクターの戦いは見物だわさ。

radical_weapon at 10:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(18)

2007年02月15日

ブラボーとカズキの戦いが終わったかと思ったら火渡乱入で終了。
いくらなんでも空気読めなさすぎでしょうこの人。
火をつけるのは得意でも火消しは苦手そうだ。

前回の三倍は戦闘が映えていましたよ。


radical_weapon at 11:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(17)

2007年02月08日

ヴィクターはやはり雑魚では敵わないか。

ずっと戦ってばかりだったのに、全体的にテンポが悪い印象。
これと言って決め手に欠けるというか、既に分かっている決定的手段に向かってバトルが展開していて予定調和が先行して緊迫感に欠けている様な感じ。
回答者全員が答えの分かっているクイズ番組を見せられているといえば正しいでしょうか。
武装錬金 II <初回限定版>

radical_weapon at 12:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(15)

2007年02月01日

あの・・・その・・・もの凄く裸です・・・男のだけれども。
しかし戦部さん、骨まで見せているから肌なんて見せても問題ないのか。
戦っている相手も相手で変態だから特に何も気にしないんだろうけれども。

なんだか原作と違ってきているのだけれど、オリジナル展開でしょうか。
しかも2クールならばそんなに遊んでもいられないと思うのですが。
途中で駆け足的に話が進まないことを今から祈っておきます。
駆け足にならないための展開なのかも知れませんが。
しかし毒島がいなければ困りはしませんか。


radical_weapon at 02:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(25)

2007年01月25日

御前がアナザータイプで蝶華麗に復活。

斗貴子さんに惚れすぎな剛太が再殺部隊に喧嘩を売る話。
見た目劣化カズキな性格だから地味ですよね。
戦輪も地味すぎる武器だし。

そして小山さんがまた登場。
「剛」の方だけれども。

いい加減にパピヨンが変態過ぎて困る。
今回の水着は流石に通報ものだと思う。
武装錬金 サンライトハートTシャツ(BLACK)

radical_weapon at 13:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(20)

2007年01月18日

主人公が死んじゃった・・・。
もっとも最初のウチに一回死んでしまっているのだけれども。
海の藻屑としたあたりがどうとでも出来るブラボーの優しさなのね。

ヴィクター化したカズキですら寄せ付けないブラボーの強さ。
サンライトハートが改良されていたのにねぇ。
それでも全く勝てる要素が無かったとはブラボー強すぎ。
そして斗貴子さんは置いてけぼりを喰らいすぎ。
別のことに目が行っちゃったから仕方ないけれども。

radical_weapon at 09:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(23)

2007年01月11日

唐突に水着回。アニメの中では今から夏休みだったのね。
季節感がなさ過ぎにも程があるというもの。
しかしこの水着回は良い水着回の様子。
次回も続くのでお楽しみですね。
そして海では唐突に斗貴子さんに関係のありそうな人間が登場。
流れるように出てきましたよ。

今回の目玉はなんと言ってもED変更。
出て来るのはパピヨン一人という蝶空気の読めたEDになってしまいました。
あまりにも危険で真夜中には効き過ぎる代物です。
武装錬金 斗貴子 タオルマフラー武装錬金 斗貴子 タオルマフラー

radical_weapon at 02:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(20)

2006年12月28日

蝶・ビンビンのまま前回から二話連続放送。
実は東京の方と放送時間が一緒になってしまっている。
いつものTV大阪ならこの時間からスタート。今日は危うく見逃すところだった。

力ちゃんだー!もの凄い勢いで力ちゃんだ。
そして柚姉さんとのガチバトル。夫婦で競演ですか。
うたわれるものが懐かしいです。
カズキも斗貴子さんも全く刃が立たず。
届くことすら許されないんだものね、ヴィクター強すぎです。
カズキもヴィクターとなんだか黒くスーパーなサイヤ人ていすとのあれになってしまいました。
武装錬金 (9)武装錬金 (9)

radical_weapon at 12:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(16)
攻爵がなんでか爺さんと戦い始めてしまった。
空に浮かぶ変質者とその爺さんの変質者の戦いに。
カズキと斗貴子さんは置いてけぼり喰らってしまっています。
カズキはまだまひろとちょっと喋ったけれども、とくに斗貴子さんは本当に出番がない。

一体でも残れば復活出来るとか、ムーンフェイス最強過ぎでしょ。
一人ではどうしても倒せる気がしないよ。

蝶・ビンビンのまま次回へ。
ドラマCDシリーズ「武装錬金」 (CD)ドラマCDシリーズ「武装錬金」 (CD)

radical_weapon at 01:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(21)

2006年12月21日

信じるまひろの前に敵を切り裂いて後光が差すカズキが登場。
実にジャンプらしい展開で、もの凄くいいところで終わってしまいました。
できれば今週が2話連続一時間であって欲しかった。
贅沢な話ですけれども。

馬鹿二人はノリノリのポーズにも斗貴子さんは尻込み。
でもいざとなると結構ノリノリだったの気のせいだろうか。
二度とはやりたくないだろうけど。
武装錬金 (10)武装錬金 (10)

radical_weapon at 02:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(33)

2006年12月14日

蝶野さんってこんなえげつない顔をしたことがあったっけ?
カズキの中で思い出が美化されているのでは無かろうか?

早坂姉弟編は今回で終わり。
母親の死因は過労とストレスから来るものでしょうか。
姉弟の母は実の母親ではなく、二人を誘拐した犯人だったのですね。
痴情の縺れから子供を誘拐するとかされた方には溜まらないです。
両親は二人を引き取らなかったし、不幸のどん底のような人生ですよ。
そりゃあ自分たち姉弟二人しか信じられないでしょう。
死がふたりを分かつまで(1) 死がふたりを分かつまで(1)

radical_weapon at 12:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(29)

2006年12月07日

早坂姉弟はホムンクルスではなく生身の人間。
武器となりうる力だけを与えられ尖兵となっている状態の様子。
姉弟で永遠を共にするのはすこし背徳の世界が強いです。
絆が強いのは良いけれども、一線を越えてはなりませぬ。
最近は変態が多いから困るのですよ。

向こうの武器の方が強そうでしたよ斗貴子さん。
武装錬金 (10)武装錬金 (10)

radical_weapon at 10:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(31)

2006年11月30日

カズキ剣道部で修行する。
でもおつむの中身は変わらず人前で武装錬金を使ってしまう。
まあ、敵なんだけどね。

いつもは戦闘シーンばかりだけど、今回は銭湯シーン。
まひろは100まで数えているのかと思ったら、乳を計っていたのですね。
もの凄い能力の持ち主です。
斗貴子さんの乳首もガードするし、とぼけているように見えて以外にやり手です。
それにしても斗貴子さんは二人に比べて無いねえ。

蝶野さんはどうやって桶を使って前を隠したんだぜ?
武装錬金 (9)武装錬金 (9)

radical_weapon at 10:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(33)

2006年11月23日

ブラボーとカズキは似たもの同士ですね。
特訓といってもプロレス技かけられているだけのようにしか見えなかったけど。
そんなことしてくる敵はもの凄く限定されそうな予感。

寄宿舎の生徒が大変なことになる話。
斗貴子さんはもっと凄いことになる話。
すべすべお肌とか、昔のトラウマとか。
同列の話ではないけれど。
イヤホンしていたら効かない攻撃ってのも間抜けかも。

蝶野攻爵はあと一枚が絶対に守られるのね。
武装錬金 (8)武装錬金 (8)

radical_weapon at 09:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(18)

2006年11月16日

罵って下さい!
転校生に対する質問じゃあ無いわな。
どうせすぐバレるとはいえ、恥を晒すな、恥を。
しかし、それに豚野郎と返す斗貴子さん。
ひ、酷い・・・ああ、本当に和月の豚野郎じゃないかよ。

蝶野攻爵が普通に生存。
町中をあんな服で歩き、自重されたロッテリやに悪気もなく入っていくなんて、ホムンクルスになって手に入れた能力の一つでしょうか。
しかしブラボーも似たようなものだし、この世界の人はそんなものなんだろう。
武装錬金 7武装錬金 7

radical_weapon at 09:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(24)

2006年11月09日

この時間はもうずっと変態だな。
永遠に痛みと苦しみを味わい続けるだなんてマゾには天国のような体じゃないか。

蝶野攻爵がホムンクルスとなってパピヨンを覚醒。
でも別に脱ぐ必要は無いと思うんだ。
なんで流れるようにして、さもそれが当然のように学ランがちぎれるように敗れていって黒パンだけになるのさ。
そしてその黒パンからパピヨンマスクを取り出すとか、匂いとか気にならないのかな。
完全変態って自分でいってしまっているし、蝶野家的にもこれが普通なんだろうなあ。
素敵な格好には見えないよ。どうみてもただの変態だし。寒いでしょ。

やっぱり斗貴子さんの志々雄さんモードはいいなぁ。
どう包帯を巻けばあんなにうまいことなれるのやら。
数時間も携帯電話で話しっぱなしで通話料とか気になるけど、例の0円でお馴染みソフトバンクだから大丈夫、なのか?
武装錬金 (6)武装錬金 (6)

radical_weapon at 08:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(36)

2006年11月02日

鷲尾さん、良い最期でした。

守るべき人はカズキにとって斗貴子さんや妹やその他の学生で、鷲尾さんには蝶野。
そんな守るべき人のために皆戦わなきゃならない訳ですね。

カズキは一日中斗貴子さんを背負っていた訳ですけど、当たっていますよね?もちろん。
よく寮までたどり着けたモノだと感心します。
武装錬金 5武装錬金 5

radical_weapon at 08:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(35)

2006年10月26日

学ランの下は素肌、懐にはパピヨンマスクを忍ばせる。
もの凄く変態です蝶野攻爵。でも、まだ懐から出て来るだけマシという変態っぷり。

もの凄く精巧な、でも似ているようで似ていない似顔絵を直接本人に見せてプレッシャーを与えた後に、マスクだけならオシャレと褒め殺しであぶり出し。
なんという策士なのだろうか彼らは。これをやられてしまってはどれだけの隠れ変態であろうとも表に本性を表さずにはいられない。
大量のホムンクルスを処分したと思っていたら、最後の一体の鷲尾さんがもの凄く強くてこまっちゃったということ。
まだカズキが体に慣れていない成長途中ということだから強い敵にぶち当たっても仕方ないんですね。
武装錬金 4武装錬金 4

radical_weapon at 08:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(34)

2006年10月19日

エロスはほどほどにしときなさい、いくら何でもそれは無理です斗貴子さん。

制服も体操服も貸すだなんて、まひろは兄想いの良い妹ですね。
ていうか、自分たちの変態さに気付かないのかこの変態兄妹。
それを含めて1週間の特訓の結果、最初に戦った相手が股間の位置に顔があるという変態だったから、無駄には終わらなかっただろう。
そんな変態カエルさんはやられたらちっさい亀さんのようになって、髪型は成る程なんて思ったら仲間にぬっころされるし。
その仲間が次回の敵かと思ったら、斗貴子さんがそれをぬっころしちゃうし。
格好いい、格好いいよ斗貴子さん。
武装錬金 3武装錬金 3

radical_weapon at 07:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(31)

2006年10月12日

斗貴子さんは空から落ちる時にちゃんと短いスカートを押さえるんですね。
そんなコトしなくたって、見えないものは見えないのに。
それでも作品全体からそこはかとなくエロが漂ってくるアニメ。

斗貴子さんが空を飛ぶ変態さんに襲われたり、襲おうとしたら逃げられたり。
主人公もかなりのつく馬鹿だけど、妹も含めて回りの人間も馬鹿なのね。
この学校って凄い濃い人が多いんだろうな、って思ってしまいますよ。
前回の事を考えると、なんだか話が進んだって感じがしませんでした。

仮面つけている人がが伝説の変態パピヨンさんかあ。
やっぱりこの枠はもう伝統的に変態でいくんですね。
武装錬金 2武装錬金 2

radical_weapon at 02:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(46)

2006年10月05日

妹のまひろがそこはかとなくエロ。

今回の主人公は変態じゃないか、と思わせておいて女王様に支配されたい願望の強いマゾが主役。
なんかもう、いつ全裸になってくれるのか、それだけが楽しみだ。そんなシーンがあった記憶なんてないんだけれども。
作品が変わって、絵柄が変わっても枠が一緒で中の人が一緒というだけで主人公が本質的に一緒だったら困るよ。
うたわれるもので活躍した柚木姉さんに期待しておこう。

ジャンプでやってたけど、終わっちゃったんだよね。
今のなんで連載出来ているんだ?っていう漫画よりよっぽどいいのに。
さり気なく斬あたりと変わっていても誰も気付かないよ。

なんだかFate臭がするのはなんでなんだろうか。
EDの問題っていうのもあるんだろうけど。
雰囲気だけがそうならいいんだけれど、展開までそうだと困るよ。

で、このXEBECはいいジーベックなのかそうでないのかが問題。
なんでこんな心配しなきゃならないほど落ちぶれてるんだろうかというのも問題。
武装錬金 1 武装錬金 1

radical_weapon at 08:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(43)
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索