2008年01月30日

花垣 純米酒 超辛口

花垣 超辛口 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて飲む。

 本日の最後は「花垣 超辛口」。

 よっしん、「超辛口」や「淡麗」をうたうお酒が苦手だけれど、果敢にチャレンジ!

 米の味を引き出すことに長けた「花垣」なら大丈夫かな? と思ったら、うーむ、やはり壁は高し。

 アルコールがストレートに感じられ、ノド越しが熱い・痛い。

 純米でも本醸造でも、「超辛口」というと同じような飲み口になる。 甘味だけでなく、旨味まで減ってしまって、個人的には飲みづらい。 「花垣」で唯一、苦手なお酒かもしれない。

 こういう飲み口のお酒は全国各地でつくっているから、つくりやすく、人気・需要もあるんだろうなあ。 ということはよっしんはマイナーだな。

 ・・・と、少し分析してみた。

 さて、「花垣 超辛口」が最後のつもりだったが、「秋鹿 超辛口」(こちらは旨味があって大好き)で気をとりなおそう!


【福井県大野市 南部酒造場】 純米酒
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+12
 原料米:五百万石・日本晴   精米歩合:(麹米)50%、(掛米)60%
 酵母:協会9号   酸度:1.6   アミノ酸度:1.6

rain_of_tears at 23:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!福井のお酒 | 好み度1★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数