48ラジオトーク - AKBラジオまとめ

AKB48グループのラジオからエピソードトークなどをまとめています。 毎日更新予定です。

2017.05.26 欅坂46 こちら有楽町星空放送局
【尾関梨香 織田奈那】

993

『どっちがオシャレ?』

尾関:もうすぐ私は二十歳になるのでオシャレになろうかなって思ってオシャレ計画をしてるんですけど。毎週洋服を買いに行くんですけどオシャレをするわけですよ、たくさん。でも織田の前にその服で現れても認めてくれなくて、毎回第一声が「ダサい」って言われるっていう。
織田:ダサいもん、だって。どんなにトレンドのものを取り入れていようと新作の服を着ていようととりあえず尾関が着てるとダサくなるし、尾関の服の組み合わせ方が下手なんだと思う。
尾関:でも織田奈那は私にカーディガンを否定してくるくせに真っ赤なカーディガンを実際に着ている、今。そこなんだよ!
織田:うるさい、なにがそこなんだよ。逆に今日の尾関の格好だってめちゃめちゃダサいからね。なんか今時カーディガンなんて着てる人いないよ。私いま着ちゃってるけど(笑)
尾関:着てるじゃん(笑)駄目じゃん(笑)
織田:でもこれは赤であって……
尾関:しかも花柄に無地のカーディガンにチェックのスカート?
織田:ストライプ。
尾関:絶対ダサいからそれが。
織田:ダサくないよ。
尾関:ということでね、毎回こういう……
織田:ということじゃねえよ(笑)
尾関:こういう争いはしてるんですけど、二人で話してても一向に埒が明かないので今日はスタジオにスタッフさんが5人いるんですよ。どっちがオシャレか判定してもらおうっていう。
織田:そうしよう。
尾関:織田がおしゃれだと思う人!
織田:……え?
尾関:誰も手を挙げない。手を挙げてくださーい!……しーん。
織田:うそ……
尾関:続いて尾関がオシャレだと思う人。
織田:手を挙げてください……いない。
尾関:0人です。
織田:ははは(笑)
尾関:織田、尾関ともにどっちもどっちだと思う人、手を挙げてください。
織田:嘘でしょ?1、2、3、4、5。
尾関:MAX5人(笑)悲しい!絶対勝てる自信があった。
織田:尾関に負けるとか絶対やだ!
尾関:でも多分お互い言い争ってるけど客観的に見るとどっちもダサいってことだ。
織田:嘘でしょ?嫌だよ尾関よりダサいの。
尾関:誰も私達のポテンシャルをわかってくれる人はいない。
織田:そうだよね。私たちはこれが可愛いと思って着てるんだもん。
尾関:そう。トレンドだから、私達の。

『できなくなったこと』

尾関:鉄棒かな。以前仕事で鉄棒やらせていただく時があって。小学校の時に体操教室に通ってて、空中前回りと逆上がりができたの。
織田:結構難易度高い。
尾関:そうなの、結構難易度高いんだけど逆上がりがもうできなくなってた。10年ぶりぐらいにやったの。全然できなくて。
織田:年齢だわ。
尾関:本当もう上がらない、腰が。
織田:いつの間にかだよね。
尾関:意外とね、年取ったんだなって思う。

織田:私は柔軟かな。
尾関:私それ常にできない(笑)
織田:尾関はそうだね(笑)私小さい頃めちゃめちゃできてたのよ。開脚とかも全然ベッタリついてたのね。なんでみんなできないんだろうぐらい思ってたの。
尾関:周りの人が?
織田:そうそう。なんだけど欅入って準備運動とかするじゃん、ダンスする前に。そのときに柔軟するじゃん。そのときにできなかったのよ、開脚で。びっくりした。こんな固くなるんだって思って。
尾関:それからなんかやったの。柔らかくなるためにみたいな。
織田:そのあと、柔らかくしたいから毎晩お風呂出たあとにやってる。
尾関:ストレッチ?
織田:そうそう。
尾関:えらいね。ちゃんと考えてるね、体のこと。
織田:硬いの嫌だもん。
尾関:私は相変わらず何もしていない(笑)
織田:やんなよ!尾関こそ逆に!
尾関:顔マッサージとかはちゃんとするんだけど柔軟はやらないね。ちゃんとやらなきゃ。
織田:大切だよ。やったほうがいい。

『不器用』

織田:尾関器用?
尾関:不器用。めっちゃ。
織田:なんかある?エピソードみたいな。
尾関:家庭科がとにかくできなかった。
織田:例えば?裁縫とか?
尾関:ミシンができない。ボビンあるじゃん。上糸と下糸みたいなのあって、上糸から巻きつけて作れるのよ。あれがもうできなくて小学校の頃、自分でやってくださいみたいになるんだけどミシン1回壊したことある、1台。
織田:最悪(笑)
尾関:苦戦するのよ、あれは。今でもできない。
織田:ややこしいよね、ミシンって。確かに。私も結構不器用なんだけど、私も家庭科の時間の裁縫でよく針を自分の手に刺してた。
尾関:いたわ!クラスに一人はいる。それで騒ぐ人(笑)
織田:なにそれ(笑)
尾関:すぐ「保健室行きまーす!」みたいな(笑)
織田:私もそう(笑)「血が出た!血が出た!」って(笑)「バンソーコーください!」って(笑)
尾関:めっちゃ騒がしい人ね、いるわ。
織田:不器用だなあ。

織田:器用なメンバーって誰?
尾関:詩織じゃない?やっぱ。
織田:わかる!だよね!詩織っていうイメージがめちゃめちゃあるけど。よく詩織の学校の課題で出される宿題みたいなので。
尾関:やってるね、隣でよく。
織田:紙とか切って画用紙とか、それを貼り付けて作るんだよね、一つの絵みたいなのを。それよくやってるの隣で見ててめちゃめちゃ器用だなって思う。

尾関:できる?作業。
織田:ハサミとか全然駄目だったね。
尾関:ハサミが使えない?(笑)
織田:こうやって切ってるけど全然それたりとかして。
尾関:まっすぐ切れないやつね。
織田:最終的にめんどくさくてやめちゃう。
尾関:私はなんだろう?できるもの。できるものは折り紙。
織田:折り紙?器用じゃん。折り紙できるって。
尾関:折り紙本みたいなのに沿って。でも鶴とか細かいのはできない。
織田:鶴細かいか?(笑)
尾関:パックンチョみたいなやつあるじゃん。パクパクさせるやつ。そういうのはできる。

『エンディングで』


尾関:どう?二人で初めてやってみて。
織田:尾関の緊張がこっちまで伝わってきて緊張しました。
尾関:待って待って!私も同じこと思ったよ。織田奈那めっちゃ緊張の闇が出てる。もわーんっていう(笑)
織田:そんな緊張してないと思うんだけどな。楽しくやってるけどね。
尾関:でも安心感はある。
織田:わかるわかる。
尾関:フリーに話していけるなっていう。
織田:なかなかてちは超えられないけどね(笑)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット