佐賀のお酒

2014年10月29日

天吹 純米吟醸 りんご酵母

 ちょうど2年ぶりの訪れた、銀座の「和酒バー 庫裏」にて飲む。

 豊富なメニューリストの中でひときわ目を引いたのが、「天吹 純米吟醸 りんご酵母」。

 りんごの花から採取・分離された酵母で醸されたお酒。 いわゆる花酵母のひとつですね。

 採取元の花とできあがったお酒に香味の関連性はないけれど、ついリンゴのような香味を想像してしまいます。


 では、冷温でいただきます。

 香りは意外なほど落ち着いている。

 華やかな要素が少なく、旨味のわりに酸味・甘味が少ないからか、もったりと重い印象。

 りんご酵母、純米吟醸という先入観に引きづられてしまったけれど、純米酒といったほうが適格な酒質。


 個人的には刺激不足で、次のひと口に進みづらい。 でも、これはこれで個性的なのは確か。

 もしかしたら、燗で活きてくるのかもしれませんね。



【佐賀県三養基郡みやき町 天吹酒造】 純米吟醸
 1800ml:3,000(税込3,240)円   720ml:1,500(税込1,620)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2
 原料米:秋田酒こまち   精米歩合:55%
 酵母:りんご酵母   酸度:1.7


「天吹」の過去の記事
「天吹 全麹仕込 純米酒」
 (↑2013年08月、2012年10月[1][2]2012年05月

rain_of_tears at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月27日

天吹 全麹仕込 純米酒3

天吹 全麹 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 「酒茶論」を訪れて3回連続で注文する、ついつい飲みたくなってしまうのが、「天吹 全麹仕込」。


 今回も冷温でいただきます。

 濃厚な旨味成分が3年熟成によって着色し、ややオレンジ色がかった外見。

 そして、麹の風味と豊かな酸味が活躍する、甘酸っぱく濃厚でオイリーな飲み口。


 Yさんの表現を借りると、まさしく「和風ドレッシング」。 非常に個性的な味わいで、好みです。



【佐賀県三養基郡みやき町 天吹酒造】 純米酒(全麹)
 375ml:1191(1250)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−24
 原料米:レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:3.7   アミノ酸度:2.6


「天吹」の過去の記事
「天吹 全麹仕込 純米酒」(2012年10月[1][2]2012年05月

rain_of_tears at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月17日

七田 純米無濾過生原酒 山田錦・レイホウ / 七割五分磨き 山田錦 / 七割五分磨き 雄町3

七田 純米無濾過生原酒七田 純米無濾過生原酒 七割磨き 山田錦七田 純米無濾過生原酒 七割磨き 雄町 池袋東武で見かけて購入。

 今までに飲んだことのあるのは、山田錦・レイホウバージョン(緑)、山田錦バージョン(赤)の2種類。

 今回はさらに雄町バージョン(橙)も入荷。

 よーし、3種類の飲みくらべだー!


 まずは、上記写真左、ミントグリーンのラベルの「七田 純米無濾過生原酒」から。 精米歩合65%は3種類のなかで唯一。

 冷温〜常温では、麹の香りとメロン様の香りがさわやか。 アルコールの揮発・刺激を感じるという若々しさが、スッキリした印象につながる。

 みずみずしい飲み口で、酸味・旨味・苦味がまだバラけたヤンチャな味わい。

 燗にすると、さわやかな香りは消えて、落ち着いた雰囲気になる。 飲み口はマイルドになり、さりげない甘味も出てきた。

 30度くらいの甘味・酸味のバランスがいちばん好み。



 次は、上記写真中央、えんじ色の「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 山田錦」。

 麹の香りが中心で、低精白のお酒にみられるセメダイン様の香りもかすかに感じられる。

 低精白だからか、アルコール度数が高いからか、濃醇でパンチのある飲み口。 3本中もっとも力強い。 ただ、一本調子な面もあるかな。

 燗にすると、コッテリと濃厚な酒質に磨きがかかる。

 「飛騨自慢 鬼ころし 純米生酒 辛口原酒 しぼりたて」にも似た、無骨なお酒。



 最後に、上記写真右、橙色の「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 雄町」。

 香りは山田錦バージョンとほとんど同じ。 味わいは、山田錦バージョンよりシャープで、若干の軽やかさがある。

 燗にすると、甘味・酸味がまとまってジューシーな味わいになる。 このお酒も30度くらいが好み。



 3種類とも非常に似通った酒質で、注意して飲みくらべないと分からないほど。 1種類だけ飲んで、どのお酒かを当てるのは難しいなあ。

 お米の種類や磨き具合がちがっても、これほど似たお酒をつくれる。

 お米の個性を引き出せていないとも言えるし、蔵の一貫性を感じるとも言える。 消極的、積極的、どちらの感想を持つかは、飲み手の好み・性格によるかも。

 個人的には、味わいにもっと差があった方が、規格を変える面白みがあって良いかな。


 もちろん、鳥取「諏訪泉」や広島「竹鶴」でも体験したように、生酒のときには分かりづらかった個性が、火入れ・熟成によって明確になってくる場合もある。 なので、火入れ・熟成バージョンも飲みくらべてみたい。



【佐賀県小城郡小城町 天山酒造
「七田 純米無濾過生原酒」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:2(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2.5
 原料米:山田錦、レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8

「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 山田錦」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦(佐賀県産)   精米歩合:75%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8

「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 雄町」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:75%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8


「七田」「天山」の過去の記事
「七田 純米吟醸無濾過」(2007年05月
「七田 純米無濾過」(2012年09月
「七田 純米無濾過 生原酒」(2011年02月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦」
 (↑2012年09月2005年10月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦 生原酒」(2011年02月
「天山 特別純米酒 純天山」(2013年01月

rain_of_tears at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月26日

天山 特別純米酒 純天山2

七田 純天山 池袋東武で購入。

 まだまだ寒い日が続くので、燗用のお酒を買おう!

 ということで、火入れのお酒のコーナーを散策。

 うーん、魅力的なお酒ばかりで、悩むなあ。

 そこで、よっしんの好みを把握している顔なじみの東武のスタッフが提案してくださったのが、この「純天山」。

 福岡国税局の鑑評会において、燗で審査される純米酒の部で金賞を受賞したお酒とのこと。 これは気になる!


 まずは、冷温でいただきます。

 ミネラルを感じるおとなしい香りの中に、バナナ様の香りもかすかに感じられる。

 硬水らしさとアルコールをストレートに感じる硬質な口当たり。 同じ蔵でも、「七田」銘柄のお酒とはまたちがう雰囲気ですね。


 燗にすると、隠れていた炭酸が出てくる。

 やや緊張がほぐれてまろやかな飲み口になり、さりげない旨味が出てくる。 大きく印象は変わらないけれど、安心できるスタンダードな燗酒。


 「澤屋まつもと 純米酒」や「京乃伝承 特別純米酒」にも雰囲気が似ているかな。

 

【佐賀県小城郡小城町 天山酒造】 特別純米酒
 1800ml:2390(2510)円   720ml:1170(1229)円
 300ml:545(572)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2
 原料米:西海134号、佐賀の華、レイホウ(すべて佐賀県産)
 精米歩合:60%   酸度:1.8   アミノ酸度:1.7


「七田」「天山」の過去の記事
「七田 純米吟醸無濾過」(2007年05月
「七田 純米無濾過」(2012年09月
「七田 純米無濾過 生原酒」(2011年02月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き」(2012年09月2005年10月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き 生原酒」(2011年02月

rain_of_tears at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月31日

天吹 全麹仕込 純米酒3

天吹 全麹 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 先日飲んだばかりの「天吹 全麹仕込 純米酒」。

 日本酒に先入観のないYさんは、この個性的なお酒をどう表現するんだろう?


 ややオレンジ色がかった外見、酸味を想起させる刺激的な香り、オイリーな強い酸味。

 これらをひと言で「和風ドレッシングみたい」と表現。 なるほど的確!


 その表現、いただきました。



【佐賀県三養基郡みやき町 
天吹酒造】 純米酒(全麹)
 375ml:1191(1250)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−24
 原料米:レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:3.7   アミノ酸度:2.6


「天吹」の過去の記事
「天吹 全麹仕込 純米酒」(2012年10月2012年05月

rain_of_tears at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月26日

天吹 全麹仕込 純米酒3

天吹 全麹 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 白米のかわりに、麹菌を繁殖させた米麹をタンクに追加投入して仕込んでゆく、全麹仕込みのお酒。

 特殊な製法でつくられただけでなく、3年の熟成を経ている。

 店内の照明の関係か、コハク色のお酒には、かすかにオレンジ色が入っているように見える。


 豊かな酸味を想像させる、スッと刺激的な香り。

 麹の風味を基調とした甘味と、熟成で生まれたまろやかな旨味の相乗効果で、口当たりはトロリと濃厚。

 オイリーな強い酸味が特徴的で、独特の苦みもスッキリとした後口を演出している。 これはおもしろいお酒ですね。



【佐賀県三養基郡みやき町 天吹酒造】 純米酒(全麹)
 375ml:1191(1250)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−24
 原料米:レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:3.7   アミノ酸度:2.6


「天吹」の過去の記事
「天吹 全麹仕込 純米酒」(2012年05月

rain_of_tears at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月23日

七田 純米酒 / 七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦3

七田 純米七田 純米七割五分 池袋東武で試飲・購入。

 「七田」「天山」の天山酒造は、単独の試飲販売では初の来店。

 ジザケジャパンが主催する「地方の小さな蔵の隠れた地酒まつり」で一時期来店していたころから考えても、数年ぶり。

 2012年から問屋さんが替わったという、池袋東武の新たなお酒売場らしい、新鮮な印象の試飲販売です。


 今回は、2010年から社長となった若き蔵元、七田謙介さんが来店。

 いろいろなお話をうかがうことができ、お酒の感想を直接伝えることができて、有意義な試飲販売でした。


 オレンジ色のラベルしか知らなかった「七田 七割五分磨き」はシリーズ商品で、個人的におなじみの山田錦以外にも、雄町バージョン、愛山バージョンがあるとのこと。 わー、みんな飲んでみたいっ!


 今回購入したのは、緑色のラベルの「七田 純米酒」と、オレンジ色のラベルの「七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦」の2本。

 さっそく常温で飲みくらべてみよう!



 まずは、緑色ラベルの「七田 純米酒」から。 こちらは2011BYだから、半年以上、1年未満の熟成状態。

 白玉粉のような、お米らしさを基調とした落ち着いた香りの中に、ささやかながらも、さくらんぼ様のさわやかな香りもひそむ。

 サラサラとした軽快な口当たりに、やさしい甘味・旨味がつづく。 派手な味わいではないけれど、実直に飲み手に訴えかける、奥深さのある味わいだ。 よっしん父は、こちらを気に入ったようす。

 燗にすると、ミネラルをより強く感じるようになり、ほどよい酸味が旨味を支える。 甘味は一歩引いて、シャープな印象になる。

 とくに、冷めぎわの甘味と酸味のバランスが好み。



 次に、オレンジ色ラベルの「七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦」。 柿渋色といった方が良いのかもしれない。

 こちらは2010BYなので、1年半以上、2年未満の熟成状態だ。 香りは非常に落ち着いている。

 まろやかな口当たりで、強い酸と豊かな旨味が太いうねりとなって押し寄せる。 やや無骨な表現方法ながら、低精白ならではのお米らしい魅力が堪能できる。 二者択一なら、よっしんはこちらを飲みたいかな。

 燗にすると、重心の低かったお酒に軽快さが出てくる。 無骨さもやわらぐが、刺激の強さは健在。 う〜ん、パワフル。



 それぞれが個性的で、魅力的。 どちらも好み!



【佐賀県小城郡小城町 天山酒造
「七田 純米酒」 純米酒
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1150(1208)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦・レイホウ(ともに佐賀県産)   精米歩合:65%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.7

「七田 純米無濾過 七割五分磨き」 純米酒
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1150(1208)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦(佐賀県産)   精米歩合:75%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8


「七田」「天山」の過去の記事
「七田 純米吟醸無濾過」(2007年05月
「七田 純米無濾過 生原酒」(2011年02月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き」(2011年02月2005年10月

rain_of_tears at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月08日

天吹 全麹仕込 純米酒3

天吹 全麹 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

 通常は麹を約2割に対して蒸米を約8割使って仕込むところ、全量を麹で仕込む。

 そんな全麹仕込みのお酒はいろいろ飲んできたけれど、どこの蔵も濃厚・濃醇で、それぞれの個性が出て魅力的。


 「天吹」の全麹仕込みは、オレンジ色がかっていて、外見からして個性的。

 酸味を想起させる刺激的な香りで、強烈な酸味から入る。 麹の風味が続いて、甘味・旨味も追いかけてくる。

 インパクト・ボリュームともに満点の、さわやかな濃醇酒。 好みです!



【佐賀県三養基郡みやき町 天吹酒造】 純米酒(全麹)
 375ml:1191(1250)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−30
 原料米:レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:3.6   アミノ酸度:3.5

rain_of_tears at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月02日

七田 純米無濾過 七割五分磨き 生原酒3

 銀座の和酒バー「庫裏」にて飲む。

 「七田」をお気にめしたセバさんに、よっしんの好きな「七田 七割五分磨き」の生原酒バージョンを追加注文。

 こちらのほうが、より味に複雑さ・厚みがあって、酸の存在感がある。 ひとことで言えば、強烈。

 こういうしっかり味のあるお酒に出会えると、セバさん・よっしんは大喜びです。 飲みなれないガミさんにとっては、強すぎたみたいですが。


【佐賀県小城郡小城町 天山酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦(佐賀県産)   精米歩合:75%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8


「七田」「天山」の過去の記事
「七田 純米吟醸無濾過」(2007年05月
「七田 純米無濾過 生原酒」(2011年02月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き」(2005年10月

rain_of_tears at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

七田 純米無濾過生原酒3

 銀座の和酒バー「庫裏」にて飲む。

 しっかり味のあるお酒を、と思って「七田 純米無濾過生原酒」を注文。

 ひと口飲むなり、セバさん「これが一番好き」。

 酸も強いはずなのに、お米らしいまろやかな旨味によってコーティングされていて、刺激的ではない。

 甘味は切れているのに、マイルドで濃厚。 これはみごと。


【佐賀県小城郡小城町 天山酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2.5
 原料米:山田錦、レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8


「七田」「天山」の過去の記事
「七田 純米吟醸無濾過」(2007年05月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き」(2005年10月

rain_of_tears at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月30日

芳薫 特別純米酒 限定中取り生3

芳薫 特別純米 生 大丸東京店で購入。

 ふだんは知らないお酒を試飲せずに買うなんて、こわくてできない。 試飲できなくてもどうしても気になって購入した今回は異例のこと。

 350本の少量発売らしく、よっしんが購入したビンはちょうど「製品No.300」。 おぉ、なんかちょっとうれしい。

 後で調べてわかったけれど、馬場酒造といえば「能古見」の銘柄でも知られる蔵。 あぁ、「能古見」なら何種類か飲んだことがあるなあ。


 香りは華美ではなく、さりげなくお米っぽい雰囲気や蜜入りリンゴのような香りがある。 どことなく甘味・酸味を想起させる雰囲気だ。

 甘味の活きたジュワッとした口当たり。 甘味・酸味がギュッと詰まっていて、飲みごたえがある。

 酸もけっこう若く元気で、舌にピリピリと刺激がくる。 少し唇に甘味が残る感触があるかな。

 温度を上げてゆくと、後口にちゃんと純米酒らしい旨味も感じられるようになった。

 約1年熟成。 余韻には、はやくも生熟成らしいアーモンド風味が長々とただよう。 この生熟感(造語)、好きです!

 たとえるならば、京都「蒼空」をフルーティ・トロピカルにした感じ。

 空気に触れさせること3日(常温放置)。 印象はさほど変わらないものの、生熟成らしいまろやかさ・ボリュームをより感じるようになった。


 試飲せずに購入して、いざ飲んでみたらハズレ、ということが多い。 けれど、今回は当たりだった。

 ちょっと甘口の、ボディのあるお酒が好みの方には自信を持っておすすめできる。


【佐賀県鹿島市 馬場酒造場】 特別純米酒(生)
 1800ml:3143(3300)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:−1
 原料米:佐賀の華   精米歩合:58%
 酸度:1.8   アミノ酸度:1.3

rain_of_tears at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月04日

七田 純米吟醸無濾過2

七田 純米吟醸 祖父母の家に集まって飲む。

 今日飲んだのは、お酒好きの叔父が仕入れたとっておきのお酒たちだ。 ありがとうございます!

 まずは「七田」。

 「天山」で知られる天山酒造が出す第2ブランドで、全量が無濾過。

 以前飲んだ「七田 純米無濾過 七割五分磨き」は、米のふっくらとした旨味が感じられるお酒。 飲み初めの苦味がだんだんと消えてゆき、後半はボリュームのある旨味に変化する。 低精白らしい面白さが感じられた。

 今回は純米吟醸。 どんな味だろう?

 第一印象は爽快。

 穏やかなお米の香りに、バジルの香りもひそむ。 純米吟醸らしい軽さと、山芋風のやわらかいタッチで奥深い印象。 この複雑さは無濾過でこそ実現するものだろう。

 「七田 七割五分磨き」とタイプは違うものの、お米の特徴を引き出したお酒というところに共通点を感じた。


【佐賀県小城郡小城町 天山酒造】 純米吟醸(無濾過)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4.5
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)佐賀の華
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)55%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.6

rain_of_tears at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年06月18日

万齢 純米山田錦カップ3

 これまた佐賀県の「万齢」。

 しっかりとした旨味のなかに酸が息づいていて、燗向きのお酒だ。

 山田錦の魅力が引き出されている。


【佐賀県東松浦郡相知町 小松酒造】 純米酒
 180ml:300(315)円
 日本酒度:+2
 原料米:山田錦   精米歩合:68%
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.4

rain_of_tears at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

鍋島 特別純米カップ2

 佐賀県の「鍋島」。

 米の甘味がふんわり広がるが、後口はドライに締まる。

 濃淡でいえば淡麗〜中庸。


【佐賀県鹿島市 富久千代酒造】 特別純米酒
 180ml:286(300)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)佐賀の華   精米歩合:55%
 酵母:協会1401号   酸度:1.6

rain_of_tears at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月03日

窓の梅 月の眠り 山廃純米 10年古酒2

窓乃梅 十年酒 池袋東武で試飲・購入。

 佐賀県のお酒。 軟水で仕込んだお酒のラインナップは、みななめらかでやさしい味わい。

 山廃純米酒の10年古酒ながら、まだ色は浅い黄色。

 軽い熟成香にクリーミーな口当たりから、スッとまとまるように消えてゆく後味。 うまく造った山廃らしい、キレイな飲み口だ。


【佐賀県佐賀市久保田町 窓乃梅酒造】 純米酒(山廃、原酒、古酒)
 720ml:3000(3150)円
 アルコール度数:18.8   日本酒度:+3.5
 原料米:西海134号   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.3   アミノ酸度:2.5

rain_of_tears at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月08日

七田 七割五分磨き3

七田 七割五分 東武は今週も「秋の純米酒まつり」。

 今日は佐賀県の「七田」を購入。

 この蔵って、全量無濾過で出荷だから好印象。

 あんまりお米を磨かないお酒だから、雑味とともに個性的なお米のふっくら感・旨味がいっぱい。

 常温だと酸がちょっと弱くて先細りな感じがするけど、人肌燗〜ぬる燗くらいでバランスが良くなる。


【佐賀県小城町 天山酒造】 純米酒(無濾過)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦   精米歩合:75%
 酵母:自家酵母   酸度:1.7

rain_of_tears at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年11月24日

東一 特別純米酒 山田錦

 三条通木屋町を下った「いも松」で飲む。

 一般的な居酒屋だが、店主が日本酒にこだわっているらしい。 日本酒をつづけて注文しようとしたら、リストにないお酒も紹介していただいた。

 佐賀の「東一」は、山田錦の栽培からこだわる蔵。 気になっていたお酒で、はじめて飲む。

 少し甘味が先行し、ピリッとした刺激が残る印象。 ボリュームは中庸だが、酸が弱めで、個人的には物足りない。

 渋く若い状態だと思うので、もう少し寝かせた状態で飲んでみたい。


【佐賀県藤津郡塩田町 五町田酒造】 特別純米酒
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.3   日本酒度:+3
 原料米:山田錦   精米歩合:55%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.5

rain_of_tears at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数