raimund

新・今でもしぶとく聴いてます

10 6月

エルガー オラトリオ「神の国」 スラットキン、LPO/1987年

190609aエルガー オラトリオ「神の国(The Kingdom)」 Op.51

レナード・スラットキン 指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ロンドン・フィルハーモニー合唱団(合唱指揮リチャードクック) 

祝福された乙女:イヴォンヌ・ケニー(S)
マグダラのマリア:アルフレーダ・ホジソン(A)
聖ヨハネ:クリストファー・ギレット(T)
聖ペトロ:ベンジャミン・ラクソン(Bs)

(1987年10月24,25日 アビーロード・スタジオNO1 録音 RCA)

190609b エルガー(Sir Edward William Elgar 1857年6月2日 - 1934年2月23日)作曲のオラトリオ「The Kingdom(神の国)」は、ペンテコステ・聖霊降臨を扱った数少ない近、現代の声楽作品です。ペンテコステはキリスト教界においては「教会(建造物の教会堂ではなく信徒の群れという意味での教会)の誕生日」として位置付けられます。新約聖書の四つの福音書に続く「使徒行録」の中に記事があり、使徒達が集まっているところイエズスの預言通り聖霊がやってきて、それまでユダヤ教の指導者やらの目をはばかって隠れるように行動していたペトロらが、それを境に大胆に宣教の行動を始めたという転機の出来事でした。クリスマス、イースターに並ぶ大祝日にもかかわらずこれを題材にした、真正面から扱った作品はあまりありません。
エルガーのオラトリオ、「ゲロンティアスの夢」、「使徒たち」と並ぶ大作なのでゲロンティアス程ではないもののボールトやヒコックスらが全曲録音していました。このCDはアメリカの作品の他イギリス音楽もれぱートリーにしてエルガーやヴォーン・ウィリアムズの交響曲等を録音しているレナード・スラットキン(Leonard Slatkin, 1944年9月1日 - )が1987年に録音したものです。「神の国」を単独で録音したのか、ゲロンティアスらも連続録音したのか未確認です。

190609 音楽の方も歌詞内容にふさわしいもので、例えばバッハのマタイ受難曲でキリストのセリフの箇所には後光というのか光背と呼ぶのか、記者や他の人物のパートと区別して聴き分けられる独特の通奏低音が付いていますが、「使徒たち」や「神の国」の音楽は全体にそういう香気を帯びたような味わいがあります。原因があってその因果関係によって結果があるという出来事を劇的にあらわすというより、時季が来ると芽吹いて開花するような自然な流れ、溢れてこぼれ落ちるような恩寵を音楽にするというのは難しいものだと思いますがそんな方向性の作品なのだと思います。

 歌詞を見ながら聴いていると、聖母マリア(祝福された乙女)とマグダラのマリアの二重唱という大胆な構成があったり、聖ペトロのパートがペトロ自身の言葉として記録されたものではなく、イエズスがペトロに言った「あなたが立ち直ったとき、兄弟たちを力づけてやりなさい」という言葉も含み、それをペトロが歌うという箇所があって感慨深いものがありました。ルカ福音書の第22章32節以下が出典で、「わたしはあなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈った」に続く言葉なので、聖霊降臨の場面でこれが引用されるのは効果的です。

 スラットキンと言えば1980年代だったか、セントルイス交響楽団を率いて初(?)来日の際にラジオでかなりプッシュされていたのを少し覚えています。その後ヴォーン・ウィリアムズの交響曲を第3~5番を聴いたくらいなので、どういうスタイルの演奏なのかよくわかっていませんでした。しかしこの「神の国」は魅力的であり、二年後に録音したヒコックスの全曲盤に負けない出来だと思いました。
8 6月

チャイコフスキー悲愴交響曲・自筆譜 フェドセーエフ/1991年

190608チャイコフスキー  交響曲 第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」*自筆譜

ウラジミール・フェドセーエフ 指揮
モスクワ放送交響楽団

(1991年3月18,27-29日 モスクワ放送大ホール 録音 ヴィクター/メロディア)

 女優の黒川芽以が非芸能人と結婚したというニュース、その後の山ちゃん・蒼井の前にかすんでしましました。黒川芽以と言えば「名曲探偵アマデウス」で響カノン役だったのが朝ドラ以上に印象に残っていました。別にフアンという程でもないけど作品中で天出の秘蔵レコードを売り飛ばしてチーズケーキを買っているというくだり、フィクションだと分かってるのに妙にカチンときて刻みこまれました(仮に自分が探偵天出の立場だとして、クレンペラーのLPを勝手に売られたらと思うと)。

 その名曲探偵でも取り上げられた(多分)チャイコフスキーの「悲愴」交響曲について、終楽章の最初が Adagio lamentoso(アダージョ ラメントーソ)となっているのは作曲者指揮による初演後に第三者によって書き変えられたという説がありました。このフェドセーエフによる録音は Adagio lamentoso ではなく Andante lamentoso となっているチャイコフスキーの自筆譜による初録音でした。その前に自筆譜の初演を指揮した(1990年4月4日)のはプレトニョフでした。

フェドセーエフ・モスクワRSO/1991年
①18分12②8分14③08分23④10分06 計44分55
フェドセーエフ・モスクワRSO/1981年
①19分05②7分47③08分33④10分54 計46分19
アシュケナージ・NHK/2006年
①16分57②7分25③08分37④09分51 計43分50
アシュケナージ・PO/2002年
①18分11②8分01③08分51④10分38 計45分41
ポリャンスキー・RSSO/2015年
①19分23②8分48③09分41④11分04 計48分56
ポリャンスキー・RSSO/1993年
①19分38②8分35③10分00④12分11 計50分24
スヴェトラーノフ/1990年
①18分08②7分05③08分19④12分28 計46分00
スヴェトラーノフ/1993年
①20分34②8分20③09分36④11分57 計50分27

 
実際に聴いてみると、第1楽章から格調高く、やや遅めの第2楽章と引き締まって控え目な第3楽章がアンダンテの終楽章とよく調和してノーブルな音楽になっています。合計の演奏時間についてはアシュケナージとN響の方が短くて、高貴な内容という点ではポリャンスキーの日本公演(自分は大阪で聴いた)が衝撃的だったので、今回のCDが異質で違和感があるとは思えませんが、内容が素晴らしいという点では屈指ではないかと思いました。

 CDの解説の中でも自筆譜、出版譜についての問題は色々触れられていますがここでは省略します(字が小さくて読めない)。フェドセーエフは、「終楽章のフレージングやアーティキュレーションは、あきらかに1小節を3つで振るように書かれていて決して6つではない」として「アダージョではなくアンダンテである」と指摘しています。また、「チャイコフスキーが表現したかったのは深い感情であって感傷ではない」とも指摘していて、これは演奏を聴くと大いに納得します。もっとも、個人的には終楽章だけを聴くこともあるので、ドロドロの感傷を思わせる演奏も結構好きでした。
5 6月

ブラームスの交響曲第2番 マーツァル、チェコPO/2009年

190605ブラームス 交響曲 第2番 ニ長調 Op.73

ズデニェク・マーツァル 指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

(2009年10月8,9日 プラハ,ルドルフィヌム,ドヴォルザークホール 録音 EXTON)

 五月の末頃から朝方目がさめるとウグイスの鳴き声がきこえることがあります。家のかなり近い所からきこえ、まず間違いなくスピーカー越しじゃない本物のウグイスのようです。しかし、連続しないで
谷渡りどころか「ホーホケキョ」と一回で終わります。そのへんがどうも偽物くさいところですが、鳴声自体は心地よいので別に偽物でもかまいません。六月五日は地元では暗闇の奇祭、「あがた祭り」の日でした。そろそろ田に水が入って田植えも終わるこの季節に珍しく頭の中にブラームス作品がちらついて聴きたくなりました。

 それでマーツァルがチェコ・フィルと録音した交響曲第2番を聴きましたが、このコンビによるEXTONレーベルへの録音の中でドヴォルザークと並ぶくらいの相性の良さじゃないかと思いました。それに下記のギーレンのCDがとっさに思い出されて、演奏時間だけでなく何となく似ている気がしました。ただ、オーケストラの音と音質は今回のマーツァルの方が良くて、ドヴォルザークやマーラーと同心円の作品のように感じられます。

マーツァル・チェコPO/2009年
①14分54②10分05③4分55④09分13計39分07
ギーレン・SWRSO/2005年
①14分53②09分15③5分25④09分36計39分09
イヴァン・フィッシャー/2012年
①20分06②09分00③5分38④09分33 計44分17
ジュリーニ・ウィーンPO/1991年
①18分00②12分20③6分02④11分05計47分27

 マーツァルの演奏はEXTONのCDでしか聴いたことが無くて、チェコを去ってからチェコ・フィルの首席に就くまでの長い期間はどんな活動だったのか、もしかすればラジオで聴いたことがあったかもしれないけれど全くおぼえがありません。チェコ・フィルとのCDは本場もの、チェコ・フィルを前面に出した企画だという先入観があって、
マーツァルはどういうタイプの演奏なのかあまり意識できませんでした。それがこのブラームス第2番を聴いて、控えめにオーケストラの後ろに立つタイプよりも独自の作品観を反映させる方に傾斜したタイプだと思えました。

 そのおかげか、これを聴いた季節、気候のためか、今まで四曲中で最も関心が薄かった第2番が大いに素晴らしい作品だと実感できて、近年まれな感銘度だと思いました。ブラームスの第2番は高嶋ちさ子がTV番組でその魅力を力説して、一番好きな作品(四つの交響曲中という意味だろう)だと言っていたことがあり、それを見て多分自分は生涯そんな風にこの曲のことを好きにならないだろうと思っていました。今回このCDを聴いて第2番が一番とまでは思わないけれど、他の作品とそん色ないくらいにはなりました。
3 6月

「神々の黄昏」ツァグロゼク、シュトゥットガルト/2002年

190603ワーグナー 楽劇・ニーベルングの指環「神々の黄昏」

ローター・ツァグロゼク 指揮
シュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団
シュトゥットガルト州立歌劇場合唱団

ジークフリート:アルベルト・ボネマ
グンター:ヘルナン・イトゥラルデ
アルベリヒ:フランツ=ヨーゼフ・カペルマン
ハーゲン:ローラント・ブラハト
ブリュンヒルデ:ルアナ・デヴォル
グートルーネ:エファ=マリア・ウェストブロック
ヴァルトラウテ:ティチーナ・ヴォーン、他

演出:ペーター・コンヴィチュニー

(2002年10月3日,2003年1月12日 シュトゥットガルト州立歌劇場 ライヴ収録 Euroarts)

190603a 昭和50年代にムキムキマンというキャラ、芸能人がTVで活躍したことがありました。古代のギリシャかローマ風の装束とボディビルで鍛えた筋肉がうりでしたが、この「神々の黄昏」のジークフリートがギービヒ家にやって来るところがどこか滑稽さが混じって、そのムキムキマンを連想させます。ギービヒ家の面々は全員スーツ姿なのにジークフリートだけがワルキューレの装束(ブリュンヒルデのものを流用か?)なので、余興でコスプレしているような違和感が出ています。伝統的なワーグナー作品の世界を冷笑するような皮肉さが刺さります。

190603b ジークフリート、ワルキューレ、ラインの黄金と順次視聴してきたシュトゥットガルト州立劇場の指環四部作は、四つの演目を別の演出が担当するという企画で、「神々の黄昏」はペーター・コンヴィチュニー(Peter Konwitschny 1945年1月21日 - 
)の演出でした。これが一番好評だったようですが実際に観るとやっぱり映像的に惹きつけられて、作品があまり長く感じられないくらいでした。基本的には読み替えの演出で、ジークフリートの登場時の衣装なんかでは侮蔑とまでは言えないとしてもかなり原作の世界を破壊するような解釈なのに、最初から終演まで貫かれる情熱というのか強烈な何ものかが一貫しているような、観る者を惹きつける強い引力を感じます。

 気のせいか音質も四部作中で一番良いようで、オーケストラの精緻さが前面に出ています。それにコーラス・ギービヒ家一棟の歌も素晴らしくて、振り付け共々そろっていました。一番特徴的なのは第三幕、フィナーレの部分で、グンターやグートルーネ、ギービヒ家の一党、さらにハーゲンまで退場させ、ブリュンヒルデとジークフリートだけになり、なんとジークフリートが息を吹き返して指環をブリュンヒルデに手渡して退場します。あとはブリュンヒルデの独唱、独断場となり、途中で幕が下りて字幕で結末を説明しています。ハーゲンの指環を求める叫び声は幕の裏からきこえるだけで、薪も炎上も無くてブリュンヒルデの着る朱色のスーツがそれを暗示するのみです。

 これだけを読めば何かスカみたいな舞台だと思うかもしれませんが、最初から視聴していると心底感動的で、真摯な上演だという印象に染まってしまいます。それはブリュンヒルデの歌唱の見事さと、ジークフリートがハーゲンに刺された後のギービヒ家の郎党の反応、態度や表情が英雄の死を悼む、悲しむというところで一致しているところも大きいと思いました。舞台上ではハーゲンが孤立して、毒気を無くしているように見えます。それにブリュンヒルデとハーゲンが死ぬ場面を見せず(死んでいないという設定か、とにかく幕が下りてしまっている)、グンター、グートルーネも死なず、ジークフリートも起き上がっているので、視覚的に陰惨さがかなり薄まり、フィナーレの音楽と妙に共鳴する気がしました。

 
ブリュンヒルデ役のルアナ・デヴォル(Luana DeVol)はサンフランシスコ生まれのソプラノで1986/87年のシーズンにベルリン・ドイツオペラへデビューし、2000年にはオペルンヴェルト誌の「最優秀女性歌手」をブリュンヒルデ役で受賞しています。終演後の拍手は彼女が一番盛大で花束を投げ入れられていました。
2 6月

ワルキューレ クナッパーツブッシュ/1956年バイロイト

190529bワーグナー 楽劇・ニーベルングの指環「ワルキューレ」

ハンス・クナッパーツブッシュ
バイロイト祝祭管弦楽団

ジークムント:ヴォルフガング・ヴィントガッセン
ジークリンデ:グレ・ブロウェンスティーン
フンディング:ヨゼフ・グラインドル
ヴォータン:ハンス・ホッター
ブリュンヒルデ:アストリッド・ヴァルナイ
フリッカ:ゲオルギーネ・フォン・ミリンコヴィチ
ヴァルトラウテ:エリザベート・シェルテル
ヘルムヴィーゲ:ヒルデ・シェッパン
オルトリンデ:ゲルダ・ラマール
ゲルヒルデ:パウラ・レンヒナー
シュヴェルトライテ:マリア・フォン・イロスファイ
ジークルーネ:シャルロッテ・カンプス
ロスヴァイゼ:ジーン・マディラ
グリムゲルデ:ゲオルギーネ・フォン・ミリンコヴィッツ

(1956年8月14日 バイロイト祝祭劇場ライヴ録音 ORFEO DOR)

 先日ラ・ヴォーチェ京都へ寄った際にコンヴィチュニーとライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のベートーヴェン・田園で全集に入っているものより古い、モノラル録音の田園があるときき、それが面白いの大いに気になりました。コンビチュニー、ケンペはロンドンで指環を指揮しましたが、クナに心酔するワグネリアンのグッドオールはコンビチュニーの方に親近を感じたと伝記には出ていました。想像がつく反応で、それならカイルベルトとクナだったら当然クナだとして、グッドオールはカイルベルトの指環はどれくらい認めるのだろうかと思います。

190529a 第二次世界大戦後のバイロイトでクナッパーツブッシュが指環を指揮したのは、再開された年の1951年、1956年から1958年までと通算四回でした。その内で1956年以降は全曲録音がCD化されており、今回の1956年はORFの正式音源のCDが出ています。キャストの上では1957年が最上という声や、オーケストラと声楽が合っているとかの完成度は1958年が一番という評がクナッパーツブッシュのファン界ではあるようですが、自分がクナの指環に心底惹かれた、圧倒されたのはこの1956年・ORFEO盤でした。それまでは指環についてもクレンペラーの全曲録音が存在しないこともあって、その世代より新しい指揮者の録音の方に関心があり、古い世代の方ならバイロイトではないもののクナよりもフルトヴェングラーの方に好感を持っていました。

 1956年の指環はカイルベルトとクナの二人が指揮したわけで、カイルベルトは前年の1955年の公演がステレオで全曲録音され、それを聴くと二人の指揮が対照的なのを実感します。基本的にカイルベルトの方が自分の好みに合っているはずなのに、このCDを聴いた時はそんなことを越えて冒頭のオーケストラの音からもう圧倒されていました。オルフェオのCDはスカスカの音だという評があるものの、十分低音の迫力が伝わりました。ヴォータンの役はホッターよりも次世代のテオ・アダムの方が好きなのに、改めて聴いているとクナの指揮ではホッターがぴったり来る気がしました。

 クナッパーツブッシュが残したワーグナー以外の録音ではブルックナーを何種か購入したくらいで、他はCDを購入するまでの熱意は湧きませんでした。しかしワルキューレの「魔の炎」あたりを聴いていると、ブルックナー以外でも面白そうどころか普通に良さそうな気がします。レコード制作に熱心でなかったことと、大戦中からドイツに住んで、戦後も演奏し続けることが出来たのでポストを求めてブダペストやロンドンに行かずに済んだので、
人気がロカールというかメジャーなレーベルからレコードが出なかったのはちょっと惜しい気がします。
30 5月

チャイコフスキー悲愴交響曲 アシュケナージ、NHKSO/2006年

190530チャイコフスキー  交響曲 第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」

ヴラディーミル・アシュケナージ 指揮
NHK交響楽団

(2006年2月28日,3月1日 すみだトリフォニーホール 録音 EXTON)

  五月が終わろうとする今頃の季節、「平年並み」がおかしくなっているとは言え一応梅雨に入る頃は個人的に悲愴交響曲が聴きたくなる旬にあたります。クレンペラーの誕生日の月(5月14日)と命日の月に挟まれた期間で、梅雨の晴れ間のようにクレンペラーの録音はお休みしていますが、このアシュケナージとNHK交響楽団の悲愴交響曲を聴いているとクレンペラーのEMI盤の記憶がよみがえってきました。

 このCDの附属冊子の解説によれば、悲愴交響曲が好きな人は「誰しもが極端な悲劇性や甘い歌いまわし、或いは音響的な迫力を求めたい心理にかられるかもしれない」ということで、全面的にそうだと言えないとしても少なくとも前半部分、「悲劇性」についてはかなり当てはまると思います。ただ、そういう趣向は先日のフェドセーエフの全集の解説に引用されたマリス・ヤンソンスの指摘、「蜜に砂糖を加えるような」演奏として戒められるタイプを誘発しそうだとも思われます。

 このアシュケナージとNHK交響楽団の悲愴は、そんな極端な悲劇性、甘美な歌いまわし、音響的な迫力を志向するのとは正反対の、「感情的に耽溺せず、奇抜な技にも走らない」、「余計な誇張の無い」演奏だと上記の解説冊子では評されています。誇張とか密に砂糖をかけるような演奏と演奏時間がどう関係するのかは一概に言えないとしても、アシュケナージとN響の合計演奏時間は自身の約四年前のフィルハーモニア管弦楽団との録音よりさらに短くなっています。

アシュケナージ・NHK/2006年
①16分57②7分25③08分37④09分51 計43分50
アシュケナージ・PO/2002年
①18分11②8分01③08分51④10分38 計45分41
ポリャンスキー・RSSO/2015年
①19分23②8分48③09分41④11分04 計48分56
ポリャンスキー・RSSO/1993年
①19分38②8分35③10分00④12分11 計50分24
スヴェトラーノフ/1990年
①18分08②7分05③08分19④12分28 計46分00
スヴェトラーノフ/1993年
①20分34②8分20③09分36④11分57 計50分27

 上記のポリャンスキー、スヴェトラーノフは自分の好きなCDですが今回のアシュケナージとN響もそれらと印象が違うものの圧倒的に魅力的です。引き締まってシベリウス作品を聴いている時のような涼しくて冷たいような美しさです。第3楽章は騒々しくなくて、少しショスタコーヴィチを思わせる鋭い響きが新鮮です。クレンペラーがアメリカ亡命時代にコンサートの興行側から悲愴交響曲を第3楽章で終わらせるよう要望があったそうですが、この演奏ならそんな完結感を伴う熱狂ではないのでむしろ第4楽章が待ち遠しいところだろうと思いました。それに終楽章も人間的な、人間固有の悲劇というより自然界の営みに含まれる厳しさ厳粛さを思わせられます。
28 5月

チャイコフスキー交響曲第4番 マーツァル、チェコPO/2008年

190528チャイコフスキー 交響曲 第4番 ヘ短調 作品 36

ズデニェク・マーツァル 指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

(2008年6月21-22日 プラハ,芸術家の家ドヴォルザーク・ホール 録音 Exton)

 先日JR京都駅北側のYバシカメラに寄った時、7Fの駐車場は空きが多数あったのでまわりに駐車していないところに止めたところ、帰りにはしっかり隣に駐車していました。しかのこちら側に、運転席側に寄せて。ガラ空きなのにわざわざ隣に駐車するのは枠内に入れる目印になるからだと想像できますが、こういう駐車場では長い荷物を積むこともあるので極力詰めてとめないでほしいところです。たまたま大きな荷物は無かったけれども、こちらのドアをあまり開けられず、身をよじって乗り込むことになりました。一事が万事の京都ナンバー、こういう駐車をする車は右折時にもきわどいことをするかもしれないと思いつつ先日大津で起こった歩道に突っ込んだ事故(あれは滋賀ナンバーだが)を思い出していました。

 チェコのオーケストラが来日する際、チャイコフスキーをプログラムに入れることは全く無いとは言えないとしても、チェコ・フィルだったらスメタナやドヴォルザークにヤナーチェク、マルティヌーかマーラー辺りをつい反射的に連想しがちです(ここ十年くらいで関西公演の場合、新世界交響曲に「わが祖国」の頻度がかなり高まっている)。2003年から2007年までチェコ・フィルの首席を務めたズデニェク・マーツァル
(Zdeněk Mácal 1936年1月8日 ブルノ - )は退任後にチャイコフスキーの交響曲を全曲録音しました。

 その中から交響曲第4番を聴いてみると、先日のフェドセーエフと少し似ていて「爆演」のバの字も感じさせない優雅で美しい内容です。それに同じレーベルにNHK交響楽団と共演、レコーディングしたアシュケナージのように細かい部分が鮮明に響く演奏とも違って、色々と溶け合って穏やかな響きなのが特徴的です。ホールの違いもあるのか、録音年も近いので意外な印象の違いでした。まだ第4番を聴いただけですが、マーツァルとチェコ・フィルのドヴォルザークよりも穏やかなのは何故だろうと思います。

 
マリス・ヤンソンスがチャイコフスキー演奏について指摘する、西側の指揮者にみられる「蜜に砂糖を加えるような」演奏、チャイコフスキーの音楽の中にある「健康的でエネルギッシュな面と甘美な面」の内で後者を強調するタイプは、ロシア以外の指揮者を念頭に置いているはずで、それならプラハの春」のソ連による軍事介入以降チェコを離れたマーツァル、ビロード革命後のプラハのチェコ・フィルはどうなのか。イデオロギーや体制はともかくとして、プラハも歴史的にオーストリア文化圏なので西側に近い風土と言えるかもしれません。その割りには過剰に甘美でないのはヤンソンスと同様のチャイコフスキー理解からきているのか。
QRコード
QRコード
今日の奇門遁甲
タグ絞り込み検索
最新コメント
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

raimund

昭和40年代生まれ、オットー=クレンペラーの大フアンです。クレンペラーが録音を残したジャンルに加え、教会音楽、歌曲、オペラが好きなレパートリーです。

メッセージ

名前
本文
livedoor 天気
twitter
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ