48ラジオトーク - AKBラジオまとめ

AKB48グループのラジオからエピソードトークなどをまとめています。 最新の放送をまとめているわけではありません。

2017.04.15 PORT DE NGT
【太野彩香 村雲颯香 山口真帆】ナビゲーター:関谷 "ARARE" 明子

1423

『MV撮影秘話』

ARARE:(『青春時計』の)MVもファンの方々と一緒に作ったと思うんですけど何か裏エピソードありますか?
太野:撮影した日が普通に冬頃だったので新潟では寒い時期だったけど春に発売されるということでファンの方も寒いのに半袖とかになっていただきました。
村雲:「本番始まるから脱いでくださーい!」って(笑)
ARARE:みんな同じ気持ちだっただろうね。
太野:寒いなあみたいな。
ARARE:寒いけど動いて暖かくなって。全然寒さ感じないMVでしたね。
村雲:みんなで手を繋いで寒さ我慢しながら笑顔でやってるのに西潟茉莉奈とかが撮影中に靴脱げたりするんですよ(笑)「ごめんなさい!ごめんなさい!」とか言って(笑)
山口:茉莉奈そういう所あるよね(笑)
村雲:私も一回脱げたけど私の場合カメラがわからないように歩いてたんですけど茉莉奈は「はっ!はっ!はっ~!」みたいな(笑)脱げた瞬間わかるから(笑)面白かった!

ARARE:MVにきぐるみちゃんいたと思うんですけど。最初の頃ってアヤカニ結構ゆるキャラに泣かされてたけどどうです?
山口:克服した?
太野:してない。
村雲:やばかったですよ。逃げてて。
太野:逃げてたけど中井りかちゃんが「カニおいで!おいで!」みたいなめっちゃ私の事煽ってくるんですよ(笑)だからう~ん……みたいな。「りかがいるから大丈夫!」とかめっちゃ言われたけど「怖~!」って思いながら(笑)
村雲:笹団五郎(ささだんごろう)くんがいて私がいてカニがいたんですけど、私とカニの間めっちゃスペース空いてるんです(笑)

『荻野由佳の生誕祭で』

村雲:日曜日だったので5時半開演だったんですよ。だから私はそれ終わったら餃子を食べに行こうって決めてて。
ARARE:由佳ちゃんと一緒に行こうって思ったの?
村雲:いや、個人的に。5時半開演のときは大体8時ぐらいにはいつも終わるのでその後食べに行こうって、9時までのお店だったんですけど行こうって考えてたんですよ。そしたら生誕祭で由佳ちゃんがすごく熱く語って、主役だから全然いいんです。公演終わって時計見たら8時半で、やばいやばい!餃子行けない!って思って。それを由佳ちゃんのいないところで餃子行けないなって落ち込んでたんですよ。由佳ちゃんに見せたら、生誕祭なのにそんな顔してる……みたいになるから。9時ぐらいまで劇場にいて。
ARARE:ケーキ食べたりとかあるもんね。
村雲:「どうしたの?」ってメンバーに言われて
ARARE:そんな暗い顔してたの?(笑)
村雲:「ちょっと餃子食べに行きたかったんだけど行けなくて」って話してたらもうどこにもぶつけられないこの悔しさが本当に涙となって溢れてきて(笑)
山口:めっちゃ泣いてて!「なんで泣いてるの?」って言ったら「9時で餃子食べに行けない!」って(笑)
村雲:本当に涙が止まらなくて!それ見て真帆ちゃん爆笑してるんですよ(笑)
山口:めっちゃ面白かった(笑)
ARARE:悔しかったの?
村雲:朝から楽しみにしてたんです!その餃子を!でも誰も悪くないしどこにもぶつけられない悲しみが。
ARARE:翌日だって食べれるじゃん?
村雲:でもその日が餃子の気持ちだったんですもん!
山口:本当に面白かった(笑)
村雲:ごめんなさい、本当。
ARARE:それ由佳ちゃんは知ってるの?
村雲:知らないです。内緒にしといてください(笑)
ARARE:いいエピソード聞けたかな。
村雲:由佳ちゃんのスペシャルエピソードです。
太野:もふちゃんのじゃん(笑)

2017.04.29
【荻野由佳 大滝友梨亜 中村歩加】ナビゲーター:関谷 "ARARE" 明子

『間違えられやすいタイトル』


中村:青春時計のカップリングに研究生の『下の名で呼べたのは…』っていうオリジナル曲をもらったんですけどファンの方がよく間違えちゃうんです!『下の名で呼べたのは…』なのに「君の名は」とか。みんなよく略すんですよ。だから「君の名で」とか「下の名は」とか「君の名は」が多いですね。
大滝:『前前前世』じゃないから(笑)
荻野:由佳も一時期ちょっと迷って「下の名で呼べたなら」とか。
ARARE:私もよく間違えた。
中村:みんな間違え過ぎなんですよ。でもファンのみんなを攻めるわけじゃなくて、こっちのメンバーも間違えてたんだよね。
大滝:奈良未遥さんね。
中村:未遥さんがリハーサルで「それでは聞いてください。君の名は」って(笑)
ARARE:それ本人気づいたの?
中村:「……はっ!」みたいな(笑)
大滝:こっちはノリでエアギターしてたよ(笑)

『相談メールに荻野由佳が答える』

荻野:(メールを読む)『僕は高校4年生なんですが……』
大滝:違う(笑)
ARARE:違う違う!『高校生なんですが』(笑)
荻野:間違えたー!ごめんね!『僕は高校生なんですが色々と欲しいものがあってこの4月から……』この「4」が混ざっちゃった(笑)

(4月に接客のバイト始めたばかりだがうまくできない。辞めようか迷ってる。というお悩みメール)
大滝:私もアルバイト経験者なんですけど最初って本当にできないことって。
ARARE:当たり前だよね。
大滝:それで失敗して言われちゃうと結構沈みます。
荻野:私もわりと、モバイルメールっていうのがあるんですけどそこで結構本音をぶつけるんですけどそういうところとか握手会とかでファンの方から「嫌なら嫌々やる。やりたいならとことんやる」って言われたんですよ。
ARARE:嫌でもやれってことか。
荻野:「とりあえずやってみろ」ということで言われて私はその言葉にすごいぐっと来て、それ以来何に関しても挑戦するって決めていて。「継続は力なり」って言いますからね。これからなんだと思うんですよ。そんな簡単にできるものではないと思うので、すべてのことに関して。「接客業が苦手」って言ってますけど、私も一番最初の方にやった握手会は本当に向いてないなって思って。人と話すことは大好きなんですけどなかなかうまく、ファンの方ってなるとどうしても釣り師とか思い浮かべちゃって。私はそういう対応とか全然できないから私は絶対向いてないなって2~3ヶ月ぐらいずっと悩んでる時があったんですけど今では握手会が一番だ好きと思えるものなので何があるかわからないですよね。ずっと続けてれば力になるものはあると思うので諦めずにがんばってください~!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット