DSC06506


高知で一番行きたかったパン屋『ブーランジェリーヤマサキヤ』に行ってきました。


〒788-0000
住所:高知県宿毛市宿毛988−1



TEL:0880-63-3088

定休日:月曜日
営業時間:9:00~18:30



高知市内から約3時間。
四万十市から宿毛まで、無料の高速があるので思ったよりも近かったです。

BlogPaint

きれいなパンがたくさんでテンションあがる~

外からパッと見た感じ、パンが見えないので「売り切れたのか・・・・」と思いましたが、入ってみるとたくさんのパンが出迎えてくれました。

入ってから右側にパンが置いてあったので、外から見たらちょっとわかりづらかったんですよ。


店頭に並んでたパンの種類は多く、ヤマサキヤにあるパンはほとんど見れたんじゃないかな?


きれいにひらいているハード系。

DSC06511

デニッシュ系は表面も層もきれいです。

DSC06509

ソフト系もあまり見ない品ぞろえで、ワクワクしちゃいます。

DSC06508
DSC06510


たくさんの種類の中から選ぶことができ大満足でした。



おいしい状態で食べたかったので、移動中の車内でちょこちょこ食べました。


デニッシュ系がバツグンにうまい

やっと、デニッシュ系がうまい店を見つけれた。

はじめに食べたクロワッサンが衝撃的。

DSC06530

外はサクッと軽い口当たり、中はしっとりと最高の食感。
口どけもいいんですよね。

DSC06533

バターの風味もしっかりと聞いて、文句なしにおいしいクロワッサンでした。


ほかにも、イチゴジャムとクリームチーズが入ったデニッシュや

DSC06525

パンオショコラを買いました。

DSC06527

デニッシュ生地がおいしいので間違いなくおいしいんですが、ボクはスタンダードなクロワッサンが一番好きでした。


ミニクロワッサンもあったので、あれも買っておけばよかったな。ミニクロワッサンも絶対おいしい。



ハード系も買ったよ

見かけたら絶対に買ってしまう、あんバター。

DSC06551

外側はかなりかためで、ゴマのようまこうばしかったです。
じわじわとかみしめると、旨みが出てくるタイプのハード系生地でした。


ハード系ではないけど、チーズのパン。

DSC06535

中にはチーズがたくさん。

DSC06536

旨みのある生地と、チーズの塩気がよく合います。
外側の食感はしっとりやわらかいものの、ほどよいかみごたえもあって歯がよろこんでます。


さつまいものハード系パンは、ヨメが絶賛。

DSC06608


ほかにはジャガイモが入ったパンを買いました。

DSC06556


ソフト系も魅力的

ソフト系のパンもすごくおいしそうで、『ソフトブール』を買いました。

DSC06555

中はもっちもちで、外はハード系の生地のような噛みごたえもあり、食感で楽しませてくれるんですよ。
ちょっと焦げてるように見れる部分はカリッとしていて、いいアクセントになってます。

ほんの少し砂糖をふりかけたような甘みと、生地のやさいい旨みもちょうどいいんだよなぁ。


しかも、これで60円というお手頃価格。
これはお昼ご飯食べた後とはいえ、もう3個は食べれたな。

ハード系以外にハマることがないボクが、がっつりとソフトブールにハマってしまいました。


ボクは塩パンも買ってたんですが、ヨメがお昼ご飯に持って行ったんですよ。

よっぽどうまかったのか、お昼にヨメから、「ヤマサキヤの塩パンうまかった。すまぬ」とLINEが入ってきました。


まとめ

今まで高知にないタイプのおいしいパン屋さんにであえて、テンションが上がりました。



クロワッサンは間違いなく、高知で一番おいしい。
3時間かけても買いに行く価値がじゅうぶんにありですね。


ヤマサキヤで絶対に食べたいパンができたので、取り置き押してもらって日帰りで行こうかな。


ヤマサキヤを拠点に、宿毛方面へ行くことがこれから増えそうです。