いまだにメディアでは「新型うつ病」が取り沙汰され、それを真に受けた人たちがろくに調べもしないで勝手な意見を述べている。

 PICA


小生も、新型うつ病に関しては、「うつ病」と呼ぶべきではないという見解である。従来のうつ病とは別物だと考えるべきだと思っている。

しかし、新型うつ病の患者さんも普通に働けないことで辛い思いをしていることに変わりはない。そこには精神医療の手が差し伸べられるべきだと思う。


次のような記事が週刊ポスト2012119日号に掲載された。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事中に症状が現れるが職場外では元気…、今、「新型うつ」の人が増えているという。本当にあった「新型うつ」の例を紹介しょう。

「いま他の仕事で手一杯なんです」「やったことがないのでわかりません」何を頼んでも、なかなか聞いてくれない30代の男性社員に「もう新人じゃないんだから」と諭すと、「部下の適正に合った仕事をさせないほうが悪いじゃないですか!」と逆ギレし、次の日から会社に来なくなった。心配して家族と連絡を取ると「休みが取れたからツーリングに行くと言っていました」とお母さん。休み明けに無断欠勤の理由を問うと元気のなさそうな表情で「最近うつ気味で」と。それは都合がよすぎない?(47歳・男性・会社員)

 うつ病で会社を休んでいた20代後半の社員が復帰。表情も晴れやかな様子で、安心したのも束の間、「気分転換が必要だというから、ハワイにゴルフに行ってきて……」と、休職中のバカンスの思い出を話しだす。しばらくはみんな黙って聞いていたのですが、たまりかねて同世代の部下が「旅行休暇じゃねぇんだぞ」と遮り、言い争いに。彼は再び休みがちに。(50歳・男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これにのせられて2ちゃんねるの住人は攻撃の虜となっている。「あいつらはおいしい思いをしている。自分はこんなに頑張っても報われないのに」という浅はかな大義名分を振りかざしながら。

書き込みの中から目についたものを取り上げてみる。



・「それ鬱病じゃねーから。仮病だから」

→仮病ではない。仮病を意味する「詐病」は当然鑑別診断で否定された結果「新型うつ病」なのである。


・「あー俺も中学のころ部活行きたくなくて

これなったことあるわー
あれは新型うつだったのかー()

→それは単なるサボりである。新型うつ病は生活のかかった仕事に行けないところに深刻さがあるのである。そうでなければ「適応障害」である。


・「医者はなんでもかんでも病気に仕立て上げやがる。金の亡者だからな。」

→勤務医なら何人診ようがどんな薬出そうが、給料は一緒。その点もし問題があるとしたら開業医であろう。開業医にとって患者さんはある意味「お客様」だから、患者さんを数多く抱えることに経営上の価値が生じてくる。そういうことが心配なら個人クリニックにはかからなければよい。


・「いいよな、卑怯者も怠け者も鬱って言えば済むんだから
真面目にやってるの馬鹿らしくなるよ」

→「うつ病」という診断名が付くことで患者さんは社会的デメリットを受けている。そういうことすら分からない輩が「得だから生保受けよう」などという最低なことを言うのだろう。「働きたくても働けない」人は確実に存在するのである。


・「バカンスで治るんならいいよ
治るんなら」

→重症でなければうつ病の患者さんには「生活リズムを大切にして、できれば家の中にこもりきらないで散歩など外出しましょう」と指導する。しかし、世間の目があり日中外出できないことも多い。また、家族の理解不足から自宅療養が難しい場合もある。そういう場合に彼らは遠方に出かけて長期間滞在することを選ぶのだろう。

医師が転地療養をすすめることは余程の事情がない限り少ないのではないだろうか。

しかし、いくらなんでも海外に行くのは言語道断だと思う。


・「『○○という物質が脳から検出されたから鬱なんですよ』みたいな診断でなかったら、病気なんて言っちゃいけない気がする…
早くそういうの解明して、怠けやサボりに都合のいい病名付けるのやめてもらいたい。新型じゃない鬱の人にも迷惑だと思う。」

→脳神経ニューロンの伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンが原因物質だと同定されている。そして、使われる薬剤もそれらを補うものである。充分に科学的な治療だと思うのだが・・・。


・「うつ病は確かに病気として認知されるべきだと思うけど、新型うつはただの甘えとしか思えないよなぁ
何がしかの生物学的根拠があるなら分かるけど、根拠どころか定義すら無いみたいだし
こう言う輩は一般人同様に扱って、それで淘汰されるならもう仕方ないと思うが…」

→根拠も定義もある。そんなことも調べないで書き込んでるあなたが「淘汰される」側の人間だ。


・「新型だろうが旧型だろうがうつは精神障害等級3級がもらえるレベルの立派な病気です。
それを理解してないで甘えだとぬかしてる社会のほうがよっぽど問題あるわ。」

→従来型のうつ病なら軽症でなければ2級が出る。仕事に行けないのに敢えて3級にされているのなら、神経症レベルだという判断で、「新型」であることを鑑みての3級なのだろう。





匿名で意見を述べる自由が与えられているにしても、「そんな環境に『甘え』ながらものを言っている」己の無知が人を傷つけていることには気づくべきだ。
感情任せでとんちんかんなことを言っていては某国の人たちと同レベルである。