秋葉原ラジオ会館のシンボルである『ネオン看板』の解体作業が、3月7日の夜に行われることが決定しました。
DCIM0098a

夜の8時くらいから、ラジオ会館前の道路が交通規制され、出っ張った文字の部分や、ネオン管、配線などの取り外しがスタート。
DCIM0105a

その後、看板の土台部分(看板の本体)の取り外しが行われ、8日の朝までには作業が終わる予定です。

高所での解体作業なので、作業中は決して近付かないようにお願いします。
ビルの解体も、地上部分はほぼ終わりに近づき、1階の柱と外壁が残るだけです。
DCIM0101a
大きなガレキの塊を、ユンボ2台がかりで粉砕中。

今月中には、地上部分は更地になり、地下構造物の撤去に入る予定です。