2014年12月11日

七賢 純米吟醸 ひやおろし 2012BY2

七賢 純米吟醸 ひやおろし 池袋東武で試飲・購入。

 「七賢」「大中屋」などを醸す山梨銘醸は、山梨でもっとも創業が古く、そしてもっとも生産規模の大きい蔵。

 したがって、山梨県を代表する酒蔵といっても良いでしょう。

 今回のお酒は、そんな「七賢」の秋限定酒。

 2013年秋に購入していた半年熟成の酒を、さらに1年常温熟成させたもの。


 試飲したときに、落ち着いた風味が気に入ったものの、少し物足りない印象。

 「熟成させるとさらに好みになるのでは・・・」という予感にもとづいて熟成させたお酒の味わいはいかに?

 まずは、常温でいただきます。



 水の良さを感じさせるミネラルの香りに、かすかにヨーグルト様の香りがひそむ。 純米吟醸とはいえ、吟醸香・果実香はない。

 常温で放置したわりには、色も香味もほとんど変化していない、淡麗型の酒質。

 やや酸味が勝った味わいで、アルコールの活きた鋭い切れあがりを見せる。

 余韻に熟成したお酒ならではのおだやかさが感じられる。


 ぬる燗にすると、硬質・無機的な雰囲気がうすれてまろやかになり、バランスが取れてくる。



 アルコールらしさを感じる淡麗・ドライなお酒を好む人は冷温で。 やさしい味わいのまろやかなお酒を好む人は燗で。

 熟成による変化は少なかったものの、温度変化による味わいの変化はきちんと存在するお酒でした。



【山梨県北杜市 山梨銘醸】 純米吟醸(生詰)
 720ml:1,143(税込1,234)円
 アルコール度数:16.5%   日本酒度:+5
 原料米:夢山水(北杜市産)   精米歩合:60%
 酵母:協会901号   酸度:1.2   アミノ酸度:1.1

rain_of_tears at 22:55│Comments(0)TrackBack(0)clip!山梨のお酒 | 好み度2★★

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数