2012年09月26日

萩の鶴 山廃純米酒 ひやおろし3

萩の鶴 山廃 ひやおろし 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 「風の森」と「萩の鶴」を飲みくらべ。

 「萩の鶴」といえば、1979年生まれと若いながらも、造り経験10年を超える佐藤曜平杜氏が醸すお酒。

 落ち着いた飲み口のなかにキレイな酸が活きた、素朴な味わいが魅力だ。

 こちらも冷温でいただきます。

 涼やかな香りで、ほのかにヨーグルト様の乳酸の香りも含まれている。 

 今日飲んできたお酒たちのなかで、もっともお米らしさを感じさせる味わい。 思わずその魅力から、他のお酒と交えずに、このお酒単独で淡々と味わってしまった。

 派手さのない、静かな飲み口だからこそ、おだやかな旨味とキレイな酸がじっくりと堪能できる。

 ひとくくりにするのは難しいけれど、東北らしい朴訥なやさしさが感じられるお酒だ。



【宮城県栗原市 萩野酒造】 純米酒(山廃、生詰)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1313)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+3
 原料米:蔵の華(宮城県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.8


「萩の鶴」「日輪田」の過去の記事
「萩の鶴 純米大吟醸 雄町 1996BY(H8BY)」(2011年01月
「萩の鶴 純米酒 ひやおろし 雄町」(2008年10月
「日輪田 山廃純米酒 ひやおろし 蔵の華」(2010年10月
「日輪田 純米酒 山田錦」(2009年01月
「日輪田 純米酒 美山錦」(2010年06月

rain_of_tears at 18:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!宮城のお酒 | 好み度3★★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数