2016年08月26日

きらきら満ちあふれてる
つぼみが花開いていく
長い時間をかけてようやく
たくさんの花が、ひとつ、またひとつ

ひらひら揺らめいていく
ささやきが聞こえる
これまでと、これからと
進んでいく時間がある、流れていく時間がある


ずっと向こう側で雫の落ちる音がする
あれはきっと、遠い昔の場所
ひっそりと生まれた水溜まりに、なにかが流れ落ちていく
いつからか、絶えることなく

水面は花を映して
朗らかなささやきに身を揺するだけ






長い時間をかけてようやく手にした幸せの陰
それは誰の目にもとまらない

遠い昔のこと
(↑こちらぶろぐらんきんぐ、です。よろしければ…)



rahirame at 01:08│Comments(0) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔