48ラジオトーク - AKBラジオまとめ

AKB48グループのラジオからエピソードトークなどをまとめています。 毎日更新予定です。

2019.10.12 SKE48 1+1+1は3じゃないよ!
【青木詩織 荒井優希 髙畑結希】
2925

きなこ好き

青木:きのこめっちゃ好き。
髙畑:きなこですか?
荒井:きのこ。
青木:きなこじゃなくてきのこだよ。
荒井:でもきなこも好きじゃない?粉だけで食べるもんね。
青木:それは嘘!適当な情報を流さないで(笑)粉だけでは食べん。でもお餅とかにわざと大量にかけて余ったの食べちゃう。
荒井:粉だけで食べてるじゃん。
青木:あっ、食べてるわ(笑)
荒井:ほらほら(笑)

レッスン着の話

青木:私は好きなアーティストさん、YouTuberさんがすごい好きなんですけどその方のグッズのTシャツを着て。今日は振り入れが多すぎて本当にやばいぞみたいな日があるじゃん。その日はそれを着てその人がいるから今日は頑張れるって言って頑張れる。
荒井:だとしたら毎日着てるから毎日状況やばくない?(笑)
青木:嘘?本当に?確かに毎日になっちゃってるね。

荒井は青木が普段穿いていない見たことのないズボンを穿いてるのを見た。
荒井:これ洗濯回してなくてこれが最後のズボンなんだろうなって思ったの(笑)
青木:本当に忙しかったの!それこそ11周年の時のレッスンが多く重なってる時ですよ。間に合わなかったからそれ聞いたけど。
荒井:分かっちゃったもん、これ最後のズボンだって。
青木:他にいっぱいあるけどね(笑)

髙畑は絶対に黒を身につける。理由は振りVなどを撮る時に目立たなくするため。
髙畑:この人振り間違えてるなと思われないように白か黒。
荒井:蛍光の人とかたまにおるやん。めっちゃ目立つから。
髙畑:でもそういう人がいてくれるおかげでいいんですよ。そっちに目が行くので。しかもモチベーションにも繋がります。黒だと踊れてる風。
荒井:めっちゃ分かる!
青木:私はずっと半ズボン穿いて3~4年ぐらいやってたんだけど半ズボンが下手に見えるの。長ズボンにすると細く見えるし上手く見える。
荒井:スパッツみたいなやつでしょ?最近多いよね。
青木:ペタッとしてるけどそれは細く見えて。
髙畑:踊れる風に見えるんですよ。
青木:そうそう。おすすめ。
荒井:本当に踊れてるのかな?(笑)

おしゃれな人は斉藤真木子でセットアップを着る。青木は佐藤佳穂のレッスン着が好き。
荒井:総柄の短パンね。散りばめられてる。
青木:足がめっちゃ綺麗なんだよね!ずっと足見てる!
荒井:気持ち悪いな(笑)優希は谷さんの足を強調してくるやつ、モロ出してるやつ好きだよ。

購入しないと次無いかも
100%SKE48のvol.6は7期生以降の若手メンバーを中心に作られている。編集してくれた方がファンから冷たい意見を言われることもあった。荒井が編集者に会った時の話。
荒井:結構落ち込んでらしちゃって、責められてしまったとのことで、なぜかドラ1の3人ですごく励ましました(笑)
青木:自分たちは全然出てないのにね。
荒井:フォーカスしなくても全然いいし。出れない人はいますから。意外と気にしてたよっていう話です(笑)

荒井:意外としっかり考えてらっしゃったので先輩のファンの方が買わないと次先輩が出てくることはないかもしれないので。
青木:それは困る!私1回も登場したことないんだけど!
荒井:それは嘘だよ。だって一緒に取材を受けたことあるもん。
青木:取材だけね。
荒井:えっ?乗らなかったことあるの?ボツになったってこと?
青木:わかんない。
荒井:絶対嘘だよ。それは失礼なことになってるかもしれないよ。でもとりあえずおしりんさんのファンの方も今回買っていただかないと次がないかもしれないよ。

体育祭の思い出
荒井は中学の頃に借り物競争があった。
荒井:「クラスで一番面白い人」とか。
青木:ちょっとふざけてみたいな。
荒井:そうそう。それでテントから連れて行かれるみたいなやつが楽しかったです。
髙畑:そういうの漫画とかでしか見たことなかった。
青木:そう!「好きな人」とか書いてあって(笑)
髙畑:そんなことはないんですか?そういうイメージだった。
荒井:「好きな人は」一生ゴールできないじゃん(笑)

青木は運動が得意ではないので応援に力を入れていてメガホンやうちわをデコっていた。
荒井:メガホンをデコる人いるの?
青木:デコらないの?
荒井:デコんない。
青木:うちわとかもデコる。それでめっちゃ応援する。
荒井:走らないんですか?
青木:極力出る番を削って削って応援の方に回ってっていうタイプだった。

髙畑はどの競技に出たいタイプだった。
髙畑:当時は運動がすごい好きだったので積極的に体育祭とかもバンバン出てましたね。
荒井:めっちゃ意外じゃない?
髙畑:意外ですか?
荒井:おしりんさんとはたごん同じだと思ってたもん。
青木:私も仲間かと思ってたよ。
髙畑:体育祭自体がすごい好きだったので、学校行事が本当に好きで。

最近の自炊の話
髙畑は最近魚の缶詰を買いパスタなどを作っている。荒井と青木は同じ建物に住んでいて一緒にご飯を作ることがある。
荒井:最近餃子美味しかったよね。美味しかったけど自炊は良いなと思ったよね。
青木:思った?
荒井:私は今まで外で食べるご飯が一番美味しいって思ってたの。だってお金を払ってるしちゃんとお店から出していただくものだからそれが一番美味しくてそれには勝てないと思っていたんですけど普通に勝った(笑)家の餃子が勝った!あれはいろんなサービス代とか含まれた料金であって家で手間をかけたら普通に美味しいんだなって気づいた。

荒井:これからはちゃんとやりたいので。
青木:いうてでも本当に作ってるの私じゃない?
荒井:出たよ!
青木:食器と台所をお借りしてるだけで。
荒井:結構それでかいよ。
青木:え?
荒井:場所貸すって結構でかい!
青木:でも作ってるの私だから(笑)
髙畑:おしりんさん料理できそうなイメージですけど。
青木:そんなしない。スープ作るだけ。切って入れて。スープで何日も過ごすみたいな。

その他の話

・100%SKE48という雑誌の髙畑のグラビアページに載っている天狗のお面は事務所のレッスン場に放置されていたお面。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット