毎日のニュースが、サッカーのワールドカップばかりでうんざりしている、ちゅんすけです。

サッカーが嫌いなわけでも恨んでいるわけでもないのに、はっきり言ってワールドカップ期間はサッカーが嫌いです。

こんな発言をすると「選手は一生懸命戦ってるのに!!」なんてつっこまれそうですが、そういう「頑張ってるから応援しろ」という空気も、嫌いな理由の1つなんでしょうね。

ワールドカップが嫌いなのは、これだけの理由じゃないと思って考えてみると、『自分の人生を生きてない人が多すぎること』に苛立ってるのだと気づきました。


誰かの人生に自分の人生をのせるな

日本の勝敗に一喜一憂する人たち。

「どうして他人事にあそこまでもりあがれるのだろう?」と疑問に思ってしまいます。

日本が勝っても負けても、僕にとっては何の影響もないので、勝敗で盛り上がれないし興味もわきません。

一生懸命応援する人は、日本の勝利が自分事だからあれだけ盛り上がれるんでしょうね。

僕からすれば、日本の勝敗に自分事にしてしまう人は、「自分の人生楽しめてる?」って疑問に思ってしまうんですよ。

自分の人生が充実してないから、日本代表に世界で活躍してもらって、自分の人生も疑似的に充実させる。

なんか、危険な思考ですよね。

僕は自分の人生が充実しているので、誰かの活躍によって満たされることもないし、誰かの活躍をひがむこともありません。

そんな時間があるなら、自分の人生をもっと充実させるために、インプットやアウトプット、休憩、遊びの時間に使いますよ。

他の誰かの活躍で、自分の人生が充実した気持ちになるんじゃなくて、自分の人生を実際充実させるために時間を使いませんか?

ガス抜きして自分を騙すのか?

ワールドカップで盛り上がれる人の中には、日本の勝利で日頃のストレスのガス抜きをしている人も多そう。

ガス抜きも必要だと思うんですが、ガス抜きをする人は不満を持ちながらも変化せず、今の現状を受け入れ続けるんでしょうね。


「自分に正直に生きよう」としている僕には、現状に不満のある状況を続けている人に、どうしても嫌悪感を抱いてしまうようです。

ワールドカップの変な一体感が嫌い

ワールドカップに限らず、世界的なスポーツの大会で感じるのが「頑張っている人を応援しないのは悪」「みんなで日本を応援しよう」という変な一体感。

僕はサッカー日本代表を応援しませんが、否定もしません。

応援する自由も、応援しない自由もあってもいいじゃないですか。

今の時代は選択肢があるので、僕はテレビを消してプライムビデオでNARUTOを見漁っています。
プライムビデオを見ることで、サッカーばかりのテレビに拒絶の意思を示すと、ちょっとだけすっきりするんですよね。



変な一体感に関しては、僕が過敏に反応しすぎかもしれませんが、なんか違和感感じたのでどうしても言いたくなりました。




自分に正直じゃない人が目につくから嫌い

ワールドカップで熱狂する人は、

現状に不満があるのに
改善しようとせずに
ストレス解消さえ人任せにしている

そんな人たちを、テレビでたくさん見せられるので、ワールドカップが好きじゃないんだと感じました。

自分に関係のない日本代表の勝敗に一喜一憂するより、自分のチャレンジに一喜一憂したほうが楽しいよ。

TBS系列で放送中の『林先生が驚く初耳学!」が、『サッカーファンは幸せになれない』という内容で6月24日に放送されるようなので気になりますね。