ドアフォな精神科医、星に帰る。

イカレポンチ状態のままついに最終章に突入。っていうか、毎回その記事が最後のつもりで書きちぎってはトランス状態を呈してドラムセットを破壊するような事がたまたま何百回と繰り返され、振り返って道標を線で繋ぐとナスカの地上絵の様な巨大な春画になっていた訳です。 毎回生まれたてで産毛すらまだ乾いていない状態・・・それでも自分の力でプルプルと立ち上がろうとするバンビを上空からかっさらっていくオオワシのような切り口で世相を斬る、KILL、キロロ。 そういう意味で、一日一日を人生にみたてて生まれて死んでを繰り返しているような連続性の脆弱さ、モラトリアムな学生が熱にうなされ悪夢を映像化したショートムービーのような刹那主義、そして修羅の道を大手を振って行進するかのような露悪的趣味・・・・・・それらの文言は明らかに大仰過ぎますが、取り敢えず動物的本能に従ってフルスイングかましとくことにします。 星に帰るまでの3億光年の期間限定ブログ。 読んでも何一つためにならない点については予め謝っておくとして、兎に角、寛大な心で大目にみてくだサイト☆ 「恥をかくことは恥ずかしい事ではない。恥をかく勇気もないことが恥ずかしいことなのだ」・・・・・・そんなメッセージを身を以て示している・・・・・・それもやはり言い過ぎでした。恥を恥と感じない恥知らずが一番恥ずかしいことだと思います。 尚1年に2回くらいは正気を取り戻すので、まともな事を書くことがあります。 「#2」以降の「#数字」は修正・加筆したヴージョンであることを示すものです。慢性的に推敲不足である由、ご容赦頂けたら幸いです。貴方の知らない間に記事はどんどん変化します。そういう意味でこのブログは生き物です。そしてこのブログを読む貴方はいきものがかりです。因みにいきものがかりみたいな音楽は大嫌いです。

タグ:神聖かまってちゃん

いろんなタイプの精神科医がいて然るべきだと思っている。患者さんが自分に合った治療を選択できる形が望ましいと思うからだ。今回取り上げる精神科医のことを決して否定しようというのでは無いことを先に述べておく。喧嘩するつもりはなくて、あくまで小生の心の呟きに過ぎ ...

神聖かまってちゃんが主題歌を手掛けたことから興味を持ったライトノベルのヒット作「電波女と青春男」のアニメ版が放送されているということで、昨夜、というか今朝未明、初めて見た。関西地方では深夜3:10からの放送で、こんな時間に起きて放送を楽しむのは深夜ラジオを聞 ...

形の上では、アニメ「電波女と青春男」の主人公エリオと神聖かまってちゃんのコラボという曲である。既にかまってちゃん関連音源としては史上最大のセールスを記録しそうな初動らしい。 電波系、ニートという点での子とエリオが重なっているので依頼された仕事なのであろう ...

ひと昔前、精神科外来を訪れる若い女性患者の多くが浜崎あゆみを聴いていると言っていた。当時あゆはファッションリーダーだったし、世の女性の多くがあゆを聴いていたのだから、特に精神科患者さんばかりが好んで聴く音楽という訳ではなかったのだが、外来に訪れる彼女たち ...

クリスマスのLOVE&PEACEな雰囲気が腐った世間を包み込むこの季節に2発の爆弾が同時に投下された。ニコニコ動画から飛び出したバンド・神聖かまってちゃんのニューアルバムが2枚同時に12月22日に発売された。既にORICONのデイリーチャートでは7位と8位に食い込んでおり、今作 ...

今日京都ミューズホールで行われたα-stationのイベントライブに行ってきた。前々から楽しみにしていたライブだ。というのも、神聖かまってちゃんがオープニングアクトで出演するのだ。ラインナップは神聖かまってちゃん、GO!GO!7188、blood thirsty butchers。会場に入ると ...

今日は最悪な一日だった。「嘘やんな?全部嘘やと言うておくんなはれ~」とエイプリル・フールのせいにしたくなるような一日だった。 朝起きたら雨降りだった。駅に向かって歩き出すや否や、靴の底が水平方向にぱっくり割れて、歩くたびにペタン、ペタン、水たまり、ジュビ ...

↑このページのトップヘ