2012年10月08日

出羽桜 桜花 吟醸酒2

 近所の行きつけのお蕎麦屋さんにて飲む。

 ゆっきーと、ゆっきーの婚約者のエミさんと飲む。 ゆっきーとは1年半ぶりの再会。 エミさんは、はじめまして!


 2人の婚姻届の証人としてよっしんが署名・押印することとなり、そのために、2人が訪ねてきてくれたのだった。

 「僕の人生の節目は、よっしんに見届けてもらいたくて」

 そう言ってもらえるとは光栄です。 なんてうれしくて、ありがたいことなんだろう。


 天ぷらの盛り合わせ、鶏わさ、板わさ、なめみそ。 そして、二八そば、十割そば、変わりそば。 おいしいものを食べることに並々ならぬ情熱を燃やすゆっきーもご満悦。



 さらに饒舌になるゆっきーに、エミさんが冷静に突っ込みを入れ、早くも夫婦漫才をくりひろげる。

 ワインやウイスキー、カクテルなどに造詣の深いゆっきー。 そして、ゆっきー以上に飲めるというエミさん。 明るくて心強い2人だ。

 そんな2人と過ごす楽しい時間。 お供は「出羽桜 桜花 吟醸酒」。 今回は冷温でいただきます。


 プリンスメロンのような、瓜系の苦味を想起させる香りが立つ。 さらに、リンゴのような、酸味を想起させる香りもある。

 このさわやかな吟醸香に、キレイで軽い飲み口。 なめらかな口当たりと淡くやさしい味わいが楽しめる。

 酸がひかえめでも甘ったるく感じさせないのは、しっかり甘味を切ったドライな酒質だからだろう。

 余韻にいたるまで、さわやかな香りが一貫している。


 キレイなお酒を好むゆっきーと、日本酒をあまり飲んだことがないというエミさん、2人に気に入ってもらえてなによりでした。



【山形県天童市 出羽桜酒造】 吟醸酒
 1800ml:2720(2856)円   720ml:1320(1386)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+5
 原料米:(麹米)美山錦、(掛米)雪化粧   精米歩合:50%
 酵母:小川酵母(協会10号)   酸度:1.2


過去の「出羽桜」の記事
「出羽桜 微発泡 吟醸にごり とび六」(2008年12月
「出羽桜 桜花 吟醸酒」(2012年04月
「出羽桜 特別純米酒」(2009年01月
「出羽桜 一耕 純米酒」(2004年04月

rain_of_tears at 11:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!山形のお酒 | 好み度2★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数