2014年04月25日

五橋 木桶造り 生もと純米酒 イセヒカリ 寒おろし3

五橋 木桶造り 生もと純米 イセヒカリ 寒おろし 池袋西武で見かけて購入。

 山口県東端の岩国市といえば、錦川にかかる五連の木造アーチ橋「錦帯橋」で知られる観光地。

 この五連の錦帯橋から名付けた「五橋」。 地元の名勝を連想させる、良い名前ですね。

 錦帯橋から少し下流へ進んだ錦川南岸にあるのが、「五橋」を醸す酒井酒造。

 錦川の超軟水の伏流水に恵まれた地で、生もと・木桶仕込みという古式ゆかしい製法によるお酒づくりが行われています。


 今回冷蔵オープンケースに並んでいたのは、「五橋 木桶造り 生もと純米酒 イセヒカリ 寒おろし」。

 1989(平成元)年に伊勢神宮の神田で発見され、1996(平成8)年に命名されたイセヒカリ。

 由緒がありながら、新しさもある。 生もと・木桶ともイメージが重なります。



 では、常温でいただきます。

 しっかり使い込まれた木桶だからか、木の香りはまったくと言って良いほど感じられず、邪魔にならない。

 そのかわり、生もとらしい乳酸菌由来の、バナナ・ヨーグルトを思わせるやわらかい香りが印象的。 にごり酒のような、お米らしい香りも感じられる。


 香りの印象から、やさしい飲み口をイメージするものの、味わいは引き締まった硬派な印象。

 甘味をおさえたドライな酒質で、おだやかな旨味を酸が支える。 乳酸が強調された酸味が好み。 力強い酒質ながら後切れが良く、軽快。


 燗にすると、豊かな酸味・旨味が濃醇な味わいをつくり、よりメリハリの効いた酒質になる。

 力強さと個性を感じる、好みのお酒。



 手の込んだ和食といった細かい制約はいりません。

 出来合いのハンバーグでもシチューでもカレーでもスパゲッティでも、即席の夕飯と気軽に合わせられる、これぞ晩酌用というお酒。



【山口県岩国市 酒井酒造】 純米酒(生もと)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1550(1628)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)イセヒカリ〔ともに山口県産〕
 精米歩合:(麹米)70%、(掛米)60%
 酸度:2.2   アミノ酸度:1.6


「五橋」の過去の記事
「五橋 木桶仕込み 生もと純米」(2012年10月
「五橋 純米酒」(2008年10月試飲会2005年11月試飲会
「五橋 生もと純米酒」(2008年10月試飲会
「五橋 純米吟醸 西都の雫」 (2008年10月試飲会

rain_of_tears at 23:21│Comments(1)TrackBack(0)clip!山口のお酒 | 好み度3★★★

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by (株)日本百選 藤村浩司   2014年06月02日 18:36
はじめまして。
「日本百選」の藤村と申します。
突然のご連絡にて失礼いたします。

弊社「日本百選」は、
「日本を知ろう!日本をはぐくもう!」のスローガンのもと、日本の伝統やモノづくりの精緻さなどが感じられる「良品」を、サイトを通じてご紹介しています。今後、地域から日本そのものを元気にしていこうと考えています。

今回、地域の特産品や観光地情報、その地に愛着を持ち、活性化しようとされておられる方、食の魅力を伝えようとされている方を探していたところ、よっしんさんのブログにたどり着き、
記事を拝見させていただきました。

お酒へのこだわり、そして愛情が
文面やお写真からじんわりと感じられ、
何よりブログを読まれた方にも、
本当に美味しいものを楽しんでほしいという想いがひしひしと感じられました。

つきましては、貴ブログを弊社サイトと相互リンクさせていただけないでしょうか。
1人でも多くの方に日本酒の魅力を届けさせてください。

ご興味を持っていただけましたら、
info4@japan100.jp までお返事いただければ幸いです。 

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数