48ラジオトーク - AKBラジオまとめ

AKB48グループのラジオからエピソードトークなどをまとめています。 毎日更新予定です。

2019.11.17 AKB48 2029ラジオ 10年後の君へ
【向井地美音 倉野尾成美】スペシャルアドバイザー:カズレーザー
2989

向井地美音がハマっていること
秋元康カルタにハマっている。秋元康の歌詞を自分で当てはめて作っていく。ファンの方が教えてくれた。
向井地:スマホのメモに書き留めてて、何ヶ月も前からやってたんですけどついに五十音全部当てはまって完成したんですよ!これが意外と難しくて、例えば「あ」だったら「あなた」とか「愛」とか「あ」から始まる歌詞を選ぶのが難しいって感じなんですけど、「らりるれろ」とかそれで始まる歌詞ってなかなかないんですよ。かなり時間かかったんですけど私のメモ欄はびっしり歌詞で埋まってます(笑)

倉野尾成美の人生を振り返る
小学生の頃の夢はモデル。キッズモデルをやっていた。
倉野尾:おばあちゃんと初めてデパートでお洋服を買ったのが小学3年生のときだったんですけど、その時にそこのブランドさんがコンテストじゃないですけど『グランプリを取ったら東京に行って撮影できる』というのをやってて、たまたま初めて行ってそこで写真を撮って送ったらそれがグランプリを取っちゃって。
向井地:超すごい!
倉野尾:それが今から10年前の話なんですけど、そこで初めて東京に来てキラキラした撮影スタジオとかで初めてプロのメイクさんにメイクしてもらって。
カズレーザー:メイクデビュー早いですね!
倉野尾:でもガチガチだったんですよ。本当に初めての撮影で。二人グランプリがいて、もう一人の子がちょっと慣れてる子でだからこそ横にいて。
カズレーザー:負けず嫌い出ましたね。
倉野尾:そうです(笑)

HKTのオーディション
小学5年生の時にキッズモデルがきっかけで出会った友達がHKTのファンで一緒にカラオケに行った時に振りコピをしていたのを見た。
倉野尾:アイドルって面白いなって初めてそこで興味と言うか、曲もすごい良い曲でノリノリで楽しいなって思ったのがきっかけで。
向井地:それでオーディションを受けた?
倉野尾:HKTの3期生のオーディションを受けたんですけど、これはお母さんが勝手に応募したタイプなんですよ(笑)オーディションのところから急に電話が来て何言ってるのか全然さっぱり。
向井地:「あなたは書類審査に合格しました」みたいな。
倉野尾:まず受けてないのに(笑)
カズレーザー:詐欺の匂いがするじゃないの。
倉野尾:お母さんの携帯に来たから「電話よ」って感じでバトンを渡された感じだったんです。

活動辞退
仮研究生に合格。アイドルは好きだがなりたいという気持ちはなかった。
倉野尾:合宿みたいな感じで結構メンバーが集まってレッスンとかやってたんですけどキッズモデルの仕事で2~3日行けなくなっちゃって。2~3日遅れるとダンスとかも先にいっちゃって。
カズレーザー:しかも経験者でもないし。
倉野尾:できなさが下から二番目だったんですよ。15人くらいいたのかな?それで落ち込んでて、でもやらなきゃって結構やってたんですけどキッズモデルに惹かれちゃってそれでやめちゃったんです。

チーム8に合格
半年後にチーム8のオーディションを受けた。
倉野尾:この半年の間に、でもやっぱりあの期間楽しかったなっていうのがあって、自分を鍛え上げるじゃないですけどやめてからの半年もその時に習ったダンスとかを踊ってて、ああ私やりたいのかなって芽生えちゃって。楽しかったのかって気づいちゃって。ちょうどなこみくちゃん(矢吹奈子、田中美久)と同じ世代なんです。なこみくちゃんもちょうど出始めた頃で、一緒に頑張ってた子がやってるって思ってそういうのに感化されちゃって。
向井地:そこから半年後にチーム8のオーディションに。
カズレーザー:1回辞退してるわけでしょ。情報が共有されてるわけでしょう?HKTもAKBも。
向井地:ブラックリストに(笑)
カズレーザー:あいつうち断ったのやつなんですよ!(笑)
倉野尾:私もその時思ってたんですけど、ブラックリストに載ってるんじゃないかなって。わからないかもしれないなって。でも受けたいから受けようっていう気持ちで受けたんですけど。
向井地:そしたら合格。
倉野尾:嬉しかったですね。

大きな分岐点
過去に分岐点は幾つもあったが2015年の夏は特に大きかった。
倉野尾:それまでは自分に自信がなくて、どういう感じでAKBグループに自分がいたらいいのかなとか悩んで、ダンスも未経験、歌も未経験なまま1年過ごして。ちょうど夏ぐらいに気持ちが変化して、ダンスメンバーに選ばれたいなじゃないけど一つの目標として、かっこいいなと思って。
向井地:かっこいいに憧れを持ち始めた。
倉野尾:ずっと可愛いで1年間曲をもらってたりしてたから。

チーム8の合宿でポジション争う企画が行われた。センターと1~3列目を自分で選べた。
倉野尾:ちょうど挑戦したい時期だったのでセンターを言っちゃって。
向井地:いいと思う。
倉野尾:今なら出来ないなって思うんですけど(笑)
向井地:その時センターは何人立候補してたの?
倉野尾:5人だったかな?でもその時はそんなに考え込まずにさっと言っちゃって、結構変わるきっかけとして大きかった気がします。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット