2007年06月17日

千代むすび こなき純米 超辛口カップ

千代むすび こなき 純米 蕨の「雑(ザッツ)」にて飲む。

 最後は「千代むすび」のこなき。

 こなきじじい、インパクト大!


 境港といえば、かつて漁獲量日本一にもなった漁港(1993年)、北朝鮮船入港、水木しげるロード、千代むすび酒造、鳥取県西部地震(2000年)。

 旅好き、お酒好きにはかなり有名な都市だと思う。

 市名は「境港」市なのに、漁港名は「境」港。 なんかややこしい。

 境港港でもいいじゃん! 今市市(現、日光市)だって四日市市だってあるんだし、字がかぶってもいいんじゃない?


 さて、飲まないと。

 香りは穏やか。 苦味を帯びたドライな飲み口が印象的。 スカッと晴れたところに米の旨味がこれまたドライに顔を出す。 意外と後口がソフトなのは、いかにも「千代むすび」らしい。

 軽くて物足りないと思うよっしんは、たぶん少数派。


【鳥取県境港市 千代むすび酒造】 純米酒
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 カップ180ml:286(300)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+15
 原料米:五百万石   精米歩合:55%
 酵母:協会9号酵母   酸度:1.5

rain_of_tears at 22:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!鳥取のお酒 | 好み度1★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数