脳トレ麻雀で健康寿命を伸ばしましょう。

楽しんで麻雀をして、脳の活性化を!!!
日々の脳トレ麻雀で面白かった事、珍しい手、
少しでも上手くなるには等々を飽きないように
発信していきたいと思っています。 

    麻雀と言うゲームは実力だけでなく、運がかなり作用するケームです、それだけにルールとマナーさえ覚えれば、誰でも対等に遊ぶ事ができます。
    昔は麻雀=賭け麻雀と言われていましたが、現在では中高大の学校にも同行会やクラブがあり、賭けない 飲まない 吸わない 健康麻雀が若い人から高齢者まで今までになく普及しています。

    ※東の4局の5巡目の私の手です■■
    火曜日、脳トレBでの出来事です。

    私は北家、中が場に2枚、西が1枚切れていたので9万を切った、下家の親が役牌を持っているのか9万を鳴いた。。。

    その一鳴きがその後の流れを大きく変えた!!

    私は次の7巡目にドラの2ソ、8巡目に5ソを引き、タンピン2・ドラ2のヤミテン満貫8000点をアッと言う間にこれ以上ない理想的なテンパイし、その後直ぐに対面が8ソ放銃、申し訳ないようなヤミテン満貫の上がりでした!!!

    せっかく貰った満貫のチャンスです、上がって何ぼの麻雀です、私は80%ヤミテンです、リーチとはテンパイしましたと宣言する事です、リーチを掛ければツモるしか上がるチャンスはありません、これでも5ソをツモれば跳満12000点になります!!

    このような事(一鳴きが流れを変えた!!)は度々あります、自分に利益がある時より他の人に利益がある事の方が多いかもしれない??

    無理にテンパイしようとして両面を鳴いた時、3・4枚目の必要牌を無理に鳴かされた時等、親に良い牌が入り、リーチ・一発ツモ??で6000点オールなんて言う事が昔からよくありました!!!

    特に両面の鳴きは流れを変えてしまうので要注意ですね・・・と言っても結果は鳴いた後に付いてくるので察知するのは動物的な感でもないと無理です?? 

    ここが麻雀の面白い所です???




    ※※純全帯公九(ジュンチャン)三色(サンショク)ドラ1が見えます

    昨日は麻雀同好会の日です・・午後3回目の半荘での出来事です!!

    この手は終盤、南の3局5巡目の二番手・私(南家)の手牌です、聴牌(テンパイ)していますが1索 2索 を引ければ、純全帯公九(ジュンチャン)3・三色(サンショク)2・ドラ1でヤミテンで跳満12000点なのでこのまま回していました。。。

    8巡目に親からリーチが掛かりました、索子(ソーヅ)の本命はドラまたぎの1・4ソと2・5ソです、その後筒子(ピンズ)・萬子(マンズ)とも危険牌を引いて来ず14巡で親が1ソをツモ切りと同時に2ソが私に入った、が大本命になった2・5ソの5ソが私には切れない、相手が親でなければ・私が親ならば、ここは勝負したが現在2位・南家の私は下りた、その後跳満の1ソが2枚連続で出て来た!!

    結局、流局し親の聴牌(テンパイ)は2・5ピン!!親に振り込むよりは1000点オールの方が良いか???

    これしかないと決めた当たり牌が外れた時の虚しさは、何とも言いようがない!!悔いは残るがこの5は切れない、でも5割位は当たる???

    ◎麻雀の基本は振り込まない事????

    そんな訳で、この半荘のトップは取れなかった!!



    このページのトップヘ