奈良のお酒

2013年12月07日

百楽門 長期熟成酒 無濾過 1987年度醸2

酒茶論20131207b

 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

酒茶論20131207c


 26年の熟成を経たお酒は、ビンの中では赤褐色をしているものの、グラスに注ぐと意外と明るい黄金色。

 酸味を想起させるドライフルーツ様の香りと、甘い熟成香が豊か。

 しっとりとなめらかな口当たりで、落ち着いた甘味が続く。

 香味ともに意外と複雑さはなく、後口のアルコールの刺激が印象的。


 味や余韻よりも、グラスに広がる熟成香を楽しむ古酒かもしれない。



【奈良県御所市 葛城酒造】 本醸造(無濾過、原酒、古酒)
 720ml:4286(4500)円
 アルコール度数:18.7   日本酒度:−6
 原料米:アケボノ(奈良県産)   精米歩合:70%
 アミノ酸度:2.6


「百楽門」の過去の記事
「百楽門 長期熟成酒 無濾過 1987年度醸」(2012年05月

rain_of_tears at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月07日

春鹿 純米吟醸 封印酒2

春鹿 封印酒 池袋東武で試飲・購入。

 祖父母の家にて、3人の合同誕生祝いで飲む。

 日本名門酒会オリジナル限定品「春鹿 純米吟醸 封印酒」がリニューアル。

 黒い紙袋から山吹色の紙袋になって、重厚なイメージから明るいイメージになりました。

 他の蔵の封印酒たちも変わったみたいです。

春鹿 封印酒 もちろん、香味のバランスの取れた酒質は健在。

 1年半の熟成を経たお酒は、淡い黄金色。

 さくらんぼのような香りに、米粉・栗のような香りが重なる。

 まろやかな口当たりで、やさしい甘味とおだやかな旨味が調和する。


 冷やしてさくらんぼのような酸味を引き立てるもよし。 常温〜ぬる燗でおだやかな旨味を引き出すもよし。

 バランスの良い、上質な純米吟醸です。



【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米吟醸
 1800ml:3100(3255)円   720ml:1550(1628)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+0
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:55%
 酵母:自社酵母   酸度:1.4   アミノ酸度:1.1


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2012年04月2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2011年09月2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 純米吟醸生原酒」(2012年05月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」
 (↑2013年08月2012年10月2009年08月2008年12月
「白滴 而妙酒 純米吟醸」(2012年04月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月27日

長龍 月日重ねて 長期熟成酒 1992年醸造2

長龍 月日重ねて 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 3種類の飲みくらべセットのうちの2つめが、「長龍 月日重ねて」。

 1992年醸造・・・20年熟成!

 20年も熟成を経ているとは思えない、明るいコハク色。 きっと低温でゆっくり熟成したんですね。


 常温でいただきます。

酒茶論 (達磨正宗、長龍、義侠)
 「長龍 月日重ねて」は中央。

 焦げたような香りはなく、温野菜のようなやさしい甘味・旨味が魅力。

 アルコールの濃さからくる刺激が印象的で、のど越しは若いお酒の雰囲気。

 1992年生まれの人たちに飲んでもらいたい、日本酒観を広げてくれるおもしろい熟成酒。



 調べてみたところ、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2009の「SAKE部門」古酒の部でゴールドメダルを獲得したお酒とのこと。

 コンテストに積極的に出品する蔵なんですね。



【奈良県北葛城郡広陵町 長龍酒造】 本醸造(原酒、古酒)
 500ml:3000(3150)円   180ml:580(690)円
 アルコール度数:19.5   日本酒度:±0
 原料米:アケボノ(奈良県産)   精米歩合:65%
 酸度:1.9   アミノ酸度:2.1

rain_of_tears at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月21日

春鹿 発泡性純米酒 ときめき3

春鹿 ときめき 有楽町の東京フォーラム地下「」にて飲む。

 「宝」は、

 宮城「浦霞」、山形「大山」、栃木「開華」、岐阜「久寿玉」、京都「白嶺・酒呑童子」、奈良「春鹿」、岡山「嘉美心」、高知「司牡丹」、大分「西の関」

 の9蔵が共同して経営に参加しているお店。

 各蔵のお酒はもちろん、各蔵がある地域の郷土料理も楽しめるのが魅力。


 このお店・このお酒は、初めてスカイツリーに行った2012年10月以来、10か月ぶり。


 今日も軽食とともにサラリと「春鹿 ときめき」をいただきます。

 細かい炭酸がはじけるたびに、甘くさわやかな香りが広がる。 豊かな甘味から入り、強い酸味と炭酸がスッキリと締める。

 シャンパンのような味わいの低アルコール酒で、日本酒になじみのない人にも挑戦してもらいたい。


宝 つきだし
 ひとつひとつが、日本酒に合うように考えられています。

宝 カツオのたたき
 「司牡丹」のある高知県の名物、カツオの塩たたき。 このお店の大人気・定番メニューで、ついつい食べたくなります。

 この厚切りのカツオを豪快にほおばると、香ばしさが鼻を抜け、カツオの旨味が口中に広がります。


宝 出し巻き玉子
 こちらもビッグサイズの、出し巻き玉子。 玉子焼き、実にお酒に合います。

宝 奈良漬クリームチーズ
 「春鹿」のある奈良市の名物を利用した、奈良漬けクリームチーズ。

 「春鹿」+「春鹿」の酒粕+チーズ。 発酵トリオが深い味わいをつくり上げます。



【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米酒(発泡、にごり)
 300ml:520(546)円
 アルコール度数:6.5   日本酒度:−80
 原料米:日本晴   精米歩合:70%
 酸度:5.5   アミノ酸度:1.5


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2012年04月2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2011年09月2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 純米吟醸生原酒」(2012年05月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」
 (↑2012年10月2009年08月2008年12月
「白滴 而妙酒 純米吟醸」(2012年04月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月05日

鷹長 菩提もと 純米酒 生3

鷹長 菩提もと 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 甘いお酒を好むYさんにも合うお酒ということで、「鷹長 菩提もと」。

 前回いろいろな温度で飲んで、このお酒の個性をいちばん引き出せるのが冷温〜常温とわかった。

 なので今回は冷温でいただきます。


 さわやかな麹の風味と、梅・リンゴ・はちみつのような甘酸っぱい香味が個性的。 濃厚な甘味と、鮮烈な酸味が魅力的。

 余韻には木を思わせる香りもあって、ドライな雰囲気もある。



 このお酒もまた、お酒単体で楽しめる実力がある。

 Yさんも納得の、濃厚で個性的なお酒。



坐唯杏 チーズ
 チーズの味噌漬け。

 チーズ(発酵もの)+味噌(発酵もの)+お酒(発酵もの)。 それぞれがケンカせずに調和するところがおもしろい。



【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−16
 原料米:ヒノヒカリ(奈良市菩提仙町産)   精米歩合:60%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.0   アミノ酸度:2.9


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2012年09月2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 笊籬採り 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年06月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2013年01月、2010年03月[1][2]
「風の森 純米 真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「鷹長 菩提もと 純米酒 生」(2012年11月2011年04月
 「風の森」油長酒造は、全国でもめずらしいほどの硬水で仕込む。 全量を無濾過生原酒で出荷し、しかもお手ごろ価格という、非常に個性的な蔵。


rain_of_tears at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月07日

神韻 純米酒3

神韻 池袋東武13階の「縁(えにし)」にて飲む。

 自慢の鶏料理がおいしいのはもちろん、山口「雁木」や石川「宗玄」、秋田「飛良泉」などしっかり味のある食中酒を置いていて、お気に入りのお店。

 池袋で鶏好きの人を案内する時、雨にぬれたくない時などに重宝します。

 と言いながら、日本酒日記に登場するのは初めてですね。


 今回は、初めて目にする銘柄、奈良の「神韻」を注文。

 「都姫」増田酒造で、平城京遷都1300年を迎えた2010年に新登場した銘柄とのこと。


 冷温でいただきます。

 おだやかで落ち着いた香りの中に、リンゴのような芳香も感じられる。

 密度を感じるやわらかい口当たりながら、飲み口はドライでお米らしい旨味が際立つ。 木を思わせるような含み香もある。


 なんだこれ!? おいしい!!


 京都「蒼空」に出会った時や、先日の福岡「若波 純米吟醸」に出会った時のような衝撃を受けました。

 甘さすら想起させる立体感ある味わいと、それでいてドライという不思議なバランス、木を思わせる雰囲気が、きっとよっしんの好みにピタリとハマったのでしょう。


 奈良・天理の「神韻」。

 他のバージョンも飲んでみたい、気になる蔵です。



【奈良県天理市 増田酒造】 純米酒
 1800ml:2200(2310)円   720ml:1143(1200)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+9
 原料米:美山錦   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.9

rain_of_tears at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月21日

三諸杉 菩提もと 純米3

三諸杉 菩提もと 池袋西武で試飲・購入。

 三輪山のふもと、大神神社の参道に蔵を構える「三諸杉」。

 お酒づくりの神様をまつる神社のふもとの酒蔵。 1660年創業という古さも手伝って、すごみがありますね。

 大神神社を訪れたものの、蔵に立ち寄るチャンスを逃してしまったのが2011年春。

 20代の若い蔵元が来店した今回、ようやく試飲する機会に恵まれました。


 「三諸杉 純米吟醸 露葉風」など、通常商品も好印象ながら、購入したのは「三諸杉 菩提もと」。

 「清酒発祥の地」正暦寺で生まれた、室町時代の製法「菩提もと」を復元したお酒。 今回のお酒も、正暦寺で醸されたとのこと。



 常温でいただきます。

 ヨーグルト様の香りに、はちみつ・黒糖のようなニュアンスも感じられて、甘酸っぱい雰囲気。

 とろりと濃密な口当たりで、やさしい甘味に豊かな酸味・旨味が重なって濃醇な味わい。 飲みごたえがあって好み。



 千葉「醍醐のしずく 菩提もと」、奈良「鷹長 菩提もと」とくらべると、落ち着いておとなしい印象。 そのぶん、繊細で複雑な表情も見えてくる。

 そういえば、「醍醐のしずく」も「鷹長」も生原酒だった。 火入れタイプの菩提もと仕込みのお酒も良いですね〜。



【奈良県桜井市 今西酒造】 純米酒(菩提もと)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−6
 原料米:ヒノヒカリ   精米歩合:70%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:2.4   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月15日

風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)3

風の森 キヌヒカリ しぼり華 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 年が明けると、しぼりたてのお酒が出回る季節。

 全量が無濾過生原酒という「風の森」も、フレッシュな新酒の登場です。

 まずは冷温でいただきます。

 麹の香りと、酸味・苦味を想起させるスッキリとした香りが、いかにもフレッシュ。

 力強くぶつかってくるような硬質な口当たり。 炭酸が残っていて、若々しい苦味がさわやかさを引き立てる。

 ラムネ菓子のような風味が個性的だ。


 ぬる燗では、やさしい甘味も現れて、少しやわらかい飲み口になる。 それでも、骨格のしっかりしたシャープな酒質は崩れない。

 若いお酒ゆえの頑固さを感じる、すがすがしく硬派なお酒。


 コストパフォーマンスの高さは特筆ものですね。



【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:1900(1995)円   720ml:950(998)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+2
 原料米:アキツホ(奈良県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系   酸度:1.9   アミノ酸度:1.4


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2012年09月2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 笊籬採り 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年06月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米 真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「鷹長 菩提もと 純米酒 生」(2011年04月
 「風の森」油長酒造は、全国でもめずらしいほどの硬水で仕込む。 全量を無濾過生原酒で出荷し、しかもお手ごろ価格という、非常に個性的な蔵。


rain_of_tears at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月08日

篠峯 生もと純米酒 熟成参年 山田錦4

篠峯 生もと純米 参年熟成 山田錦 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 ヤンチャな生酒「すっぴんるみ子の酒 9号酵母」の次は、落ち着いた「篠峯 生もと 熟成参年」。

 「篠峯」を見かけると、やっぱり飲みたくなりますね。


 ぬる燗でいただきます。

 やさしく色づいたお酒からは、ヨーグルト様の香りと軽い熟成香がふんわりと立つ。

 ゆっくりと甘味・旨味がふくらみ、ゆっくりと消えてゆく。

 燗でゆるやかに展開する味わいは、秋田「真人 生もと純米 無濾過」にも通じる、好みのタイプのお酒だ。

 酸がそれほど目立たないのは、まろやかに熟成していることの証かもしれない。


 「篠峯 生もと」を、燗でじっくりと楽しむ。 幸せのひととき。



【奈良県御所市櫛羅 千代酒造】 純米酒(生もと)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)70%(ともに扁平精米
 酵母:協会7号   酸度:2.0


「篠峯」「櫛羅」の過去の記事
「篠峯 生もと純米酒 熟成弐年」(2009年04月2008年01月
「篠峯 生もと純米 無濾過原酒」(2007年03月
「篠峯 凛々 純米吟醸 雄町」(2007年08月06月
「篠峯 遊々 純米無濾過生原酒 七号」(2008年05月
「篠峯 遊々 純米酒」(2010年11月
「篠峯 純米吟醸 八反」(2008年05月2007年10月
「篠峯 純米ひやおろし 秋晴」(2011年09月2008年10月
「櫛羅 純米無濾過生原酒」(2008年05月

rain_of_tears at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月02日

睡龍 特別純米酒 (水色ラベル)2

睡龍 特別純米酒 浦和駅西口の「和浦酒場 弐(二号店)」にて飲む。

 今日は、なつかしい仲間たちと同窓会を兼ねた新年会。

 明けましておめでとうございます!

 「和浦 弐」の店長和くんをはじめ、スタッフのみなさんも、今年もよろしくおねがいします!

 7人中3人が日本酒派という心強いメンバーなので、最初から燗酒をいただきます。

 2012年12月に初めて商品化されたという「睡龍 特別純米酒」。

 発売開始してまだ1か月。 当然かもしれませんが、初めて見ました。 さっそく、ぬる燗でいただきます。


 静かな雰囲気の中に、バナナ様のふんわりやわらかい香りが見つけられる。 「睡龍」のわりに、熟成香やお米らしい香りは少ない。

 静かな飲み口で、やさしい甘味や旨味がスムーズに展開する。 他の「睡龍」シリーズを知っているだけに、厚みに欠けて、固い印象。


 若いお酒なんですね。 クセが少なく、一般向けの酒質といえるかもしれません。



【奈良県宇陀郡大宇陀町 久保本家酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:2476(2600)円   720ml:1238(1300)円
 原料米:五百万石・アキツホ   精米歩合:60%
 酵母:協会9号


「久保本家(睡龍、初霞)」の過去の記事
「睡龍 生もとのどぶ」(2009年12月2008年01月2006年12月
「睡龍 生もとのどぶ マイナス」(2011年12月2009年09月
「睡龍 もこぜdeぶ」(2012年08月2009年12月
「睡龍 もこぜdeぶ 生」(2011年04月2010年03月

「睡龍 生もと純米 おこぜ」(2009年12月
「睡龍 生もと純米酒」(2012年08月2007年10月
「睡龍 純米酒 涼」(2007年11月2004年09月
「睡龍 純米吟醸」(2007年11月2006年12月

「初霞 生もと純米」(2008年07月
「初霞 特別純米酒」(2006年07月

rain_of_tears at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月24日

花巴 純米無濾過生原酒 速醸 山田錦 / 山廃 備前雄町4

花巴 速醸 山田錦花巴 山廃 備前雄町 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 6月に購入して、常温熟成後に開栓。

 「花巴」は、純粋培養した酵母を添加せず、蔵付天然酵母によるお酒づくりに力を入れる。

 今回はそんな「花巴」の酵母無添加のお酒を飲みくらべます。

 まずは色を見てみよう!

花巴 酵母無添加の色


 速醸の山田錦(左側)は、無濾過・熟成の影響で軽いコハク色。 山廃の備前雄町(右側)は、うっすらとにごっている。


 では、速醸の山田錦を飲んでみます。

 無菌状態をつくるために人工の乳酸は添加するものの、その後は空気中をただよう酵母に任せるという、めずらしいつくりのお酒。

 麹の香りにくわえ、酸味を想起させる雰囲気もある。 さらに、生熟成のナッツ様の香り、熱を通したトマトのような植物的な香りもひそむ。

 口当たりはまろやかで、ラムレーズンのような含み香にともなって、独特の甘味・苦味から入る。 複雑・濃厚な飲み口で、強い酸がキリっと後口を引き締める。

 余韻も複雑で、すばらしい飲みごたえ。 燗でゆっくりと、濃厚な味わいを堪能したい。



 次に、山廃の備前雄町。

 ヨーグルト様の乳酸の香りがさわやか。 乳酸の風味が前面に出ていて、甘酸っぱさ全開でさわやかな飲み口。

 ただ、そのぶん、速醸の山田錦とくらべると複雑さに欠ける印象。 冷温〜常温で、鮮烈な味わいを楽しみたい。


 色も香味も、想像以上に異なっている。 どちらも濃醇で譲れない個性があって、どちらも好み!



【奈良県吉野郡吉野町 美吉野醸造
「花巴 純米無濾過生原酒 速醸 山田錦」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦(奈良県産)   精米歩合:70%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.5

「花巴 純米無濾過生原酒 山廃 備前雄町」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+7
 原料米:備前雄町(岡山県産)   精米歩合:65%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.8


「花巴」の過去の記事
「花巴 山廃 特別純米 無濾過生原酒」(2011年03月
「花巴 太古の滴 菩提もと純米 無濾過生原酒」(2009年03月

rain_of_tears at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月16日

鷹長 菩提もと 純米酒 生3

鷹長 菩提もと 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 水道橋での用事の帰りに寄って夕飯。

 充実したおいしいお酒メニューから最初のお酒に選んだのは、「鷹長 菩提もと」。

 と、ここで、新鮮な指摘をされました。

 「どんなお酒なんですか?」という質問に対して、今までのよっしんの返答は独特だそうです。


 つくりや味の説明がなくて、こんな人がつくっている、こんな蔵でつくっているという、人・場所の情報が中心とのこと。


 なるほど、たしかにそうだったかもしれません。

 つくりよりも、味が大切。 そして味は、嗜好や味覚は各人でちがうし、まして飲めばわかること。

 教科書に載っていること、いまこれから体験できることは、いちいち説明しない。 そんなスタンスが自然と表れていたんですね。

 あ、何を注文しようか迷っているときに「どんな味?」と聞かれれば、「酸っぱいお酒」とか簡単な説明はします。



 さてさて、この「鷹長 菩提もと」は、2011年3月に訪れた正暦寺で生まれたお酒。 奈良市郊外の山間にある、広大な境内をほこるお寺だ。

 お寺の落ち着いた雰囲気に似合わず(?)、そこで生まれたお酒は、甘酸っぱくてやんちゃな味わい。


 冷温では、フレッシュな麹の風味と、梅・リンゴ・はちみつのような甘酸っぱい香味が楽しめる。 濃厚な甘味と、鮮烈な酸味がインパクト大。

 後口に木の香りもあって、ドライな雰囲気もある。


 ぬる燗にすると、複雑な香味は薄れて、生酒らしいなめらかさと甘味が目立つようになる。 燗冷ましも同様。

 もっとも個性が感じられる、冷温〜常温のままが好みかな。



刺盛20121114

 今夜は(も)、お刺身をいただきます。 魚介類バンザイ!



【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−16
 原料米:ヒノヒカリ(奈良市菩提仙町産)   精米歩合:60%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.0   アミノ酸度:2.9


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2012年09月2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 笊籬採り 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年06月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米 真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「鷹長 菩提もと 純米酒 生」(2011年04月
 「風の森」油長酒造は、全国でもめずらしいほどの硬水で仕込む。 全量を無濾過生原酒で出荷し、しかもお手ごろ価格という、非常に個性的な蔵。


rain_of_tears at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月24日

春鹿 発泡性純米酒 ときめき3

カツオたたき、玉こんにゃく
 有楽町の東京フォーラム地下「」にて飲む。

 今日は快晴のなか、東京スカイツリー(展望台)、すみだ水族館へ。

 銀座の和酒バー「庫裏」でお酒を楽しんだ後、お腹にたまる食事をするために「宝」へ移動。

 宮城「浦霞」、山形「大山」、栃木「開華」、岐阜「久寿玉」、京都「白嶺・酒呑童子」、奈良「春鹿」、岡山「嘉美心」、高知「司牡丹」、大分「西の関」の9蔵が共同して経営に参加しているお店だ。

 各蔵のお酒はもちろん、各蔵がある地域の郷土料理も楽しめる。


 高知名物のカツオのたたき、山形名物の玉こんにゃくを食べながら、「春鹿 ときめき」をいただきます。


 細かい炭酸がはじけるたびに、甘くさわやかな香りが広がる。 豊かな甘味から入り、強い酸味と炭酸がスッキリと締める。

 低アルコールで、シャンパンのような味わいは、日本酒になじみのない人でも挑戦しやすい。 Yさんも気に入ったとのことで、ホッとしました。



【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米酒(発泡、にごり)
 300ml:520(546)円
 アルコール度数:6.5   日本酒度:−80
 原料米:日本晴   精米歩合:70%
 酸度:5.5   アミノ酸度:1.5


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2012年04月2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2011年09月2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 純米吟醸生原酒」(2012年05月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」(2009年08月2008年12月
「白滴 而妙酒 純米吟醸」(2012年04月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月26日

梅乃宿 純米酒 温2

梅乃宿 温 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 「白影泉 しもむら」の次は、「梅乃宿 温」。

 日々の晩酌酒として気軽に飲めることをコンセプトにした、「梅乃宿」のなかでもリーズナブルなお酒。

 商品名のとおり、冷温から徐々に温めて、色々な温度を試してみます。


 まずは冷温で。

 スルリとなめらかな口当たりで、加水してあるぶん、あっさりと軽い飲み口だ。 やさしくほのかな甘味がアクセント。

 常温〜人肌くらいになると、酸味が引き立ってきて、みずみずしい印象が追加される。 ぬる燗〜上燗では、おだやかな旨味がふくらみ、落ち着きが増す。

 ボリュームは淡麗〜中庸ながら、温度変化によってしっかりと表情の変化を見せるお酒だ。



【奈良県葛城市 梅乃宿酒造】 純米酒
 1800ml:1900(1995)円   720ml:950(997)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)ヒノヒカリ
 精米歩合:65%(扁平精米)
 酵母:自社培養酵母   酸度:1.3


「梅乃宿」の過去の記事
「梅乃宿 純米酒 奈良うるはし」(2010年05月
「梅乃宿 山廃仕込 純米吟醸 生原酒」(2011年09月2010年11月
「梅乃宿 山田錦80 木桶仕込み純米」(2006年04月
「梅乃宿 生もと純米 無濾過生原酒」(2006年04月
「梅乃宿 純米古酒 1988(昭和63)BY」(2003年11月

rain_of_tears at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ3

風の森 キヌヒカリ 池袋東口の「希紡庵」にて飲む。

 直前まで飲んでいた「悦凱陣」と「遊穂」が、どちらも中硬水〜硬水のミネラルを感じさせる酒質。

 それなら、同じく硬水の「風の森」だ!

 冷温でいただきます。

 ハーブ・マスカット系のさわやかな香りから、早くも「風の森」の個性が発揮されている。

 ガツンと重みを感じる、インパクトのある口当たり。 しかし、ピチピチとはじける炭酸のおかげで、軽くさわやかな印象だ。

 中盤以降は、酸味と苦味を中心としたシャープな飲み口で展開してゆく。 濃厚というより、鮮烈といったほうが適切な味わい。


 常温になると、やさしい甘味がさりげなく顔を出してくる。 温度による変化も楽しめる、自分の好みの温度帯をさぐる楽しみのあるお酒だ。



【奈良県御所市 油長酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:キヌヒカリ(奈良県産)   精米歩合:45%
 酵母:協会7号系   酸度:1.6   アミノ酸度:1.1


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 笊籬採り 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年06月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米 真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
 「風の森」油長酒造は、全国でもめずらしいほどの硬水で仕込む。 全量を無濾過生原酒で出荷し、しかもお手ごろ価格という、非常に個性的な蔵。


rain_of_tears at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月12日

大倉 山廃特別純米 無濾過生原酒2

大倉 山廃 備前朝日 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 2011年3月に奈良で飲んで以来、久しぶりに「大倉」に出会った。

 「大倉」は、酸の効いたシャープな飲み口のお酒。


 以前飲んだお酒と同様、強い酸を感じるものの、意外とボリューム感に欠けて平板な印象。

 生酒とはいってもさわやかな香味はなく、火入れタイプのお酒のように落ち着いているところが個性的。


 冷やすと魅力が隠れてしまう。 常温くらいで顔を出す奥深い味わいをゆっくりと楽しみたい。



【奈良県香芝市 大倉本家】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:(2205)円   720ml:(1102)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4
 原料米:備前朝日(岡山県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会701号   酸度:2.3   アミノ酸度:1.6


「大倉」の過去の記事
「大倉 山廃純米 無濾過生原酒 どSブレンド」(2011年03月

rain_of_tears at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月20日

睡龍 生もと純米4

睡龍 生もと純米 浦和駅西口すぐの「食と燗 くら川」にて飲む。

 ”大将・蔵ちゃん”こと蔵川さんの目利きに、腕に、そして人柄に惹かれたファンたちが、夜な夜なお店を訪れる。

 もちろん、看板娘・燗番娘のスーさんのファンも。

 先日お会いしたばかりのミニーさん、1年ぶりのTさん、はじめましてのOさん。

 今夜は貴重でうれしい出会いがたくさん待っていた。

 大将からも、初めての視点を教わり、あらためてその心づかい・振る舞いのすごさを実感した。


 まずは「睡龍」の生もと純米。 熱めの燗でいただきます。

 しっかり熟成した、キレイなコハク色。 濃厚そうで、おいしそうな色だ。

 天然の乳酸を利用する生もとらしい、さわやかなヨーグルト様の香り。 熟成で生まれたナッツ様の香り。 スパイシーな香り。

 さまざまな要素を秘めた複雑な香りが立つ。


 スモーキーで骨太の味わいは、燗で活きてくる。

 ソフトな口当たりで、豊かな旨味・酸味が無理なく雄大に広がる。 そして、やさしく軽やかな余韻を残して味はサッと潔く切れる。

 味わいの展開にモタつくところがないのは、甘味を極力おさえたところに秘訣があるんだろう。


 大将が最大集中で仕上げた、出し巻きとともに堪能。 見た目の美しさ、やわらかさ、おいしさ。 どれもプロのなせる業だ。

 その濃厚でかつやさしい味わいは、最大集中のプロの業という架け橋によって、「睡龍 生もと純米」と結ばれていた。



【奈良県宇陀郡大宇陀町 久保本家酒造】 純米酒(生もと、無濾過)
 1800ml:3047(3200)円   720ml:1524(1600)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+9.5
 原料米:山田錦・アキツホ   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:1.7


「久保本家(睡龍、初霞)」の過去の記事
「睡龍 生もとのどぶ」(2009年12月2008年01月2006年12月
「睡龍 生もとのどぶ マイナス」(2011年12月2009年09月
「睡龍 もこぜdeぶ」(2012年08月2009年12月
「睡龍 もこぜdeぶ 生」(2011年04月2010年03月
「睡龍 純米吟醸」(2007年11月2006年12月
「睡龍 生もと純米 おこぜ」(2009年12月
「睡龍 生もと純米酒」(2007年10月
「睡龍 純米酒 涼」(2007年11月2004年09月
「初霞 生もと純米」(2008年07月
「初霞 特別純米酒」(2006年07月

rain_of_tears at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月14日

睡龍 もこぜdeぶ(生もとのどぶ)3

睡龍 もこぜdeぶ 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 Tさま・Fさん、ともに、ドライなお酒を希望。

 それならば、「もこぜdeぶ」を熱々の燗で飲むのはいかがでしょう?

 「和浦」の利き酒師モトコさんが、「睡龍」久保本家で生もともとすりを手伝ってきたお酒だ。

 尾瀬あきら氏による、モトコさんをモデルにした特別ラベルはインパクト大。 そして、お酒の味わいのインパクトも大だ。

 2人とも、にごり酒の燗は初めてとのこと。 どんな反応をするのか、興味深い。


 トロトロで濃厚なにごり部分は、まさに「飲むご飯」。 色も風味もお米らしさ全開で、それでいて非常にドライ。

 骨太でストレートな味を、力強い酸で切る。

 「なんだこれ!?」、「うわっ!」。 つづけて、「こんなに『米っ!』ていうお酒、こんなにドライなお酒は初めて」、「これは強烈すぎる」という感想をいただきました。

 良くも悪くも、忘れられないお酒になったようです。


【奈良県宇陀市大宇陀町 久保本家酒造】 純米酒(生もと、無濾過)
 アルコール度数:15.5
 原料米:五百万石・アキツホ   精米歩合:65%
 酸度:3前後   アミノ酸度:3前後


「久保本家(睡龍、初霞)」の過去の記事
「睡龍 生もとのどぶ」(2009年12月2008年01月2006年12月
「睡龍 生もとのどぶ マイナス」(2011年12月2009年09月
「睡龍 もこぜdeぶ」(2009年12月
「睡龍 もこぜdeぶ 生」(2011年04月2010年03月
「睡龍 純米吟醸」(2007年11月2006年12月
「睡龍 生もと純米 おこぜ」(2009年12月
「睡龍 生もと純米酒」(2007年10月
「睡龍 純米酒 涼」(2007年11月2004年09月
「初霞 生もと純米」(2008年07月
「初霞 特別純米酒」(2006年07月

rain_of_tears at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月08日

百楽門 長期熟成酒 無濾過 1987年度醸2

百楽門 長期熟成酒 無濾過 1987年度醸

 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 1887年創業の「百楽門」が、創業100周年の1987年に仕込んだお酒。

 生まれてから25年が経過したお酒は、ビンの中では濃いコハク色をしているものの、グラスに注ぐと意外と淡い黄金色。

 熟成酒らしいドライフルーツ様の香りで、甘い雰囲気がただよう。

 香りの印象どおり、しっとりなめらかな口当たりに続いて甘味が広がる。

 重心が低く、香味は立体的にふくらむというより、おだやかに伸びやかに流れてゆく。


 後口にアルコールの刺激があるところに、原酒らしい骨太な酒質を実感する。

 個性は少し薄れてしまっている気がするけれど、古酒の魅力をちゃんと堪能できるお酒。



【奈良県御所市 葛城酒造】 本醸造(無濾過、原酒、古酒)
 720ml:4286(4500)円
 アルコール度数:18.7   日本酒度:−6
 原料米:アケボノ(奈良県産)   精米歩合:70%
 アミノ酸度:2.6

rain_of_tears at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月06日

春鹿 木桶仕込み 純米吟醸生原酒 2010(H22)BY4

春鹿 木桶 純米吟醸 生原酒 蔵から届く。

 今日はよっしんの誕生日。

 飲みごろをむかえた、何か特別なお酒は・・・、ということで、この「春鹿 木桶仕込み 純米吟醸生原酒」を開栓。

 「春鹿 木桶仕込み」シリーズは現在、3種類が発売されている。

 第1段と称する四段仕込みの特別純米酒、第2段の純米吟醸、第3段の山廃純米酒がある。

 (生・火入れのちがいを数えれば、6種類になる)

 1シーズンに1つの木桶を使って、3サイクルの仕込みを行い、順次出荷する。 それぞれ貯蔵・熟成期間も異なるため、3種類のお酒を同時に入手するのは難しい。

 今回のお酒は、記事にするのは初めての、第2段(純米吟醸)の生。 700本の限定商品とのこと。

 では、常温でいただきます。

 いかにも吟醸香という、花や果実のような香りは感じられない。

 むしろ、麹の香りや、乳酸由来のヨーグルト様の香りが印象的。 アルコールのスッとする香りもひそんでいて、スッキリ感がある。

 麹の風味を残した、さわやかな甘味・酸味。 含み香には、軽く、木の香りも感じられる。

 中盤以降はお米らしいおだやかな旨味が中心となって、ドライな雰囲気も見せる。 味わいの変化が豊かで、複雑な印象だ。

 余韻には軽い生熟成の香りと木の香りがあって、落ちついた雰囲気に満たされる。 ふと味噌を連想したのは、麹の風味が原因なのかな。

 飲みごたえがあって、好み〜!



【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米吟醸
 720ml:2100(2205)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−1
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:55%
 酸度:2.1


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2012年04月2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2011年09月2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」(2009年08月2008年12月
「白滴 而妙酒 純米吟醸」(2012年04月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月13日

白滴 而妙酒 純米吟醸2

春鹿 白滴 池袋東武で試飲・購入。

 先日の「春鹿」の試飲販売にて、「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」とともに「白滴」も購入。

 大阪・京都にいたころは、両親が気に入っていたお酒ということもあって、家でも出先でも見る機会の多かった「白滴」。

 もちろん、地元の奈良ではさらにメジャーなお酒だ。

 ただ、関東にはほとんど出荷していないそうで、試飲販売に持参するのも今回が初めてとのこと。

 そうだったのかー! 何度も見て、飲んできたお酒だから、めずらしいという感覚がなかった。

 「白滴」は、「春鹿」で知られる今西清兵衛商店の第2ブランド。 「春鹿」の文字が一切入っていないため、「白滴」と「春鹿」の両方を知っていても、それらが同じ蔵のお酒だということを知らない人も多いらしい。



 そういえば最近「白滴」を飲んでいなかったなあ。

 その間に、日本酒造組合中央会が後援する第1回「ワイングラスで美味しい日本酒アワード2011」で金賞を受賞。 さらに、第2回の2012年は最高金賞だったとのこと。

 おー、「白滴」のように落ちついた香味のお酒が最高金賞とは、良い意味で意外です。 ワインのように、香味が派手でわかりやすいお酒が上位にくるのかと思った。

 上新粉のような、お米のおだやかな香り。 スッキリとした苦味を想起させる、野菜的な香りもひそむ。

 淡麗で繊細な酒質ながら、アルコールらしさが前面に出ず、飲みやすい。 やさしい甘味、お米らしい旨味がコーティングしているおかげだ。

 偽りや飾り付けがなく純粋、ありのままという「天真而妙」から而妙酒と名づけられた「白滴」。 無理のない落ちついた香味に、複雑さも感じられるところが魅力的。


【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3.5
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.3


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2012年04月2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2011年09月2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」(2009年08月2008年12月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月08日

春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒4

春鹿 しろみき 池袋東武で試飲・購入。

 池袋東武を訪れるのは3週間ぶり。 ちょうど「春鹿」の試飲販売が行われていた。

 おー、昨年(2011年3月)に蔵にお邪魔した「春鹿」だ!

 アポなしにもかかわらず、社長に色々なお話をうかがい、蔵を案内していただいたことは記憶に新しい。

 今回来店していた専務にも、奈良市内のお酒のおいしいお店を紹介していただいた。

 その際の感謝の気持ちを再度伝えつつ、今回のお酒たちを試飲。

 やっぱり季節商品が良いねということで、ラベルが一新した「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」を購入。


 夜桜を楽しみながらいただきます。


 このお酒は、人気商品「春鹿 純米大吟醸」の製造過程でビン詰めした、発泡性のにごり酒。 生まれたて(生まれる途中?)の純米大吟醸を飲める貴重な商品だ。

 ビン内で発酵が続いて炭酸ガスが発生しているので、噴きこぼれないように冷温で注意して開栓。

 グラスに注ぐと、真っ白なお酒から次々に炭酸の泡が出てくる。 キメ細かい泡で、なかなか消えない。

 仕込み期の酒蔵にただよう、桃のような華やかな香り。 ふんわりと軽い、やさしい口当たりで、最初に現れる豊かな甘味がインパクト大。

 洗練された純米大吟醸といことで、甘味だけが前面に出るというわけではなく、繊細な香味が息づいている。 そして炭酸の刺激が、全体の印象をひきしめている。

 終盤はしっかりとした骨格を感じる、ややドライな雰囲気にまとまる。 お米からできたお酒だということが実感できる。

 時間を置いて分離するのを待ち、うわずみを飲んでみると、酸味・苦味がしっかり存在していることにも気づく。


 爽快で、まろやかで芳醇で、おだやかさまでも感じられる、すごいお酒だ。


【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米大吟醸(無濾過、生、にごり)
 720ml:2100(2205)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦   精米歩合:50%
 酸度:1.3   アミノ酸度:1.4


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2011年09月2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」(2009年08月2008年12月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年12月29日

睡龍 生もとのどぶ マイナス 2008BY4

睡龍 生もとのどぶ マイナス2011 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 まさかの、「生もとのどぶ マイナス」があるっ!

 造りが非常に難しいとのことで、加藤杜氏いわく「もう造らない」という、日本酒度マイナスの「生もとのどぶ」。

 通常の「生もとのどぶ」は、年によってタンクによって異なるものの、総じてドライでお米らしさ全開の爽快なお酒。

 それに対して、この「生もとのどぶ マイナス」は、乳酸の香り豊かな甘酸っぱいお酒。

 ラベルは同じでも、中身は全然ちがう。


クリームチーズ
 蔵おすすめのコンビ、「生もとのどぶ マイナス」の熱燗、クリームチーズの八丁味噌漬けをいただきます。


 強い酸、とくに乳酸の風味が印象的で、やさしい甘味も手伝って飲みごたえ抜群。 もちろん通常タイプの「生もとのどぶ」と同様、米粒が残っていてお米らしい味が楽しめる。

 千葉「木戸泉」シリーズや、広島「竹鶴 雄町純米 にごり」もそうだけれど、乳酸の風味、大好き!

 甘味、旨味、酸味、苦味。 総合力の高さ、バランスの良さは感動的。

 チーズと味噌の持つ甘味・旨味・酸味・苦味と、お酒とが相互に引き立てあい、それぞれがさらに魅力的になる。

 「お酒と食事の相性」の理想例を体感した。


【奈良県宇陀市大宇陀町 久保本家酒造】 純米酒(生もと、無濾過)
 1800ml:3200(3360)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:−9
 原料米:五百万石・アキツホ   精米歩合:65%
 酸度:3.5   アミノ酸度:2.9


「久保本家(睡龍、初霞)」の過去の記事
「睡龍 生もとのどぶ」(2009年12月2008年01月2006年12月
「睡龍 生もとのどぶ マイナス」(2009年09月
「睡龍 もこぜdeぶ」(2009年12月
「睡龍 もこぜdeぶ 生」(2011年04月2010年03月
「睡龍 純米吟醸」(2007年11月2006年12月
「睡龍 生もと純米 おこぜ」(2009年12月
「睡龍 生もと純米酒」(2007年10月
「睡龍 純米酒 涼」(2007年11月2004年09月
「初霞 生もと純米」(2008年07月
「初霞 特別純米酒」(2006年07月

rain_of_tears at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年09月28日

春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒 2009BY4

春鹿 木桶山廃 2011年03月に、蔵を訪ねて購入。

 思いがけず、なんとも貴重な体験ができました。

 数年ぶりに蔵にお邪魔したところ、タイミング良く今西社長がいらっしゃった。 蔵でお会いするのは初めて。

 蔵で人気の試飲コーナーで何種類か試飲させていただこうと思って立ち寄ったところ、急きょ、蔵を見学させていただけることに。

 ほとんどのお酒を搾り終えているなか、発酵中の「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒 2010BY」(の原型)にも出会えて感激。

 今西社長、本当にありがとうございました。


 さて、蔵で購入し、今回開栓した「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒 2009BY」は、木桶で発酵中だったお酒の1年先輩。

 乳酸と麹の風味が特徴的でさわやか。 そして、ミネラルを感じる、苦味を想起させるスッキリとした香りもある。

 偶然か必然か、木桶仕込み・山廃で共通した栃木「仙禽 山廃純米 木桶仕込 無濾過生原酒」によく似た香り。

 冷温では麹の風味が豊かで、甘味が目立ちながらも、後口はドライな印象。 常温では旨味・苦味が現れて複雑さを増す。

 濃厚! そして、さわやか!


【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米酒(山廃、生、原酒)
 720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−9
 原料米:露葉風(奈良県産)   精米歩合:70%
 酵母:協会7号   酸度:2.6   アミノ酸度:2.0


「春鹿」の過去の記事
「春鹿 山廃純米生原酒」
 (↑2007年05月2005年08月2004年08月02月)、2003年08月
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり酒」
 (↑2010年08月2009年03月
「春鹿 木桶仕込み 山廃純米生原酒」(2010年04月
「春鹿 木桶仕込み 特別純米生原酒」(2008年06月2006年10月
「春鹿 木桶仕込み 旨口四段仕込み 純米酒」(2010年04月
「春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬」(2007年04月
「春鹿 純米 超辛口」(2009年08月
「春鹿 発泡性純米酒 ときめき」(2009年08月2008年12月
「ふたたび今西清兵衛商店を訪ねて」(2004年05月

rain_of_tears at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年09月27日

篠峯 秋晴 純米酒3

篠峯 秋晴 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 秋。 暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい季節。

 この「篠峯 秋晴」も、バランスの良さが魅力。 強烈に個性的なわけでもなく、無個性・平板なわけでもなく、飲みやすい。

 とくに温度帯を選ばないお酒だけれど、今夜は少し熱めの燗でいただきます。

 米粉のような落ちついた香りに、かすかに酸味を想起させる香りも含まれている。

 熱めでは、温度のおかげでシャープな口当たり。 おだやかな旨味が引き立つ、落ちついた飲み口だ。

 やや温度が下がってくると、サラリと軽やかな口当たりに変わる。 マイルドな「篠峯」にしては軽い気もする。

 でも、この冷めてきたころのバランスが好みだなあ。 やさしい酸味に導かれてゆっくりと旨味が立ち上がる、奥行きを感じさせるところが好み。

 余韻は軽いけれど、お米らしい落ちついた雰囲気がある。

 やっぱり「篠峯」、良いなあ。


【奈良県御所市櫛羅 千代酒造】 純米酒(無濾過、生詰)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4.5
 原料米:山田錦
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)70%(ともに扁平精米
 酵母:協会7号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.2


「篠峯」「櫛羅」の過去の記事
「篠峯 生もと純米酒 熟成弐年」(2009年04月2008年01月
「篠峯 生もと純米 無濾過原酒」(2007年03月
「篠峯 凛々 純米吟醸 雄町」(2007年08月06月
「篠峯 遊々 純米無濾過生原酒 七号」(2008年05月
「篠峯 遊々 純米酒」(2010年11月
「篠峯 純米吟醸 八反」(2008年05月2007年10月
「篠峯 純米ひやおろし 秋晴」(2008年10月
「櫛羅 純米無濾過生原酒」(2008年05月

rain_of_tears at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年09月16日

梅乃宿 山廃仕込 純米吟醸 生原酒3

梅乃宿 山廃純米吟醸 生 池袋西武で試飲・購入。

 昨年(2010年)に飲んで印象的だったこのお酒が、今回も印象的だったので購入。

 軟水のしっとりとした口当たりのおかげで、甘めに感じることの多い「梅乃宿」。

 今回のお酒は、「梅乃宿」のラインナップの中では酸味の効いたタイプ。

 冷温でいただきます。

 乳酸・麹の風味が豊かな、甘酸っぱくて爽快なお酒。 とろりと密度を感じる口当たりで、熟したメロンのようなニュアンスがある。

 山廃らしい乳酸、らしい麹の風味というように、製法が味わいにストレートに表現されていて、由来がわかりやすい。

 苦味もさわやかさに一役買っていて、甘味ひかえめのリンゴのような余韻へとつづく。

 酸味・苦味のおかげで、甘味を引きずらないところが飲みやすさのポイント。 しっかり味があって、でも重くなくて、さわやかで、飲みやすい。

 やっぱりこのお酒、良いね〜。


【奈良県葛城市 梅乃宿酒造】 純米吟醸(生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.2   日本酒度:+2
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)日本晴
 精米歩合:50%(扁平精米)   酸度:1.8


「梅乃宿」の過去の記事
「梅乃宿 純米酒 奈良うるはし」(2010年05月
「梅乃宿 山廃仕込 純米吟醸 生原酒」(2010年11月
「梅乃宿 山田錦80 木桶仕込み純米」(2006年04月
「梅乃宿 生もと純米 無濾過生原酒」(2006年04月
「梅乃宿 純米古酒 1988(昭和63)BY」(2003年11月

rain_of_tears at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月11日

風の森 笊籬採り(いかきどり) 純米吟醸 無濾過無加水生酒 露葉風(つゆばかぜ)3

風の森 笊籬採り 池袋東口の「希紡庵」にて飲む。

 「風の森 笊籬採り 露葉風」。 いかきどり、つゆばかぜ、と読める人はきっと日本酒マニア。

 もろみにフィルターを沈めて清酒と酒粕を分離する「笊籬採り」。 「袋吊り」の空気に触れて酸化するリスクを回避する手法とのこと。

 個人的には、おいしいと感じられるなら機械圧搾でも全然かまわない。 ただ、品質向上のために、そこまで手をかけてくださる意気込みと心づかいは、非常にありがたいです。

 リンゴ様の鮮烈な香り。 そして、元気な炭酸・酸味が活躍する、爽快な飲み口。

 凝縮感のある、芯のしっかりとした力強い味わいながら、サラサラとした感触とハーブのニュアンスの軽やかな一面も感じられる。

 時間の経過とともに、常温に近づくとともに、お米らしい旨味が開いて酸味と調和してゆくところが好み。

 (良い意味で)複雑な味という、好意的な評価をいただきました。


【奈良県御所市 油長酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3400(3570)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4
 原料米:露葉風(奈良県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会7号系   酸度:1.8


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「風の森 純米しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「鷹長 菩提もと 純米酒 生」(2011年04月

rain_of_tears at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月28日

鷹長 菩提もと 純米酒 生4

鷹長 菩提もと 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 今夜の締めは奈良「鷹長 菩提もと」。 菩提もと、好きです!

 菩提もとは、室町時代、奈良の正暦寺で誕生したお酒造りの方法を復活させたもの。

 2011年03月に行ってきたばかりの奈良の正暦寺。

 境内は、菩提山から流れる菩提仙川のせせらぎが山肌に染みこんで、非常に落ちついた雰囲気。

 乳酸菌を利用して殺菌し、酵母を育てるという手法は、江戸時代に確立する生もとの原型となった。

 このお酒は、正暦寺の領内で育てたお米、境内から分離した乳酸菌と酵母を使い、菩提仙川の水で仕込んでいる。


 さてさて、味ですね。

 麹の甘い香り、リンゴ様の香りがみずみずしくさわやかな印象。

 濃厚な甘味とともに、鮮烈な酸味がいっぱいに広がる。 濃密〜! 味の凝縮感がすごい。

 後口にどことなく木の香りがあって、ドライな印象も受ける。

 強烈な酸味といっても、「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」は日本酒らしさを基調としている。 この菩提もとのお酒は、日本酒というよりも白ワインに近い。

 こんな日本酒もあるということを、ほとんどの人が知らないのが残念でならない。 日本酒の世界は意外と広い、ということを示してくれる一例が、菩提もとだと思う。


【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−16
 原料米:ヒノヒカリ(奈良市菩提仙町産)   精米歩合:60%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.0   アミノ酸度:2.9


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「風の森 純米しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月

rain_of_tears at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月22日

風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風/山田錦3

風の森 露葉風 池袋東口の「希紡庵」にて飲む。

 石川「遊穂」の次は、奈良「風の森」の2種類を飲みくらべ。

 黒いラベルのほうが奈良県で栽培されている酒造好適米の露葉風。 白いラベルのほうが山田錦だ。

 両方の共通点としては、リンゴ様の鮮烈な香りと、炭酸と酸味の効いた爽快な飲み口。 いかにも「風の森」、という個性が強い。 この基盤はお米がちがっても変わらない。

風の森 山田錦 露葉風バージョンは、サラサラとした感触とハーブのニュアンスが特徴的。

 山田錦バージョンは、硬質な口当たりながら、トロリとした感触も持ち合わせて、穀物的なニュアンスが特徴的。

 どちらも総じて「風の森」らしい爽快なお酒で、好み。

 蔵の特徴が一貫している「風の森」だけれど、意識してくらべてみると、ちゃんとお米のちがいが表れている。

 おもしろい飲みくらべができた。


【奈良県御所市 油長酒造
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2300(2415)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4.5
 原料米:露葉風(奈良県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系   酸度:1.8

「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4.0
 原料米:山田錦   精米歩合:60%
 酵母:協会7号系   酸度:1.7


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「風の森 純米しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月

rain_of_tears at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月07日

睡龍 生もとのどぶ 「もこぜdeぶ」 2010(H22)BY3

睡龍 もこぜdeぶ 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 先日入荷したと聞いて楽しみにしていた、今シーズンの「もこぜdeぶ(もこぜどぶ)」。

 「和浦」の利き酒師モトコさんが、「睡龍」久保本家で生もともとすりを手伝ってきたお酒だ。

 通常商品の「睡龍 生もとのどぶ」と同規格だが、モトコさんが携わったお酒は、特別ラベル「もこぜdeぶ」として「和浦」にやってくる。

 そういえば、「和浦 弐」の店長及川さんと、本店のスーさんが田植えをしてきた「いづみ橋 雄町」は、いつ入荷するのかな? それもまた楽しみです。

 さて、さっそく熱めの燗でいただきます。

 トロトロで濃厚なにごり部分は、まさに飲むご飯。 骨太でストレートな味を、力強い酸で切る。

 今回の「もこぜdeぶ」は、まだまだ若くて硬い、味の乗り切っていない状態。 たしかにそうだけれど、そんなことは大した問題じゃない、と思わせるほどの存在感。

 静かにひとこと、うまい。
(「十万石まんじゅう」のCMくらい低く渋い声で。出ないけど)


【奈良県宇陀市大宇陀町 久保本家酒造】
 純米酒(生もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3200(3360)円
 アルコール度数:18.5
 原料米:五百万石・アキツホ   精米歩合:65%
 酸度:3前後   アミノ酸度:3前後


「久保本家(睡龍、初霞)」の過去の記事
「睡龍 生もとのどぶ」(2009年12月2008年01月2006年12月
「睡龍 生もとのどぶ マイナス」(2009年09月
「睡龍 もこぜdeぶ」(2009年12月
「睡龍 もこぜdeぶ 生」(2010年03月
「睡龍 純米吟醸」(2007年11月2006年12月
「睡龍 生もと純米 おこぜ」(2009年12月
「睡龍 生もと純米酒」(2007年10月
「睡龍 純米酒 涼」(2007年11月2004年09月
「初霞 生もと純米」(2008年07月
「初霞 特別純米酒」(2006年07月

rain_of_tears at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数