2010年11月11日

竹林 ふかまり 瀞(とろ) 純米無濾過生原酒4

竹林 ふかまり 瀞 大丸東京で試飲・購入。

 春に買った「竹林 ふかまり 瀞」を常温放置(熟成)していたので、いよいよ開栓。

 もともと1年の熟成期間を経て出荷される「竹林 ふかまり 瀞」だが、さらに約1年の常温熟成を経た。

 蜜入りリンゴのような香りに穀物らしい香りも含まれていて、さわやかかつ濃密な雰囲気。

 商品名の由来にもなっている、トロリとした感触のまろやかな口当たり。 甘味・旨味・酸味が調和して、練れた濃厚な味わいになっている。

 さまざまな味の要素がしだいに変化しながら、やがてワラのようなドライでおだやかな後口へと収束してゆく。

 生熟成らしく余韻は長く続き、最後まで充実の飲み口が堪能できる。

 まろやかさ、甘味の存在感、酸の強さ。 もちろん個性はあるものの、極端に飲み手を限定してしまうようなクセはない。

 これはうまし!


【岡山県浅口市鴨方町 丸本酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1353(1420)円
 アルコール度数:17.8   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(自家栽培)   精米歩合:60%
 酸度:1.5


「竹林」の過去の記事
「竹林 ふかまり 瀞(とろ) 純米無濾過生原酒」
 (↑2010年01月2009年06月
「竹林 かろやか 瀞(とろ) 純米吟醸 無濾過生原酒」(2009年02月
「竹林 ふかまり 純米酒」(2005年05月2004年05月

rain_of_tears at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!岡山のお酒 | 好み度4★★★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数