富山のお酒

2014年01月10日

若鶴 特別純米 雄山錦2

若鶴 特別純米 雄山錦 池袋のサンシャインシティで行われた「日本酒フェア」で購入。

 2年半にわたって常温熟成させていたものを開栓。

 たきたてご飯のような甘さを想起させるお米の香りに、かすかに穀物・枯葉のようなドライな香りもひそむ。

 しっとりと静かな口当たりで、しだいにまろやかな甘味、せんべいのような香ばしい旨味が顔を出す。

 さりげない酸味・苦味がスッキリ感を演出する。


 アルコールの刺激が目立つことから、もともとは淡麗タイプ。

 それでも、熟成によってまろやかさを増したお酒は、飲みごたえがある。

 ぬる燗で、刺激をおさえて、このお酒の持つやさしく複雑な味わいを引き出したい。



【富山県砺波市 若鶴酒造】 特別純米酒
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2.5
 原料米:雄山錦   精米歩合:55%
 酸度:1.6


「若鶴」「苗加屋(のうかや)」の過去の記事
「若鶴 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒」(2009年12月2005年11月
「のうかや 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒」(2008年11月07月
「のうかや 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒 寒造り初しぼり」
 (↑2009年03月

rain_of_tears at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月13日

苗加屋(のうかや) 純米吟醸 無濾過生原酒3

若鶴 苗加屋 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 そういえば、じつに4年ぶりの「苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒」だ。

 浦和の酒屋さんで手に入るひらがなの「のうかや」は雄山錦で、鵜飼さんで購入する漢字の「苗加屋」は山田錦と、お米もちがえば味わいも全然ちがう。

 ひらがなの「のうかや」は、さわやかで軽いタイプ。 漢字の「苗加屋」は、熟成タイプの無濾過生原酒らしい濃密でコッテリした飲み口。

 おだやかな香りで、濃厚な口当たり。 それでいて味わい意外と濃すぎない。 鈍重さがなく洗練されているところは純米吟醸だ。

 やさしい甘味にくわえ、オイリーで豆のような旨味がある。 中盤以降にはサラリとお米らしさも感じられる。

 この個性的な風味、やっぱり好きだなあ。


【富山県礪波市 若鶴酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2850(2992)円   720ml:1425(1496)円
 原料米:山田錦   精米歩合:55%
 酵母:1401(金沢)酵母   酸度:1.5   アミノ酸度:1.8


「若鶴」「苗加屋(のうかや)」の過去の記事
「若鶴 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒」(2005年11月
「のうかや 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒」(2008年11月07月
「のうかや 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒 寒造り初しぼり」
 (↑2009年03月

rain_of_tears at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月25日

若鶴 特別純米 無濾過生原酒2

若鶴 京都の二条通東洞院「酒BAR よらむ」にて飲む。

 よっしんのブログを訪れる際に多い検索キーワード「のうかや」「苗加屋」「のうかや 彦八」は、若鶴酒造のお酒。

 「若鶴」という銘柄で出しているお酒は、2007年5月の「日本酒大利き酒会」以来だ。

 今回の「若鶴 特別純米 無濾過生原酒」は、「のうかや 彦八」の印象。

 プリンスメロンや青いバナナのような、やわらかくさわやかな香り。 みずみずしく、心地よい酸味。 淡麗〜中庸ながら、存在感のある味わいで、濃く感じる。

 ビンの裏ラベルを見てみたら、お米も、みがき具合も「のうかや 彦八」と同じだった。

 ん? もしかしてラベルちがいの同じお酒?

 ヨラムさんは英語で「とてもさわやかな、独特の香りがある」と説明していた。 たしかに。 ヨラムさんのお店には香り主体のお酒がないので、めずらしいタイプかもしれない。

 もちろん、味にもちゃんと個性があるからメニュー入り。 味だけでなく、香りもほしい。 そんな人にピッタリのお酒。


【富山県砺波市 若鶴酒造】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2400(2520)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:雄山錦(富山県産)   精米歩合:55%
 酸度:1.6

rain_of_tears at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月10日

のうかや(苗加屋) 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒 寒造り初しぼり2

苗加屋 彦八 初しぼり 地元の酒屋さんで購入。

 今回のしぼりたてバージョンは初めてだが、通常のタイプは今まで何度も飲んできた。

 通常タイプはプリンスメロン様の香りだったが、今回はリンゴを思わせるフレッシュな香り。 ずいぶん印象がちがう。

 リンゴ様の香りとみずみずしい酸味、スムーズな味わいの流れは、「秋鹿」をやさしくしたような印象。

 味のある酒ながら、突出しない甘味・酸味のバランスが魅力。

 冷やしすぎると味が隠れてしまってもったいないので、常温がちょうど良いと思った。


【富山県砺波市 若鶴酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+1
 原料米:雄山錦(富山県産)   精米歩合:55%
 酸度:1.9

rain_of_tears at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年11月01日

苗加屋(のうかや) 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒2

苗加屋(のうかや) 彦八 つづいては、若鶴酒造の「苗加屋(のうかや) 彦八 純米吟醸無濾過」。

 黄金色によく色づいていて、いかにも濃厚そうな雰囲気。 熟成感をともなって、甘くまろやかな口当たりから始まる。

 「これは濃いね。」 5人が納得の、味のあるお酒。

 後口も軽く、あくまでボリュームは淡麗〜中庸。 しかし、米の旨味はもちろん、熟成で生まれた様々な要素が詰まっていて、濃く感じる。

 コッテリ濃厚で力強い「苗加屋 純米吟醸無濾過生原酒」とくらべると、個性・味わいともにおとなしく、飲みやすいタイプのお酒だと思う。


【富山県砺波市 若鶴酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:16.0   日本酒度:+1
 原料米:雄山錦(富山県産)   精米歩合:55%

rain_of_tears at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月20日

苗加屋(のうかや) 彦八 純米吟醸 無濾過生原酒2

苗加屋 彦八 近所の知人宅にて納涼会(飲み会)。

 それぞれお酒を持ち寄る。 よっしんは「七本鎗 特別純米無濾過生原酒 減農薬栽培米」を持参。

 まずは「苗加屋 彦八」から。 苗加屋は創業時の屋号で、「若鶴」の第2ブランド。

 鵜飼さんのお店で出会った「苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒」は、濃厚かつ個性的な味わいで好みだった。

 今回の「苗加屋 彦八」は純米吟醸。

 さわやかな香りと苦味を帯びた風味は、プリンスメロンを思わせる。 中盤には米らしい味がふくらんで、しっかりとした飲みごたえ・存在感。

 ほどよい濃さで、香味のバランスも良いなあと思った。 飲んだ5人で「これ、いいね〜」と言いながら、あっという間に飲みきっていた。


【富山県砺波市 若鶴酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:16.0   日本酒度:+1
 原料米:雄山錦(富山県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会1401号

rain_of_tears at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月20日

幻の瀧 純米吟醸

幻の瀧 新年会にて飲む。

 次は富山、黒部のお酒だ。

 スッとした香りに、なめらかな口当たり。 軽い飲み口はまるで新潟のお酒のよう。

 小さいながらも甘味と苦味が好バランスをたもっている。



【富山県黒部市 皇国晴酒造】 純米吟醸
 1800ml:2140(2247)円   720ml:1260(1323)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:五百万石   精米歩合:56%
 酸度:1.5

rain_of_tears at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月27日

苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒3

苗加屋 京都西陣の鵜飼商店から届く。

 年間生産量3000石の中規模蔵である若鶴酒造は、チューリップ・球根栽培で有名な砺波平野にある。

 地元産の五百万石・雄山錦を使用し、クリアで軽い吟醸と熟成した旨味が特徴の純米、貴醸酒など豊富なラインナップをそろえる。

 創業時の屋号をつけたこの「苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒」は、コッテリした味わい。 甘さはひかえめながら、濃密な米の旨味がグッと引き立つ。

 「酉与右衛門(よえもん) 山田錦」と同様のややクセのある香りと濃厚な味わいで、飲み手を選ぶかもしれない。

 個人的には好みの風味。


【富山県礪波市 若鶴酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2850(2992)円   720ml:1425(1496)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+1.5
 原料米:山田錦   精米歩合:55%
 酵母:1401(金沢)酵母
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年03月12日

銀盤 純米大吟醸 山田錦 播州503

銀盤 地元の定例会(飲み会)にて飲む。

 上立香として、白玉のような穏やかで枯れた香りが広がる。

 サラサラと粒子を感じる口当たりで、ミネラル・ハーブを思わせる含み香。 かすかな甘味が顔をのぞかせ、小気味よい酸が彩を添える。

 力強いお酒とは対極に位置する、ささやかでやさしいお酒。 燗酒派が集まった会だったので、好評は得られなかった。


【富山県黒部市 銀盤酒造】 純米大吟醸
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:15.4   日本酒度:+5
 原料米:山田錦(兵庫県)   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.2   アミノ酸度:1.1

rain_of_tears at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数