鉄道と路線バスの収録記&撮影記

鉄道と路線バスが好きな人の収録記・撮影記です。


前回の更新より5か月も経過しておりました。涼しさも感じられるようになり、鉄道の走行音録音シーズンにもなりましたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
今回の更新は東京メトロ6000系日立2レベルIGBT車の走行音差し替え、9000系三菱GTO車・16000系三菱IGBT車の走行音を新規公開しました。

(画像はありません)

東京メトロ6000系は営団時代の1968年より製造され、千代田線で活躍しておりました。
長期にわたる製造、そして長期にわたる更新工事から、制御装置も多種多様なパターンがありました。
今回差し替えた日立2レベルIGBT車は、いわゆる「墜落インバーター」と言われる世代のものです。JR東日本のE231系1000番台ほどではないにしろ、きちんとそれらしい音を立てています。また全電気ブレーキの音がちょっとはっきりしない音なのも特徴的です。
区間は常磐線の柏→北柏です。本当は朝の我孫子→天王台で録音したかったのですが、たぶん成田空港に行くであろう外国人の誤乗にあたり録音できず…一か八かでラッシュ明けに録音しました。数名乗っていましたが、本当に静かな環境で助かりました。

9000系は南北線開業と同時に製造された車両で、現在も全編成が活躍しています。
四ツ谷開業時に4両編成→6両編成に変更するにあたり、01~08編成は奇数編成の中間車を偶数編成に挿入し、偶数編成には新造した中間車を組み込む形で6両化されたため、9101Fについては三菱製と日立製の制御装置を積んだユニット同士が隣り合わせになっています。
今回公開したのは9101Fと9201号車での走行音です。地下区間ということもあり出だしにかすかに日立GTOの音も聞こえている気がします。

16000系は老朽化した6000系の置き換え用として2010年に千代田線に導入されました。
4次車以降は制御装置が三菱製のものとなり、東芝製のものと比べ加速が静かになりました。個人的にはこちらのほうがお気に入りです。
区間は我孫子→北柏です。M車の配置の関係で北柏でも乗車客がおらず助かりました。

久しぶりの更新でございます。気づいたら前回の更新から年も変わり半年過ぎておりました。
本年もよろしくお願いいたします。

今回の更新は阪堺電気軌道のモ161形です。

hankai161.jpg
△モ165(現在は廃車) 姫松にて

阪堺電気軌道のモ161形は1928年(昭和3年)に登場した車で、現在でも4両が活躍しています。
冷房化こそされていませんが、現在でも正月など多客の時期にはその大きな車両を生かして活躍しているようです。
モ151形から改造された車や、逆にモ301形に改造された車もいたようですが、それらはすべて廃車になっています。

今回公開した走行音は、阪堺線の専用軌道区間と併用軌道区間のもの1本ずつです。
夕方の恵美須町行きで録音しました。上町線方面よりは空いていることが多いようです。


[追記]
3月中旬に近鉄5200系の走行音を2種類公開していましたのであわせて。

すっかり秋らしくなりました。いかがお過ごしでしょうか。
今回はいすゞ・エルガノンステップバスの走行音を差し替えました。

NS-19
△猪高の車ですが、金山12の運用につくNS-19です。金山にて。
走行音はこちらから→http://nagoyacitybus.web.fc2.com/nagoya_isuzu/nagoya_isuzu.html

名古屋市営はKC代初期の流れを引き継いでかKL代初期もフルフラットノンステップバスを3メーカーで導入していました。(ふそうはリコール隠しがあったため一時的に導入していなかった時期だったはずです。)
いすゞ製の車はキュービックノンステップから基本的な足回りを引き継いだKL-LV834N1が選択されました。

今回差し替えした走行音は、浄心営業所に配属されているNS-15号車で栄25系統での録音です。
台風が通り過ぎた直後の月曜日、基幹1系統に入るNH-60の録音に行ったものの空振り。で慌ててこちらに変更しました。
台風の通過直後で暴風警報が出ていたため学生さんは休み。そのため途中のバス停より貸切になったところを録音しましたが、終点近い区間で大通りを走るためかなりいいスピードが出ております。

さて、この型のバスもいつまで残るのでしょうか…。

暑い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。。
最近仕事もようやくひと段落つき、休みの日が少しだけ増えましたのでがっつり更新いたしました。

今回は新しくJR西日本のページを作成し、221系、207系0/1000番台・223系1000/2000番台の一部走行音を公開しました。
jr-207
△207系0番台+1000番台(Z6+S12) 尼崎にて。
走行音はこちらから→http://railwaysounds.web.fc2.com/jr/jrw/jrw.html

…西日本の車両って同一形式・同一番台で複数のメーカー採用しているものもあるので録音も公開も結構大変なんですよね。面白いんですけど、少数派の形式でそういうのがあったりするんで(223系1000番台等)なかなか全種類の公開は程遠いなあと思いつつ。

今回公開した走行音のうち、223系2000番台(東芝)のものにはすでに聞くことのできない駅放送も入れてあるのでぜひそういったところも楽しんでいただければなと思います。

今回は、日野製のノンステップバスの走行音差し替えと追加を行いました。
nh-31
△鳴子14の運用に就くNH-31。(既に廃車となっています。) 地下鉄鳴子北にて。
走行音はこちらから→http://nagoyacitybus.web.fc2.com/nagoya_hino/nagoya_hino.html

名古屋市営バスはブルーリボンシティのノンステップバスをディーゼルとCNG車、両方とも相当台数を導入しており、市内南部を中心に多く見ることができました。
近年CNG車のほうに廃車が出ており、予断を許さない状況となってきたようなので録音に行ってまいりました。

ディーゼル車はたまたま乗り合わせた際に録音したものを2本公開しましたが、どちらもほぼ貸切の状況で録音できました。中型メインの名駅29系統での走行音はなかなか貴重ではないでしょうか。

CNG車は鳴尾営業所の大型使用路線殆どに入っているようなのですが、いかんせん鳴尾の大型が入る路線は大半が日中を中心に混み合い、非常に録音しにくいのがネックで…。
今回公開した金山18系統のものも夜間で貸切状態での録音ですが、本星崎町を過ぎると基幹バスの補佐系統なので結構お客さんが乗ってきました。幹築地1なんかに行くといいのかもしれませんね。

↑このページのトップヘ