raimund

続・今でもしぶとく聴いてます

24 2月

ペルコレージのスターバト・マーテル レーヌ、ジャンス

1802z23ペルコレージ スターバト・マーテル ~ ソプラノ、アルト、弦楽と通奏低音のための

ヴェロニク・ジャンス:ソプラノ
ジェラール・レーヌ:アルト(CT)

イル・セミナリオ・ムジカーレ

(1997年2月2-6日 パリ,ドミニコ会修道院 録音 Erato - Parlophone)

 ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルコレージ(Giovanni Battista Pergolesi 1710年1月4日 - 1736年3月17日)は、J.S.バッハよりも四半世紀後に生まれていながら26歳で亡くなったためにバッハの創作期間に生涯がすっぽりおさまってしまします。ペルコレージがその短い活動期間に残した作品の中でスターバト・マーテルは一番有名かもしれません。このCDは同作品とサルヴェレジーナ(アルトと弦楽)、3声のシンフォニア(チェロと通奏低音)が収録されていて、カウンター・テナーのジェラール・レーヌと彼が創設したアンサンブルのイル・セミナリオ・ムジカーレ、ソプラノのヴェロニク・ジャンスらが競演しています。

 CD付属冊子の曲目には「ソプラノ、アルト、弦楽と通奏低音のための」と編成が注記してあるのは原典、そもそもの編成での演奏を念頭に置いてのことかと思いますが併録のサルヴェ・レジナ共々に感銘深い演奏です。作曲者の最晩年(といっても25,6歳)の作品なのでこういう編成、スタイルの演奏の方がより魅力的だと改めて思いました。それにやっぱりジェラール・レーヌの歌唱、声質が独特で、ルソン・ド・テネブルやスターバト・マーテルといった四旬節・聖週間の作品に不思議にふさわしく聴こえます(何がそう思わせるのか??)。

 レーヌが古楽(最初はフォーク、ロック等でファルセットの声で歌っていたらしい)に転向してからのレパートリーはフランス、イタリアのバロック作品なのでこの曲もド真ん中ということになります。今頃になってジェラール・レーヌのCDを探してみると大抵が廉価盤化していて、録音データも限られ、情報量が少ないのが残念です。

 競演のヴェロニク・ジャンス(Véronique Gens 1966年4月19日,オルレアン – )はバロック期の作品を主なレパートリーにしてきたフランスのソプラノで、当然他にもジェラール・レーヌ(Gerard Lesne 1956年7月15日,パリ - )との共演がありました。先月のフランソワ・クープランのテネブルですっかり魅了されたレーヌの参加した録音を探していてこれを見つけたわけですが、ジャンスのソプラノも見事で、この作品との相性も素晴らしいと思いました。
13 2月

F.クープラン 修道院のためのミサ ファルチオーニ/2012年

1802z12クープラン 「二つのオルガン・ミサ曲」から「修道院のためのミサ曲」

アドリアーノ・ファルチオーニ:オルガン

フランコ・ラディッキア  指揮
アルモニオーソインカント

(2012年2月,3月 セニガッリア.サンタ・マリア・デラ・ネーヴェ 教会 録音 Brilliant Classics)

1802z12a 今年は明日の2月14日が「灰の水曜日」にあたり、今年も四旬節がやってきました。厳密には典礼暦に規定はないものの、四旬節に入る前日の今日がカーニバル、謝肉祭(の最終日らしい)にあたります。日本ではそもそも復活祭や四旬節もマイナーな存在なのでカーニバルなんか関係はありません。それに食事制限をともなう「大斎」もあまり浸透していないので四旬節期間中が特別ということはあまりないので、なおさら謝肉祭などと強調する下地もありません。さて、今回は先日の「教区のためのミサ」に続いてフランソワ・クープランが残した二つのオルガンミサの一つ、「修道院のためのミサ」の比較的新しい録音です。イタリアの演奏者がイタリアの教会で録音したもので、フランスと並んでオルガンミサが普及したイタリアならではということかもしれません。

 この録音もオルガン部分と声楽による聖歌部分をあわせて演奏、録音しています。オルガンの部分は下記のように区分されます。何となく行進曲調の部分もあり、明朗で「教区のためのミサ」よりもシンプルなオルガン曲になっています。

“ Messe propre pour les convents de religieux et religieuses ”  

~ キリエ
1.Plein jeu
2.Fugue sur la trompette
3.Recit de chromhorne
4.Trio a dessus de chromhorne et la basse de tierce
5.Dialogue sur la trompette du grand clavier, et sur la montre, le bourdon et le nazard du positif
~ グロリア
1.Plein jeu
2.Petite fugue sur le chromhorne
3.Duo sur les tierces
4.Basse de trompette
5.Chromhorne sur la taille
6.Dialogue sur la voix humaine
7.Trio. Les dessus sur la tierce et la basse sur la trompette
8.Recit de tierce
9.Dialogue sur les grands jeux
~ 奉献唱
Offertoire sur les grands jeux
~ サンクトゥス
Plein jeu
Recit de cornet
~ 聖体奉挙
Tierce en taille
~ アニュス・デイ
Agnus Dei
Dialogue sur les grands jeux
~ 閉祭
Petit plein jeu: Deo Gratias

1802z12b オルガンミサというジャンル、形式のレコードはF.クープランの二作品くらいしかなくて馴染みがないのでどういうものか分かりにくいものがありました。先日の「教区のためのミサ」は、オルガンのパートだけでなく聖歌の部分もクープランが作曲したものだと思っていましたが、色々な録音の解説等をつなぎあわせるとどうもそうではなくて、聖歌部分はグレゴリオ聖歌にハーモニーを加えたものや他の作曲家のキリエなりグロリアをあわせるもののようでした。ただ、オルガンの部分もミサの聖歌の旋律をもとに作っているような解説もあり、そのあたりの関係がよくわかりません。

 この録音では女声中心(先唱のみが男声になる)のアンサンブルが簡素な聖歌を歌っていてオルガンの部分が目立ち、どういう内容なのか分かりやすくなっています。その声楽アンサンブル、アルモニオーソインカントと指揮のフランコ・ラディッキア(先唱で歌うのはこの人か)についてはいくつかCDが出ているもののプロフィール等の情報が見つかりません。オルガンのアドリアーノ・ファルチオーニについても同様です。二枚組の「教区のためのミサ」を取り上げる時までに情報を見つけたいと思います(英文解説を訳して読めば良いだろうが)。
7 2月

F.クープラン 聖水曜日のルソン・ド・テネブレ デラー、シャピュイ

1802z07フランソワ・クープラン “ Lecons de Tenebres(聖水曜日の三つのルソン・ド・テネーブル)

アルフレッド・デラー:カウンター・テナー
フィリップ・トッド:テノール

ラファエル・パルッリ:ヴィオラ・ダ・ガンバ
ミシェル・シャピュイ:オルガン

(録音データ表記無し,1970年以前 録音 harmonia mundi)

 今年に入って俄かにはまったフランソワ・クープランのルソン・ド・テネーブルで、今回は古めの録音です。先月たまたま購入してドはまりしたジェラール・レーヌらの録音と同じように今回のものも男声だけの演奏ですが、こちらはクープランが作曲したエレミア哀歌の歌詞に付けた曲以外は全く付け加えていない構成です。だから朝課の中でlectionis、哀歌の朗唱部分だけを連続演奏、録音しています。聖木曜日(この作品では前晩に前倒しに行ったことから聖水曜と呼び習わしているようである)の哀歌の歌詞としては下記のように配分されています(歌詞だけなら聖土曜日が特に感銘深い)。

第1のルソン
 哀歌第1章1-5
Incipit Lamentatio Jeremiae Prophetae.Quomodo sedet sola civitas.
(預言者エレミアは哀歌を歌いはじめる。なにゆえ、この都は独りですわっているのか)
第2のルソン
 哀歌第1章6-9
Et egressus est a filia Sion omnis decor eius
(栄光はことごとくおとめシオンを去り)
第3のルソン
 哀歌第1章10-14
Manum suam misit hostis ad omnia desiderabilia eius.
(宝物のすべてに敵は手を伸ばした)

 現代は第2ヴァチカン公会議によって典礼が変更、改革されてかつの聖務日課とは異なりますが、この当時の聖木、金、土曜の朝課は最初に詩篇の唱和が三度あり、主の祈りの後に哀歌と応唱(レスポンソリウム)の組み合わせが三度続き、結びとなって終わります。先月のジェラール・レーヌらの録音は「主の祈り」の部分が除いていますが朝課のかなりの部分を含んでその音楽を再現していました。

 アルフレッド・デラーの歌唱は同じカウンター・テナーでも声質、歌い方が違い、古い録音であるからかそのかげんでかなり剛直で太い歌唱に聴こえます。それだけに旋律が強烈に印象付けられて、聴いていてかなり圧倒されます。それでもレーヌの歌唱が念頭にあっても別の作品かと錯覚するような感覚は全くありません。古い絵巻物を拡大表示したような鮮烈さがありました。それにオルガンとガンバだけという器楽の編成が暗闇の朝課という空気に似つかわしくて、声楽がくっきりしているだけにちょうど良い簡素さではないかと思いました。

 旧約聖書の哀歌は、分裂後の古代イスラエル王国の内で残ったユダ王国(南の王国)がバビロン捕囚によって神殿もろとも滅ぼされた後、背信と罪を悔いながら神の慈しみと顧みに希望を置くことをすすめる内容でした。四旬節の聖週間にふさわしいということですが、フランスではこの哀歌をオペラ歌手が歌い、それを聴くために人が集まったそうなので何かちょっと本来の趣旨と違いそうです。ただ、現代の我々も四旬節期間中に例えば聖トーマス教会の一行が演奏ツアーで巡回していくるのをホールで鑑賞するわけなので、別段異常なことでもないと言えそうです。
2 2月

クープラン 教区のためのミサ アラン、サジッタリウス

18z0202cクープラン 「二つのオルガン・ミサ曲」から「教区のためのミサ曲」

マリー=クレール・アラン:オルガン

ミシェル・ラプレニー 指揮
アンサンブル・サジッタリヴズ

*アンコール
 バルバストル:ノエル「陽気な羊飼いはどこへ」

(2002年10月9日 ボルドー,サント・クロワ教会 ライヴ録音 Triton)

18z0202b 西ヨーロッパの大きな教会堂にはパイプオルガンが備え付けられ、日本でも社会科の授業ではオルガンに人力で風を送る人夫(ほぼ奴隷)が居たと批判的に書かれていました。その割にグレゴリオ聖歌やルネサンス期のミサ曲、特に典礼の形態を再現したスタイルの演奏、録音なんかにはオルガンが入っていそうなのに、たいていは無伴奏の合唱、重唱だけになっていました。これはなぜかと昔から不思議で、17、18世紀とかで街にある教会のミサではオルガンがどんなかたちで参加していたのかと思っていました。

18z0202 そんな中でフランソワ・クープランが作曲したオルガン・ミサが二曲が出版されて現存しています。これは歌唱ミサの典礼文、旋律を歌う声楽とオルガン独奏が交互に演奏して進めるというかたちで、フランス、イタリアで特に普及したかたちでした。録音される場合はオルガンの部分だけを連続演奏して、実質オルガン曲のアルバムになっていることも少なくなかったと思います。むかし、エラートからマリー・クレール・アランのクープラン作品の一つとしてオルガン・ミサもLPであった覚えがあり、当時はミサなのにオルガンだけかと思って購入せずに終わったことがありました。今回のものはオルガンだけでなく、声楽アンサンブルとの共演によるライヴ録音です。

 ~ キリエ
1.オルガン: Plein chant du premier Kyrie en taille
2.声楽:Kyrie eleison
3.オルガン:Fugue sur les jeux d'anches
4.声楽:Christe eleison
5.オルガン: Recit de chromhorne
6.声楽:Christe eleison
7.オルガン: Dialogue sur la trompette et le chromhorne
8.声楽: Kyrie eleison
9.オルガン: Plein chant
 ~ グロリア
10.声楽:Gloria in excelsis deo
11.オルガン: Plein jeu
12.声楽:Laudamus te
13.オルガン:Benedicamus te: Petite fugue sur le chromhorne
14.声楽:Adoramus te
15.オルガン:Glorificamus te: Duo sur les tierces
16.声楽:Gratias agimus tibi
17.オルガン:Domine Deus, Rex coelestis Deus Pater omnipotens
18.声楽: Domine fili unigenite
19.オルガン: Domine Deus, Agnus Dei,Filius Patris: Trio
20.声楽:Qui tollis peccata mundi
21:オルガン:ierce en taille 
  (Qui tollis peccata mundi,suscipe deprecationem nostram)
22.声楽:Qui sedes ad dexteram patris
23.オルガン:Tu solus Dominus: Dialogue sur la voix humaine
24.声楽:Tu solus dominus
25.オルガン:Dialogue en trio du cornet et de la tierce
  (Tu solus Altissimus, Jesu Christe)
26.声楽:Cum sancto spiritu
27.オルガン:Dialogue sur les grands jeux(Amen)

28.オルガン:Offertoire sur les grands jeux

 ~ サンクトゥス、ベネディクトゥス
29.オルガン:Plein chant en Canon
30.声楽:Sanctus
31.オルガン:Sanctus Dominus Deus sabaoth: Recit de cornet
32.声楽:Pleni sunt coeli et terra
33.オルガン:Chromhorne en taille
  (Benedictus qui venit in nomine Domini)
34.声楽:Hosanna in excelsis
 アニュス・デイ
35.オルガン:Plein Chant de Agnus Dei
    (Agnus Dei, qui tollis peccata mundi, miserere nobis) 
36.声楽:Agnus dei qui tollis peccata mundi
37.オルガン:Dialogue sur les grands jeux
    (Agnus Dei, qui tollis peccata mundi, dona nobis pacem) 
 ~ イテ・ミサ・エスト
38.声楽:Ite missa est
39.オルガン:Petit plein jeu(Deo Gratias) 

 上記のようなトラック分けで、オルガン部分と声楽部分で区分しています。典礼文のキリエ、グロリア、サンクトゥス、アニュス・デイと閉祭のイテ・ミサ・エストの部分に作曲していて、ほとんどの通作ミサの作品に含まれるクレドは除かれています。この構成は特定の祝日、主日を想定したミサを再現しているのではなくて、あくまでクープランの作品の演奏会という形態ですが全曲で60分弱に及んでいます。マリー・クレール・アランのオルガンはバッハの作品を演奏したものくらいしか聴いたことはありませんが、他のオルガン奏者のものよりも抜きんでて好きでした。この作品の場合でも聴いていて押し込まれ、浸食してくるような圧迫(オルガンだけでなくバッハの作品を聴いていると時々そんな、ワーグナー的な魔力のようなものを感じるもので)とは縁遠くて、明快にして平静なえも言われない魅力を感じます。

18z0202a 二つのオルガン・ミサ「教区のためのミサ」、「修道院のためのミサ」ともに1690年に出版されたので、クープラン(François Couperin 1668年11月10日,パリ - 1733年9月11日,パリ )が若い頃に作曲したものだとされています。二曲しかオルガン・ミサが現存しないのはルソン・ド・テネブル同様に残念なことです。「教区のミサ」の方が派手目で華やかになっているのは作曲者一族の持ち場であったサン=ジェルヴェ教会を念頭においてのことかもしれません。実際の教会(共同体)には純然たる教区の教会だけでなく、修道院の聖堂で主日ごとにミサを行い、そこへ一般信徒が参集するような共同体もあり、また教区の教会でも元々修道会が宣教してできたのでそこの会直営的なところもあるので複雑です。このクープランの作品名称は単に演奏する場所、作品の規模が問題のようです。
28 1月

F.クープラン 聖水曜日のルソン・ド・テネブレ キングス・コンソート

1801z28aフランソワ・クープラン “ Lecons de Tenebres(聖水曜日の三つのルソン・ド・テネーブル)

ロバート・キング 指揮、室内オルガン
キングス・コンソート

キャロリン・サンプソン:ソプラノ
マリアンネ・ベアテ・シェラン:メゾソプラノ

スザンヌ・ハインリヒ:バス・ヴィオール
リンダ・セイス:テオルボ

(2011年3月5-7日 トディントン,聖アンドリュー教会 録音 VIVAT)

1801z28b 最近フランソワ・クープランの作品に突如、親近を覚えてしばしば聴いています。そのきっかけは先日のジェラール・レーヌのCDでした。今回は同じ作品を対照的な扱いで録音したCDです。カウンター・テナーのレーヌは男声だけ(と言っても1声と2声だけだ)で演奏し、クープランの楽曲だけでなくグレゴリオ聖歌のレスポンソリウムも組み合わせていました。それに対してキングス・コンソートは女声だけ、グレゴリオ聖歌等は含まずにクープランの作品だけを連続演奏、収録しています。こういう違いは他の作曲家、例えばモンテヴェルディの聖母晩課なんかでも見られ、それぞれの魅力があると思います。

 第1のルソンはソプラノのサンプソン、第2のルソンはメゾソプラノのシェランが歌い、第3のルソンは二人が歌っています。特にソプラノが歌うとカウンター・テナーのレーヌの演奏とかなり印象が違って、最初は同じ作品なのかどうか、楽曲の順序を変えているのかと思ったくらいです(単に記憶力が悪いだけか)。第2のルソンでメゾソプラノに代わったところで同じ楽曲だと安心しました。しかし、もし最初にキングス・コンソートの方を聴いていたらクープランにこれほどはまらなかったかもしれないとも思えます。それに予備知識なく聴いていたら旧約聖書の哀歌が歌詞だとはすぐに気が付かないような印象です。

 主に修道院の祈り、聖務日課の音楽であるルソン・ド・テネブレは、特にフランスでは人気が高まり、修道院へ聴きに行く人が多数あったということですが、それは四旬節中は宮廷等のオペラが上演されないため、暇になった歌手がルソン・ド・テネブレを歌うことになり、有名歌手の歌が聴けるとあって人気となったという事情もあるようです。だから、聖務日課の最初であり、日の出前に行う朝課が前晩に行うのもその辺の事情とリンクしていたかもしれません。今回女声の演奏を聴いていると、作品自体も聖週間の朝課、荒布をまとい灰をかぶって悔い改める、という世界だけではなくて、艶のある上品な旋律という面もあり独特の世界だと思いました。

 ロバート・キング率いるキングス・コンソートはモンテヴェルディやヴィバルディ、ヘンデル、パーセルといったレパートリーが有名ですが、1990年にはこの作品をハイペリオン・レーベルに録音していました(全く知らなかった)。だから今回のものは再録音にあたるわけですが、この間にロバート・キングは刑事被告、受刑者になる経験をしていました。活動を再開しているからには刑期を終えたはずで、詳細は略します(というか詳しい話は知らない)が、キング氏にとって哀歌の歌詞はどのように響いたことだろうと思います。これが再起第一弾ではないようですが、よくこれを録音する気になったと余計なお世話ながら思いました。
twitter
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    • ライブドアブログ