山口のお酒

2015年08月15日

五橋 純米吟醸

五橋 純米吟醸 いただきもの。 ありがとうございます!

 地元岩国にある五連の錦帯橋から名付けられた「五橋」。

 純米酒のシリーズは、派手さのない、燗でじわじわと魅力を発揮するタイプで好み。

 でも、純米吟醸はというと、経験値が少なくてまだなんともいえない状態。

 ということで、絶好の機会をいただけました。


 冷温でいただきます。

 リンゴ・梨を思わせる、さわやかな苦味を想起させる香りがスッとよぎる。 甘味がひかえめなぶん、軽快でシャープな飲み口になっている。


 甘くないさわやかな吟醸酒を求める人におすすめ。

 ただ、この蔵でないと、このお酒でないと味わえないというような個性には乏しいので、個人的な好みとは異なるかな。



【山口県岩国市 酒井酒造】 純米吟醸
 1800ml:3,200(3,456)円   720ml:1,600(1,728)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+2.5
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)日本晴〔ともに山口県産〕
 精米歩合:55%
 酸度:1.6   アミノ酸度:1.4


「五橋」の過去の記事
「五橋 木桶造り 生もと純米酒 イセヒカリ 寒おろし」(2014年04月
「五橋 木桶仕込み 生もと純米」(2012年10月
「五橋 純米酒」(2008年10月試飲会2005年11月試飲会
「五橋 生もと純米酒」(2008年10月試飲会
「五橋 純米吟醸 西都の雫」 (2008年10月試飲会

rain_of_tears at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月04日

東洋美人 原点 愛山2

東洋美人 原点 愛山 池袋東口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 2013年7月28日。

 記録的豪雨がもたらした濁流が、「東洋美人」澄川酒造場を襲いました。

 人的被害がなかったことは不幸中の幸いだったものの、蔵の被害は甚大。

 その痛ましい災害を知った各地からの応援・協力を受け、蔵は奇跡的なスピードで年内に復興。


 そんな感謝の思いと新たな決意を示したお酒が、「東洋美人 原点」。

 では、冷温でいただきます。

 メロン様の吟醸香がさわやか。 薄めの酒質ながら、やさしい甘味、ささやかな酸味が明るく彩る。


 今まで飲んできた「東洋美人」のイメージのとおり。 今年も健在!

 そう思うと同時に、毎年仕込めることの貴重さと、(ほぼ)毎日飲めるありがたさをかみしめるのでした。



【山口県萩市 澄川酒造場】 純米大吟醸(無濾過、生詰)
 1800ml:3,000(税込3,240)円
 アルコール度数:16.5%
 原料米:愛山   精米歩合:50%


「東洋美人」の過去の記事
「東洋美人 純米吟醸 山田錦」(2011年05月
「東洋美人 純米吟醸生 雄町」(2007年12月
「東洋美人 純米吟醸 西都の雫」(2009年04月
「東洋美人 純米吟醸 無濾過生詰 愛山」
 (↑2006年11月2004年11月
「東洋美人 純米吟醸 レトロ」(2010年12月09月

rain_of_tears at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月30日

日下(ひのした)無双 純米酒 生

金冠黒松 日下無双 純米酒 神田駅すぐの「和酒BAR&DINING醇」にて飲む。

 酸が多すぎるゆえに頒布中止となった協会8号酵母を今も使用する、山口の村重酒造。

 「日下無双」は、日下(ひのした)信次杜氏の名を冠したシリーズ。

 赤いビンというのもめずらしい気がします。


 では、冷温でいただきます。

 お米らしい香りにささやかな芳香がひそむ。 飲み口はおとなしく、静かに旨味をたたえているお酒。

 燗ではまたちがった魅力が出てくる気がするけれど、物足りなさが劇的に解消されるとは思えない。



 同蔵の個性の強いラインナップを経験しているだけに、困惑しました。 杜氏が自分の名を冠するほど追求した酒質は、こういう無難なものなのか、と。



【山口県岩国市 村重酒造】 純米酒(生)
 1800ml:2,700(2,916)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+3
 原料米:西都の雫(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:2.0


「金冠黒松」の過去の記事
「金冠黒松 純米無濾過原酒 長期熟成 協会八號酵母」
 (↑2011年03月
「金冠黒松 協会八號酵母 80%精米 純米酒」(2012年05月

rain_of_tears at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月20日

雁木 夏 辛口純米3

雁木、夏の辛口純米 池袋東武で試飲・購入。

 初めて「雁木」に出会ったのは、2004年秋、ヨラムさんのお店でした。

 たちまちファンとなった衝撃の出会いから、約10年がたつんですね。

 この10年の間、杜氏さんが引退し、小林社長が自らお酒をつくるようになりました。

 荒々しく濃醇でヤンチャな「雁木」が、スマートで洗練された酒質に変化をとげてきました。

 昔の「雁木」のほうが好みだったけれど、最近の「雁木」も好き。


 今回の試飲販売で気に入ったのは、新登場の「雁木 夏 辛口純米」。 「雁木」が初めて送り出す、夏用のお酒です。

 1回火入れをして酒質を安定させ、加水してアルコール度数を落とし、飲みやすくしています。

 しかし、そこは無濾過の濃醇酒を世に問う「雁木」、単に薄く水っぽい夏用酒とは異なります。



 冷温では苦味が活躍してスッキリとした飲み口になるものの、せっかくの旨味がかくれてしまう印象。

 したがって、旨味を味わうために、常温でいただきます。

 「雁木」らしい厚い酸が主体となった味わいで、ドライな雰囲気の中をお米らしい旨味がふくらむ。

 後口には苦味を残しながら鋭く切れ上がるところが、「雁木」シリーズでも特異な性質。

 しっかり味があって、それでいて軽妙さもある。 不思議なバランスで、つい次のひと口、次の一杯へと進みたくなる。


 燗にすると、旨味が引いて、分厚い酸味が強調されるようになる。 これはこれで爽快!

 温度帯によって表情がずいぶんと異なるため、自分の好みを探る楽しみもある。



 暑い夏は、味の薄いお酒を冷やして飲む。 はたしてそれだけが正解なのか。 いろいろなお酒の楽しみかたがありうるのでは。

 そんな、夏用のお酒についての思い込みに対して一石を投じるお酒。



【山口県岩国市 八百新酒造】 純米酒(無濾過)
 1800ml:2,600(2,808)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+9
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.7


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2006年03月2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒」(2012年12月
「雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり」(2006年03月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2013年12月2012年10月2011年11月
「雁木 純米大吟醸無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」(2013年12月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米無濾過 西都の雫」(2013年06月2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「雁木 純米大吟醸 スパークリング 活性にごり生原酒」
 (↑2014年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年04月25日

五橋 木桶造り 生もと純米酒 イセヒカリ 寒おろし3

五橋 木桶造り 生もと純米 イセヒカリ 寒おろし 池袋西武で見かけて購入。

 山口県東端の岩国市といえば、錦川にかかる五連の木造アーチ橋「錦帯橋」で知られる観光地。

 この五連の錦帯橋から名付けた「五橋」。 地元の名勝を連想させる、良い名前ですね。

 錦帯橋から少し下流へ進んだ錦川南岸にあるのが、「五橋」を醸す酒井酒造。

 錦川の超軟水の伏流水に恵まれた地で、生もと・木桶仕込みという古式ゆかしい製法によるお酒づくりが行われています。


 今回冷蔵オープンケースに並んでいたのは、「五橋 木桶造り 生もと純米酒 イセヒカリ 寒おろし」。

 1989(平成元)年に伊勢神宮の神田で発見され、1996(平成8)年に命名されたイセヒカリ。

 由緒がありながら、新しさもある。 生もと・木桶ともイメージが重なります。



 では、常温でいただきます。

 しっかり使い込まれた木桶だからか、木の香りはまったくと言って良いほど感じられず、邪魔にならない。

 そのかわり、生もとらしい乳酸菌由来の、バナナ・ヨーグルトを思わせるやわらかい香りが印象的。 にごり酒のような、お米らしい香りも感じられる。


 香りの印象から、やさしい飲み口をイメージするものの、味わいは引き締まった硬派な印象。

 甘味をおさえたドライな酒質で、おだやかな旨味を酸が支える。 乳酸が強調された酸味が好み。 力強い酒質ながら後切れが良く、軽快。


 燗にすると、豊かな酸味・旨味が濃醇な味わいをつくり、よりメリハリの効いた酒質になる。

 力強さと個性を感じる、好みのお酒。



 手の込んだ和食といった細かい制約はいりません。

 出来合いのハンバーグでもシチューでもカレーでもスパゲッティでも、即席の夕飯と気軽に合わせられる、これぞ晩酌用というお酒。



【山口県岩国市 酒井酒造】 純米酒(生もと)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1550(1628)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)イセヒカリ〔ともに山口県産〕
 精米歩合:(麹米)70%、(掛米)60%
 酸度:2.2   アミノ酸度:1.6


「五橋」の過去の記事
「五橋 木桶仕込み 生もと純米」(2012年10月
「五橋 純米酒」(2008年10月試飲会2005年11月試飲会
「五橋 生もと純米酒」(2008年10月試飲会
「五橋 純米吟醸 西都の雫」 (2008年10月試飲会

rain_of_tears at 23:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年01月12日

雁木 純米大吟醸 スパークリング 活性にごり生原酒3

雁木 純米大吟醸 スパークリング 池袋西武で見かけて購入。

 祖父母の家にて飲む。

 新年会を兼ねた祖父の叙勲祝賀会が無事に終了。 直系の親族たち10人で急きょ打ち上げをすることに。

 いったん帰宅して、お祝いの日に合うお酒をチョイス。

 お祝いの日ということで、明るく元気なイメージの「雁木 スパークリング」。


 冷やしてから慎重に開栓して、いざ乾杯!

 軽いにごり具合で、炭酸が弾けるたびに吟醸香とお米の香りが広がる。

 この華やかな吟醸香と落ち着いたお米の香りのバランスが、純米大吟醸のにごり酒の魅力。

 炭酸の刺激を受け止めるやさしい甘味も上品。


 発泡性のにごり酒からイメージする豪快さではなく、奥ゆかしさを感じるお酒。



【山口県岩国市 八百新酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−12
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:50%


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2006年03月2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒」(2012年12月
「雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり」(2006年03月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2013年12月2012年10月2011年11月
「雁木 純米大吟醸無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」(2013年12月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米無濾過 西都の雫」(2013年06月2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月31日

獺祭 純米大吟醸 45

獺祭 純米大吟醸45 大みそかに祖父母の家にて飲む。

 純米大吟醸だけを醸す、独自のこだわりを持つ「獺祭」。

 その人気は海外に始まり国内にも広まって、各地の百貨店で行われる試飲販売では初日に完売してしまうほど。

 しかし、冬場だけでなく1年中仕込みを行う四季醸造の蔵なので、製造量は4400石と、十分な供給が可能。

 日本酒に親しみのない方たちへ話題を提供し、日本酒の世界への入口の1つとして活躍中です。



 この「獺祭 純米大吟醸45」は、精米歩合50%の純米大吟醸と、精米歩合39%の純米大吟醸を1対1の割合でブレンドしたお酒とのこと。

 (50+39)÷2=44.5≒45

 なるほど。


 冷温でいただきます。

 酸味を想起させるような果実香ではなく、イチゴのような、落ち着いた植物的な香り。

 クリアでややドライな酒質だからこそ、さりげない酸味や上品な苦味、アルコールの刺激がはっきりと感じ取れる。


 多くの人が「飲みやすい」と感じるお酒。

 ただ、この「飲みやすい」が「味気ない」につながる危険性がある。

 そのため、熱狂的ファンに支えられるお酒というより、あくまで入口・入門編という位置づけのお酒なのかもしれない。



【山口県岩国市周東町獺越 旭酒造】 純米大吟醸
 1800ml:3800(3990)円   720ml:1900(1995)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦   精米歩合:50%、39%
 酸度:1.5


「獺祭(だっさい)」の過去の記事
「獺祭 三割九分 発泡にごり スパークリング」(2006年11月
「獺祭 純米大吟醸50」(2011年01月
「獺祭 温め酒50」(2003年11月

rain_of_tears at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月15日

雁木 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟 (純米酒/純米大吟醸)5

雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ秋熟雁木 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ秋熟 池袋東武で試飲・購入。

 今日は父の誕生日。

 父子ともに大好きな「雁木」を開栓。

 季節限定酒の飲みくらべです。


 そういえば、2人の「雁木」との出会いは、2004年11月の京都、ヨラムさんのお店。

 あれから9年が経ったのか。 と、しみじみ回想する。

 2人とも、この9年間でお酒の味わいの許容範囲が広がってきた。 2人とも、少し丸くなりましたね。


 今回の「雁木」2種類は、約1年の熟成を経て少し丸くなったお酒。

 とはいえ、「雁木」らしいヤンチャさは健在。


 まずは純米酒バージョンを冷温でいただきます。

 ひとことで言えば濃醇!

 ひかえめながら、麹の香りがさわやか。 ヨーグルト様の乳酸の風味が主体で、豊かな甘味と旨味、強烈な酸味が凝縮されている。

 このボリューム感とさわやかさに、2人とも満足!



 次に純米大吟醸バージョンを冷温でいただきます。

 ハーブ・青竹を思わせるドライなイメージの吟醸香に、麹の香りが重なる。

 純米酒バージョンよりも洗練されて、ほっそりとした印象ながら、純米大吟醸らしからぬ豪快さが魅力。

 ぜい肉をそぎ落としながらも、筋肉質なイメージ。 上品な含み香の底流には、力強い酸味、さわやかな苦味が活きている。

 好バランスで飲みごたえのある純米大吟醸。



【山口県岩国市 八百新酒造
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2650(2782)円   720ml:1380(1449)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酵母:山口酵母9H   酸度:1.8

「雁木 純米大吟醸無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 500ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.9   日本酒度:+4
 原料米:山田錦   精米歩合:45%
 酸度:2.0


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2006年03月2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒」(2012年12月
「雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり」(2006年03月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2012年10月2011年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米無濾過 西都の雫」(2013年06月2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月21日

雁木 純米無濾過 西都の雫3

雁木 西都の雫 池袋東武で試飲・購入。

 2011BYから「雁木」シリーズの仲間入りを果たした「雁木 西都の雫」。

 2000年に登場した「雁木」は、今では蔵の出荷の9割を占めるほどにまで成長。

 しっかり酸を効かせた旨口酒が、少しずつ認知され、受け入れられるようになったんですね。

 また、蔵元が杜氏を兼任するようになって酒質が向上し、蔵の方針が一貫してきたことも大きな要因でしょう。


 今回の「雁木 西都の雫」は、1800ml・720mlともに300本ずつという少量生産・少量出荷のお酒。


 常温でいただきます。

 無濾過らしい、軽い色づき。 華やかな香りとは無縁の、穀物様のおだやかな香り。

 まろやかな口当たりで、甘味・旨味・酸味の調和が取れた味わいがスルリと流れてゆく。

 さりげない苦味が、マンゴーのようなトロピカルフルーツを連想させる。



 おだやかで、複雑で、個性的。 燗でも魅力を発揮する、野趣あふれる「雁木」らしい火入れ酒。



【山口県岩国市 八百新酒造】 純米酒(無濾過)
 1800ml:2330(2446)円   720ml:1180(1239)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:(麹米)山田錦(山口県産)、(掛米)西都の雫(山口県産)
 精米歩合:60%   酸度:1.8   アミノ酸度:1.5


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2006年03月2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒」(2012年12月
「雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり」(2006年03月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2012年10月2011年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米無濾過 西都の雫」(2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月07日

雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒5

雁木 純米無濾過生原酒 初搾り 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 最後には大好きなお酒たちを飲みたいなあ。

 ということで、「雁木 純米無濾過生原酒」と「大治郎 純米生」の濃醇コンビを堪能します。

 「雁木」は、小林社長が杜氏を兼務するようになってから、良くも悪くも、ヤンチャな酒質が洗練されてきた。

 今回のしぼりたてのお酒も、荒々しい印象ではなく、キレイな印象。

 さわやかな麹の香りで、みずみずしい甘味・酸味が楽しめる。

 ボリューム感があるのに、さわやかな香味と切れの良さのおかげで、クリアで軽い後口。

 冷温から常温に近づいてくると、余韻にはお米らしいおだやかな雰囲気が出てくる。

 うーん、みごとなバランス・総合力。 やっぱりすごいお酒です。



【山口県岩国市 八百新酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1280(1344)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:2.1   アミノ酸度:1.6


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2012年10月2011年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米酒 西都の雫」(2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月26日

雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟5

雁木 純米 おりがらみ秋熟2012 大森の「吟吟」にて飲む。

 以前、何度か一緒に飲んでセバさんもお気に入りになった「雁木」。

 「何回か飲んでるけど、『雁木』はおぼえているよ」とのこと。

 今回のお酒は、「雁木」シリーズでもっとも濃厚な商品だ。

 燗はもちろん、冷温でじゅうぶんに楽しめる万能型。


 今日は冷温でいただきます。

 生酒らしい麹の香りがさわやか。 さらには、枝豆・はちみつのような苦味・甘味を感じさせる香りも含まれている。

 コッテリと濃厚な口当たりで、豊かな甘味・旨味から、酸味・苦味が追いかけてきて複雑・濃醇。 飲みごたえ抜群だ。


 「やっぱり『雁木』はうまいなあ。」

 濃醇酒が好きなセバさんのひと言に、このお酒の魅力が詰まっている。



【山口県岩国市 八百新酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2650(2782)円   720ml:1380(1449)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酵母:山口酵母9H   酸度:1.8


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」(2011年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米酒 西都の雫」(2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

貴 特別純米 ひやおろし2

貴 ひやおろし 大森の「吟吟」にて飲む。

 「わかむすめ 新」と「貴 ひやおろし」の山口県コンビからスタート。

 プリンスメロンのような、甘味の少ない、苦味を想起させるスッキリとした香り。

 火入れされたお酒は変化が遅いから、半年の熟成しか経ていない現在では、まだまだ若々しい印象。

 甘味が少ないぶん、引き締まった酒質で、軽快な飲み口。 酸味・苦味が活躍して、後口も爽快。

 派手な「わかむすめ 新」とくらべると、加水・火入れの「貴 ひやおろし」は、どうしてもインパクトで負けてしまう。

 ただ、きっと熟成によってさらに伸びてくるんだろうと思わせる、落ち着いた味わいは見逃せない。



【山口県宇部市 永山本家酒造場】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.6


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 (↑2012年10月2011年06月2009年01月2008年01月
   2007年01月2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」
 (↑2012年06月2011年06月2010年04月
「貴 純米吟醸 雄町50 中取り 無濾過生原酒 おりがらみ」
 (↑2012年05月
「貴 純米吟醸 山田穂」(2012年10月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

わかむすめ(和可娘) 新(にゅう) 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり 山田錦3

わかむすめ 純米吟醸 無濾過生原酒 大森の「吟吟」にて飲む。

 セバさん、たつ兄と、3人で決起集会。

 集合時間までに余裕があったので、近くの大森貝塚や資料館などを訪れました。

 そしていよいよ、おいしいお魚とお酒が楽しめることで評判の、大森「吟吟」へ。

 まずは、「わかむすめ 新」と「貴 ひやおろし」の山口県コンビからいただきます。

 「わかむすめ」、久しぶりに見る、そして飲むなぁ。 そう思って、過去の記事を検索。 杜氏を兼務する(唯一の蔵人の)、新谷社長が池袋東武に来店したのは、もう2年前のことだったのか。


 うすにごりタイプで、グラスがうっすらと白くなる。 「わかむすめ」らしい、さわやかな麹の香りがただよう。

 今回のお酒も、レーズンバターサンドのような香味だ。 豊かな甘味・旨味のなかで酸味・苦味が活躍する。

 ボリューム感のある甘酸っぱいお酒で、飲みごたえがあって、しかもさわやか。 濃醇なお酒を好むセバさんもお気に召したようすでした。



【山口県山口市 新谷酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3800(3990)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−8
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:2.1


「わかむすめ(和可娘)」の過去の記事
「わかむすめ 純米無濾過生原酒 あらばしり」(2010年11月

rain_of_tears at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月06日

五橋 木桶仕込み 生もと純米2

五橋 木桶仕込み 生もと純米 池袋西武で試飲・購入。

 岩国の名勝、5つのアーチからなる木造橋の錦帯橋から名付けられた「五橋」。

 池袋西武での試飲販売は今回が初。

 試飲会で何度も飲んでいるものの、購入してじっくり飲むのも初めてだ。


 まずは常温でいただきます。

 ヨーグルト様の乳酸菌由来の香り。 青いバナナや石けんを思わせる香りもある。 香りの雰囲気は、秋田「飛良泉 山廃純米」に似ている。

 酸味が勝った口当たりで、木の香りがわずかに感じられる。 ドライで酸っぱい味わいに苦味も効いて、ボリュームは中庸ながら個性的。

 枝豆のような香味の余韻は、ゆっくりとはじめのバナナの香りにもどってゆく。


 温めてみても印象は大きく変わらなかった。 燗映えするタイプではなかったものの、常温〜ぬる燗で安定した味わいが楽しめるお酒だ。



【山口県岩国市 酒井酒造】 純米酒(生もと)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2.5
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)イセヒカリ〔ともに山口県産〕
 精米歩合:70%   酸度:2.2   アミノ酸度:1.7


「五橋」の過去の記事
「五橋 純米酒」(2008年10月試飲会2005年11月試飲会
「五橋 生もと純米酒」(2008年10月試飲会
「五橋 純米吟醸 西都の雫」 (2008年10月試飲会

rain_of_tears at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月03日

貴 純米吟醸 山田穂 / 貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒4

貴 山田穂貴 特別純米 無濾過生 池袋東武で試飲・購入。

 池袋東武の冷蔵オープンケースに定期的に入荷していた、そのたびに購入していた「貴」。

 そんな「貴」が、初めて池袋東武で試飲販売。

 しかも、杜氏・蔵元(専務)の貴博さんが来店。

 いろいろ試飲させていただき、初めて飲んだ「貴 純米吟醸 山田穂」を購入。

 ちょうど開栓していた「貴 特別純米 生」と飲みくらべてみよう!


 まずは、「貴 純米吟醸 山田穂」から。

 吟醸香のない、お米の味を前面に出したタイプ。

  ドライな飲み口で、良くも悪くも泥臭い、野暮ったい味わいが広がる。 野趣あふれるお酒だ。

 その魅力は、常温〜ぬる燗でいっそう引き立つ。 温めると、鶏の空揚げにピッタリ。 脂を受け止め、そしてサッと洗い流す。

 冷めぎわのさりげない吟醸香も魅力。 ゆでたスナップエンドウに合う。


 次に、「貴 特別純米 生」。

 常温に近づくにつれて、お酒に閉じこめられた炭酸が現れてくる。

 さわやかな麹の香りに、なめらかな口当たり。 濃厚な甘味・旨味がインパクト大。 ストレートで力強い味わいが好み。


 おだやかな「貴 山田穂」、パンチ力のある「貴 特別純米 生」。 異なる個性で、それぞれが魅力的だ。



【山口県宇部市 永山本家酒造場】
「貴 純米吟醸 山田穂」
 純米吟醸(無濾過)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3619(3800)円   720ml:1809(1900)円
 アルコール度数:16.8   日本酒度:+6
 原料米:山田穂(兵庫県産)   精米歩合:50%
 酸度:1.7


「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦・八反錦   精米歩合:60%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6   アミノ酸度:1.0


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2009年01月2008年01月2007年01月
   2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」
 (↑2012年06月2011年06月2010年04月
「貴 純米吟醸 雄町50 中取り 無濾過生原酒 おりがらみ」
 (↑2012年05月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月11日

貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦3

貴 純米吟醸 無濾過生原酒山田錦 池袋東武で見かけて購入。

 早春に購入し、夏まで常温で熟成させていたものを、花火大会で開栓。

 冷やした状態でいただきます。

 しぼったお酒をそのままビン詰めした「貴」の無濾過生原酒シリーズらしく、開栓とともにお酒の中から炭酸が出てくる。

 リンゴ・ミント様のスッキリとした香りに、麹の香り、生熟成らしいナッツ様の香りも重なって複雑な印象。

 口当たりのさわやかな酸味には、上質な苦味がひそんで、より爽快感が引き立つ。


 常温に近づくにつれて、おだやかな旨味もふくらみ、熟成感も前面に出てくる。 やきそば・やきとりに負けない、油気をサッと洗い流す力のある、中庸〜濃醇タイプの食中酒だ。



【山口県宇部市 永山本家酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3100(3255)円   720ml:1550(1628)円
 アルコール度数:16.8   日本酒度:+3
 原料米:山田錦   精米歩合:50%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2009年01月2008年01月2007年01月
   2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」
 (↑2011年06月2010年04月
「貴 純米吟醸 雄町50 中取り 無濾過生原酒 おりがらみ」
 (↑2012年05月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月30日

カネナカ 生もと純米3

カネナカ 生もと純米 五反田の「日本酒酒場 それがし」にて、セバさんと飲む。

 「金冠黒松 協会八號酵母 80%精米 純米酒」と同時に注文したのが、この「カネナカ 生もと純米」。

 くしくも、「金冠黒松」と「カネナカ」は両方とも山口県の蔵。

 西日本のお酒好きのよっしん、なかでも山口県は特に好きな県の1つだ。

 「雁木」、「貴」、「東洋美人」、「わかむすめ」などなど。 山口県から魅力的なお酒が次々に登場するようすは、まるで幕末の志士たちのよう。

 この「カネナカ」は、見るのも飲むのも初めてながら、山口県ということで期待が高まる。


 まずは冷温でいただきます。

 バナナ・ヨーグルトを思わせる、やさしくやわらかい香り。 空気中の乳酸菌を利用した生もと造りにみられる、乳酸のニュアンスだ。

 この雰囲気、好きだなあ。

 常温に近づくにつれて、さりげない甘味・酸味が顔を出してくる。 きっと、温めたらさらに変化する。 そんな気配がある。


 ということで、2合目は燗でいただきます。

 まろやかな口当たりで、お米らしい雰囲気を帯びたおだやかな旨味がゆっくりと広がる。 乳酸がリードして、酸味もより引き立つ。

 飲みごたえがあって、それでいて、強烈な自己主張はないから、スルスルと飲める。 好みのバランス・味わいだ。

 「これ、良いね〜!」

 思わず2人でハモってしまった。


【山口県周南市 中島屋酒造場】 純米酒(生もと
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+6
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)五百万石
 精米歩合:(麹米)55%、(掛米)60%
 酵母:協会7号系   酸度:1.7   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

金冠黒松 協会八號酵母 80%精米 純米酒2

金冠黒松 協会八號酵母 五反田の「日本酒酒場 それがし」にて、セバさんと飲む。

 ストレートな「奥播磨 山廃純米」の次は、変化球ということで、「金冠黒松」の8号酵母のお酒。

 酸が出やすい協会8号酵母といえば、現代の嗜好に合わないという理由で1978年に頒布が停止された酵母。

 しかし、その「現代」も昭和の話。 個性的なお酒が評価されるようになった21世紀、この8号酵母を復活使用する蔵が増えてきている。

 長期熟成バージョンは、ヨラムさんのお店でも飲んだことがあるけれど、新酒ではどんな味なんだろう。

 おとなしいものの、さりげなく穀物らしさや酸味を想起させる香りがある。

 雑味とも旨味とも取れる複雑な味を、強めの酸がキュッと引き締める。

 味わいの面白さのわりに、後口軽くあっさりとしているところは、低精白のお酒ならでは。

 セバさん「これは個性的だね」。
 よっしん「酸っぱくて良いね〜」。

 という好印象でスタートしたものの、2人とも、飲み続けたいと思うほどの感動には至らず。 きっと、同時に注文・到着した「カネナカ」に感動してしまったことが原因だと思う。


【山口県岩国市 村重酒造】 純米酒
 1800ml:1800(1890)円   720ml:900(945)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+8
 原料米:五百万石、ヤマホウシ   精米歩合:80%
 酵母:協会8号   酸度:2.3


「金冠黒松」の過去の記事
「金冠黒松 純米無濾過原酒 長期熟成 協会八號酵母」
 (↑2011年03月

rain_of_tears at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月20日

貴 純米吟醸 雄町50 中取り 無濾過生原酒 おりがらみ3

貴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 池袋東武で見かけて購入。

 「貴」の通常商品を常備し、季節限定商品も随時入荷する池袋東武。

 今回の「貴 雄町 生」も、冷蔵ケースに入っているところを発見して、まよわず即購入。

 写真からも見てわかる(?)ように、ビンの底がうっすらと白くにごっている。

 開栓して、まずはうわずみを飲んで、それからにごり部分を混ぜて飲もう。 そんな予定を思い描きながら開栓する。

 すると、シュワシュワ・・・と、ビン内から次々に炭酸が湧き上がる。

 おおー、注意書きがなかったので油断していた! あやうく噴きこぼれるところだった。 さすが、元気の良い「貴」です。

 底にわずかに沈んでいたにごり部分が、元気な炭酸に舞い上げられて、お酒全体がうっすらとにごってゆく。

 あれ? 想像以上ににごった。 しばらく、うわずみは飲めそうにない。


 予定とは異なる展開におどろきつつも、しかたない(がまんできない)! にごった状態でいただきます。

 お米の香りに、マスカット様の涼やかかな香りもひそむ。

 第一印象は、お米らしさあふれる太い味わい。 しだいに、おだやかな旨味や、乳酸の雰囲気も感じられるようになってくる。

 この分厚い味わいが「貴」の魅力ですね〜。 うまし!

 冷えた状態では、炭酸も手伝ってさわやかな飲み口。 温めて炭酸が抜けると、パワフル。 サラサラとした米粒の感触も目立ってくる。

 温度によって大きく表情が変わるお酒。 ただ、その根底には、ドライで切れ味鋭い酒質が貫かれている。

 色々と試してみて、好みの温度帯を探ってみる面白さがある。



【山口県宇部市 永山本家酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:16.8   日本酒度:+6
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2009年01月2008年01月2007年01月
   2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」
 (↑2011年06月2010年04月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月01日

雁木 純米無濾過 西都の雫3

雁木 西都の雫 池袋東武で試飲・購入。

 以前、レトロなラベルで発売していた「錦乃誉 純米酒 西都の雫」が、「雁木」ブランドとしてリニューアル。

 山田錦で統一していた「雁木」ブランドに、山口県生まれの西都の雫が新規参入。

 山田錦・無濾過の「雁木」に、フィルター処理の「雁木 純米吟醸」(緑ビン)が参入したとき以来の衝撃です。

 まずは常温でいただきます。

 常温熟成を経ていて、軽い色づき。

 香りは落ちついていて、きなこ、味噌、山菜のような雰囲気。

 お米らしいおだやかな旨味を基調とした酒質ながら、苦味を帯びた甘味・酸味には、マンゴーのようなトロピカルなイメージもある。


 燗にすると、酸味の強さとやわらかい飲み口がみごとに調和する。

 まろやかに流れて余韻にお米らしい雰囲気を残すところに、山田錦とのちがいを感じる。 良くも悪くも洗練されていない、野趣を感じるお酒だ。


【山口県岩国市 八百新酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+5
 原料米:西都の雫(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:2.1


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」(2011年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月10日

雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟5

雁木 おりがらみ 秋熟 池袋東武で試飲・購入。

 「西日本の酒まつり」に、今年も「雁木 秋熟」がやってきた。

 都合により池袋東武で今まで「錦乃誉 秋熟」として発売されていたものの、もともとは「雁木 秋熟」という商品。

 1年ぶりの再会。

 待っていたよ〜! ということで、迷わず購入。

 「雁木」シリーズは、地元産の山田錦による純米酒。 とくに、麹の風味とお米の旨味を活かした無濾過生原酒が魅力だ。

 小林社長が杜氏を兼任するようになった2007BYから、「雁木」の酒質はさらに洗練されてきている。

 ただ、その引き換えに、荒々しい個性がひかえめになったことは少しさびしい。

 この「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」は、「雁木」の魅力であるヤンチャさをいちばん体現しているお酒。

 生酒らしいフレッシュな麹の香り。 そこに、熟成で生まれただろう、枝豆のような雰囲気が重なる。

 コッテリと濃厚な口当たりで、みずみずしい酸味が活躍する。

 甘味・旨味・酸味・苦味がギッシリ詰まっていて、飲みごたえ抜群。 濃醇なのに、しっかり味が切れて、ドライな雰囲気で締まる。

 温めても、そのままの常温でも、冷やしても。 それぞれの温度帯で個性・魅力が発揮される。

 う〜ん、やっぱり「雁木」って良いなあ。


【山口県岩国市 八百新酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2650(2782)円   720ml:1380(1449)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酵母:山口酵母9H   酸度:1.8


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年08月13日

雁木 スパークリング3

雁木 スパークリング お盆に、祖父母の家に持参して飲む。

 まずは乾杯用に、「雁木 スパークリング」。

 このお酒は、蔵のラインナップでも異例の存在。

 「雁木」の八百新酒造はもともと入蔵が遅く、年明けから仕込みを開始する蔵。

 ところが、新商品「雁木 スパークリング」だけは、クリスマス・年末年始に合わせてフライングで仕込む。

 日本酒らしさを基調としながらも、やや甘め・うすにごりタイプにした、少し変化球・遊び心を取り入れた活性・発泡酒。

 スパークリングといっても、宮城「一ノ蔵 すず音」や奈良「春鹿 ときめき」といった低アルコール・超甘口・強酸タイプのお酒とはまたちがう。


 うっすらとにごったお酒の中に、やわらかく溶けて形を失った小さな米粒たちが見える。 バナナ様の、やわらかく華やかな香りが吟醸酒らしい。

 バナナ様の香りとともに、やさしい甘味から入る。 炭酸の刺激と、酸の存在のおかげで、甘口一辺倒にならにならない。

 甘いと思っても、次のひと口に進んでしまう、意外な軽さがある。 香味のさわやかさが成せる業だ。


【山口県岩国市 八百新酒造】 純米吟醸(発泡、無濾過、生、原酒)
 720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−12
 原料米:山田錦   精米歩合:50%
 酵母:山口酵母9H


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月24日

貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦3

貴 純米吟醸 無濾過生原酒 池袋東武で購入。

 「貴 夏純米 発泡にごり」、「貴 特別純米 無濾過生原酒」を開栓したら、このお酒も開栓したくなるでしょう。

 一気に3種類を開栓・飲みくらべ!

 このお酒もまた、開栓後まもなく炭酸が出てくる。 元気なお酒たちですね〜。

 お米の香りは少なく、ミント・果実様のフレッシュな香り。

 なめらかな口当たりとキレイな味わいに、お米をしっかり磨いたお酒の上品さが感じられる。

 さわやかな酸味・苦味があって、スッキリ・晴れやかなイメージ。

 最初の2つとくらべるとボリュームは小さめながら、さりげない旨味や特徴的な酸味・苦味など、楽しめる要素がたくさんある。

 常温〜ぬる燗と温度を上げて、いちばん変化が大きかったことも特筆もの。 果実様の香りがおさまり、おだやかな旨味がふくらむ。

 さすが「貴」。 このお酒も良いね〜。


【山口県宇部市 永山本家酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3100(3255)円   720ml:1550(1628)円
 アルコール度数:16.8   日本酒度:+3
 原料米:山田錦   精米歩合:50%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
(↑2011年06月2009年01月2008年01月2007年01月
  2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」(2010年04月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

貴 特別純米 直汲60 無濾過生原酒4

貴 特別純米 無濾過生原酒 池袋東武で購入。

 春に購入していたものを、「貴 夏純米 発泡にごり」とともに開栓。

 発泡とは明記していないものの、「貴 特別純米 直汲60」も炭酸を含んでいて、グラスに注ぐとしだいに炭酸が現れる。

 なめらかな口当たりながら、インパクトは濃厚かつ強烈。

 うすにごりのお酒のような、ストレートなお米の旨味がある。 酸も力強く、スケールの大きな味わいを見せる。

 そして、この蔵特有の苦味が全体を締めて、おだやかな余韻を残す。

 パンチ力のある、飲みごたえのあるこのお酒、やっぱり好きだなあ。


【山口県宇部市 永山本家酒造場】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦・八反錦   精米歩合:60%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6   アミノ酸度:1.0


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
(↑2009年01月2008年01月2007年01月2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」(2010年04月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

貴 夏純米 発泡にごり3

貴 夏純米 発泡にごり 池袋東武で購入。

 「貴」は、池袋東武に定期的に入荷される。 そのたびに、試飲しない(試飲できない)にもかかわらず、迷わず購入してしまう。

 「貴」なら、「貴」だから、きっとおいしい。

 それほど、「貴」に対する信頼は篤い。

 「貴」は普通の生酒でも発泡性があるけれど、発泡を明言したこのお酒は初めて見る。

 気をつけて開栓するも、難なく開栓。 炭酸はひかえめで、微発泡タイプのお酒だ。 さらにいえば、にごりといっても、うすにごり程度だ。

 このひかえめなところは、きっと、爽快感を持たせながらも重く・きつくならないようにという、意図的な酒質だろう。

 甘味は少なめの軽快な飲み口で、微炭酸がさわやかさを引き立てる。

 もちろん、単に味の薄い淡麗な酒質ではない。 中盤以降は穀物らしい旨味が感じられて、お米のお酒らしさが前面に出てくる。


 ここで禁断のワザを使用。 燗にして、あえて炭酸を抜き、素顔を見てみよう。 すると、燗映えするドライな純米酒の姿があった。

 奇をてらわない、ほんのちょっと趣向を変えただけの素直なお酒だ。

 出発点が同じで、終着点が若干ちがうという点では、野球でいうツーシーム・ファストボールのような存在。


【山口県宇部市 永山本家酒造場】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.6


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
(↑2009年01月2008年01月2007年01月2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」(2010年04月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月

rain_of_tears at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月16日

錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 槽口から滴るそのままのお酒

錦乃誉 槽口 池袋東武で試飲・購入。

 「地方の小さな蔵の隠れた地酒まつり」にて、見たことのない商品名を発見。

 「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 槽口から滴るそのままのお酒」。 長〜い!

 あぁ、毎年春に出荷する「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 朝しぼり」のことか。

 「錦乃誉 無濾過生原酒」シリーズは毎年ちがった味わいになるから、なかなか比較できない。

 今回のお酒は、炭酸の残った爽快で刺激的な飲み口。 ブドウ・ミント様の香りがこの蔵に一貫した個性。

 強い酸だけでなく甘味・旨味も存在感があって、およそ一般的な純米大吟醸とは言いがたい。

 麹の風味がサラリとドライな印象をつくっていて、余韻はさわやか。

 やっぱり八百新酒造、みずみずしくボリュームのあるお酒。 うまし!


【山口県岩国市 八百新酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 500ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:50%
 酸度:2.0


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月06日

東洋美人 純米吟醸 山田錦3

 月島のもんじゃ焼き屋さん「だるま」にて飲む。

 宮城「勝山」の次は、山口「東洋美人 純米吟醸」。

 現在応援中の東北のお酒だけでなく、「東洋美人」も置いているとは、さすが「だるま」。

 「勝山」と同様、香味のバランスの取れたタイプで、多くの人に受け入れられそう。 さわやかな吟醸香の下で、やさしく上品な甘味と、さりげない旨味が静かに広がってゆく。

 キレイなお酒ながら、お米らしさも感じられる。

 やっぱり、「東洋美人」って良いなあ。


【山口県萩市 澄川酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2800(2940)円
 アルコール度数:15.6   日本酒度:+5
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会7号系自社酵母   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2


「東洋美人」の過去の記事
「東洋美人 純米吟醸生 雄町」(2007年12月
「東洋美人 純米吟醸 西都の雫」(2009年04月
「東洋美人 純米吟醸 無濾過生詰 愛山」
 (↑2006年11月2004年11月
「東洋美人 純米吟醸 レトロ」(2010年12月09月

rain_of_tears at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月28日

雁木 ひとつ火3

雁木 ひとつ火 池袋東武の日本酒BAR「楽」にて飲む。 写真は家で飲んだ際に撮ったもの。

 「雁木 スパークリング」で乾杯した後は、「雁木 ひとつ火」を燗で。

 荒々しさを残しながらもフレッシュで力強い「雁木 生」に対し、燗に向くのが火入れタイプの「雁木」。

 お米由来の香りが中心で、かすかにぶどう様の雰囲気も感じられる。

 熟成を経た、ややねっとりとした口当たりで、伸びやかな旨味が魅力的。 力強い酸が鋭く味を切るところも秀逸。 さすが「雁木」!


【山口県岩国市 八百新酒造】 純米酒(無濾過)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会9号系   酸度:1.8


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2004年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2005年07月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

雁木 スパークリング

雁木 スパークリング 池袋東武の日本酒BAR「楽」にて飲む。 写真は家で飲んだ際に撮ったもの。

 久しぶりにセバさんと飲む機会ができた。

 池袋東武のお酒たちからリストがつくられる「楽」。 まずは「雁木 スパークリング」で乾杯だ。

 スパークリングといっても、宮城「一ノ蔵 すず音」や奈良「春鹿 ときめき」といった低アルコール・超甘口・強酸タイプのお酒ではない。

 あくまで、日本酒らしさを基調としている。

 うっすらとにごったお酒の中に、やわらかく溶けて形を失った小さな米粒たちが見える。 バナナ様の、やわらかく華やかな香りが吟醸酒らしい。

 バナナ様の香りとともに、やさしい甘味から入る。 炭酸の刺激と、酸の存在のおかげで、甘口一辺倒にならにならない。

 甘いと思っても、次のひと口に進んでしまう、意外な軽さがある。 香味のさわやかさが成せる業だ。


【山口県岩国市 八百新酒造】 純米吟醸(発泡、無濾過、生、原酒)
 720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−12
 原料米:山田錦   精米歩合:50%
 酵母:山口酵母9H


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
    2004年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2005年07月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」(2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月01日

貴 蔵付天然酵母 山廃純米 雄町/貴 濃醇辛口80 純米酒4

貴 山廃純米 雄町 池袋東武で購入。

 池袋東武はここ数年、山口「貴」を数種類常備している。

 「貴」は、フレッシュで濃醇な生原酒と、燗で楽しめるリーズナブルな火入れ・加水酒の、どちらも食中酒として魅力的。

 今回は火入れ・加水タイプの2種、「貴 山廃純米 雄町」と「貴 濃醇辛口純米」を飲みくらべてみよう!

 どちらも2008BY。 2年以上の常温熟成を経ている。

貴 濃醇辛口80 純米酒 まずは常温で。

 ソフトでクリーミーな「貴 山廃 雄町」にくらべて、ドライでお米らしさがストレートに伝わる「貴 濃醇辛口」。

 「貴 山廃 雄町」はどこかひかえめな印象で、それに対して「貴 濃醇辛口」はしっかりと自己主張がある。 常温なら後者のほうが好みだなあ。

 では、ぬる燗ではどうだろう?

 「貴 山廃 雄町」は、隠れていたふくよかな旨味が現れて、クリーミーな飲み口にさらに幅を加える。 「貴 濃醇辛口」も、さりげない旨味がじわじわと効いてくる。

 う〜ん、どちらもうまし!

 これはまさに好みの問題だけれど、ぬる燗では、やさしい雰囲気が引き立つ「貴 山廃 雄町」のほうが好きだなあ。

 山廃と速醸という差はもちろん、雄町と山田錦という差も大きい。

 冷温から燗まで、楽しめる温度帯は広いが、バランス型なぶん、決め手に欠けてしまう山田錦。 変化が激しく扱いにくいものの、ベストの温度では他の温度にはなかった表情を見せる雄町。

 こういう飲みくらべをすると、自分がいかに雄町好きなのかがわかる。 おもしろい経験でした。


【山口県宇部市 永山本家酒造場】
「貴 蔵付天然酵母 山廃純米 雄町」 純米酒(山廃)
 好み度:★★★★
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+2
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:60%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:1.8

「貴 濃醇辛口80 純米酒」 純米酒
 好み度:★★★
 1800ml:2000(2100)円   720ml:1000(1050)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+10
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:80%
 酵母:山口9号系   酸度:1.7


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
(↑2009年01月2008年01月2007年01月2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」(2010年04月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2005年01月

rain_of_tears at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数