2012年12月31日

天の戸 純米吟醸 無濾過生原酒 亀の尾仕込み 雫酒3

天の戸 純米吟醸 亀の尾 雫 池袋東武で試飲・購入。

 大みそか、祖父母の家に親族で集まって飲む。

 「雪の茅舎 大吟醸」で乾杯した後は、同じ秋田県ということで、「天の戸 亀の尾」を開栓。

 それにしてもこのお酒、よくラベルが変わるなあ。

天の戸 亀の尾生天の戸 亀の尾 初めは左のラベル(初代)。

 次に右のラベル(2代目)。

 そして現在、冒頭(上)のラベルになった。

 蔵の方いわく、2代目のラベルも好評だったが、「天の戸」といえば勾玉マークという声が多く、ラベルに勾玉を復活させたとのこと。

 たしかに、シンボルって大切ですね。


 無濾過のためか、しぼってまだ1年という若いお酒ながら、すでにほど良い色づきでおいしそう。

 麹のさわやかな香りに、スッキリした苦味を想起させる山菜のような香りもある。 みずみずしい甘味・酸味から入り、やさしくまろやかな甘味を中心に展開する。

 生で熟成したためか、余韻にはキャラメルのような風味がある。

 酸がそれほど自己主張しないためか、存在感・ボリューム感がありながら、やさしい味わい。 みんなに好評でした。



【秋田県横手市平鹿町 浅舞酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3238(3400)円   720ml:1619(1700)円
 アルコール度数:17.2   日本酒度:+3
 原料米:亀の尾(JA秋田ふるさと・平鹿町酒米研究会産、減農薬栽培)
 精米歩合:55%   酵母:秋田流花酵母(AK-1)、華こまち酵母
 酸度:1.6   アミノ酸度:1.2


「天の戸」の過去の記事
「天の戸 美稲(うましね) 特別純米酒 無濾過」
 (↑2008年02月2007年01月2004年01月
「天の戸 美稲(うましね) 特別純米酒 無濾過生原酒」(2005年04月
「天の戸 美稲(うましね) 八〇(はちまる、80) 純米無濾過生原酒」
 (↑2009年05月
「天の戸 美稲(うましね) 八〇(はちまる、80) 純米無濾過」
 (↑2011年11月2010年12月2008年11月
「天の戸 醇辛 純米無濾過」(2006年07月
「天の戸 醇辛 純米酒 生」(2004年04月
「天の戸 五風十雨 純米吟醸 熟成生酒」(2006年08月
「天の戸 純米吟醸 亀の尾仕込み 袋つり生原酒」
 (↑2012年03月2008年05月2005年04月
「天の戸 シュワ・トロ 発泡白酒」(2008年08月

rain_of_tears at 18:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!秋田のお酒 | 好み度3★★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数