WoT:SDRHB杯の反省と今後

SEA鯖に移行してから2週間が過ぎました。
正直なところ、接続人数増に関しては予想通りで期待はずれ。
1万近いアカウントが移行したが、結局各時間帯での増数は1000-2000程度でAsia/Oceania圏のプライムタイムでNAに匹敵するか、しねーなーってところで終わってしまった感があります。
ただ、今後増える可能性もあるし増えていくでしょうし、時間の経過を待つしか無いです。
しかしながら、プライムタイムでTCがある程度回るのはNAには無かった。


ここからはクランとしての活動↓
クランRAHABがSDKFZと共同でSEA鯖用にSDRHBを立ち上げました。
メンバーの数は増し増しになって、オン率もそこそこ。
毎日PTがVC内で4つ,5つくらい回ってる感じです。
ただ残念なのがトーナメントの参加者数。
移行の主目的はClan Warsというのが殆どでしょうし、いきなり知り合いも少ない中チームを作ろうというのは難しい話ではあります。この辺は仕方ない。
しかし個人的にはトーナメントがやりたくてSEA鯖に移行したというのもあって、少々残念です。
1回のトーナメントで4チームくらい出たら楽しいかなと想像していたので。

そこである程度融通の効くように、模擬大会を開催してみようと思い、急遽先週末SDRHB杯を開催しました。
参加して下さった皆さんありがとうございました。
あとこの大会を企画した背景には、母数の増えたSDRHB内で既存の枠組みを壊せずに俺らなんでいんの状態の不満が早くも上がり始めていた。というのがありました。それで、急遽試しにやってみっかと、それこそ3日くらいで用意したイベントだったので、まともな物を想像して参加してもらった人には申し訳ない大会となってしまいました。ちゃんと最初に説明するべきだったね。すまんかった。

運営面での反省点を露出しながらも、結果から云うと成功だったと思います。
ランダムマッチには無い、ルールに縛られたトーナメントの雰囲気が伝わったのでは無いかと。旧RHBもSDKも新規も、ある程度新生クランの雰囲気を感じれたかなと。参加してないから分かんないけど。

ただ運営面では反省をしなければいけない点がというか、反省点だらけでした。
スムーズにストレス無く進行できなかったのは、ひとえに準備不足と初開催で当たり前な経験不足。
結果的に予定してたスケジュールの半分しかできなかった上に、1時間くらい予定をオーバーしたし。
最後まで付き合ってくれて助かりました。

運営面での反省:
・同時に複数トレーニングバトルを管理する為の準備が完全じゃなかった(予測できていなかった)
・大会を管理する体制が整っていなかった(運営人員不足)

前者は解決済みです。次やる時はできる。
後者は協力が必要です。
とりあえず1回やって分かったのは、大会の運営は大きく分けて2つにまとめられます。
・トレーニングバトルの管理
チームの出入り、マッチの管理(マップ選択・開始)

・情報収集
勝ち負けの情報管理、スケジュールの算出、管理、伝達

前者が一番人員が必要です。理想を言えば、トレーニング部屋1つにつき1人欲しい。今回は3部屋ありました。
配信を1人でやると考えると、PCの量的問題からトレーニング部屋の予備も2つほど欲しいところ。そうすれば部屋構成時のインバイトに要する時間が短縮できる。

一番操作量が多いのが、「誰々が居ない、インバイトが来ない、部屋から間違って出たから呼んで、今来た」の個別対応でした。

一番時間を取るのが、編成時の判断とミス。編成終了のタイミングが分からない。それに起因する編成が終わってないのにスタートするミス。
編成時間を設定しようにも、いちいちどれがいつ編成を開始したかないんて正直記録取れないです。
これは人員増やして対応するか、各々で協力して編成マッハで終わらせるしかないです。

この流れで部屋にチーム配置から編成終了、スタートまで30分要したパターンもありました。

各々に協力して欲しいのは、
・大会中は常時オンライン
・間違って退出しないように注意する
・IGN名を正確にwikiに記載する
・部屋に入った時点で編成は決定済み
・運営側の多少のミスはきーぷごーいん
これでだいぶ楽になります。

マップ変更ミスに関して文句言ってきて言い争いになった人が居たけど、ちょっとムカついたんで反論しときます。あれくらいのミスは本番でも常に起こります。事前の通知とか普通無いです。ミスだもの。本番ではやり直しとかありえません。しかも今回は事前に通知しています。ちゃんと読もうぜ。

※マップは人的エラーにより異なる場合があります。
http://www12.atwiki.jp/rahab/pages/201.html

別に誇れた事じゃないけど。
マップが違う、初期配置が変わってない程度の理由でTKして無効試合に持ち込む等は次回から対応しません。
宣言しておきます。
あとこれに限らず、チーム員半分蹴られた上にマップアサルトwwwとか重大なミスじゃない限りやり直ししません。別に適当にやる宣言では無いです。確実にやるつもりですが、そこまで気を張る理由が無い。
ただ、「部屋に呼んで欲しい」や「ミスで出ちゃったすまねぇ・・・」とかはむしろ積極的に伝えて下さい。迅速には対応できないかもしれませんが、その辺は確実に対応したいです。
あとVentに来ない人はinviteしません。対応できないです。
いちいちここまで書かないと書かないといけないの?


情報収集に関しては、人員1人くらいで大丈夫です。勝ち負けの記録と、それに伴うwikiなど情報発信ツールの適時アップデート。トーナメントの際にはスケジュールの伝達等です。

配信とかもありますが、あれは最初にセットしておけば放置でおkだった。専用人員はいらない。いればクオリティは高くなるけど参加人数減らしてまで設けるべきかな。

つまり2、3人くらい運営居ればだいぶ楽に進行できると思いました。

次回ですが、10月21日に予定しています。今回時間の都合でできなかったプレイオフを継続開催する予定です。
今回参加した人はもちろん、新たに参加する人も募集するので、是非参加して下さい。

あと、SDRHBはまだクラン員募集中です。
今回は、NAの日本人クランSDKFZとの共同設立のクランになったので、SDRHBです。
クラン員は既に100人を越し、第2のReserveクランを設立しました。
第1クランの本隊は恐らくというか、絶対に全員がActiveになる事は無いので、非ActとActをReserveとMainで入れ替えを行う予定です。たぶん。クラン参加条件を満たしてAct維持できるならほぼMainに入れるんじゃないでしょうか。
そもそも、Reseve clanだからCWに参加できねーとかはないので、WoTでCWしたくて仲間を探してる人は検討してみてはいかがでしょうか。
もちろんトーナメントも。

http://vezel.diarynote.jp/201210012106043173/
条件:
仝什澆泙濃藩僂靴討い襯▲ウントを明示でき、勝率が55%以上
IRC、Ventrilloの導入(聞き専可)
戦闘中の不可視情報を可視化するMOD類の禁止(超ズームや弱点Skin等)

トラックバックURL

WoT:SDRHB杯の反省と今後 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

WoT:SDRHB杯の反省と今後 へのコメント一覧

まだコメントはありません。

コメントする

WoT:SDRHB杯の反省と今後 にコメントする
絵文字
Recent Comments
Recent TrackBacks
訪問者数

  • ライブドアブログ

トップに戻る