Memories of Rahab' Epi.01-遠い記憶

―私は語らなければならない、Rahab'というClanについて、そして唯一神 KMR について。

 これから始まる物語は、Rahab'居候の(・ω・)が客観的視点で捉えたonline total clan Rahab'の真の姿をリアルに描いたものである。



>LOGIN...
>大航海時代Online Notos Server.
>Password?-Vamos al frente
>...OK ready?(y/n) - y
>Start!!


重厚なドアが開く音と共に、遠くから人々の喧騒が聞こえてきた。

バーカウンターの奥で調度品を布で磨いていた商会秘書がドアが開いた音に気づき、入口に目を向けると純白色のイスラム衣装『チャドリ』を着た少女が建物の中に入ってきた。
見た目は10歳前後のまだ幼い顔つきの少女だが、そこらにいる可愛い服で着飾った普通の女の子ではないことが一目で解かる。
冒険者や商人が護身用として持つような立派なダガーを腰に吊り下げており、このイベリアでは比較的に珍しい衣装『チャドリ』を着ているというのもあるが、どことなく大人びていて不思議な感じを漂わせているのだ。

商会秘書は少女の姿を認めると、調度品を磨く手を止めて少女に告げた。
「お帰りなさいませ。」
商会秘書はこの少女を知っている。
いや、知っているというより、仕えているというべきか。
この幼い少女―彼女は、この商会に所属しているベテラン航海者の一人なのだ。

その建物の中は壁ひとつなく広々とひらけており、天井に吊り下げられた照明が年季の入った机や椅子などが鎮座している空間を照らしだしていた。
そして入口のドアが閉まると先程まで外から聞こえていた喧騒は止み、落ち着いた雰囲気がその空間を侵食していく。
そんな建物の一角に儲けられたバーカウンターのストゥールに少女が腰掛けた。

ここはセビリアにある3番大商館、Rahab'=ArmadaEspanola=と呼ばれる大商会が保有している建物である。
バーカウンターの奥から何かを取り出してきた商会秘書が少女に語りかけた。
「商会ショップの売り上げです。」
どうやらボったくり価格で商会ショップに置いておいたニンニクやマスケット銃などといった交易品が売れたらしい。
売上のドゥカート金貨がたくさん入った重い布袋を笑顔で受け取りつつ、少女はシードルと鶏肉のパエリアを商会秘書に頼んだ。

暫くしてだされた鶏肉のパエリアに、少女は慣れた手つきでレモンを軽く絞り、木製のスプーンで少しかき混ぜてから口に運ぶ。
サフランの豊かな香りと麗しい色合い、パルマ産の上質なオリーブ油、そこにレモンの酸味が加わり、主役の鶏肉を一段と引き立たせた―旨い。
イスパニアの定番料理といえばパエリア、と世界の大半の人々は思い浮かべるらしい。
実際は家庭料理として調理するには手間がかかるし、なにより材料のひとつであるサフランが高価なので、ちょっと贅沢なひとときを大勢で過ごす際、要はパーティー等で振舞われるような郷土料理の一種なのだが―なにはともあれ、自国の料理が誉められるというのは、やはり嬉しいことだ。
そんなことを考えながら鶏肉のパエリアと夢中で格闘している少女を横目に、商会秘書がアンティーク調のランプをバーカウンターに静かに置く。
そのランプの光が、少女が手に持っているグラスに満たされた液体―リンゴを発酵させて造る発泡性のワイン・シードルを琥珀色に輝かせた。

数分後―
「流石にもう無理だろ、そんくらいにしときなwwwww」
(まだシードルと鶏肉のパエリアしか頼んでねーよ…。)

しかし、そう言われたが最後。
この商会秘書はミルクしかだそうとしない、どれだけ頼み込んだとしても航海者のお腹がこなれるまでは。
腹ごなしに、背負ってた船大工の金槌でこの商会秘書をドツこうかと思考したが、結局あきらめてミルクを注文することにした。

食事を終え、商館の片隅で何処からか持ち込んできた大量の小麦を手際よく磨り潰しつつ、ホルムズの造船所が発表したという新しいジーベック船の仕様書を片手に読んでいた少女は、ふと小麦粉で真っ白になった顔で天井を見上げた。
(思えばこの商会に入って約1年経ったのかな。)
小麦粉を大量生産しながらそう物思いに耽る少女はまだ気付いていなかった。
背後に置いてある魚肉やチーズに、マウマウ>w<の魔の手が近づいていることを…。

                         -to be coutinued...

今だからこそ語れる事#01

実は、今は亡きvezel閣下に某碧に誘われなかったら、実は、違うゲームないし普通のゲームに戻ろうとしてた!!!というネタですか。

さりげなく奇跡ですね。はい。
vezelの触手によって、NFに数年どっぷり浸かったわけです。
ネットゲーの深夜ゴソゴソな作業で当然ながらリアルに影響がwwwwwwwwwwwwwっをkwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwということで一時期NFが人生の一部だった時もあるわけですが、まぁでも今となっては逆にNFやってたおかげでさりげなくPCに強くなれたってのは大きかった。

うーむ。ケニカルすぎる。

(●^v^●)

717d7417.jpg大阪遠征時、東京へ帰るための夜行バスを
予約したは良いが、怪しいサイトでの
予約だったためバス、バス会社が
見つからず・・・・・・
必死に辺りの警備員にまで聞き込みに走る
邪神KMRの図(´゚゚`)

まうまう>w<

テスト>w<

kyu-n

はきゅーん>w<

むかしのSS

bed2dc5d.JPGナツカシス (´・ω・)

vezelは死ね

596b5a7b.jpg俺のBlogのリンクに(乾麺)とかつけるvezelはまじで氏ね

⊂二二二( ^ω^)二⊃2げっと

18b3cb0c.jpgてすとかきこみヽ(`Д´)ノ

最近はこんなことをしております。
NPCにはぁはぁ(=´∇`=)

No#0

c0bdd31e.jpgcontribution for test
Recent Comments
Recent TrackBacks
訪問者数

  • ライブドアブログ

トップに戻る