バンドサークルに入るか悩んでいた僕は、ついにその説明会とやらに行ってみることにしました。

たしか「よせがに」(まだあるのかな?)という名前のバンドサークルだったと記憶しています。
記念館のような大きな会場でバンドサークルの説明と出し物?のようなものを見た気がします。
率直な僕の感想は「なんだかつまらなそうだなあ。」というものでした。

というのも、そのバンドサークルはコピーバンド(好きなバンドの好きな曲を練習して演奏するバンド)が殆どで、オリジナル曲を演奏している人たちが殆どいなかったのです。

僕はやっぱり自分たちが思っていることを音楽にしている人たちが好きでしたし、その人が何を考えているかという事に興味があったので、できればオリジナルの曲を沢山聴きたい。なんて、当時は考えていました。

今となってはコピーバンドはコピーバンドの楽しみ方があるんだな、とは思いますが、当時の僕には何か物足りなくて、サークルには入らず、大学が終わってから自分のやりたいことに時間を使おうという選択をしました。



つづく