鉄道と路線バスの収録記&撮影記

鉄道と路線バスが好きな人の収録記・撮影記です。

mh-35
△MH-35 多加良浦にて。
走行音はこちらから→http://nagoyacitybus.web.fc2.com/nagoya_hino/nagoya_hino.html

少しずつ秋らしくなってきました。いかがお過ごしでしょうか。
今回は廃車が近づいている中型ツーステップバスの走行音を公開します。

名古屋市交通局のKK代レインボーRRは現在中川営業所に在籍しており、名駅19系統と高畑12系統、高畑13系統あたりで活躍しているようです。
あまり縁のない系統であること、またFFシフトの音が意外に小さく、冷房期間中でも録音がうまくいかないことが多いのでわりと手こずる車種でした。

今回公開するのは名駅19系統の末端区間での録音です。比較的いい環境で録音できたと思います。
そろそろ暖房が入るので、録音も難しくなってくるでしょうか…。

まだまだ残暑がきついこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は阪神電鉄のページを作成するなど、久しぶりにHP更新をがっつり行いました。

hanshin5131
△5131形5135F 打出にて
走行音はこちらから→http://railwaysounds.web.fc2.com/kansai/hanshin/hanshin.html

阪神が誇るジェットカ―のうち、チョッパ車の2形式の走行音をUpしました。
新車5700形系が導入され、そろそろ危ないかも…と思い、15年年末~16年年始に録音に行ってきました。

この日はたまたま梅田発の尼崎行き終電やら朝の梅田発高速神戸行きの2本目に入るなど、非常に録音しやすい運用に入っていまして、正月ということも相まって大変いい環境で録音ができました。
ほかのジェットカ―、また赤胴車についてもぜひぜひ録音したいですね。

暑い日が続いております。久しぶりの更新となった今回は市バスの走行音を公開・差し替えを行いました。
mn-20
△MN-20 緑文化小劇場~地下鉄徳重にて
走行音はこちらから→http://nagoyacitybus.web.fc2.com/nagoya_nissan/nagoya_nissan.html

名古屋市営では一点もののKK-RMツーステップ車の走行音です。
写真の徳重12系統などの緑営業所の徳重周辺系統で活躍しています。

今回公開したのは、徳重12系統と徳重14系統での走行音です。
緑営業所のツーステップバスが徳重14系統の運用に就くのは平日のみであり、それなりに貴重かもしれません。
どちらも大変いい環境で収録できました。その2では名古屋市営の象徴である前扉ブザーが鳴っています。

この車を含め、KK代のツーステップ車は今年度末までに廃車となることが決定しています。
録音や撮影はお早めにどうぞ。

今回は、大阪市営地下鉄の66系日立GTO車と21系日立GTO車の走行音を公開しました。
osaka66 - コピー
66系66615F 茨木市にて。
走行音はこちらから→http://railwaysounds.web.fc2.com/kansai/osaka/osaka.html

今年は関西の走行音をがんがん録音しに行ってきました。
名古屋からだと近鉄で気軽に安く行けるのが良いですね。

さて、今回は66系日立GTO車、21系日立GTO車の走行音を公開です。
21系は編成数が意外に少なく、かつ少しずつ更新車も増えているので、未更新車は思ったように録音ができないなと思いました。
たまたま朝早めの時間の電車に入ってくれた時に録音しました。天王寺以南特に長居より先は本当に静かでありがたいです。

66系は土休ダイヤの夜間に録音。梅田行き普通の後追いで走る天下茶屋行きが数本あるので狙ってみました。
他のお客さんが数人いましたが、誰も物音等立てずで本当にきれいに録音できました。

66系も編成数のわりに走行音の種類が多岐にわたっているのでこまめに録音していきたいところです。

今回は、阪急電鉄のページを作成しました。
hankyu5300
△阪急5300系5315×8R 茨木市にて。
走行音はこちらから→http://railwaysounds.web.fc2.com/kansai/hankyu/hankyu.html

3300系・5300系ともに京都線専属の車で、大阪市営地下鉄堺筋線にも直通しています。
今回は夜の千里線で録音しました。千里線はスピードが出ないのがもどかしいですが、それに目をつぶれば千里山までは比較的録音しやすいかなと思います。

北大阪急行8000形は早朝の御堂筋線なかもず行きで録音。早朝の天王寺以南は始発を除き録音しやすいのでありがたいですね。
なお登場時の走行音を奏でる車は全廃してしまいました。初期の東芝GTOという希少度の高い車だったのですが…。

↑このページのトップヘ