電脳コイル

2007年12月01日

終わっちゃった。
長くて話の複雑なアニメでしたよ。
一応、解決したッテコとでいいのか。
最終的に犠牲者らしい犠牲者も出た訳じゃないし。

爺は死んだってのに、底抜けに明るいなぁ。
しかし死因は電脳空間に行ったからのようにも見えてしまうが。
その辺の所は良く解らないなぁ。


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ

radical_weapon at 21:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年11月24日

4423とはイサコ自身のことだったんだよ!!
「なんだってー(棒読み)」
こんな事想像出来る訳がないじゃないか。
衝撃過ぎるにも程がある。
ミステリーな話から、ユウコとイサコの友情物語に早変わりだぜ。
サイエンスチックなミステリーの枠から離れている訳じゃないけど。
電脳コイル 第4巻 通常版電脳コイル 第4巻 通常版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(4)

2007年11月17日

事件が明るみに出るや、メガネは自主規制。
命に関わるとありゃ、親も必死か。
今までの日常が変わったらやりにくいだろうねぇ。
ヘタレだったダイチが一転、イサコのいなかった栄光の日を取り返したのはいいね。
またヘタレに戻ったりするんだろうけど。

そして舞台は金沢へ。
電脳コイル デンスケ(M)電脳コイル デンスケ(M)


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(4)

2007年11月10日

イサコ様がお消えになってしまった・・・。
猫目の野郎はなんて事をしてくれたんだ。

総集編を挟むとどんな話だったか分からなくなってしまった。
まあともかく核心にかなり近づいてきたってこったよね。
イマーゴが何かっていうのも解決したし。
電脳コイル (ちゃおコミックス) (コミック)電脳コイル (ちゃおコミックス) (コミック)


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 20:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)

2007年10月28日

全ての鍵は5年前に死んだオジジが握っていたのか。
ヤサコはオジジの葬式にこっちに来たときにアレなんだもんなぁ。関係性が無い訳がない。

ただのペットプログラムにしては優秀な働きをしていたデンスケの封印を解いたらどんなことになるんだろうか。
死んだオジジが復活するくらいのサプライズは欲しいところ。
どう頑張っても4423の真実が明かされるくらいが限度だろうけどね。
電脳コイル 第4巻 通常版電脳コイル 第4巻 通常版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 00:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(6)

2007年10月20日

夏休みが終わっておばちゃんはクビに。
っていうか17才なら朝から小学生引っかけてないで学校行けよ。
そして小学校は駅向こうのと統合されてしまったよう。
エレベータで昇らないと駄目ってのはなんか嫌だ。

ずっと騙されていたらしいイサコさん。
イサコ兄はとうの昔に死んでいただなんて。
そして自分たちの都合の良いように使ったらポイ捨て。
酷いにも程がある。

黒いオートマトンは赤いのとは違って神社にも入ってこれる仕様に。
管轄が今までの奴とは別物なのね。
逮捕されてしまうというのは本当の話のようだ。

ここに来ての超展開。
目が離せないってレベルじゃあないぞ。
電脳コイル 3電脳コイル 3


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(12)

2007年10月19日

さり気なく先週から二週続けての話になってたんだなぁ。

炎色反応ってそんなに素晴らしくでるもんなんかねぇ。
焼き塩になって跳ねて痛いだけのような気がするんだけど。

全ての罠に嵌るっていうのはお約束展開。
身体が頑丈ってのは便利でイイネ。


ナイトウィザード The ANIMATION - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 00:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)
さり気なく先週から二週続けての話になってたんだなぁ。

炎色反応ってそんなに素晴らしくでるもんなんかねぇ。
焼き塩になって跳ねて痛いだけのような気がするんだけど。

全ての罠に嵌るっていうのはお約束展開。
身体が頑丈ってのは便利でイイネ。


ナイトウィザード The ANIMATION - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 00:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年10月13日

ヤバイ状況だというのに告白。

やっと電脳コイルというものの正体が明らかになってきた。
オカルト過ぎるでしょ、いくらなんでも。

おばちゃんも昔はやんちゃしてたのね。
いまでもやんちゃしているけれど。

黒くて四角てメカニカルって格好いい。

電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 20:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(14)

2007年10月06日

デンスケの大活躍により、攫われたキョウコも無事現実空間に復帰。
しかしこの犬が頑張っているところを久しぶりにみたかも。
最近露出が無かったからなぁ。
キョウコもあんま出しゃばってなかったし。

アナログ最高ーって話ですよね?
電脳コイル 第3巻 通常版電脳コイル 第3巻 通常版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2007年09月30日

ハラケンの身体がずれる。
電脳空間と実体空間とのズレ。
それってキャリブレーションのミスなのではと思ってしまうのですが。
こんなのが都市伝説になってしまうというのって、メガネの精度が良すぎるからでしょうか。

イサコには協力者がいたのか。
そりゃあ一人で出来るって揉んでもないわなぁ。
それこそ知恵を貸す人間が。

妹が攫われてしまった。
向こうから浸食してくるなんて恐ろしいのう。
「電脳コイル」キャラクターブック


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 14:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月22日

ヤサコとハラケンが良い雰囲気にっていうか、これ死亡フラ・・・。
その後もフラフラしているし、小学生にして死期を悟るってどーなんだ。
イサコと交渉までして向こう側の世界にいきたがっているし。
二次元に暮らすだなんて人類の永遠の夢のようなこと、そう簡単にはできまい。

電脳コイル 第2巻


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(8)

2007年09月15日

電脳コイル の検索結果 約 2,270,000 件中 1 - 10 件目 (0.14 秒)
性能低いんじゃねえの?てか?言論統制?中国か!

4423は病室の番号だった。
そうだとしたらヤサコがであったあの男子はなぜその番号を知り得たのだろうか。
自分で自分が意識を失って寝ている病室の番号を知り得るのだろうか。
そもそもヤサコが彼と出会ったのは事件のそのものなのか、その後なのか。

おばさんに上司がついてしまった。
これによって奔放さが改善されたらよいのだけれども。

もう一匹のミゼットの飼い主は誰なんだ?先週のガキか?
電脳コイル (1) 限定版電脳コイル (1) 限定版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(13)

2007年09月08日

たかだか駅を挟んだ向かい町で迷ってしまうとは。
ヤサコにしてみればランドマークも無に帰すんだろうなぁ。
妄想癖が激しくていつも変なこと考えているから視野が狭くなったりするからかねぇ。

また新しいキャラが出てきた訳だけど、どことなくハラケンと被る。
ちょっと若いけど、被ってしまう。
これは困りものだ。
なんか裏がありそうだけど、裏がなきゃあ登場せんわな。
電脳コイル (2) 限定版電脳コイル (2) 限定版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(5)

2007年09月01日

甲子園が終わって再開かと思った先週がフェイントコイルだったため本当に久しぶりだ。
って、えー!?また総集編?な、なんだってー!?長い夏休みじゃのう。
そーいや今年は明日まで夏休みなんだったけ?
と思って気を抜いていたら微妙に新カット、っていうか話進んでんじゃんか。
「電脳コイル」なんていう単語をさらりと出して気やがった。

おばちゃんの動画フォルダを隠しフォルダにするなんて将来見込み有りじゃのうこの糞ガキは。
どっかでみたことのあるような猫だと思ったら、病院に忍び込んでいた奴だったのね。
なんの前触れもなく登場したと思ったらここに繋がっていた訳だ。
プリズム/空の欠片(初回生産限定盤)(DVD付) [Single] [Limited Edition]プリズム/空の欠片(初回生産限定盤)(DVD付) [Single] [Limited Edition]


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(12)

2007年08月25日

おお振りがねぇ、テラもねぇ、あるのはコイルだけかと思いきや総集編。
しかも大惨事つきという鬼仕様。
ひさしぶりに桑島のり子さんの顔を拝んだ気がするよ。
一体誰が得したっていうんだよこの企画。
電脳コイル(2)


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2007年08月04日

おばちゃんは女子高生だったのか・・・。
なんたる衝撃的な事実と実年齢にあるまじき加齢臭。
どうみても日本橋でチラシ配っているような人にしか見えない。
しかも超ミニなスカート。この姿でバイクに乗って登場しろ。
しかし学校でもこんな性格で学校に通っているのか?
電脳コイル (2) 限定版電脳コイル (2) 限定版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 20:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(14)

2007年07月28日

発毛したのは下の毛ではなく、ヒゲかあ。
その考えはなかった。

今回のは面白い話だったなぁ。
シムシティみたいなイリーガル、いいねぇ。
話し掛けるだけで勝手に育ってくれるとはなかなか。
戦争は無意味な行為だとか教育テレビらしい話ではありましたよ。
電脳コイル キャラクターブック (キッズ・ポケット・ブックス 61) (単行本)電脳コイル キャラクターブック (キッズ・ポケット・ブックス 61) (単行本)

電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 23:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(16)

2007年07月21日

よくもまあ錯覚を起こさないもんだねぇ。
まあ泳げないし、目に見えているだけなのだからそんなことはないか。

ダイチがテクスチャを食べるイリーガルを育てたら大変なことに。
サッチーすら食するなんて悪食にも程があるよ。

何が発毛したんだろうか。
やっぱ下の毛かな。
電脳コイル 2 (2) (TOKUMA NOVELS Edge) (TOKUMA NOVELS Edge) (新書)電脳コイル 2 (2) (TOKUMA NOVELS Edge) (TOKUMA NOVELS Edge) (新書)


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(10)

2007年07月14日

おにいちゃん?お兄ちゃんと申したかイサコよ。
話の流れ的に考えて4423がそれっぽいけど。
4423って誰だよって思うけど4453の読み方的に考えてヨシフミあたりが妥当か。
ヨシフサの線も捨てがたいが。

唐突にカメラマンが登場。
しかしどう見ても不審者。
電脳コイル (1) 限定版電脳コイル (1) 限定版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(15)

2007年07月07日

イサコさんが結合してしまった。
声が無駄に性的過ぎて困る。
上を脱いだ当たりで本当に性的な意味での結合をしてしまうのではないかと気が気ではなかった。

学校で合宿ってのどうなんだろか。
風呂とか、風呂とか、風呂とか。
男女同室だしねぇ。
電脳コイル アクセスガイドBOOK (単行本)電脳コイル アクセスガイドBOOK (単行本)


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(15)

2007年06月30日

夏祭りで浴衣ですか。
テコ入れにしては少し遅めですがどうでしょう。
そもそも水泳の授業が無いってのは・・・
学校での活動も結構合ったというのに。
放課後が主となってしまうのも考え物。


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2007年06月23日

自分で仕掛けた罠に自分で嵌る。
自分くらい特例を造っておけばいいのに、その程度のこともしていないなんてどんだけ完璧主義者なんだ。
伊達に同級生の男子を上から目線で尻に敷くだけの女じゃないなぁ。

いちいちエロい展開が仕組まれているのは何の罠だろうか。
電脳コイル (1) 限定版電脳コイル (1) 限定版


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 20:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(7)

2007年06月16日

最近ババァキャラが多いなぁ。何でだろ?

赤いオートマトンって何のことかと思ったら、ずっと戦ってるあの変な達磨ね。
名前はサッチー。
対抗してミッチーを造るのが研究課題という訳ですね。


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(5)

2007年06月09日

あれ?音量がでっかくなった?

先週は虐めていたのに、伸された後は尻に敷かれる。
イサコは恐ろしい女だよ、まったく。
人使いが荒いというか、人を使うのが上手いというか。
まあ使われる側が馬鹿すぎるというのも手伝っているのだろうけど。


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(7)

2007年06月02日

転校生の女子を虐めるだなんて、なんて陰湿なアニメ何だ。
まあ逆に伸されるのがアニメ的ではあるけれど。

メガネをの裏機能を活性化させるソフトとか販売する詐欺って無いものなのかねぇ。
女子の服を透ける機能があるとかいって、ちょいと値の張るソフトを売りつけるという。
まあそれが別にそんな機能を実装させるような本物では無いという話で。
しかしながら実際問題そういう処理は不可能では無いだろう。
もちろん実際に透けるのではなく、擬似的にそう見せるだけの機能ぐらいなら。
メガネを通さないと見えないペットがいるんだから何の問題もない話で。
エロ生活の夢が広がっている世界だ・・・。出生率とか下がりまくりだろうなぁ。


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(5)

2007年05月26日

ばあさん、腰をいわせたとはいえその人選はないだろ?
もーろくするにも程があるよ。

なんだか秘密めいた組織のようなものを匂わせた次の瞬間その手がかりとなる人物が普通に転校してくる。
探すまでもなく簡単に話が進みましたねぇ。

サブタイをユー子とユー子って読んでたけれど、違うんですね。
EDで初めて気付いた。ていうかキャラの名前を気にしなさ過ぎるのにも問題があるな。
しかしつくづく子のつくキャストが多いですよ。
「電脳コイル」サントラ音楽集 


電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 22:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(3)

2007年05月21日

弱みを握って会員を増やす。
ウィルスをばらまいて自社のセキュリティソフトを販売する。
何となく似てるかな?

高度な情報技術の産物はやはりそれなりの値が張るのかと思いきや、ただの掛け合いですか。
大阪でもそんな金額を請求されたことなど無いというのに。
いや?あったかもしれん・・・。
電脳コイル - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 01:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2007年05月12日

なにやら色々と凄いらしいという噂。
磯光雄という名前は聞いたことがあるなぁ。
動画に重きを置かれると、じっくり見ないと仕方ないから疲れるんだけれどもね。
問題はアニメーターを理由にして見ようと思わないし、見るのをやめたりしない人間だからなぁ、私は。
動きは動いているけれど、ジブリっぽい?
いやむしろEB・・・自重するか。

仮想現実と現実が混在している世界になるのか。
裸眼では見えずにメガネを通せば見えるというのはいいとして、どうやって実現させているのかっていうのが難しいねぇ。
計算しているコンピューターがある訳だと思うのだけれども。
その辺は後々明かされるか。


で原作はEB110Sだって?(違います)
電脳コイル 1 (1) (新書)電脳コイル 1 (1) (新書)

最近見たアニメの感想 - livedoor Blog 共通テーマ
radical_weapon at 19:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(6)
Categories
Archives
なんたらと検索
Googleで検索
Google

Amazonで検索