みなさんこんにちは。ラディッシュです。
今回はクラクラ向けに書いてます。
外部の方も良ければどうぞ的な塩対応記事です。
(調子に乗ってごめんなさい(;´・ω・)



今回のテーマは、「ジャイホグ」


「ジャイホグなにそれおいしいの?」

いやいや、奥さんそれじゃ困る。同じ商品を高い値段で買うなんて、大阪では笑いものでっせ。
(兵庫県民の筆者より


たとえば、

①ホグライダー4体(20枠)

②ジャイ1体とホグライダー3体(20枠)



同じ枠数ですが、どっちがかいなと・・・

こちらをご覧ください。







つまり、
②ジャイ1体とホグライダー3体の方が得なわけです。

なぜか?それは
「防衛施設に向かうまでにダメージを受けているからです!」

ホグライダーはハンマーを振り下ろすイケイケヤンキーかと思いきや、

意外と繊細、打たれ弱い、GAPで美人を落とすタイプ。
おこぼれプリーズ!!!!!



コホン…というわけで。ジャイでタゲを取ってから、ホグを出すことで、
更地に近づくかもって話…

ご高覧頂きありがとうございます。
今後とも応援頂ければ、幸いです。

「ハリネズミドロップス」

5章「堕ちる"時"」

1章はこちら
2章はこちら
3章はこちら
4章はこちら

あれから何度かデートを重ね、11月になっていた。
そして、コーヒー事件が起こった。
待ち合わせ場所はいつもの東横田駅の正面、みずほ銀行
その日も安定の遅刻。もうこの頃になると、なにもツッコまない。
「お待たせ~、寒くなってきたわね。」
「ほんと寒いね。」
「・・・"ほんと寒いね"じゃないよ。ふつうこういう時は"コーヒー"とか渡すもんでしょ!気が利かないわね!」
「あっ、ごめん。」
彼女の勢いに思わず、謝ってしまった。

~次のデートの日~
("コーヒー"も持ったし、もう大丈夫。同じ失敗をするもんか!)
「お待たせ~」(安定の遅刻)
「はい!」
ぼくはコーヒーを差し出した。
「いらない。」
「えっ?」
「だから、いらない。だってコーヒー嫌いだもん。」
(はぁ?ふざけんな!"コーヒー"って言ったのおめぇだろうよ。)
と思ったが、留飲を下げた。
「コーヒーって言ってなかったっけ?」
「言ったっけ?覚えてないもん。忘れたー」
(ぜんっぜんかわいくねぇわ!)

そんなことがあって、
"もうやっていけないんじゃないか?"と思い始めた。

そんな陰鬱な思いを抱えながら、いつもの居酒屋に向かった。
テーブルの上の梅酒とビールが二人のすれ違いを表していた。
この女の親の顔を見てみたいと思い、冗談半分、意地悪半分で聞いてみた。
「そういえば、両親ってどんな人なの?」
「・・・父親は私が小学校の時に若い女と蒸発したの。だから、母親が私と弟を女手一つで育ててくれてね。すごく感謝してる…普段は照れくさくて言えないんだけどね。」
「そっかぁ。苦労してるんだね。お母さんは今どこに住んでるの?」
「同居してるよ。」
「同居?てっきり、一人暮らしかと思ったよ。」
「母は一人でいいって言ったんだけどね。やれ、携帯がぁとか確定申告がぁとかうるさいから、仕方なく一緒に住むことにしたの。けど、そのせいでプロポーズしてくれた元カレもフッたんだよね。ほんとバカな女よねぇ・・・」
「・・・そうなんだ。やさしい人なんですね。」
「べ、別に、優しくないわよ!私がそうしたいからしただけ!」
「そういうことにしときますよ。ところで、そんなに一生懸命働いて夢でもあるんですか?」
「うーん・・・あるよ。」
「なんです?」
「それはね・・・横浜に転勤すること!」
「えっ、別にここでいいじゃないですか?」
「もともと実家は横浜なのよ。母がずっと"横浜帰りたい"ってうるさいから、一応、人事にも言ってるんだけど、なかなか通らないのよ。」
心にすきま風が通った。意地悪半分で聞いた10分前の自分を𠮟りつけた。
彼女は"ハリネズミ"なんだ。歩くたび、動くたびに人を傷つけ、意気揚々と我が道を行く。"私の前に道はない、私の後ろに道ができる"
けど、ほんとは違った。一番傷ついていたのは彼女自身だったんだ。人を遠ざけるのは自分の針で人を傷つけないため、誰よりもやさしく、強かったのだ。そんな"不器用ハリネズミ"を守りたくなった。
たとえ、全身に針が刺さり、傷ついても、彼女をギュッと抱きしめたい。そして、一言だけ「もうがんばらなくていいよ」と言いたい。20歳すぎの若造は"心を埋める歯車になる"そう心に誓った。

酔いも回り、親子ほども年の離れた男女は夜の喧騒に向かう。
真っ暗の中で、不自然なほどに光るネオンの看板に引き寄せられる2羽の蛾と蝶
ぼくは彼女の、彼女はぼくの手を握り、言葉なく建物に入った・・・

6章へ続く…

ハリネズミドロップス 第4章

1章はこちら

駅で待ち合わせ
"18時に東横田駅正面にあるみずほ銀行で会いましょう。"
携帯を確認した。
駅に来た人が見やすい位置に「東横田駅」と書いてある。
(小池さんを待たせたら、いろいろ言われそうだ。早めに行っとこう。)
17時40分には駅についていた。
「ちょっと早く来すぎたか・・・まぁ、気長に待っとこう」

――18時――

あれ?来ない。18時だよね?
ポケットから携帯を取り出す。
"18時東横田駅正面にあるみずほ銀行でお会いましょう。"
(あってる。みずほ銀行は南口にしかないから、場所も間違いない。なんで来ないんだろう?
もしかして、事故ったのかな?もう少し待っとこう。

――18時30分――
「お待たせ!」
(あっ、来た。)
「よかった。事故ったのかな?と心配していました。」
「仕事でトラブルがあってね。どこ行くの?」
(どこ行くの?じゃねーよ。まず、人として謝るべきだろ。)
「・・・・(無言)」
「謝らないよ。だって、仕事で遅れたんだもん。仕方ないじゃん。」
「えっ?」
怒りが頂点を通り越して、気を失いそうになった。
「なに?気にしてんの?ちっさい男ねぇ。」
(ちょっと待て。50分待ったのに、なぜ、罵倒されているんだ。
いや、まぁでも、仕事なんだから、仕方ないかもしれない。)

その時は"社会人"がよくわからなかったから、この理解不能な論理を素直に受け入れてしまった。見えないむちで調教される気分であった。
「あっ、じゃあ、魚民へ」
「そこならいいわよ。」
(どこからツッコんでいいかわからなかったけど、飲み込むことにした。)
店に着いて、彼女の仕事の話を聞くことにした。
遅刻しても悪びれないんだから、相当な立場なんだろうと…
「今は旅行代理店の副店長をしてる。」
(思ったよりすごい。)
「そんな立場にいたら、気苦労も絶えないでしょうね・・・」
「そうねぇ。でも、楽しいのよ。世界は広くてね。見たことない景色を見たら感動するよ!その感動を多くの人に伝えたくて、今の仕事をしてるの」
遅刻を気にしてる自分が小さく感じるほど、彼女は大きい人間だった。社会人になった時、こんないい顔ができるだろうか?
「天職を見つけたんですね。彼氏さんもきっとステキな人なんでしょうね。」
「いないわよ。昔、付き合ってたんだけど、別れちゃったの。」
「なにか理由でも?」
彼女は一瞬唇をかみしめ、伏し目がちになってから、ぼくの方を向いて、言った。
「別に・・・あんたは彼女いるの?ってかHしたことあんの?」


(えっ!!!ちょっとエッ!!!エッチ!!)
「あっ、あ、あるよ!」
「ふーん・・・そうなんだぁ~」
彼女は不敵な笑みを浮かべてこちらを見る。
ぼくは梅酒を一気に飲み干して
「経験してみます?」
「バカ」
まったく敵わなかった。
2時間くらい経ったくらいであろうか?
「飲みすぎちゃった。ヴっ!気持ち悪い!」
「大丈夫ですか?水を持ってきましょうか?」
「いや、大丈夫。ヴっ、ヴぇ!」
「大丈夫じゃないですよ!トイレに行った方が・・・」
「ごめん!トイレ行ってくる!」
彼女はトイレに駆け込んだ。
「すいません。水もらえますか?」
「かしこまりました。」
しばらくして彼女は戻ってきた。
「吐いちゃった。」
「きっと疲れてたんですよ。水、よかったらどうぞ。」
「うん。ありがと。意外と効くわね。」
しばらくたって、体調も落ち着いたから、帰ることにした。
店員「3658円です。」
ラディッシュ「3658円ですね。」
僕が財布からお金を出そうとした時、
「いいわよ!今日・・・待たせちゃったし。はい!4千円!」
(悪いと思ってたんだ・・・素直になれないだけで、ほんとはかわいい人なのかもしれない。)
時間差のツンデレに惚れてしまった・・・
彼女は酒が残っていたからか。よろよろと歩いていた。
「ちょっと、大丈夫ですか?」
「だいじょーぶ!」
彼女は無謀にも自転車に乗ろうとした。
「危ないですって!」
思わず、彼女の肩に手を回していた。
「んっ?なに?私のこと好きなの?チューしてあげよっか?どーてー」
「い、いいですから。でも、ステキだなぁと思いますよ。」
「じゃあ、付き合ってあげる!」
「いや、いいですよ。」
「やっぱ、おばさんじゃダメか・・・」
男スイッチが誤作動を起こした。
「そんなことないですよ!・・・つ、付き合って下さい!」
「ありがとう。今の言葉・・・忘れないよ。」
背筋が凍った。そして、僕らは付き合ったのだ。

5章へ続く…

↑このページのトップヘ