2021年01月27日

toy box

ai縮小

楽しいことをしよう
きっと幸せになれるよ






だから、安心して
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。)



rahirame at 17:00|Permalink 落書き 

2021年01月14日

生け花

生け花

鮮やかに咲く赤い色







みとれるほどに
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。)



rahirame at 14:23|Permalink 落書き 

2021年01月13日

曇りなき目

me

いつまでも曇りなき目で
どこまでも見つめ続けたいんだ







いつのまにか視界が歪んでしまわぬように
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。)



rahirame at 05:42|Permalink 落書き 

2021年01月10日

フォーカス

固く閉じた手はいつの間にか
ひらき方を忘れてしまって
その中に隠していたなにかの
元の形も忘れてしまって

そうまでして守りたかったものって
なんだったっけ


時が止まるほど強く綴じた指は
そっと重ねられた手に
結びつくように

ひとつ
またひとつと紐解かれて



こぼれ落ちたものは
どんな色だっただろう
軌跡に寄り添い滲んだ色は
そこにどんな景色を描いただろう


どれだけ時が経っても
どんな姿形になっても
あの日の二人はきっとそこにいる
結んだ指を離すことなく

rahirame at 01:55|Permalink  | 独り言

2021年01月07日

五線譜

五線譜

それは私だけのメロディ







旋律を刻む
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。)



rahirame at 00:00|Permalink 落書き 

2020年09月15日

雨と落ちる

あめ

落ちた箇所は冷たく
同じように落ちていく







シャン、シャン、と
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。)



rahirame at 00:00|Permalink 落書き 

2020年04月09日

見えなくなっても

必ず訪れる終わり
変えられない、避けられない
それは、救いなのかもしれない

胸の痛みに呼吸を合わせて
指先の感覚を研ぎ澄ませる

そこまでの道のりに
入り込める場所がなくても
ほんのわずか
一本の糸が通れるだけの隙間はあると

その先にきっと
君がいてくれると信じて






色んな形に
流れていくままに

世界線が違えど
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。よろしければ…)



rahirame at 00:02|Permalink  

2020年04月08日

木洩れ日

ぼんやりひらいた手は
たったのふたつしかなくて

この手で掴めるものって
守れるものってなんだろう


大切に大切に、ぎゅっと握りしめていたくても
溢れ出てしまうなにかを
どんな目で見つめたらいいのかな

その事実を受け入れて、ついに目線をはずしたとき
溢れ出てしまったなにかは
そこでどんな表情をしているのかな


振り返って見ることも
駆け寄って抱くことも

誰の心も許されはしないのに






どう足掻いても動かせないことは
きっとたくさんあるんだろうね

それぞれの人のなかに
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。よろしければ…)



rahirame at 09:23|Permalink  

2019年04月30日

平成の記録:写真

平成のおわりに
記録のなかでターニングポイントとなったものや
特に印象深いものたちをさらっとまとめの記録

写真編

続きを読む

rahirame at 23:00|Permalink 独り言 | 写真

平成の記録:落書き

平成のおわりに
記録のなかでターニングポイントとなったものや
特に印象深いものたちをさらっとまとめの記録

落書き編

続きを読む

rahirame at 22:30|Permalink 独り言 | 落書き