2007年03月16日

雨後の月 特別純米酒3

雨後の月 池袋東武で購入。

 常温でやさしい風味を楽しめるお酒として、よっしんHP(2011年秋まで)でもお薦めしていた、好きなお酒のひとつだ。

 先日、よっしん父から「燗にすると化ける」と聞いた。

 そういえば、なぜか「雨後の月 特別純米酒」は燗にしたことがなかった。

 さっそくぬる燗にしてみるとびっくり。

 よりお米らしいふっくらとした含み香が豊かになり、かすかな味噌風味も健在。

 クリアなお酒なだけあって、軽やかな旨味がキレイに伸びてゆく。 常温のときよりもさらにつややかな印象を受けた。 燗でこれほど表情が変わるお酒だったとは!

 かつて、常温で旨いと思ったお酒。 バックラベルに「冷酒○、常温◎、燗○」とも表示されている。

 燗を試すこともなく、燗にした姿を想像することもなく、4年の歳月が過ぎた。 なんともったいないことだろうか。 先入観・偏見の怖さを実感し、思考の凝り固まった自分を恥じた。

 知らない、試そうともしない。 「好奇心・向上心・行動力」がモットーのよっしんらしからぬ態度だった。

 また、日本酒を敬遠する人もおそらく先入観・偏見に縛られているのだろうと思うと、それもまた非常にもったいないことだと思う。


【広島県呉市 相原酒造】 特別純米酒
 1800ml:2190(2300)円   720ml:1100(1155)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+5
 原料米:雄町・八反錦(広島県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会901号、自家培養酵母
 酸度:1.2   アミノ酸度:1.0

rain_of_tears at 19:51│Comments(0)TrackBack(0)clip!広島のお酒 | 好み度3★★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数