2010年11月27日

花垣 米しずく 山廃純米3

花垣 米しずく 山廃純米 おみやげとしていただく。

 おぉ、くしくも「花垣 米しずく 純米」と「花垣 米しずく 山廃純米」がそろった!

 飲みくらべてみよう! まずは常温で。

 純米タイプも山廃純米タイプも、どちらも軟水のやわらかい口当たりで、ふんわりとおだやかに旨味が広がってゆくところが良く似ている。

 片方だけ出されて「これは純米、山廃純米のどちらでしょうか」と聞かれても、ちょっと困る。

 ただ、温めてみると両者のちがいが大きくなってくる。 先日購入した純米は1年未満の熟成で、いただいた山廃純米は2年熟成だから、その差が出てくるのかもしれない。

 栗・サツマイモ様の香りの純米に対して、山廃純米には山廃らしいヨーグルト様の乳酸の香りも感じられる。

 まさにあら捜しになってしまうが、純米タイプにはクリアな飲み口にサラサラとした粒子を感じるような、わずかな荒さがある。

 一方、山廃純米には、強い酸味を中心として練れた飲み口になっていて、つややかな、伸びやかな味わい。

 旨味・穀物らしさが楽しめる純米タイプに対し、酸味・熟成酒らしさが楽しめる山廃純米。 熟成期間の差はあれど、造りの差も感じられる。

 どっちも好みだから、甲乙をつけることはできないなあ。

 むしろ全体的に似たお酒だから、両方好きか両方苦手か、と分かれる人が多いと思う。 まあ、嗜好品だから「こっちは好きだけど、もう片方は苦手」という人もいるはず。

 面白い体験、良い飲みくらべができました。


【福井県大野市 南部酒造場】 純米酒(山廃)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:五百万石(福井県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会7号系   酸度:1.9   アミノ酸度:1.6


「花垣」の過去の記事
「花垣 米しずく 生もと純米」
 (↑2007年11月2006年04月2005年03月
「花垣 米しずく 無殺菌・酵素栽培 純米酒」(2004年04月
「花垣 米しずく 純米生詰 ひやおろし」(2010年11月2007年09月
「花垣 米しずく 純米酒」(2009年09月2008年12月
「花垣 生もと純米 亀の尾」(2008年05月
「花垣 純米無濾過生原酒」(2008年04月2007年01月
「花垣 純米酒 超辛口」(2008年01月
「花垣 オーク樽貯蔵 純米大吟醸」(2010年03月
「花垣 純米吟醸 無濾過生原酒」(2005年11月
「花垣 純米吟醸 伍年古酒」(2007年10月2006年12月
「花垣 純米吟醸 全麹 長期熟成酒」(2007年05月

rain_of_tears at 23:33│Comments(0)TrackBack(0)clip!福井のお酒 | 好み度3★★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数