好み度4★★★★

2014年09月17日

川中島 純米吟醸 無濾過生 夕涼み おりがらみ4

川中島 純米吟醸 無濾過生 夕涼み 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 お店のオーナー・スタッフたちが、「川中島」の蔵で小仕込をお手伝いさせてもらってつくったお酒。

 酒質もラベルもオーナーが描いたというこだわりぶり。

 水色のビン、「夕涼み」の名前、縁台に浴衣に風鈴・うちわ。 夏ムード全開で、良いデザインですね。

 「川中島」のおりがらみは初めて飲むので、オリジナル企画に感謝です。


 涼むために、冷温でいただきます。

 この蔵・酵母の特徴である、リンゴ様の甘く華やかな香りはおとなしめ。

 軽めの飲み口で、みずみずしい甘味・酸味とオリに含まれたお米らしい旨味・苦味が充実の味わいを織りなす。

 複雑で飲みごたえがあるのに、少なめのアルコールとさわやかな酸味のおかげで飲みやすさも感じる。



 これは実に好み!

 今まで飲んだ「川中島」のなかでもっとも好きな味わい・バランスかもしれません。 良い出会いができました。



【長野県長野市川中島町 酒千蔵野】 純米吟醸酒(無濾過、生)
 アルコール度数:14.5%   日本酒度:+2
 原料米:美山錦(長野県産)   精米歩合:59%
 酵母:協会1801号   酸度:1.7   アミノ酸度:1.1


「川中島・幻舞」の過去の記事
「川中島 純米大吟醸」(2012年05月
「川中島 幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼりたて」(2010年11月
「川中島 幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒」
 (↑2014年03月2011年06月
「川中島 幻舞 吟醸しぼりたて生酒」(2014年03月
「川中島 幻舞 特別純米 無濾過生原酒 山田錦」
 (↑2014年03月01月2012年09月02月2011年06月
「川中島 幻舞 特別純米 無濾過生原酒 美山錦」(2012年02月
「川中島 幻舞 特別純米 無濾過生原酒 ひとごこち」(2012年02月
「川中島 幻舞 特別純米 無濾過原酒 ひとごこち」(2009年08月
「川中島 田舎(いなか)あぜみち 純米無濾過原酒」(2011年08月
「川中島 ふわり粋酔 Fuwari-Suisui」(ふわりん Fuwarin)
 (↑2013年09月2008年07月
「けんちの 純米無濾過生原酒 あらばしり」(2014年06月
「けんちの 純米無濾過生原酒 直汲み中取り」(2014年06月
「けんちの 純米無濾過生原酒 せめ」(2014年06月
「長野の酒メッセ in 東京」(2009年05月2008年05月

 「川中島」「幻舞」「桂正宗」の酒千蔵野(旧:千野酒造場)は、1540(天文9)年創業の老舗。 長野県で現存最古の蔵で、全国でも7番目に古い歴史を持つ。
 2000BYからは、東京農業大学で醸造・微生物学を学び、国税局の醸造試験所で研修をうけて蔵に戻った蔵元ご息女の千野麻里子氏が杜氏に就任。
 洗練された酒質・ラベルデザインの「幻舞」シリーズを立ち上げ、低アルコール発泡にごり酒を発売するなど、実力・発想力・行動力を発揮している。


rain_of_tears at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年08月13日

神亀 純米酒4

 上野駅入谷改札外、パンダ橋口の脇にある「かよひ路」にて飲む。

 お盆期間ということで夜間延長営業していた上野動物園を堪能した後、夕飯タイム。 園内で間食をしたので、食事は軽めに。


 食事もお酒も各地方のものがそろっていて、上京者が集まるターミナル上野駅らしさがあります。

 そんなメニューから選んだのは、あるとホッとする、安定感・旨味ともに抜群の「神亀 純米酒」。


 冷温での提供というのが残念ですが、室温や手で温めつつ、ゆっくりいただきました。

 おだやかで、旨味にあふれていて、ホッとするお酒。




【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:2,952(3,188)円   720ml:1,476(1,594)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦   精米歩合:60%
 酸度:1.7


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 辛口 樽酒」(2013年01月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 山廃純米酒 ひやおろし」(2013年10月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2012年08月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2012年08月2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
   「結」「碧」「とり」(2011年06月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月16日

玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker(アイスブレイカー)4

玉川、アイスブレイカー2014 赤羽駅西口の「日本酒BAR しじゅうごえん」にて飲む。

 夏用のお酒として年々人気が高まっている「玉川 アイスブレイカー」。

 南極に立つコウテイペンギンの親子が描かれたラベル、そして水色のビン。

 涼を呼ぶどころか凍りつきそうなイメージさえする、夏にうれしいお酒ですね。


 商品名の「Ice Breaker」は、文字どおりに受け取れば砕氷船

 ほかにも「緊張をほぐし場を和ませるもの」という意味があるのだとか。 ステキな比喩ですね。


 水っぽい淡麗酒を夏用に販売する蔵が多いなか、このお酒は濃厚・濃醇。 「玉川」らしさはゆるぎません。

 杜氏のハーパーさんが推奨するように、氷を浮かべて飲んで、砕氷船らしさを楽しむのも良いでしょう。



 ただ、今回は店主の陽子さんのおすすめに共感して、ぬる燗でいただきます。

 おだやかで落ち着いた雰囲気にひそむバニラを思わせる甘い香りが、やわらかい酒質を連想させる。

 スルリとなめらかでまろやかな口当たりが、ぬる燗だとさらに引き立てられる。 すぐに現れるのは、甘味・旨味・酸味の高濃度のかたまり。

 しだいに「玉川」らしい木の香りとドライな飲み口が顔を出して、複雑かつおだやかに展開する。

 バニラ・ナッツ様の余韻にも生熟成の魅力が感じられる。 熟成した生酒の燗は、やっぱり好みだなあ。



 ぬる燗でゆっくりと楽しみ、場が和んでゆくのも「Ice Breaker」が目指した姿のひとつかもしれませんね。

 ラベルやビンのイメージから冷温に引きずられ、燗という選択肢は盲点に入ってしまいがち。 いろいろ試してみる精神を忘れずにいたいです。



【京都府京丹後市久美浜町 木下酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2,857(3,086)円   500ml:1,048(1,132)円
 アルコール度数:17.3   日本酒度:+2
 原料米:(麹米)五百万石、(掛米)日本晴
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)55%[ともに自家精米]
 酵母:協会9号   酸度:1.2   アミノ酸度:1.9


「玉川」の過去の記事
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル 生」(2011年03月
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル」(2010年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 無濾過生原酒」(2011年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 ひやおろし」(2010年11月
「玉川 山廃純米 自然仕込 にごり」(2012年12月2011年10月
「玉川 特別純米 無濾過生原酒」(2010年03月
「玉川 純米吟醸 手つけず原酒」(2012年12月
「玉川 純米吟醸 雄町」(2012年12月
「玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker」(2010年11月
「玉川 玉龍 山廃純米大吟醸 自然仕込 生」(2011年12月

rain_of_tears at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月11日

仙禽 中取り無濾過生原酒 亀ノ尾(亀の尾)4

仙禽 山廃 亀の尾 池袋西口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 甘口好きのYさんのスタートは、「仙禽 亀ノ尾」。

 「仙禽」は、その豊かなラインナップに貫かれた、インパクト抜群の甘酸っぱい味わいが魅力。

 ワインに造詣が深いゆっきーをはじめ、「仙禽」がきっかけで日本酒にハマる人もいるほど。

 今回のお酒は、蔵元・杜氏の薄井さん兄弟がもっともこだわるお米で仕込んだ、蔵の看板商品。



 バナナを思わせる甘い香りに続いて、熟したメロンのようなさわやかな甘味・酸味・苦味が広がる。 単に濃厚なだけでない、洗練されたキレイな味わい。

 繊細さと豪快さが共存しているすごいお酒だなあと思って裏ラベルを見てみたら、なんと麹米の精米歩合が35%! 出品酒並みの手間暇・コストをかけたぜいたくな造りですね。


 インパクトもボリューム感も楽しめ、そして上品・軽快に切れる。

 「仙禽」らしい個性に磨きをかけた、すごいお酒。



【栃木県さくら市 せんきん】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,100(3,348)円   720ml:1,550(1,674)円
 アルコール度数:17.5%
 原料米:亀の尾(栃木県さくら市産、特等米)
 精米歩合:(麹米)35%、(掛米)50%


「仙禽」の過去の記事
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 とちぎ酒14」
 (↑2010年03月
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山」
 (↑2011年06月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 雪雫 搾りたてヌーヴォー」
 (↑2011年03月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 初しぼり」(2012年01月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒」(2007年03月
「仙禽 山廃純米 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 山廃純米吟醸 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 雪だるま にごり生酒」(2012年12月

rain_of_tears at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月09日

達磨正宗 純米 ひやおろし 熟成古酒用仕込

達磨正宗 純米 ひやおろし 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 古酒に力を入れる「達磨正宗」ではめずらしい、まだ半年熟成という若いお酒。

 通常の日本酒は三段仕込みのところ、さらに2回にわたってお米を追加投入して味を増やす五段仕込み。

 もともと長期熟成を予定していて、熟成による変化を期待するために、エキス分の多い酒質になっています。


 では、冷温でいただきます。

 甘くさわやかな麹の香りが印象的。 トロリと濃厚な口当たりで、麹の風味としっかりした酸が高濃度でバランスを取っている。

 甘ったるく感じさせないのは、酸味の活躍のおかげ。

 お酒だけで満足できる充実した味わい。 良いですね〜!



 日本酒バーでお酒だけを楽しみたい、大好きなタイプ。 これほど濃厚なお酒は、なかなか頻繁には出会えません。

 Yさんも「甘くておいしい」とのこと。 甘口派に最適ですね。



【岐阜県岐阜市 白木恒助商店】 純米酒(生詰)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1666(1750)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−20
 原料米:(麹米)雄山錦(富山県産)、(掛米)日本晴
 精米歩合:(麹米)70%、(掛米)75%
 酸度:2.8


「達磨正宗」の過去の記事
「達磨正宗 十年古酒」(2013年08月2012年10月
「達磨正宗 二十年古酒」(2012年10月2012年05月

rain_of_tears at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月15日

大治郎 純米 よび酒(みず) 生4

大治郎 よび酒 池袋西口の「希紡庵」にて飲む。

 4種類の飲みくらべで、唯一何度も飲んでいるお酒。

 そのぶん、ひいきしてしまうのは否めないけれど、まろやかで濃醇な味わいはやっぱり大好きです。


 冷温でいただきます。

 4種類のお酒のなかで唯一、軽く黄色みがかっていて、いかにも濃厚そう。

 メロンのようなさわやかな香りに、バニラのようなやわらかい香りが重なる。

 甘い香りのイメージに合う、とろみを感じるほどまろやかな口当たり。

 みずみずしい酸味もあるものの、豊かな甘味・旨味が中心。



 甘口好きのYさん、以前飲んだことを忘れていたようですが、「これは好きな味」と断言していました。



【滋賀県東近江市 畑酒造】 純米酒(生)
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1150(1208)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:吟吹雪(滋賀県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.0


「大治郎」の過去の記事
「大治郎 特別純米 よび酒(みず) 山田錦 生」(2008年03月
「大治郎 純米 よび酒(みず) 生」(2012年12月2010年03月
「大治郎 純米 よび酒(みず)」(2007年02月
「大治郎 純米 よび酒(みず) 本生うすにごり」(2011年02月
「大治郎 純米カップ」(2006年06月
「大治郎 山廃純米 よび酒(みず)」(2011年04月2010年05月
「大治郎 純米吟醸 迷い酒(みず)」(2012年11月2010年09月
「大治郎 純米吟醸 迷い酒(みず) 無濾過生原酒 袋吊り」
 (↑2012年08月

rain_of_tears at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月05日

悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 オオセト4

悦凱陣 山廃 オオセト 池袋東口の「坐唯杏」で飲む。

 ひさしぶりのお店・お酒です。

 冷温でいただきます。

 ミネラル・塩気・苦味を感じる、金属的なイメージの口当たりが特徴的。

 甘さひかえめなのにボリュームを感じる、豊かな旨味・酸味が魅力。

 「悦凱陣」らしい個性で、飲みごたえがあって好み!



 と思っていたら、Yさんは「甘くなくてちょっと飲みにくい」とのこと。

 これほどボリューム感があるのに、甘くないことを見抜くYさんの味覚におみそれしました。

 甘味に敏感な、そして日本酒に先入観のないYさんならではの率直な感想ですね。



 お酒と一緒に堪能した食事はこちら。

坐唯杏 天ぷら
 野菜の天ぷら。

坐唯杏 カツオたたき
 カツオのたたき。

 お酒単体で満足できる濃醇さながら、食中酒としても大活躍。

 天ぷらの油をサッと洗い流し、カツオのサッパリとした味をよりさわやかにする。 さすが「悦凱陣」です。



【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1700(1785)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+7
 原料米:オオセト(香川県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会9号   酸度:2.4



「悦凱陣」の過去の記事
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力」
 (↑2012年09月2010年03月2005年07月04月2003年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 赤磐雄町」(2005年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 オオセト」(2011年02月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 亀の尾」(2012年08月
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 さぬきよいまい」
 (↑2011年02月2007年03月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 興」(2012年08月2007年01月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町・山田錦」(2012年08月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石」(2007年05月
「悦凱陣 手造り純米酒 オオセト」(2004年11月
「悦凱陣 手造り本醸造」(2004年02月

rain_of_tears at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月02日

秋鹿 純米酒 槽搾直汲 無濾過生原酒4

秋鹿 純米酒 槽搾直汲 池袋東武で見かけて購入。

 なんと、池袋東武に入荷した「秋鹿 槽搾直汲」は、いつもの純米吟醸でも特別純米でもなく、純米酒。

 今回の純米酒バージョンは、飲むのはもちろん、見るのも初めて。 楽しみです!


 冷温でいただきます。

 注がれたグラスには、びっしりと炭酸の泡がくっつく。

 「秋鹿」らしいリンゴ様の香りや、生酒特有の麹の香りはひかえめ。



 ん? 意外とおとなしいお酒なのかな。

 と思いきや、しっとりとなめらかな口当たりと同時に、強烈な酸味が駆け抜ける。 炭酸も手伝って爽快な飲み口。

 これだ! この酸が「秋鹿」だ!


 常温に近づくにつれて旨味が顔を出して、味わいに幅が出る。 そして、飲みごたえがありながらも、一歩前に出ている酸のおかげでシャープな印象にまとまる。

 この個性、パフォーマンス。 さすが「秋鹿」です。



 迷わず手に取って買って帰り、そして何も見ずに飲んでしまったので、お酒の詳細に気づいたのは記事にする段階。

 なんと、精米歩合75%、低精白のお酒だったんですね!

 そういえば、80%でも何も言及せずに「秋鹿 純米酒」として発売されていますからね。

 野暮ったさのない、低精白を感じさせない、爽快感と余韻の深さでした。



【大阪府豊能郡能勢町 秋鹿酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(能勢町産)   精米歩合:75%
 酵母:協会901号   酸度:2.8   アミノ酸度:1.6
 もろみ日数:28日   上槽:2013年2月


「秋鹿」の過去の記事
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過原酒 一貫造り 嘉村壱號田」
 (↑2004BY(2010年03月)、2002BY(2007年03月
   2001BY(2004年11月05月
「秋鹿 純米大吟醸 一貫造り 雫酒」(2012年11月
「秋鹿 純米大吟醸 袋吊雫 生 奥鹿之助」
 (↑2012年11月2007年10月
「秋鹿 純米大吟醸 生原酒 速醸もと 七號酵母」(2010年05月
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過生原酒 弐引滓酒」(2012年08月
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過生 雫酒」(2012年12月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2011年11月01月2009年05月2006年11月2004年02月
   2003年10月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過生原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2012年08月2010年09月02月2008年08月05月
   2007年11月2005年09月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過原酒」
 (↑2009年03月2007年05月2004年04月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒」(2006年04月

「奥鹿 山廃純米吟醸」
 (↑2005BY:2011年01月、2006BY:2011年01月
「奥鹿 生もと純米生原酒」(2011年03月
「奥鹿 生もと純米原酒」(2011年08月
「奥鹿 速醸 純米吟醸 山田錦 六拾」(2012年12月
「奥鹿 速醸 純米無濾過原酒」(2011年11月

「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過生原酒 槽搾直汲 七号酵母」
 (↑2010年06月2009年09月2007年09月05月04月03月
   2005年03月
「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過原酒 七号酵母」(2010年04月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過生原酒 七号酵母」
 (↑2011年10月2010年11月03月2009年07月02月
「秋鹿 生もと純米 雄町 無濾過生原酒 七号酵母」(2012年07月
「秋鹿 生もと純米生原酒」(2009年03月
「秋鹿 純米吟醸 大辛口 無濾過生原酒」(2011年12月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過原酒 七号酵母」
 (↑2008年12月11月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 超辛口」
 (↑2011年02月2008年01月2007年02月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 無濾過生原酒」
 (↑2013年02月2009年01月2008年03月2007年01月
「秋鹿 朴 特別純米無濾過生原酒 桶貯蔵常温熟成」(2009年03月
「秋鹿 特別純米 槽搾直汲 無濾過生原酒」(2008年03月
「秋鹿 純米無濾過生原酒」(2010年12月2009年02月
「秋鹿 純米吟醸 多酸古酒 1997BY
  仕込第参拾弐號 槽口直汲 山田錦」(2010年06月
「秋鹿 純米吟醸 多酸酵母 1997BY」(2006年12月
「秋鹿 クレマンドノゼ 1998BY」(2006年12月
「秋鹿 霙(みぞれ)もよう 純米吟醸にごり生酒」
 (↑2012年12月2010年04月2005年03月
「秋鹿 純米酒 あらごし生酒」(2005年02月
「秋鹿 純米吟醸 阿波山田錦 ひやおろし」
 (↑2012年10月2011年03月
「秋鹿 純米吟醸 能勢山田錦 ひやおろし」(2007年09月
「秋鹿 純米吟醸 秋出し」(2012年11月
「秋鹿 純米無濾過原酒 雄町 精米80%」(2007年07月
「秋鹿 純米無濾過原酒 山田錦 精米80%」
 (↑2012年08月2011年02月2010年11月03月

rain_of_tears at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月06日

龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町4

龍力 雄町 池袋西武で試飲・購入。

 祖父母の家にて飲む。


 池袋西武に1年に6回来店する、大人気の蔵「龍力」。

 夏用のお酒ということで、生酒が8種類も登場。 単独の蔵なのに、すでに生酒まつり状態です。

 今回購入したのは、純米無濾過生原酒の雄町バージョン。

 甘さひかえめの、酸の効いたシャープな飲み口がさわやかで、夏向きのイメージ。


 もちろん、単にサッパリしているだけのお酒とはちがうのが「龍力」。

 暑気を払う力強さ、食欲を誘う濃醇さが魅力。

 濃いと感じる場合は、ちょっと氷を浮かべて、または少し水で割って飲むのも良いですね。



【兵庫県姫路市 本田商店】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3300(3465)円   720ml:1700(1785)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:±0
 原料米:雄町(岡山県赤磐郡産、有機栽培)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.7


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2012年01月2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 活性にごり酒」
 (↑2012年03月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」
 (↑2012年01月2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2012年01月2011年12月2008年05月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 神力 無濾過生原酒」(2013年02月
「龍力 生もと仕込み 特別純米 無濾過生 限定直詰」
 (↑2012年06月01月2008年05月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 大吟醸 米のささやき ドラゴン Episode 1(青ラベル)」
 (↑2012年08月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月24日

都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒 山田錦 / 都美人 山廃純米 無濾過生原酒 五百万石4

都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒 山田錦都美人 山廃純米 無濾過生原酒 五百万石 池袋西武で試飲・購入。

 大好きな、淡路島「都美人」の試飲販売。

 純米酒はすべて山廃という個性的な蔵。

 山廃純米酒をベースにした、にごりタイプの梅酒も果肉たっぷりでおいしいんだよなぁ。


 おや!?

 山廃無濾過生原酒シリーズのラベルが変わった!


都美人 風のまま都美人 雲のごとく 以前のラベルは、商品名の「風のまま」・「雲のごとく」が、蔵の「都美人」の文字よりも大きかった。

 今回は「都美人」が堂々とセンターを飾る。

 蔵元いわく、商品名よりも蔵の名前を知ってもらおうという趣旨での変更。

 以前の流麗な書体も好きだったけれど、今回の芯の通った書体も良いですね。



 冷温でいただきます。

 まずは緑色のビンの山田錦バージョンから。

 五百万石バージョンとの差別化を図るために、山田錦バージョンは精米歩合60%にしたとのこと。

 フレッシュな麹の香りと、若いメロンのような香りがさわやか。 鮮烈で豪快な味わいの中に軽やかな含み香がひそんでいて、上品さを感じる。

 余韻も晴れやかで、ふたたびメロン様の香りが姿を現す。



 次に、茶色のビンの五百万石バージョン。

 こちらは山田錦バージョンより強烈さを増したイメージ。 甘酸っぱくて、インパクト大。

 さわやかさを感じながら、良くも悪くも洗練されていない、野趣あふれる風味も楽しめる。



 それぞれに別々の個性を感じると同時に、共通点も感じる、魅力的なお酒たちでした。



【兵庫県南あわじ市 都美人酒造
「都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒 山田錦」
 特別純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 好み度:★★★★
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.6
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会901号   酸度:2.1

「都美人 山廃純米 無濾過生原酒 五百万石」
 特別純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 好み度:★★★★
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3.7
 原料米:五百万石   精米歩合:65%
 酵母:協会901号   酸度:2.4


「都美人」の過去の記事
「都美人 特別純米 山廃仕込 無濾過生原酒 風のまま(山田錦)」
 (↑2012年08月2011年04月2008年04月2007年09月
「都美人 特別純米 山廃仕込 無濾過生原酒 雲のごとく(五百万石)」
 (↑2012年08月2011年04月2010年09月

rain_of_tears at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年04月06日

梅津の生もと 純米無濾過原酒(白ラベル) 2011(H23)BY3

梅津の生もと 鵜飼商店で購入。

 お気に入りのいつものお酒たちを選んで、他に新しいお酒も選ぼう! そこで目についたのが、この「梅津の生もと」。

 日本酒「冨玲」、梅酒「野花(のきょう)」で知られる梅津さんのお酒だ!

 「酵母無添加のお酒で、味も個性的」とのこと。

 鵜飼さんが個性的と表現するのだから、きっと相当おもしろいお酒なんでしょう!


 まずは常温でいただきます。

 色も香りも、まるで梅酒のよう。 酸っぱさを想起させる香りと、ヨーグルト様の香り、醤油のようなスパイシーな香りなどが複雑に交錯する。

 色と香りだけではない。 まろやかな口当たりと、練れた甘味・旨味・酸味・苦味にも、まだ1年熟成とは思えない風格がある。

 オレンジ、プルーン、漬物のような複雑な風味で、非常に個性的。



 燗にすると、レーズンパンを思わせる、穀物らしいふっくらとした香りも出てくる。 はちみつのようなニュアンスも出てマイルドになる。

 つややかで甘酸っぱい味わいは、とても日本酒度+13とは思えない。

 味の個性とは対照的に後口は軽快・爽快。 余韻の、もやし・三つ葉のような植物的な雰囲気も独特。 不思議で、おもしろい。



 10人が飲んだら9人は遠慮しそうな、飲み手を選ぶお酒なのはまちがいない。 けれど、個人的には好み。

 お米と水で、これほどの味わいが実現できる。 探してもなかなか出会えない、他に似たお酒を探すのも難しい、ユニークなお酒。



【鳥取県東伯郡大栄町 梅津酒造】 純米酒(生もと、無濾過、原酒)
 1800ml:2571(2700)円   720ml:1286(1350)円
 アルコール度数:19.3   日本酒度:+12
 原料米:山田錦(鳥取県産)   精米歩合:80%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:3.1


梅津酒造の過去の記事
「冨玲 特別純米酒 阿波山田錦 ひやおろし」(2011年02月


 酵母無添加の生もとは、2007(H19)BYからスタート。 5シーズン目の2011(H23)BYは、もろみ日数が50日を超えた。


rain_of_tears at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月24日

龍力 特別純米しぼりたて 神力 無濾過生原酒4

龍力 神力 しぼりたて 池袋西武で試飲・購入。

 「龍力 特別純米無濾過生原酒」は、山田錦と雄町と山田穂と神力、4種類のお米のバージョンが発売されている。

 なかでもお気に入りなのが、山田錦バージョン

 ただ、ここ数年は、山田錦バージョンよりも神力バージョンのほうが好みになってきている。

 よっしんの味覚が変わってきているから? それとも、酒質が変化してきているから?

 神力の詳細については、2008年8月の記事を参照。


 では、冷温でいただきます。

 熟したメロンのような香りと、フレッシュな生酒らしい麹の香りが重なる。 甘味だけでなく、苦味・酸味も連想するスッキリとした印象。

 トロリと濃厚な口当たりで、ボリューム感のある甘味・旨味・酸味が押し寄せる。 中盤からは苦味も加わって、さわやかに切れ上がる。

 余韻も豊かで、飲みごたえ抜群。 濃いお酒を飲んだなあという満足感と、もうひと口ほしくなる爽快感が両立する。


 非常に好みのお酒。



【兵庫県姫路市 本田商店】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3
 原料米:神力(兵庫県たつの市御津町産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.7


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2012年01月2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 活性にごり酒」
 (↑2012年03月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」
 (↑2012年01月2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2012年01月2011年12月2008年05月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」(2011年06月
「龍力 生もと仕込み 特別純米 無濾過生 限定直詰」
 (↑2012年06月01月2008年05月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 大吟醸 米のささやき ドラゴン Episode 1(青ラベル)」
 (↑2012年08月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月06日

辨天娘 純米生原酒 槽搾り 荒走り 2012(H24)BY 1番娘4

辨天娘 純米生原酒 槽搾り 荒走り 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 1月・2月は、鳥取「辨天娘」と島根「扶桑鶴」の特集。

 とくに「辨天娘」は、しぼりたてのお酒があるとのこと。 熟成酒がメインの蔵にしては、めずらしい!

 ということで、この「辨天娘 純米生原酒」をいただきます。


 まずは冷温で。

 旧式の槽でしぼって最初に出てくる、にごった部分、あらばしり。

 というより、しぼる布袋の目が粗かったうすにごり酒なのではと思うほど、にごり部分がビン内に沈殿している。

辨天娘 純米生原酒 槽搾り 荒走りの色 麹の香りとマスカット系の香り、アルコールの刺激が非常にフレッシュ。

 みずみずしい口当たりで、さわやかな香味からスタート。

 さりげなくラムネ菓子のような風味があって印象的。

 しっかりと甘味を切ったドライな飲み口で、お米らしい旨味と、若く奔放な酸味・苦味が活躍する。



 燗にすると、ドライで旨味たっぷりの個性が、より強調される。

 なめらかさ、まろやかさが増して、それでいて引き締まった飲み口。 旨味・酸味・苦味がうまく調和して、複雑さも出てくる。 不思議なバランス。

 しぼられて間もない新酒にして、すでに他を圧倒する存在感がある。



 余計な重みを捨て去って、必要な味わいだけを集めた軽快なお酒。



【鳥取県八頭郡若桜町 太田酒造場】 純米酒(生、原酒)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+9
 原料米:五百万石(鳥取県若桜町産)   精米歩合:70%


「辨天娘」の過去の記事
「辨天娘 純米吟醸 山田錦 2006(H18)BY」(2008年02月
「辨天娘 純米吟醸 玉栄 2007(H19)BY 6番娘」(2010年03月
「辨天娘 純米にごり酒 2007(H19BY) 7番娘」
 (↑2012年11月2010年02月
「辨天娘 純米 鳥姫 2009(H21)BY 5番娘」(2010年11月
「辨天娘 純米酒 五百万石」(2007年05月
「辨天娘 青ラベル」(2007年05月

rain_of_tears at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月02日

小笹屋竹鶴 生もと純米無濾過原酒 2006(H18)BY 仕込14号4

小笹屋竹鶴 生もと純米原酒 池袋東武で購入して自宅熟成させていたものを開栓。

 夏は40度近く、冬は氷点下という常温で熟成させていた。

 温度変化があるほうが、より個性的に熟成してゆく。

 これは、京都西陣「鵜飼商店」の鵜飼さん、京都二条「酒BAR よらむ」のヨラムさんから学んだ流儀。

 いったん熟成させ始めると、なかなか開栓するタイミングがない。

 今回は、「竹鶴」を飲みたいというリクエストに応えて、いざ開栓!


 常温でいただきます。

 フロスト瓶なので、中の様子がわかりにくかったけれど、お猪口に注いでみて判明。

小笹屋竹鶴 生もと純米原酒2006BYの色

 約6年の常温熟成を経て、オリがしっかり出ている。 熟成酒は、オリが出てくると味わいが飛躍的に良くなる。 飲みごろですね。

 稲ワラ、米粉、さつまいも、レーズン。

 おだやかで複雑な香りの中に、生もと由来のヨーグルト様の香りが息づいている。

 よけいな甘味・重みはなく、ドライで軽快な飲み口は健在。 熟成で育った旨味・苦味が味わいに起伏をつける。

 このお酒がもともと持っていた魅力に、円熟した風格が加わった。


 ぬる燗にすると、複雑さが消えて、ぼんやりとした味わいになってしまった。 どうやら、常温がベストかな。


 開栓の時期は間違っていなかった!

 ブリかま焼き、アイナメ刺身、湯豆腐とともに堪能しました。



【広島県竹原市 竹鶴酒造】 純米酒(生もと、無濾過、原酒)
 1800ml:5000(5250)円   720ml:2500(2625)円
 アルコール度数:18.9   日本酒度:+17.5
 原料米:雄町(広島県竹原市大和産)   精米歩合:70%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:1.7


「竹鶴」「小笹屋竹鶴」「清酒竹鶴」の過去の記事
「清酒竹鶴 雄町純米」(2006年02月2005年07月2004年02月
「清酒竹鶴 純米酒」(2010年06月2008年11月2004年04月
「清酒竹鶴 純米にごり酒」(2013年02月
「清酒竹鶴 合鴨農法米 純米酒」(2007年02月2004年01月
「清酒竹鶴 生もと純米」(2010年03月

「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過原酒」
 (↑2006年02月2005年01月
「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過生原酒」
 (↑2007年03月2007年04月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過原酒」(2005年01月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過生原酒」(2007年04月
「小笹屋竹鶴 生一本 番外 純米無濾過原酒」
 (↑2009年07月2005年02月
「小笹屋竹鶴 純米吟醸 無濾過原酒」(2008年02月2006年02月
「小笹屋竹鶴 生もと純米 無濾過原酒」(2010年03月2006年11月

「竹鶴 雄町純米 にごり」
 (↑2011年08月2009年04月2007年12月2006年12月
「竹鶴 熟成純米原酒(12BY) 八反」(2007年02月
「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」
 (↑2012年11月2011年04月2006年03月
 屋号を冠した「小笹屋竹鶴」が純米原酒、「清酒竹鶴」は加水した通常商品の純米酒、「竹鶴」は季節商品やPBなど少量限定の純米酒となっている


rain_of_tears at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月20日

京の春 生もと 特別純米酒4

京の春 生もと純米 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 燗用のお酒としておすすめしていただきました。

 舟屋で有名な伊根町にある「京の春」。

 池袋東武で行われる「全量純米蔵を目指す会」の試飲販売に皆勤賞の蔵。

 年度が切り替わるたび、熟成するたびに、酒質の向上におどろかされる。

 いつも飲むお酒は速醸の山田錦だけれど、今回は生もとの祝。 初めてなので、ドキドキ・ワクワクです。


 まずは常温でいただきます。

 お米由来のおだやかな香りに、ヨーグルト様のふんわりと甘い香りが重なる。

 とろみを感じる濃密な印象の口当たりで、やさしい甘味・旨味がゆっくりと展開する。 酸も自己主張せず、おおらかな味わいにまとめる。


 次は燗でいただきます。

 スルリとなめらかな口当たりで、軽やかさが出てきた。 旨味も酸味もボリュームを増して、それでいてやさしさがある。 断然に燗が好み。

 素朴でお米らしい風味は、「英勲 古都千年 純米吟醸」や「月の桂 祝米80%」にも通じる。 京都のお米である祝の特徴なのかもしれない。


 味わいの個性は異なるものの、バランスの良さという点で、「真人 生もと純米無濾過」を連想した。


 すばらしいお酒ですね。 「京の春」、ますます注目の蔵です。



【京都府与謝郡伊根町 向井酒造】 特別純米酒(生もと)
 1800ml:3300(3465)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+2
 原料米:祝(京都府産)   精米歩合:60%
 酸度:1.6


向井酒造の過去の記事
「京の春 特別純米酒 阿波山田錦 ひやおろし」(2011年11月
「伊根満開(赤米酒)」(2008年03月

rain_of_tears at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月18日

菊姫 山廃純米 無濾過生原酒4

菊姫 山廃純米 無濾過生原酒 池袋西武で見かけて購入。

 「菊姫」は、同じ石川県の「天狗舞」と同様、山廃を得意とする蔵。

 この2蔵が、能登の濃醇な酒質をイメージづけているといっても過言ではないでしょう。

 そんな「菊姫」の代表的な商品が「菊姫 山廃純米」。

 生タイプは初めて見る。 ということで、気になって購入。


 麹の香りと、酸味を想起させるフレッシュで刺激的な香りがさわやか。

 濃厚な甘味・旨味を、さわやかな香りと強い酸味が支える。 濃醇で、かつさわやか。


 複雑でやさしい味わいをゆっくりぬる燗で楽しむというお酒も好きだけれど、豪快・濃醇な若いお酒を冷温〜常温で飲むのも好き。

 これほど正統派で濃醇なお酒は貴重だなあ。



【石川県白山市鶴来町 菊姫】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3333(3500)円   720ml:1714(1800)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−3
 原料米:山田錦(兵庫県三木市吉川町特A地区産)
 精米歩合:70%   酵母:協会7号
 酸度:3.0   アミノ酸度:2.8


「菊姫」の過去の記事
「菊姫 山廃仕込 純米酒」(2003年11月

rain_of_tears at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月17日

醍醐のしずく 菩提もと仕込み 2012(H24)BY 仕込み7号4

五人娘 醍醐のしずく 蔵から届く。

 寺田本家は蔵に直接注文が可能。 しかも、季節限定の商品も購入できるので、非常に便利です。

 2年ぶりに飲む「五人娘」。

 この間、蔵には大きな大きな変化がありました。

 2010BYまで務めていた藤波良貫杜氏が退職し、2011BYから大野考俊杜氏が就任。

 独自の思想にもとづいて個性的なお酒を醸してきた蔵元、寺田啓佐さんが2012年4月に逝去。 蔵は24代当主として寺田優さんが継承。

 今回飲むお酒は、そんな新体制のお酒。

 大好きな「醍醐のしずく 菩提もと仕込み」は、どんな味になっているのかな。

 菩提もとは、空気中の乳酸菌・酵母菌をつかってお酒をつくる。 生もとより昔、中世に確立した醸造(もと立て)方法です。



 麹の香りと、リンゴ・ヨーグルト様のさわやかな香り。 この香りが甘酸っぱい味わいを想起させる。

 濃厚な甘味と鮮烈な酸味がボリューム満点。 白ワインのような、いや白ワインに負けない味の強さがある。

 同じ千葉の「木戸泉 AFS 生」にも似た雰囲気がある。 日本酒の常識を打ち破れる存在だ。



 やっぱり、「醍醐のしずく」はおいしいなあ。 これからも「五人娘」のお酒たちが楽しみです。



【千葉県香取郡神崎町 寺田本家
 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 720ml:1450(1523)円
 アルコール度数:13.5   日本酒度:−58
 原料米:コシヒカリ(神崎町産、無農薬栽培)   精米歩合:90%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:9.7   アミノ酸度:5.5


「香取」「五人娘」などの過去の記事
「香取 生もと純米90% 無濾過生原酒」(2011年03月2010年03月
「香取 生もと純米 自然酒80」(2011年01月
「坊主のどぶろく (醍醐のしずく にごり)」(2008年03月
「醍醐のしずく 菩提もと仕込み」(2008年03月

rain_of_tears at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月13日

華鳩 貴醸酒の生にごり酒 中汲み 2010(H22)BY4

華鳩 貴醸酒の生 にごり酒 大丸東京で見かけて購入。

 2006年の試飲会で出会って感動し、その場で購入して家でも飲んだ「華鳩 貴醸酒の生にごり酒」。

 久々の遭遇に、またもや感動して購入。

 しかし、大好きなお酒だからこそ、もったいぶって開栓をためらいがち。

 今夜は、「和浦酒場」で知り合ったミニーさんが「神亀 純米活性にごり酒」を開栓するなど「にごりデー」の様子。

 よっしんも触発されて、「飛良泉 山廃純米にごり」を飲み、いよいよ「華鳩 貴醸酒の生にごり酒」も開栓。

 良いきっかけとなりました。


 この「貴醸酒の生にごり酒 中汲み」は、もろみを荒ごししただけの、米つぶが残るにごり酒。

 仕込み水のかわりにお酒を使う、ぜいたくな貴醸酒は、濃厚な甘味が特徴。 長期熟成して出荷することの多い貴醸酒ですが、このお酒は新酒・生のまま発売される貴重な存在です。



華鳩 貴醸酒の生にごり酒色1

 まずは、うわずみを冷温で。

 麹の甘い香り。 モンブランのような甘い風味に、豊かな酸味とシュワシュワの炭酸も加わり、甘酸っぱさ全開。

 冷蔵庫で保管していたとはいえ、生熟成のナッツ様の雰囲気もかすかに生まれている。



華鳩 貴醸酒の生にごり酒の色2

 今度は、混ぜてから冷温でいただきます。

 香りは、うわずみとほとんど同じ。 とろりとした半固体のお酒をかきわけて、ポコポコと湧き上がる炭酸も元気です。

 かろうじて原型をとどめている米粒もあるように、お米そのものの味が豊か。 せんべいのような香ばしさも感じられる。


 甘口ながらも、はじける炭酸、強い酸で後味は爽快。 濃厚かつさわやかで、ぜいたくな気分になれるお酒です。



【広島県呉市音戸町 榎酒造】 貴醸酒(無濾過、生、にごり)
 500ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−52
 原料米:ホウレイ(広島県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会701号   酸度:2.9


「華鳩」の過去の記事
「華鳩 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼりたて」(2009年02月
「華鳩 貴醸酒の生にごり酒 中汲み」(2006年11月
「華鳩 特別純米酒 清盛」(2013年01月

rain_of_tears at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月08日

篠峯 生もと純米酒 熟成参年 山田錦4

篠峯 生もと純米 参年熟成 山田錦 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 ヤンチャな生酒「すっぴんるみ子の酒 9号酵母」の次は、落ち着いた「篠峯 生もと 熟成参年」。

 「篠峯」を見かけると、やっぱり飲みたくなりますね。


 ぬる燗でいただきます。

 やさしく色づいたお酒からは、ヨーグルト様の香りと軽い熟成香がふんわりと立つ。

 ゆっくりと甘味・旨味がふくらみ、ゆっくりと消えてゆく。

 燗でゆるやかに展開する味わいは、秋田「真人 生もと純米 無濾過」にも通じる、好みのタイプのお酒だ。

 酸がそれほど目立たないのは、まろやかに熟成していることの証かもしれない。


 「篠峯 生もと」を、燗でじっくりと楽しむ。 幸せのひととき。



【奈良県御所市櫛羅 千代酒造】 純米酒(生もと)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)70%(ともに扁平精米
 酵母:協会7号   酸度:2.0


「篠峯」「櫛羅」の過去の記事
「篠峯 生もと純米酒 熟成弐年」(2009年04月2008年01月
「篠峯 生もと純米 無濾過原酒」(2007年03月
「篠峯 凛々 純米吟醸 雄町」(2007年08月06月
「篠峯 遊々 純米無濾過生原酒 七号」(2008年05月
「篠峯 遊々 純米酒」(2010年11月
「篠峯 純米吟醸 八反」(2008年05月2007年10月
「篠峯 純米ひやおろし 秋晴」(2011年09月2008年10月
「櫛羅 純米無濾過生原酒」(2008年05月

rain_of_tears at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月03日

独楽蔵 玄 円熟純米吟醸 2007(H19)BY4

独楽蔵 玄 2007BY 浦和駅西口の「食と燗 くら川」にて飲む。

 最後は「独楽蔵 玄」の5年熟成。

 出荷まもない3年熟成の状態なら、冷温〜常温でもクリーミーな味わいが楽しめる。

 しかし、本領発揮するのは燗。 5年熟成となると、なおさら燗向き。

 今夜も、もちろん燗でいただきます。

 しっかりと色づいたお酒からは、お米らしい香りとやさしい熟成香がふんわりとただよう。

 甘味・旨味が調和してクリーミー。 さらに酸味が重なって、充実した味わい。 濃すぎないバランスの良さが「独楽蔵」らしい魅力。


 中盤以降はドライな雰囲気が出てきて、後口はサラリとキレイに引いてゆく。 深い余韻を残して、味はしっかり切れるところにも、純米吟醸の熟成酒らしい魅力が感じられる。


 やっぱり、「独楽蔵 玄」はすごいお酒ですね。



【福岡県久留米市三潴町 杜の蔵】 純米吟醸(無濾過)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1250(1313)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+3
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:55%
 酵母:協会9号系自家培養酵母
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.3


「杜の蔵(独楽蔵、大手門)」の過去の記事
「独楽蔵 無農薬山田錦 六十」
 (↑2012年08月[1][2]02月2011年09月02月2010年03月
   2009年09月04月2008年09月
「独楽蔵 醇 純米大吟醸」(2006年11月
「独楽蔵 玄 円熟純米吟醸」
 (↑2012年02月2006年12月11月04月
「独楽蔵 然 特別純米酒」(2007年03月
「独楽蔵 燗 純米」
 (↑2012年02月2011年02月2009年09月2004年10月
「独楽蔵 悠 古酒(あんちっく杜氏の詩)」(2006年11月
「独楽蔵 特別純米 季節限定酒 ひやおろし 二年目の夏」
 (↑2010年10月
「大手門 純米吟醸 無農薬山田錦 斗瓶採り雫酒」(2006年11月
「大手門 純米吟醸 ひやおろし」(2007年09月
「杜の蔵 純米吟醸 翠水」(2012年08月
「杜の蔵 純米 大地の輝」(2007年10月

rain_of_tears at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月11日

玉川 純米吟醸 雄町 2009(H21)BY / 玉川 純米吟醸 手つけず原酒4

玉川 純米吟醸 雄町玉川 手つけず原酒 東京駅地下「はせがわ酒店 Gransta店」にて購入。

 先日に続いての「玉川」!

 今回の2本は、ともに純米吟醸。 ただし、1本は3年熟成で、もう1本は新酒。

 ずいぶんと味わいに差がありそうで、楽しい飲みくらべになりそう。

玉川 手つけず原酒と雄町の色

 グラスに注いでみると、そのちがいは一目瞭然。

 緑ビンの「玉川 雄町」は、3年熟成らしい、うっすらとした色づき。

 熟したメロン・マンゴーのような香りをはじめ、お米の香りも立つ。 樹皮やドライフルーツのような含み香には、熟成酒の雰囲気がある。

 まろやかな口当たりながら、中盤以降はドライ。 まろやかでドライという不思議な飲み口。

 甘味を排したクリアな中を、複雑な旨味と酸味が目いっぱいに広がる。 練れた味わいには、甘味さえ想起させるやさしい一面もある。

 温度、食べながら、各条件によって表情が変わる懐の深いお酒だ。



 黒ビンの「玉川 手つけず原酒」は、ほとんど無色。 しかし、細かい炭酸が現れて、グラスにくっついたのにはびっくり。 さすが、しぼってそのままビン詰めしたお酒です。

 ヨーグルト様の香りに、リンゴの香りがフレッシュ。 甘酸っぱい口当たりはインパクト大。 ただ、味わいは単調といえば単調かもしれない。

 木を思わせる含み香に、「玉川」の一貫した個性を感じる。

 強い酸味や炭酸だけでなく、三つ葉のようなハーブを思わせる苦味が、スッキリ感をさらに引き立てる。



 円熟した複雑な味わいを楽しむなら、「玉川 雄町」。 爽快な飲み口を楽しむなら、「玉川 手つけず原酒」。 濃醇で落ち着いた旨味という根幹は同じながら、まったく別の個性を感じさせる。

 おもしろい飲みくらべができました。



【京都府京丹後市久美浜町 木下酒造
「玉川 純米吟醸 雄町」 純米吟醸(無濾過)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2857(3000)円   720ml:1428(1500)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2
 原料米:雄町   精米歩合:60%
 酸度:1.7

「玉川 純米吟醸 手つけず原酒」 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:1714(1800)円
 好み度:3(★★★)
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.5


「玉川」の過去の記事
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル 生」(2011年03月
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル」(2010年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 無濾過生原酒」(2011年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 ひやおろし」(2010年11月
「玉川 山廃純米 自然仕込 にごり」(2012年12月2011年10月
「玉川 特別純米 無濾過生原酒」(2010年03月
「玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker」(2010年11月
「玉川 玉龍 山廃純米大吟醸 自然仕込 生」(2011年12月

rain_of_tears at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月07日

大治郎 純米 よび酒 生4

大治郎 純米 よび酒 生 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 今夜の締めとして、「雁木 純米無濾過生原酒」とともに、濃醇酒コンビを楽しみます。

 「雁木」がみずみずしい濃醇酒なら、「大治郎」はまろやかな濃醇酒。

 メロンのようなさわやかな香りに、バニラのようなやわらかい香りが重なる。

 甘い香りのイメージに合う、とろみを感じるほどまろやかな口当たり。

 みずみずしい酸味もあるものの、豊かな甘味・旨味が中心。

 甘口好きのYさんも納得・ご満悦でした。



【滋賀県東近江市 畑酒造】 純米酒(生)
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1150(1208)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:吟吹雪(滋賀県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.0


「大治郎」の過去の記事
「大治郎 特別純米 よび酒(みず) 山田錦生」(2008年03月
「大治郎 純米 よび酒(みず) 生」(2010年03月
「大治郎 純米 よび酒(みず)」(2007年02月
「大治郎 純米 よび酒(みず) 本生うすにごり」(2011年02月
「大治郎 純米カップ」(2006年06月
「大治郎 山廃純米 よび酒(みず)」(2011年04月2010年05月
「大治郎 純米吟醸 迷い酒(みず)」(2012年11月2010年09月
「大治郎 純米吟醸 迷い酒(みず) 無濾過生原酒 袋吊り」
 (↑2012年08月

rain_of_tears at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月24日

花巴 純米無濾過生原酒 速醸 山田錦 / 山廃 備前雄町4

花巴 速醸 山田錦花巴 山廃 備前雄町 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 6月に購入して、常温熟成後に開栓。

 「花巴」は、純粋培養した酵母を添加せず、蔵付天然酵母によるお酒づくりに力を入れる。

 今回はそんな「花巴」の酵母無添加のお酒を飲みくらべます。

 まずは色を見てみよう!

花巴 酵母無添加の色


 速醸の山田錦(左側)は、無濾過・熟成の影響で軽いコハク色。 山廃の備前雄町(右側)は、うっすらとにごっている。


 では、速醸の山田錦を飲んでみます。

 無菌状態をつくるために人工の乳酸は添加するものの、その後は空気中をただよう酵母に任せるという、めずらしいつくりのお酒。

 麹の香りにくわえ、酸味を想起させる雰囲気もある。 さらに、生熟成のナッツ様の香り、熱を通したトマトのような植物的な香りもひそむ。

 口当たりはまろやかで、ラムレーズンのような含み香にともなって、独特の甘味・苦味から入る。 複雑・濃厚な飲み口で、強い酸がキリっと後口を引き締める。

 余韻も複雑で、すばらしい飲みごたえ。 燗でゆっくりと、濃厚な味わいを堪能したい。



 次に、山廃の備前雄町。

 ヨーグルト様の乳酸の香りがさわやか。 乳酸の風味が前面に出ていて、甘酸っぱさ全開でさわやかな飲み口。

 ただ、そのぶん、速醸の山田錦とくらべると複雑さに欠ける印象。 冷温〜常温で、鮮烈な味わいを楽しみたい。


 色も香味も、想像以上に異なっている。 どちらも濃醇で譲れない個性があって、どちらも好み!



【奈良県吉野郡吉野町 美吉野醸造
「花巴 純米無濾過生原酒 速醸 山田錦」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦(奈良県産)   精米歩合:70%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.5

「花巴 純米無濾過生原酒 山廃 備前雄町」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+7
 原料米:備前雄町(岡山県産)   精米歩合:65%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.8


「花巴」の過去の記事
「花巴 山廃 特別純米 無濾過生原酒」(2011年03月
「花巴 太古の滴 菩提もと純米 無濾過生原酒」(2009年03月

rain_of_tears at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月23日

不老泉 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 滋賀渡船 木槽天秤しぼり4

不老泉 山廃純米吟醸 滋賀渡船 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 東京へ帰る新幹線の車内にて飲む。

 鵜飼さんのお店ではいつも、自宅用のお酒を選びつつ、帰りの新幹線で飲むお酒も選びます。

 京都駅の伊勢丹の地下でゲットしたおつまみとともに、おいしいお酒をいただきます。 もちろん、常温で。


 麹の香りとヨーグルト様の乳酸の香りがさわやか。

 みずみずしい飲み口で、甘味・旨味・酸味が混然一体となって、濃厚・濃醇。 さりげなくトロピカルフルーツのニュアンスもある。

 含み香には木の香り、余韻にはナッツ様の生熟成の香り。 飲みごたえがあって、好み!

 さすが「不老泉」です。



【滋賀県高島市 上原酒造】 純米吟醸(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3219(3380)円   720ml:1610(1690)円
 アルコール度数:17.8   日本酒度:+7
 原料米:滋賀渡船6号(滋賀県産)   精米歩合:55%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:1.8   アミノ酸度:2.0


「不老泉」「杣の天狗」の過去の記事
「杣の天狗 うすにごり 純米吟醸 木槽天秤しぼり 無濾過生原酒」
 (↑2011年03月2010年04月2009年09月05月03月
「不老泉 山廃純米大吟醸 無濾過生原酒 木桶仕込 木槽天秤しぼり」
 (↑2011年03月2004年11月
「不老泉 山廃純米吟醸 うすにごり」(2010年12月
「不老泉 特別純米 山廃仕込み原酒 参年熟成(赤)」(2007年11月
「不老泉 山廃仕込純米酒 六年熟成原酒」(2005年03月
「不老泉 太古のいざない 山廃仕込」(2005年03月

rain_of_tears at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月18日

燦然 特別純米酒 ひやおろし 生詰原酒 備前雄町4

燦然 特別純米原酒 ひやおろし 池袋西武で試飲・購入。

 昨年の同時期につづき、池袋西武では2度目の試飲販売。

 どのお酒も個性的で、魅力的。 まだまだ知られていない蔵かもしれないけれど、要注目です。

 昨年飲んで気に入った「燦然 特別純米酒 ひやおろし 備前雄町」を今年も購入。


 よっしん父は知らない蔵とのこと。 では、お試しを!

 このお酒は、冷温〜常温と燗とでは、劇的に味わいが変化する。


 まずは常温でいただきます。

 白玉粉のような香りに、バナナ様の香りがひそむ。 トロリとした感触の非常にまろやかな口当たりで、甘味を想起させる。

 「なんじゃこりゃあ」

 その独特の口当たりに、よっしん父もびっくり。


 では、燗にしていただきます。

 甘味を感じるまろやかな飲み口はそのままに、お米らしい香味がふくらむ。 野菜のようなさわやかな苦味と、穀物らしいおだやかな旨味が堪能できる。

 後口にはバターのような雰囲気も出てきて、酸もしっかり活躍する。 スルリと流れて、ストンと切れる。 すばらしい総合力。


 「これほど切れの良い酒もめずらしい」「燗で大化けする」

 そのとおり、まだ知られていないのが不思議に思えるほどのお酒です。 昨年にまして、魅力を感じました。



【岡山県倉敷市 菊池酒造】 特別純米酒(生詰、原酒)
 1800ml:2838(2980)円   720ml:1333(1400)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:65%
 酸度:1.7


「燦然」の過去の記事
「燦然 特別純米酒 ひやおろし 生詰原酒 備前雄町」(2011年12月

rain_of_tears at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月16日

竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒4

 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 「鷹長 菩提もと」の次は、「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」。


 このお酒は説明不要。 飲めばわかる。

 ということで、何も情報を持たないままYさんに飲んでもらいました。

 「酸っぱくて、濃くて、おいしい。」


 すばらしく的確な反応・感想をいただきました。 そして、日本酒に対して先入観のないYさんは、やはり濃醇酒にも抵抗がない。

 この「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」は、他の蔵では実現不可能なほどの、豊かな旨味と強烈な酸、鋭い切れを持つお酒。

 多種多様の日本酒を楽しむ才能を持った人に出会えると、うれしいですね。 そして、そんな人と濃醇な「竹鶴」を楽しむ瞬間も楽しいです。



【広島県竹原市 竹鶴酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+9
 原料米:雄町(広島県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会6号   酸度:3.6


「竹鶴」「小笹屋竹鶴」「清酒竹鶴」の過去の記事
「清酒竹鶴 雄町純米」(2006年02月2005年07月2004年02月
「清酒竹鶴 純米酒」(2010年06月2008年11月2004年04月
「清酒竹鶴 合鴨農法米 純米酒」(2007年02月2004年01月
「清酒竹鶴 生もと純米」(2010年03月

「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過原酒」
 (↑2006年02月2005年01月
「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過生原酒」
 (↑2007年03月2007年04月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過原酒」(2005年01月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過生原酒」(2007年04月
「小笹屋竹鶴 生一本 番外 純米無濾過原酒」
 (↑2009年07月2005年02月
「小笹屋竹鶴 純米吟醸 無濾過原酒」(2008年02月2006年02月
「小笹屋竹鶴 生もと純米 無濾過原酒」(2010年03月2006年11月

「竹鶴 雄町純米 にごり」
 (↑2011年08月2009年04月2007年12月2006年12月
「竹鶴 熟成純米原酒(12BY) 八反」(2007年02月
「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」(2011年04月2006年03月
 屋号を冠した「小笹屋竹鶴」が純米原酒、「清酒竹鶴」は加水した通常商品の純米酒、「竹鶴」は季節商品やPBなど少量限定の純米酒となっている


rain_of_tears at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月14日

都美人 山廃純米無濾過 木桶仕込 槽掛け 天秤搾り 2011(H23)BY4

都美人 山廃 木桶仕込 池袋西武で試飲・購入。

 吟醸以外はすべて山廃で仕込む、淡路島の「都美人」。

 若い杜氏を迎えて勢いに乗る、大好きな蔵だ。

 いつもは生タイプを購入するものの、燗のおいしい季節の今回は、火入れタイプの「都美人 木桶仕込」を購入。


 まずは常温でいただきます。

 栗きんとん・はちみつを思わせる香りに、酸味を想起させるオレンジ様の香りが感じられる。

 さらには、お米の香り、木の香りも含まれていて、複雑な雰囲気だ。

 木や稲ワラのような含み香のおかげで、口当たりからドライな印象。 ラムネ菓子のような風味が個性的。

 ただ、強い酸味が一本調子のような感じがある。


 燗にすると、おだやかな旨味がふくらみ、酸味とわたりあう。 スケールが大きくなり、味わいに幅が出てくる。

 クリーミーさとドライな飲み口が共存する、不思議なバランスだ。


 おだやかで濃醇。 飲みごたえのある、好みのお酒。



【兵庫県南あわじ市 都美人酒造】 純米酒(山廃、無濾過)
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+7.4
 原料米:山田錦(兵庫県産)
 精米歩合:(麹米・酒母米)65%、(掛米)70%
 酵母:協会901号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.2


「都美人」の過去の記事
「都美人 特別純米 山廃仕込 無濾過生原酒 風のまま(山田錦)」
 (↑2012年08月2011年04月2008年04月2007年09月
「都美人 特別純米 山廃仕込 無濾過生原酒 雲のごとく(五百万石)」
 (↑2012年08月2011年04月2010年09月

rain_of_tears at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月09日

辨天娘 純米にごり酒 2007(H19)BY 7番娘4

辨天娘 純米にごり 古酒 浦和駅西口の「食と燗 くら川」にて飲む。

 3年ちかく前に飲んだことのあるお酒。 久しぶり〜。

 「相当強烈ですよ」とのこと。 おぉ、すごい!

 当時すでに軽く色づいていたお酒は、青森「不老不死温泉」や兵庫「有馬温泉(金泉)」のような茶褐色になっている!

 温泉の場合は鉄分の酸化による着色だけど、このお酒の変色はアミノ酸のメイラード反応によるもの。


辨天娘 純米にごり古酒の色

 この色、とくににごっている様子は、耐性・免疫のない人には抵抗があるでしょうね。


 ”大将”、”蔵ちゃん”こと蔵川さん秘蔵の熟成酒というつながりで、ふと、「花垣 全麹 長期熟成酒」を思い出しました。

花垣 全麹 熟成花垣 全麹の色


 今回も熱めの燗でいただきます。

 チョコレートやパンを思わせる熟成香に、お米らしいおだやかな香りがひそむ。

 にごり部分がザラつくこともなく、まろやかな口当たり。 旨味・酸味が混然一体となった濃醇な味わい。

 焦げた香りや鈍重さといった飲みづらさ、強烈な酸といった突出した個性はなく、非常にバランスが良い。



 日本酒初心者のYさんは、「これ、飲みやすくて好きです」とのこと。

 なるほど!

 初心者には抵抗があるかと思いきや、むしろ、日本酒についての先入観・免疫がない人ほど、「これもまた1つの選択肢」として理解・受容できるかもしれませんね。

 信じられないという表情のスーさんに対して、大将は「だいぶ素質ありですね。すばらしいです」と大喜び。 よっしんもうれしい限りです。



【鳥取県八頭郡若桜町 太田酒造場】 純米酒
 1800ml:2381(2500)円   720ml:1191(1250)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+8
 原料米:五百万石(鳥取県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会701号


「辨天娘」の過去の記事
「辨天娘 純米吟醸 山田錦 2006(H18)BY」(2008年02月
「辨天娘 純米吟醸 玉栄 2007(H19)BY 6番娘」(2010年03月
「辨天娘 純米にごり酒 2007(H19BY) 7番娘」(2010年02月
「辨天娘 純米 鳥姫 2009(H21)BY 5番娘」(2010年11月
「辨天娘 純米酒 五百万石」(2007年05月
「辨天娘 青ラベル」(2007年05月

rain_of_tears at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月31日

木戸泉 純米AFS 2012 生原酒

 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 今日は日本酒に興味を持ったYさんを招待。

 最初は、広く市販されているお酒のなかでもっとも酸っぱいお酒の1つであろう「木戸泉 純米AFS 生」。


 日本酒を小さな枠に閉じこめないように、個性的なお酒を試していただきましょう。

 冷温でいただきます。

 グレープフルーツや梅のような甘酸っぱさと苦味が鮮烈。 日本酒ではなく白ワインだと思って飲んだほうが驚かないかもしれない。

 このさわやかに突き抜けた、唯一無二の個性が好み。



 「ジュースみたいでおいしい。」

 さすが、日本酒に対する固定観念・既成概念・偏見のないYさんです。



【千葉県いすみ市大原 木戸泉酒造】 純米酒(山廃、生、原酒)
 500ml:1000(1050)円
 アルコール度数:13.7   日本酒度:−31
 原料米:総の舞(千葉県いすみ市産)   精米歩合:65%
 酸度:6.9


「木戸泉」の過去の記事
「木戸泉 初しぼり 本醸造無濾過生原酒」
 (↑2012年01月2011年01月2010年01月2009年08月01月
   2008年01月2005年12月01月
「木戸泉 白玉香 山廃純米無濾過生原酒」
 (↑2009年07月2008年06月
「木戸泉 白玉香 山廃純米無濾過生原酒 あらばしり」(2004年05月
「木戸泉 大原産山田錦 山廃純米無濾過 熟成生原酒」
 (↑2009年12月
「木戸泉 にごり酒 活性純米無濾過生原酒」
 (↑2010年08月2009年02月2008年01月
「木戸泉 元日しぼり 純米無濾過生原酒」
 (↑2010年01月2009年01月2008年01月2007年01月
「木戸泉 純米酒 自然舞 生」(2008年09月
「木戸泉 純米原酒」(2005年01月
「木戸泉 純米酒 醍醐」(2004年04月
「木戸泉 純米AFS 2006 生原酒」(2006年06月
「木戸泉 純米 二十年の古酒」(2012年03月

rain_of_tears at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月03日

貴 純米吟醸 山田穂 / 貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒4

貴 山田穂貴 特別純米 無濾過生 池袋東武で試飲・購入。

 池袋東武の冷蔵オープンケースに定期的に入荷していた、そのたびに購入していた「貴」。

 そんな「貴」が、初めて池袋東武で試飲販売。

 しかも、杜氏・蔵元(専務)の貴博さんが来店。

 いろいろ試飲させていただき、初めて飲んだ「貴 純米吟醸 山田穂」を購入。

 ちょうど開栓していた「貴 特別純米 生」と飲みくらべてみよう!


 まずは、「貴 純米吟醸 山田穂」から。

 吟醸香のない、お米の味を前面に出したタイプ。

  ドライな飲み口で、良くも悪くも泥臭い、野暮ったい味わいが広がる。 野趣あふれるお酒だ。

 その魅力は、常温〜ぬる燗でいっそう引き立つ。 温めると、鶏の空揚げにピッタリ。 脂を受け止め、そしてサッと洗い流す。

 冷めぎわのさりげない吟醸香も魅力。 ゆでたスナップエンドウに合う。


 次に、「貴 特別純米 生」。

 常温に近づくにつれて、お酒に閉じこめられた炭酸が現れてくる。

 さわやかな麹の香りに、なめらかな口当たり。 濃厚な甘味・旨味がインパクト大。 ストレートで力強い味わいが好み。


 おだやかな「貴 山田穂」、パンチ力のある「貴 特別純米 生」。 異なる個性で、それぞれが魅力的だ。



【山口県宇部市 永山本家酒造場】
「貴 純米吟醸 山田穂」
 純米吟醸(無濾過)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3619(3800)円   720ml:1809(1900)円
 アルコール度数:16.8   日本酒度:+6
 原料米:山田穂(兵庫県産)   精米歩合:50%
 酸度:1.7


「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦・八反錦   精米歩合:60%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6   アミノ酸度:1.0


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2009年01月2008年01月2007年01月
   2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」
 (↑2012年06月2011年06月2010年04月
「貴 純米吟醸 雄町50 中取り 無濾過生原酒 おりがらみ」
 (↑2012年05月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数