アサシンクロス

2013年01月30日

スドリに勝ったぞおおおおおおおお!!!

screenOlrun [For+Iri] 110バレンタインイベントはドロップ率アップがいいと思ったものの
肝心のバレンタインエッグが入手しづらいので
いささか諦め気味だ。
チョコレートを作って納品するのがいいと思ったら
1回で1ポイント、それに1時間のクールタイムとは。

結局クエストでもらったバレンタインエッグは50k買取がいたので全部引き取ってもらった。
30個で1.5M。ドロップ率アップ60分を考慮してもこちらのほうが上だろうな。

……

前からそんなに経っていないが、今回も神器クエストがやってきた。
で、気がついたら4次クエストができるようになっていたので、
早速前回の借りを返しにアサシンクロスを起動。
スドリに向かうと、そこにはライバルが結構いるではないか。

今回はなかなか調子が良く、あと1回カウンターが決まれば勝てたということが数回。
否が応にも期待が高まる中、数十回目の挑戦でついにスドリ撃破!
これは嬉しい。初挑戦から何年か、やっと、やっと勝った……!

そこからのクエストもつつがなく終了し、やっとこさ錐ゲット。
実は+7錐を持っているので必要はないのだが、売っぱらって結構な金ゲット!

私のアカウントにはアサシンは1人しかいなく、
ゆえにこれで錐ゲットの可能性はわずかとなったので、
これ以上はこのクエストをやることがないだろうけど、
いやいや、かなりエキサイティングな時間だった。

この時間を与えてくれた(おそらく1次2次3次を必死で回したであろう)
神器作成者に感謝。

2013年01月15日

◯年越しの夢、破れる

screenOlrun [For+Iri] 090プロの露店をウロウロしていると突然
『◆◆[ミョルニール]の封印が姿を現しました。◆◆』
とのメッセージが。
ふむ、神器クエスト4次か。そういやスドリ強いんだよな〜。
……せっかくだしアサクロで行ってみるか!

というわけで久しぶりにアサクロを起動、スドリの元へ。
行ってみると他に何人か戦っているようだ。
安くなったとはいえ10M位はするし、錐を狙うのもうなずけるな。
アサシン系じゃないのも何人かいるようだが……13分の1に賭けるのかな。

早速その中に混じり、スドリと戦う。
錐への道! によると、
「とにかく最初に反撃を成功させて失敗したらキャンセルで話し直す」
のが有効とのことなので、その通りに反撃を何度も試みるが、なかなか成功せず。
たま〜に2回連続で成功してHPが同じくらいになるも、その後が続かず敗北したり。

勝利したらしき人がテレポしているのを見て「クソッ!」とか思いつつ
30分ほどスドリと格闘したものの、結局時間切れ。
錐は次回の持ち越しとなった。次回はいつあるか知らんけど。

はぁ〜強えなあ。
なんかあっさり勝った人もいるみたいだけど、
私は正直まったく勝てる気がしなかった。

……

コメントの返事。

▼ポタ男さん
報酬6M! 専属だから臨時より高いんでしょうね。
確かに毎週日曜夜が潰れるのは厳しいですが、
それくらいもらえたら十分……か!?

2012年06月12日

生体4

screenOlrun [For+Iri] 096ですよねーwwww

アシッドじゃない方のデモンストレーションで9000食らって即死。
そのあと生き返らせてもらったものの
すぐ後にクローキング(チェイサーなのに)から打撃4000で死亡。

99/70のキャラはこういう時便利だ(笑)。

2010年04月27日

初スドリ!

screeniris448朝食を取ろうとしたら「ブリーシンガメンの封印が解かれました」と。
ブリーシンガメンの封印? 調べてみたら神器三次クエストだと。
三次クエストということは四次まではまだ時間がかかりそうだ。
朝食でも取ってゆっくり待つか……と思いきやすぐさま
「ミョルニールの封印が解かれました」とな。

おいおい狙ってやっている(だろう)とはいえ50人だぞ? 早すぎないか?
とか思いながら急いでアサクロを起動、クエスト開始。
とはいえ何をやるかさっぱりわからないので攻略サイトで調べながらゆっくりと。

ドワーフ巡りは東からとなり、2番目に南のドワーフ、スドリと遭遇。
どうやらこいつがクエスト最大の難関……ということらしく、
みんな必死に(?)戦っている。
平日の朝ということもあり、それほど人は多くなく、
故にラグは全く感じられなかった。

さて私も仲間に入り、スドリと戦闘。
攻略サイトには「足を狙う→反撃で、開幕反撃が2連続決まらなかったらキャンセルでやり直し」
と書いてあったので、そのとおりにやる。
しかしHP2倍の差はいかんともしがたく、またカウンターもなかなか決まらないこともあって
無駄に時間が流れてゆくのみ。

一度だけうまくいき、こちらHP20スドリHP14で、
最後の反撃が決まれば勝利! というところまで追いつめたものの、
結局反撃が決まらず敗北、というのがあっただけで、
あとは全くもって歯が立たず。

結局そこでクエストの定員は達成、終了と相成った。
このクエストはどうしても時間に追われる以上、楽しむということが全くできないので、
正直あまりやりたくないのだが、錐のためならエンヤコラ。

さて、次はいつ出来るのやら。

2006年09月07日

ひさびさジュピロス

cdbdf229.jpgアポカリプス狩りにジュピロス2で遊んでいると
ゲート装置(?)を破壊した旨のメッセージが。
普段誰もいないのに珍しいな……と思っていたら
ゲート装置が全部破壊されたようで、B3へのWPが開いた。
珍しさも手伝って狩りを中断、WPへ飛び込んだ。

そういやジュピロスB3へ行くのは実装直後以来だったっけ。

前も思ったけどイイネェこういう演出。本当に冒険している感じだ。
普通のダンジョンではなく、何か特別な、そういう気分にさせられる。
例え何もなくとも。

タナトスもこんな演出あるのかな?

それにしてもB3への通路〜エレベーター、視点変更ができなくなっているのか。
なんだかな〜、グリグリ回したい場所なのに。
ジュピロスでなくともそう思うんだけど、
このゲーム、何で視点変更できない場所があるのか分からん。
別にどこでもグリグリ回せても問題ないと思うのだが……。

特に飛行船で視点が回せなくなったのががっかり。
雲を眺めてゆったりとフライトを楽しむことができないではないか。
あんなせせこましい視点じゃなくて、もっと大きな視点で雲を眺めたいんだよ!

G狩りの方々と混じって最下層へ向かう。
多人数だったからか、エレベーターの時間制限も何のその、
楽勝(?)で通り抜けることができた。
一人だとどうしてもタイムオーバーになる(らしい)からね。

そして最下層へ下りて、G狩りの方々に別れを告げ、一通りクロークで周った後終了。
やはりやばさは変わらず、か。敵うじゃうじゃ。
とはいえ、せっかく来た最下層、体験しないわけには行くまい。

2006年08月25日

アポカリプスが紙のようだ

ebcdb30a.jpg錐を手に入れたので硬い敵を求めてジュピロスへ。
ジュピロスといえば1Fでグリムが有名だが、
もうLV99だしそんなのは無視して2Fへ。
目標はアポカリプス。DEF62+120〜156の大物だ。

早速2Fへ着くと、ヴェナートのお出迎え。
1Fよりは少ないものの、やはりこちらでもヴェナートがたくさん。
ヴェナートと戦いたいわけじゃないのになぁ……と思いつつ適当に処分。
しかも微妙に痛いし。

うろうろしているといましたアポカリプス!
以前ここへ来たときはまったく無視するだけだったのだが、今は違う。
おいしいおいしいMOBとなるのだ(多分)!

まずSBrをすると、8000ダメージ。ほほ〜いい感じだねぇ。
そして殴りかかる。DADADA。200020002000! おお〜こんなに出るか!
STR80でここまでとは……ッ!
ちなみにカタールで殴ってみたところDADADA。200200200……エッ?

新しいおもちゃを持った子供のように、上機嫌でアポカリプスを捌き続ける。
30分経ち、覚醒が切れたところで帰還。
収集品うまいし、鋼鉄ポロポロ、Sマントもあるし、人いないし。
今回はソロで行ったので被弾が多く、なかなか大変だったが、
ペアやPTで行ったらこれかなりうまいのではなかろうか。

2006年07月19日

サインまたくだサイン♪

ea6783cf.jpgスーパーノービスにダブルsignをつけるために
3度目、4度目のsignクエストをやる。

その前に材料集め集め集め。
アサクロがいるとこういうときに非常に助かる。

スティ10、SP回復23、FLEE263、DEX64。収集品獲得にこれ以上ないほどの実力。
+7ランカー超海東+QHSBrでペノ1確なのでサンゴ集めも楽々。

しかし、ペノはやはり時間沸きだったのが……。
どこかで「ペノ即沸きでC暴落確定〜!」なんて書き込みを見ていたので
期待して行ってみたところ、そこにあるのはいつもと変わらぬ時計地下3。
集める気にならず、覚醒1本30分狩って58個集めたところで終了。

結局残りの692個のサンゴは買い集め、
そして他の材料もつつがなく収集完了し、あとはクエストをこなすだけ。
とはいえ、時間制限があるので手に入るのはまだまだ先になるだろうけどね。

……

コメントの返事

▼相手が殴ってるのを途中から割って入るなら
 自分が相手より後の飛ぶことが優しさ、マナーかと

私は効率大好き人間なのでセシルを倒したらさっさと次を探したいので、飛びます。
これは半分冗談ですが、生体3でグリムをやっている以上何をされても文句は言えない
というのが私の持論なので、グリムをやっている人に対してはそうやり続けるでしょう。

ただしセシル即沸きポイントではちょっと様子を見ます。
倒したあと即飛ぼうとした瞬間にセシル横沸きすることはよくありますから。

マナーや優しさというのはやって褒められこそすれ、やらないでけなされることではないので、
マナーや優しさをやらないことに対して不快感を示すというのは私はお門違いだと思います。

▼矢グリムについて傍観しておりましたが、
 公式の不具合対応表に、以下の項目が追加されていました。
 >(確認中)アサシンが矢を装備することができる。
 >また、ハンターがベナムナイフを装備することができる。

不具合対応状況のことですね。私も見ました。
これについてはにゅ缶でも書いてありましたが、
(癌が重力に不具合かどうか)確認中という意味ではないかと思います。

レジストポーションバグみたいな明らかにおかしいものは
重力の判断を待たずに癌独自で処理しますからね。

なので「確認中」つまり白かグレーかすら分からない状態で
記事の掲載や使用を止めるということは100%ないです。