2009年01月03日

豊の梅 純米吟醸 無濾過生原酒 しずく酒 2003BY4

豊乃梅 しずく酒 年末に池袋東武で試飲・購入。

 高知らしい淡麗なラインナップの「豊の梅」だが、今回試飲した「豊の梅 しずく酒」は通常商品とはまたちがうタイプ。

 生で5年間熟成させたお酒で、桃のような香りにアーモンド様の熟成香が重なる。

 おなじく生熟成の「ヤマサン正宗 純米大吟醸 熟成無濾過生」や「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生原酒」にも共通する香りだ。

 なめらかな口当たりで、トロリとやさしく甘味が広がる。 すると一転、サラリとした感触に変わる。 甘味の引き、酸の登場タイミングがみごと。

 生熟成の独特の香りを中心とした余韻が長く続く。

 けっして濃厚・濃醇なわけではないものの、変化に富んだ複雑な味わいは飲みごたえバッチリ。

 新年早々、すばらしいお酒に出会ってしまった。 当分このお酒以上の衝撃は受けないかもしれない。


【高知県香南市赤岡町 高木酒造】 純米吟醸(生)
 720ml:2600(2730)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:吟の夢(高知県産)   精米歩合:50%
 酵母:CEL-19、KA-1   酸度:1.5

rain_of_tears at 18:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!高知のお酒 | 好み度4★★★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数